沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 || Next»

2010-11-09



宮古島市の大神島に自然水族園設置(沖縄)

今日の方言ニュースは伊狩典子先生です
null
 
宮古島市の大神島に自然水族園設置

住民の高齢化・過疎化が進む宮古島市の大神島(おおがみじま)を
活性化させようと、市内の有志や専門家が自然の
造形と環境を生かした自然水族園を設置する構想を提案しています。

施設などを新たに建設せず、自然の地形を生かして
熱帯魚を畜養し気軽に自然観察ができる水族園を
目指すという提案です。

下記の楽しい 沖縄島口が聞けました

 いぐまちょーん≒ 提案

 なぐり なぐり(自然を壊すのは惜しい惜しい)

 ヒシ(干瀬)を生かしたプールだそうです

 例 八重干瀬=ヤビジ


「自然ぬみぐとぅ(見事)さやニンジン(人間)ぬ 
 うゆばるむんやあいびらん」

「水族園さーに海人ぬ獲たーる魚 水族園さーに
 育てぃやーに もーき(利益)ぬ上ゆるぐとー
 ぬ考えるやいびん」 

 今日の担当は伊狩先生でした。

2010-11-06

ユークイで五穀豊穣祝う(沖縄宮古島まつり)

豊年祈り、神女が御嶽回り宮古島市でユークイ
null
「ヨーンテル、ヨーンテル」と唱えながら集落内
を歩く神女ら=4日、宮古島市平良西原

【宮古島】宮古の代表的な豊年祈願の伝統祭祀(さいし)
「ユークイ」が、3〜5日の日程で宮古島市平良西原集落で
始まった。4日は早朝から白装束に身を包んだ神女6人が
集落内の九つの御嶽を回り、地域の繁栄を祈願した。

ユークイは旧暦9月吉日にユークインマと呼ばれる
神女が執り行う祭祀。「ユー」は豊穣(ほうじょう)、
「クイ」は乞(こ)うの意。数え47歳から56歳の神女が3日、
集落の守り神ウパルズ御嶽に一晩こもり、4日早朝から集落内の
御嶽で神に願いをささげた。

神女は頭にシイノキカズラで編んだカウス(草冠)をくくり、
顔はティウサ(手草)で隠し「ヨーンテル、ヨーンテル」と唱え
集落を練り歩いた。

ンマヌハ御嶽では、今年で10年間神職を務めた
ハーニパー(最年長)2人のインギョー(卒業)を胴上げで祝った。

同祭祀は、ここ数年神女のなり手が減少しており、
存続を懸念する声もある。



(沖縄タイムス紙面より)

2009-05-14

比嘉豊光さしん…

 いまでは琉球とはその名ばかりのように
 むかしの姿はひとつとしてとめるところもなく
 島には島とおなじぐらいの
 舗装道路が這っているという
 その舗装道路を歩いて

琉球よ  沖縄よ

 こんどはどこへ行くというのだ


   山之口 獏「沖縄よどこへ行く」








写真展も美術館もとてもよいです

ぜひお尋ねください


 

2009-04-14

ウシーミー(清明祭)です

 沖縄本島の那覇市・識名墓地
風景が煙で 煙っています


識名は那覇市の高台でお墓が集まっています

クワァー・マァーガァ(子や孫)を
おじぃ・おばぁが見守っているらしいです



清明祭は中国から伝わった先祖供養の行事です
本土のお彼岸です



集まるのが好きなウチナーンチュは
郷友会、もあい,ニービチ(結婚式)での
ドンチャンさわぎだけでは満足できないのだわ



だからが墓参りも自慢のご馳走を持ち寄り 
食いまくり騒ぎます
 


ウヤファーフジ(ご先祖)もにぎやかなのが
大好きなのです



この日は 郷愁を誘うシーミ雨も降らず晴天でした



*観光客へご注意申し上げます

今月中の週末は 海端や野原の畑で、山中で
予測不能な交通混雑が勃発します

沖縄の不可思議な現象です。






琉球の小道 (ヒジガービラ)

 首里崎山から識名への古道
名前の由来となったヒジガーあたり
(カーの映像は後日掲載)



ここからきつい坂道となっています
長い年月で路肩が傾いています



文化財の壺屋の窯が崩壊しましたが
修復は早目がよろしいなー



道は金城ダムへと下ってゆきます

ヒジ橋はがっしりと美しい時代を見せてくれます



早朝や夕暮れには最適の散歩みちですね

 * 注 意 …

ガジャンビラに劣らないほどの蚊が舞いそうです

スカートは止めるか虫除けスプレーが必要です。








«Prev || 1 | 2 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。