沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-11-09



郷土の民話表現力豊かに(宮古島・沖縄)

市長賞に国仲愛理さん(狩俣3年)
郷土の民話大会児童5人が表現力豊かに
null
市長賞の国仲愛理さん

 第5回宮古島市民総合文化祭「児童・生徒の部」郷土の民話大会が6日、
市中央公民館で行われ、国仲愛理さん(狩俣小3年)が最高賞となる
市長賞に輝いた。教育長賞には上原愛姫さん(佐良浜小2年)が選ばれた。
児童5人が地域に伝わる民話を方言で発表。身ぶり手ぶりを交えながらの
熱弁に、会場から大きな拍手が沸き起こった。


今年の大会は例年に増してレベルが高く、6人の審査員も優劣を決めるのが
難しかったという。その中でも、「ミハギ鳩とカラスのゆがたい
(盲目の鳩とカラスの夜語り)」との演題で発表した国仲さんは、
メリハリのある方言の発音と内容にぴったり合ったしぐさが
聴衆を引き付けた。

 国仲さんは「市長賞を取りたいとは思っていたけど、2位か3位かなと
思っていた。名前を呼ばれた時はとてもうれしかった」と話した。
教頭先生と祖母から方言の特訓を受けたと言い「顔の表情に注意して
話した。普段は方言は使わないけど、おじいちゃんやおばあちゃんが
使っている方言を聞くのは楽しい」と笑顔を見せた。

 教育長賞は「んきゃーぬぱなすどう(昔のお話)」の演題で発表した
上原さん。表情豊かに愛らしく話す方言が聴衆の共感を得た。

 審査委員長の下地智さんは「発表に入る前の出だしに
『私の話を聞いてください』、最後には「聞いてくれてありがとう』などを
方言で付け加えれば、もっと聴衆を引き付けることができる」と講評した。

 優秀賞には「ハズブリユーサ(足の骨の折れたサギ)の話」を発表した
宮城厚希君(狩俣小5年)、優良賞には伊良部心優さん(西辺小1年)

ねずみとやどかり」、山口愛理さん(池間小5年)「ハズブリユーサ」が
それぞれ選ばれた。

 審査は「地域の方言は地域の文化」との観点から▽話の内容▽表現力
▽表情の豊かさ▽方言の使い方-で行われた。



(宮古毎日新聞の紙面より)

2009-05-14

比嘉豊光さしん…

 いまでは琉球とはその名ばかりのように
 むかしの姿はひとつとしてとめるところもなく
 島には島とおなじぐらいの
 舗装道路が這っているという
 その舗装道路を歩いて

琉球よ  沖縄よ

 こんどはどこへ行くというのだ


   山之口 獏「沖縄よどこへ行く」








写真展も美術館もとてもよいです

ぜひお尋ねください


 

2009-04-14

ウシーミー(清明祭)です

 沖縄本島の那覇市・識名墓地
風景が煙で 煙っています


識名は那覇市の高台でお墓が集まっています

クワァー・マァーガァ(子や孫)を
おじぃ・おばぁが見守っているらしいです



清明祭は中国から伝わった先祖供養の行事です
本土のお彼岸です



集まるのが好きなウチナーンチュは
郷友会、もあい,ニービチ(結婚式)での
ドンチャンさわぎだけでは満足できないのだわ



だからが墓参りも自慢のご馳走を持ち寄り 
食いまくり騒ぎます
 


ウヤファーフジ(ご先祖)もにぎやかなのが
大好きなのです



この日は 郷愁を誘うシーミ雨も降らず晴天でした



*観光客へご注意申し上げます

今月中の週末は 海端や野原の畑で、山中で
予測不能な交通混雑が勃発します

沖縄の不可思議な現象です。






琉球の小道 (ヒジガービラ)

 首里崎山から識名への古道
名前の由来となったヒジガーあたり
(カーの映像は後日掲載)



ここからきつい坂道となっています
長い年月で路肩が傾いています



文化財の壺屋の窯が崩壊しましたが
修復は早目がよろしいなー



道は金城ダムへと下ってゆきます

ヒジ橋はがっしりと美しい時代を見せてくれます



早朝や夕暮れには最適の散歩みちですね

 * 注 意 …

ガジャンビラに劣らないほどの蚊が舞いそうです

スカートは止めるか虫除けスプレーが必要です。








«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。