2011-02-24



比嘉の「旧二十日正月」、獅子舞で厄払い (宮古島・沖縄)

比嘉の「旧二十日正月」、獅子舞で厄払い
null

城辺比嘉の伝統行事 「旧暦二十日正月祭」 が22日、 同集落内で
執り行われ、 勇壮な獅子舞が比嘉地域総合施設を中心に集落内、
この1年間に新築・改築された家屋などで厄払いするとともに、
住民らが地域の繁栄や無病息災、 五穀豊穣、 安全を祈願した。
同日は2010年度 「沖縄、 ふるさと百選」 認定の祝賀会も
催された。

毎年、 旧暦1月20日に行われる行事は、 1908 (明治41)
年に字有地の財産処分をめぐって士族と平民が争い訴訟にまで
発展したが、 双方が部落の将来を心配して話し合いで和解し、
その記念日を祝う行事 「パツカショウガツ」 として1913
(大正2) 年に始まったとされる。 宮古島市の無形民俗文化財
に指定されている。

午後2時から始まった獅子舞では、 同自治会の本村弘幸会長が
「サトウキビ生産の忙しい中、 多くの住民、 在沖郷友会、
内地からも集まっていただき、 二十日正月を盛り上げて
いただき感謝している。 ふるさと百選にも認定されており、
これを踏まえて行事を盛り上げ、 地域発展につなげていきたい」
とあいさつした。

2頭の獅子と自治会役員、 マーニ (クロツグ) の葉を頭に
巻いた住民らが公民館の周囲を3回練り歩いたあと、 公民館
南側広場で三線の演奏とともに、 ホラガイ、 太鼓、 鉦の音が
鳴り響く中、 勇壮な獅子舞が繰り広げられた。 続いて、 この
1年間に新築した1軒と改築の3軒、 購入したトラクター1台
を回って獅子舞で厄払いした。

昨年11月に実家の敷地内に新築したという砂川二美男さん
(52) は、 「地域の伝統文化である獅子舞に厄払いして
もらい、 喜んでいる」 と語った。



( 宮 古 新 報 )

2011-02-23

食堂について

 家庭料理 かーちゃんの味  
null

今朝 TVで若い歌い手がいいました

「完璧な 職人的な沖縄すばはこのみません
 おっかーが 「うり!たべれ!って!」
 つくってくれる すばがおいしいです。」

 たりないぐらいが上等 お袋の味

 敷居の高い店は のーさんきゅー  

 食券もアッサリ済むからいいと思う。 

「すばやー」東風平のパルサーぶろぐ

水彩サビラ画人の風まかせ、筆まかせ♪
ホロホロ生活、菜園日記

五十路峠
null
「すばやー」 油彩F6

入り口に ”そば”の文字が見える
どうも そば屋らしい
30年ほど前の作で 場所も定かでない

あの頃は 油彩が中心であった
佐伯祐三 長谷川利行等 フォーヴ系に
共鳴した絵の具が 画面に塗りたくられている

ライヴそのものの制作
コントロール無視の荒れ球を
ひたすらキャンバスに投げ続けた

いつしか・・・ 若さは過去形になり
五十路峠で 屈伸運動などしている
・・・気持ちは・・・アノコロノママさ!


東風平は宜寿志の画かちゃーパルサーの金城明一の
ブログ 水彩サビラ http://suisaisabira.ti-da.net/
からパクリました。 サビラもゆたしくです。





島すば自慢「キャンプのHP「Sam-Home Sam-Camp」より

沖縄そば やんばる / ソーキそば
null
かなり古いお店ではないかと思います。ALTAの真裏という
一等地しかも盛衰を激しく繰り返す中、決してメジャーとは
いえない沖縄料理一本でずっと営業を続けているのは「何か」
があるからなのでしょう。

null

私が日本全都道府県で、行ったことがないのが山口県、そして
沖縄のみ。ですので本場のソーキそばは知りません。しかし
比較対象がなくても、普通に美味しい麺です。最初の数口は
鰹のだしに慣れなく少しだけ違和感を感じますが、以降は何か
安心の出来る味というか、家庭料理的。ここでのソーキは
軟骨ソーキで、ほぼ全部食べ切れます。最近の美味しいラーメン
はレベルが高過ぎて、美味しいけれど病みつきにはなりにくい
傾向かなと思いますけど、ここの沖縄そばは劇的に美味では
なくとも、しばらくして思い出す「あと引き」があります。
永きに亘りこの地で営業できているのはそんな理由だからでは
ないでしょうか。


キャンプのHP「Sam-Home Sam-Camp」WEBマスター(SAM)が
さまざまな”お気に入り”を綴ったBLOGです by sammag

より拝借しました。

2011-02-21

響け、僕らの熱き思い/マティダライブⅢ高校生が自主運営(宮古島・沖縄)

響け、僕らの熱き思い/マティダライブⅢ高校生が自主運営
null
元気な高校生たちがバンドやダンスを披露し、ライブを盛り上げた
=20日、マティダ市民劇場

「マティダライブ3」(主催・同劇場、運営・マティダライブ
実行委員会)が20日、マティダ市民劇場で開催された。今回は
団体、総勢43人(一般3人含む)がブレイクダンスやロック
ダンス、バンド演奏、書道パフォーマンスなどを披露し、会場に
訪れた観客を魅了した。舞台には宮校書道ガールズが「一人一人
の思いが一つになり、その響きがいつしか大きな響きになる」
との思いを込めた大きな「響」の文字が掲げられ、ライブを
盛り上げた。

この取り組みは、劇場の自主文化事業の一環で地域の高校生らに
発表の場を提供し、文化ホールの持つ特性を活用しながら生徒の
文化水準の向上に役立てるのが目的で今回、初めて高校生が
自主運営を行った。

出演団体は、ダンスがA・B・C・crew、G・H・S、
ポッキンロッピン、バンドがCat,sBeHind、Jewel
*casket、かりゆし300、ぱぴよん、ぷりん、Jackin
thebox、書道パフォーマンスが宮校書道ガールズ。

ライブは、出演者全員による「MonsterTree」で
幕開けし、宮校書道ガールズがAKBの「ヘビーローテー
ション」のリズムに乗った書道パフォーマンスで「響」の
大きな文字を書き上げ、舞台後方に掲げた。

出演した高校生たちは自分たちが抱える悩みや今の思いを
音楽とダンスで表現し響かせようと舞台上で躍動し、
観客を楽しませた。



(宮古毎日新聞)

新城 アジアチャンピオンに!-アジア選手権(沖縄)

新城 アジアチャンピオンに!-アジア選手権
null

2月19日、タイで行われた第31回アジア自転車競技選手権の
エリート男子ロードレースで新城幸也(ヨーロップカー)が
優勝した。新城の優勝により、日本はロンドン五輪出場枠
の1枠を確保した。

エリート男子ロードレースは158km。気温37度を越える酷暑の
13時にスタートが切られた。イラン、カザフスタン、香港、韓国
などオリンピックの枠を狙う強豪国に対する日本の顔ぶれは、
新城の他、宮澤崇史(ファルネーゼビニ・ネーリソットーリ)、
福島晋一(トレンガヌ・プロアジア)、畑中勇介(シマノレー
シング)の4人。
 
序盤、新城、宮澤を含む9人の逃げグループが形成され、最大3分
近くの差が開いたが、後ろからカザフスタンを中心とする16人の
選手が追走。残り半分のところで9人にとらえられたが、そこから
再び新城がカウンターアタック。ウズベキスタンの選手と2人が
逃げ、メイン集団の中には福島、宮澤が入るという絶好のチャンス。
1分30秒ほどのタイム差で周回を消化するが、残り2周を切った
頃には差は30秒に縮んでいた。ウズベキスタンの選手はほとんど
先頭を引くことはなく、新城の独走状態。最終周回に入るとき
には15秒差で誰もが25人ほどの集団スプリントを予想したが、
追撃を阻止しようと宮澤、福島が追走集団を必死のコントロール。

新城は15秒の差でもあきらめることなく踏み続け、ゴール手前で
2位の選手を引き離し、単独のゴール。アジア選手権で自身初の
優勝を勝ち取った。

レース後、新城は「いゃ~、ホッとした。ホント久々の優勝
ですよ。調子が良かったから、行けるっ!という自信があったし
後ろには兄ちゃん(福島選手)も宮澤さんもいるから安心して
いました。最後はさすがにきつかったけど、楽しかったです!
オリンピックの枠は日本チームみんなのものなので、これから
代表に選ばれるように頑張ります」と、満面の笑みで語った。
 
新城は21日に帰国し24日には渡仏。27日にはフランスのレース
に出場する。ランカウイ以来心配かけてきたチームにも、大きな
お土産を持って、フランスに戻ることができる。

(現地レポート=ヨーロップカー広報アシスタント・飯島美和)

【エリート男子個人ロードレース】
1位 新城幸也(ヨーロップカー)  3h40'01"
2位 HALMURATOV, Muradjan(ウズベキスタン)  +01"
3位 ASKARI, Hossein(イラン)  +33"
6位 宮澤崇史(ファルネーゼビニ・ネーリソットーリ)  

+49"
9位 福島晋一(トレンガヌ プロアジア)  +1'25"
36位 畑中勇介(シマノレーシング)  +9'14"


(八重山日報)

2011-02-18

じゅうろくにつ

 那覇港にある みーぐしくです
null

 朝から先島の方々がつどっています
null

 南にある島に向かって手を合わせます
null

思いは風に乗って故郷の島々へ… 

2011-02-15

八島小裏でタマン連発(沖縄・つり)

八島小裏でタマン連発
null
2月10日、八島小裏で69センチ、4・7キロの
タマンを釣った下里肇さん(フィードマン)

石垣島在住の下里肇さんは、大きなタマンを求め、ここ数年は黒島や、
西表島、鳩間島と釣行を重ねてきて、実績を挙げていたが、最近は
思ったほど釣果に恵まれる事が少なくなってきていた。そこで、
今度は逆に目線を変えて、以前に通った身近なポイント、通称
「八島小学校裏」でシマダコの短冊をエサに釣りをしてみたら、
良型のタマンが釣れた。そこで次の日も竿(さお)を出してみると、
またタマンが釣れた。そして次の日も、またまたタマンが釣れた。
それもほぼ同じ時間にヒットした。

このタマンは、夕方に近くの養殖場でエサをあげる時間に合わせて、
回遊してくるようだ。10日も午後5時から仕掛けを投げ込んで
いると、30分後に前アタリがあったかと思ったら、一気に竿が
曲がった。急いで竿を取りゴリ巻きして魚を寄せてくると、
足元のテトラの中に逃げ込まれた。近くで見ていた人に竿を持って
もらい、テトラまで下りて、尻尾をつかんで引きずり出したのは
69センチの良型タマン。

灯台下暗し、身近なポイントでタマンが連発するとはと、笑顔の
下里さん。しばらくはこのポイント通いが続きそうだ。

各地で釣り人のマナーが問われています。安全第一に
マナーを守って釣りを楽しみましょう。


(おきなわ釣王国社・仲栄真修)

null
2月13日、伊是名沖の流し釣りで10キロのミーバ
イを釣った金城清勇さん(オーパFC)

null
2月7日、宜名真で尾長グレの42・4センチ、1・
05キロを釣った東江司さん

null
2月9日、カスミアジの75センチ、5・45キロを
釣った喜屋武勇太さん


(琉 球 新 報)


















「美しい花を咲かせて」 (石垣島・沖縄)

「美しい花を咲かせて」
null
デイゴ再生チャリティーコンサートに大勢の市民

花と緑の石垣島(前津栄信代表)主催としては初めてとなる
デイゴ再生チャリティーコンサートが13日午後、旧シネマ万世館
で開かれた。会場は立ち見が出るほどの盛況ぶり。大勢の市民が
市出身の大工哲弘、きいやま商店のジョイントライブを楽しみ、
NPOの今後の活躍を期待した。

コンサートでは、ゲストの石垣女声コーラスあかようら(渡慶次美智子
会長)が息の合った歌声を披露すると、エイサー団体の和琉風
(岩崎一樹会長)がオープニングを飾った。

メーンとなったきいやま商店(崎枝亮作さん、崎枝大樹さん、崎枝将人
さん)と大工さんは、それぞれ約30分ほどのステージを披露。最後は
一緒に舞台に上がり、「安里屋ユンタ」「月ぬ美しゃ」など八重山で
おなじみの曲で締めくくった。

前津代表は「多くの人に協力いただき感激している。活動の
成果も表れてきており、これもも皆さんのおかげ。これからの
支援もよろしくお願いしたい」と感謝していた。




(八重山毎日新聞)

やまねこマラソン 西表路、1526人完走 (沖縄)

やまねこマラソン 西表路、1526人完走
null
23キロは當山、屋比久が優勝ふれあいパーティーで交流

【西表】「さわやかに西表島の大自然を走ろう!」をテーマにした
第18回竹富町やまねこマラソン大会(主催・竹富町体育協会)が12日午後
西表西部地区の上原小学校を発着点に行われ、県内外から過去最多の
1621人が出場し、西表島の自然を楽しみながら健脚を競った。
23キロ、10キロ、3キロの3コースで行われた大会では1526人が完走し、
完走率は94.1%だった。

この日の西表島は曇り空で気温14.4度と絶好のマラソン日和に恵まれた。
強い北風(風速7.6メートル・北北東の風)が吹いたものの、選手らは
田園や浦内川のマングローブなど西表島の大自然の中を駆け抜け、
思い思いに大会を楽しんだ。

その結果、23キロの部男子は當山貴大選手が初優勝。
女子は屋比久ひかる選手が昨年の10キロ優勝に続いて初優勝を飾り、
10キロの部は男子・伴卓磨選手、女子・知花美鈴選手、中学生3キロ
の部は男子・仲松大貴選手、女子・砂川夏澄選手がトップでゴール
テープを切った。

「八重山は一つ」をテーマに郡内3市町の大会を走り、与那国、石垣に
次いで最後の大会となった同大会でも中山義隆石垣市長、川満栄長
竹富町長、外間守吉与那国町長が10キロを完走。

終了後、中山市長は「気持ちを一つにみんなで完走できたことが
うれしい」川満町長は「八重山は一つと言うことを行動で示し、
全国にアピールできた」、外間町長は「3人が3大会を走ったことを
きっかけに次回から3大会を走りきったジョガーに記念品を贈ることも
検討したい」とそれぞれ感想や抱負を話した。

大会終了後は中野わいわいホールで「ふれあいパーティー」が開かれ、
舞台では「きいやま商店」のライブや琉球國祭り太鼓の演舞が披露され
参加者らはサバニの刺し盛りなどの郷土料理を堪能しながら
交流を深めた。



(八重山毎日新聞)

美優さん応援 音に乗せ 神森中でコンサート(沖縄)

美優さん応援 音に乗せ 神森中でコンサート
null
歌とダンスで会場を盛り上げるテイクアウトのメンバー
=13日、神森中体育館

渡米して心臓移植を目指す浦添市立神森中学校1年の要美優さん
(13)を支援しようと、チャリティーコンサートが13日、
同校体育館であった。ボランティアで出演したプロの歌手など
28団体約270人が歌やダンスを披露。約1500人の観客と
ともに、手術の成功を祈った。

コンサートの主催は同実行委員会。同校の生徒らも会場設営などに
奮闘した。経費は広告収入や出演者で負担し、入場料などの収益金は
全額寄付される。

ステージでは宮古島出身の下地勇さんが「美優ちゃん、元気になって
戻ってくるのを待ってるよ」と語りかけ、宮古方言で熱唱。

県内で約30年活動を続ける「サラリーマンバンド」のテイクアウト
やカチンバ4(クアトロ)らも次々と登場し、歌やダンスで会場を
盛り上げた。

美優さんの両親、俊明さん(46)と直美さん(48)は「手術も
近くなり、本人にも不安や葛藤(かっとう)がある。皆さんの温かい
気持ちや言葉が娘の力になっている」と感謝した。

実行委員長を務めた直美さんの同僚で、テイクアウトのマネジャーの
名渡山秋彦さん(50)は「コンサートの写真や映像を美優ちゃん
にもプレゼントしたい。早く元気な姿を見せてほしい」と話した。



(沖縄タイムス)

2011-02-14

ひーさーの中久々のてぃーだ

 あたたかさが ありがたや
null

 石獅子を廻って来た犬に おばぁーが繋がっていた

null

 「他にもいくつかあるよ」 一言返答する
 「あんた 山原のどこねー 私は粟国よー」 

null

 笑顔は 沖縄の歴史遺産・世界遺産です。

 なーふぁにいて忘れていた。