沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

2010-11-09



郷土の民話表現力豊かに(宮古島・沖縄)

市長賞に国仲愛理さん(狩俣3年)
郷土の民話大会児童5人が表現力豊かに
null
市長賞の国仲愛理さん

 第5回宮古島市民総合文化祭「児童・生徒の部」郷土の民話大会が6日、
市中央公民館で行われ、国仲愛理さん(狩俣小3年)が最高賞となる
市長賞に輝いた。教育長賞には上原愛姫さん(佐良浜小2年)が選ばれた。
児童5人が地域に伝わる民話を方言で発表。身ぶり手ぶりを交えながらの
熱弁に、会場から大きな拍手が沸き起こった。


今年の大会は例年に増してレベルが高く、6人の審査員も優劣を決めるのが
難しかったという。その中でも、「ミハギ鳩とカラスのゆがたい
(盲目の鳩とカラスの夜語り)」との演題で発表した国仲さんは、
メリハリのある方言の発音と内容にぴったり合ったしぐさが
聴衆を引き付けた。

 国仲さんは「市長賞を取りたいとは思っていたけど、2位か3位かなと
思っていた。名前を呼ばれた時はとてもうれしかった」と話した。
教頭先生と祖母から方言の特訓を受けたと言い「顔の表情に注意して
話した。普段は方言は使わないけど、おじいちゃんやおばあちゃんが
使っている方言を聞くのは楽しい」と笑顔を見せた。

 教育長賞は「んきゃーぬぱなすどう(昔のお話)」の演題で発表した
上原さん。表情豊かに愛らしく話す方言が聴衆の共感を得た。

 審査委員長の下地智さんは「発表に入る前の出だしに
『私の話を聞いてください』、最後には「聞いてくれてありがとう』などを
方言で付け加えれば、もっと聴衆を引き付けることができる」と講評した。

 優秀賞には「ハズブリユーサ(足の骨の折れたサギ)の話」を発表した
宮城厚希君(狩俣小5年)、優良賞には伊良部心優さん(西辺小1年)

ねずみとやどかり」、山口愛理さん(池間小5年)「ハズブリユーサ」が
それぞれ選ばれた。

 審査は「地域の方言は地域の文化」との観点から▽話の内容▽表現力
▽表情の豊かさ▽方言の使い方-で行われた。



(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-11-06

ユークイで五穀豊穣祝う(沖縄宮古島まつり)

豊年祈り、神女が御嶽回り宮古島市でユークイ
null
「ヨーンテル、ヨーンテル」と唱えながら集落内
を歩く神女ら=4日、宮古島市平良西原

【宮古島】宮古の代表的な豊年祈願の伝統祭祀(さいし)
「ユークイ」が、3〜5日の日程で宮古島市平良西原集落で
始まった。4日は早朝から白装束に身を包んだ神女6人が
集落内の九つの御嶽を回り、地域の繁栄を祈願した。

ユークイは旧暦9月吉日にユークインマと呼ばれる
神女が執り行う祭祀。「ユー」は豊穣(ほうじょう)、
「クイ」は乞(こ)うの意。数え47歳から56歳の神女が3日、
集落の守り神ウパルズ御嶽に一晩こもり、4日早朝から集落内の
御嶽で神に願いをささげた。

神女は頭にシイノキカズラで編んだカウス(草冠)をくくり、
顔はティウサ(手草)で隠し「ヨーンテル、ヨーンテル」と唱え
集落を練り歩いた。

ンマヌハ御嶽では、今年で10年間神職を務めた
ハーニパー(最年長)2人のインギョー(卒業)を胴上げで祝った。

同祭祀は、ここ数年神女のなり手が減少しており、
存続を懸念する声もある。



(沖縄タイムス紙面より)

2010-11-04

第9回・クイチャーフェスティバル(沖縄・宮古島)

null
第九回 クイチャーフェスティバル 2010
~ずならどぅ ずなら~
2002年。

「人頭税廃止100年」を記念して、
「温故知新」と「大切なのは身近にある」を
コンセプトに、『クイチャーフェスティバル』はスタートしました。

祖先から受け継がれてきたクイチャーは、敬虔な祈り中から生まれた
「共存共生」のシンボルであり、「宮古人のアイデンティティ」を
体現する島の伝統芸能です。『クイチャーフェスティバル』は
宮古圏域文化の掘り起こしと、後世への継承発展を目的とし、
「伝統クイチャー」と「創作クイチャー」が紡ぎ出す
宮古民俗文化のフェスティバルです。

「ずならどぅ ずなら」
今年の『クイチャーフエスティバル』のサブタイトルは、
荷川取のクイチャーの歌詞にも唄われている言葉で、
「土地煙が上がる程に大地を踏み鳴らし、その土煙が空に舞い上がって
雲をなし、その雲から豊穣をもたらす雨を降らそう」という
意味があります。これはまさにクイチャーの真髄であり、
来年2011年の第十回の記念大会に向けた意気込みを込めて
付けられました。


第9回クイチャーフェスティバル
  「入場無料」
期日 2010年11月7日(日)

  開演16時(予定)
会場 カママ嶺公園 多目的広場

2010-10-30

ユークイで厄払い招福(沖縄・宮古島)

ユークイで厄払い招福/池間島20余年ぶりの参加も
null
楽しそうに踊っていた参加者ら=29日、池間島

池間島で29日、伝統行事「ユークイ(世乞い)」が執り行われた。
フゥヅカサンマ(大司母)ら8人が参加。
「ユーンティル
(富を満ちてください)」と唱え、厄払い招福した。
ユークインマ(世乞い母)3人が、20余年ぶりに参加し、盛り上げた。

司職は最高位の大司母の山口ゆかりさんのほかに小禄有子さん、
親泊有子さん、古川弘枝さん、長崎京子さんの計5人。

ユークインマが長岐よう子さん、勝連正子さん、真栄里仁子さんの3人。
 
参加者らは各御嶽を巡り、旧年中の五穀豊穣に感謝し、向こう一年間の
豊作を祈願した。 各御嶽に移動する際には白い衣服を着て草冠をかぶり、
手に持つ草で悪霊を追い払った。

司職の5人は今年2月に選ばれた。任期は3年。ユークイ行事は初めて行った。
5人は「とても楽しかった」と充実した表情で語った。



(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-10-29

それほど大きな被害無く…

 アメリカ世には
バルドーとか スージーとか キャサリンって 
null
夢見る少年をもてあそぶ台風であった

今は 数字で呼ぶ 名前を呼んでほしいだろうなー

「マジル~」「なび~~~」「かめちゃんー」





  …

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。