2010-11-30



11月29日のROK「方言ニュース」の惨劇

「おいす~い肉の日」のイベント会場の真榮平仁と
全人師匠の沖縄漫談でした
null

真仁 今日は3枚肉、テビチ、ヒージャー、鳥の丸焼きに
   囲まれています、師匠は肉はすきですかー?」

師匠 「うん、ししはじゅうろくだね!!!」

真仁 「はぁー それは ししじょーぐぅーの意味ですか~?」

師匠 「あ~~そう そうよ~」

真仁 「はぁ~ 師匠よ~~~」

 

  ー余りにもうちなー的なのでー

 1、しし(肉) 例 うわぁーしし(豚肉)

 2、じょーぐぅー(上戸) 
    
   しし上戸(肉好き)さき上戸(酒好き)


仁 「今日は 師匠でした!!!」

2010-11-29

島の魅力を一堂に 離島フェア開催(沖縄)

島々の特産品を一堂に集め紹介する
「離島フェアー2010」が那覇市の奥武山で
行われ、連日多くのお客さんでにぎわいました。

null
海産物から味噌などをそろえていました
(海草から造った「うる」が特に美味でした) 

 伝統工芸品などなど 美味い・上等
が勢ぞろい していました

null
 島々の特産品がブランド的品質です

117業者 990品目が主店されました 

null

塩 カツオ節 味噌 泡盛 農産物

島に根ざす伝統の味が光っていました。

2010-11-27

ひさびさ

  に  見返してたら
null


  話がでたので…

2010-11-26

那覇市の西町は美姉さんがいっぱい

 那覇港の町 西町は風情があります
null
 港町の女性は愛情に満ちています
null

 てなことで また後日に…

2010-11-25

那覇市西町の給油所

那覇港(西2丁目)にある那覇で一番小さな給油所
離島の離島にあるサイズ

null
ゆったり のんびり やさしく営業中です 


null

レンタカーで空港へ向かう途中に便利です

null

西町児童公園隣で倉庫街にあります

しかしだが 日曜は休みだし
日が暮れると閉まる(7時)困ったスタンドではあるな~~~ 



沖縄の城間食堂(那覇市西町)

那覇市西町にある城間食堂の日替わりランチの

null

情報依頼があったので アップいたします
null

今日はカツカレーでした(家庭的味です)
null

やさしい・ていねい・ゆったりのんびり
null

 紅芋・サラダ・すば・カレー
null

 これれッ…500円です

ちゅはーら いたしました。 



2010-11-24

ラジオ沖縄・方言ニュース・11月23日

null
太平洋戦争中にアメリカ軍の潜水艦に撃沈され疎開児童ら
1400人以上が命を落とした対馬丸撃沈事件の記憶の継承と
恒久平和を願って鹿児島県板金工業組合の方々が
銅版を折って千羽鶴を制作しこのほど、
那覇市の対馬丸記念館へ贈りました。

ひごろは…

 飼っている えさを与えている
null

そんな思いは いいかげんですね  

2010-11-23

方言ニュース(ROK)

ラジオ沖縄「方言ニュース」は半世紀を生き抜いた
郷土の誇りの番組である

開始時 「公的放送であるラジオで!方言で!常識外だ!」と
問題になったらしい

時は 郷土民謡を昼間に流すことも無かった時代
島くとぅばは差別や劣等感であったのだろう

時代は過ぎ…またもや

「方言ニュース」は間違っている の声がでている
「方言ではなく うちなーぐち 島言葉だ!」って

null

師匠いわく「方言ニュースは伝統です!」と一言発しました
他のマスコミや識者からごーぐちされながらも
スポンサーがつかなくても 受け継いできました

発足時の先輩方の意思や時代が番組名に刻まれています

間違ってる!のレベルではありません

沖縄の時代を語る モニュメントなのです。




ゆうぐれ

null
 
 このあいだは 他郷のような夕暮れでした。

2010-11-19

こんしゅうも…

 週末は …   

null






 アメガフリッマス 

2010-11-18

してきーにババン!

null

小雨の降る朝の通勤時間のことです
込み合うことで知られる首里からの道の出来事

信号を右折してきた先頭のバイクが揃って停まった

…なぜ…?

その後ろにサラリーマンや工事現場へ向かう
オッサンが おばさんが ねーさんが停まる

なして…?

したら ふりむいたら バスの窓から高校生の顔が
あふれる…

ホテルから続々と…6台ほどバスがつづく

あわてず さわがず 普通に…

子供たちが乗っている  優先してあげよー


やふぁらかく 重くなく すこしだけ優しく

そんな島の思いが ナイスだった。


2010-11-16

南の島にもクリスマス 

ディスプレイが終了し
null

年末の賑わいとなるのでしょう

null




今日は 寄り道をするかな…

  ?

「黄金戦隊かぼっちゃマン」の手作り絵本・ラジオ沖縄

ラジオ沖縄「方言ニュース」11月16日
null
「方言ニュースキャスター・伊狩典子先生」
「黄金戦隊かぼっちゃマン」の手作り絵本
南風原町のローカルヒーロー「黄金戦隊(くがにせんたい)
かぼっちゃマン」を描いた手作り絵本が、南風原町立中央公民館
図書室の蔵書に加わり、好評を博しています。

うぬ年ぬ2がちに肝(ちむ)がかい しーがちなー
 今年 月   惜しまれながら

活動うわたるローカルヒーロー「クガニ戦隊かぼっちゃマン」ぬ
   休止           黄金 

手作り絵本ぬ さたさっとーいびーん 
        評判です 

私立図書館うてぃー5冊ぬ本うてぃーまーしかんてぃーそーいびん
     では  5冊の本では不足状態です     

年ぬさしわきぬねーんぐとぅ読まっとーいびん。
  年齢に隔てなく読まれています

「ちゅーぬ方言にゅーすー うんぬきやびたん」

2010-11-15

ギネス記録達成のタコライス・ROK[方言ニュース」

ギネス記録達成の金武町タコライス
null
ラジオ沖縄「方言ニュース」小那覇 全人師匠

昨日、タコライスぬ発祥ぬ地 金武町うてぃ
ギネス記録に挑戦するイベントぬあいびたん

金武町産ぬ くみ(米)310キロ タコスミート208キロ
チーズ100キロ うぬ他 レタス トマト

完成しちゃる 長さ12メートル 幅1,8メートル
うぶさ 740キロぬ2千食分ぬタコライスや
参加者2100名うてぃ うちくぁーり(完食)さーびたん

ギネス公式認認定者が記録かい認定さーびたん

(記録が確定いたしました)

11月15日の ROK「方言ニュース」

小那覇 全人が うんぬきやびたん。

いつかのババン!!!(ラジオ沖縄)

null
ティーサージパラダイス・前真平 仁

大型ダンプの運転手からのババン!
「OO町のOOの角にとめている黒の乗用車にババン!
 車道にはみ出していないからいいだろうけど
 近くには保育所もあるし ダンプからはいつも邪魔に
 なってるが~~」

仁「そうね~ ダンプだとせまいんだろーなー
  しかし子供達も関係するし気をつけたいなー」


ほどなくメールが…届いた

 「今かたずけましたー 私の車ですー ごめんなさーい
  以後気をつけます。」

そんな局地的だけどが いい話が ラジオ沖縄にはあります

 思い出しながらなので いいかげんな所が
 多々あるかも… … …



 ババン!のコーナー思い出し話。

  

  
   

2010-11-09

宮古島市の大神島に自然水族園設置(沖縄)

今日の方言ニュースは伊狩典子先生です
null
 
宮古島市の大神島に自然水族園設置

住民の高齢化・過疎化が進む宮古島市の大神島(おおがみじま)を
活性化させようと、市内の有志や専門家が自然の
造形と環境を生かした自然水族園を設置する構想を提案しています。

施設などを新たに建設せず、自然の地形を生かして
熱帯魚を畜養し気軽に自然観察ができる水族園を
目指すという提案です。

下記の楽しい 沖縄島口が聞けました

 いぐまちょーん≒ 提案

 なぐり なぐり(自然を壊すのは惜しい惜しい)

 ヒシ(干瀬)を生かしたプールだそうです

 例 八重干瀬=ヤビジ


「自然ぬみぐとぅ(見事)さやニンジン(人間)ぬ 
 うゆばるむんやあいびらん」

「水族園さーに海人ぬ獲たーる魚 水族園さーに
 育てぃやーに もーき(利益)ぬ上ゆるぐとー
 ぬ考えるやいびん」 

 今日の担当は伊狩先生でした。

郷土の民話表現力豊かに(宮古島・沖縄)

市長賞に国仲愛理さん(狩俣3年)
郷土の民話大会児童5人が表現力豊かに
null
市長賞の国仲愛理さん

 第5回宮古島市民総合文化祭「児童・生徒の部」郷土の民話大会が6日、
市中央公民館で行われ、国仲愛理さん(狩俣小3年)が最高賞となる
市長賞に輝いた。教育長賞には上原愛姫さん(佐良浜小2年)が選ばれた。
児童5人が地域に伝わる民話を方言で発表。身ぶり手ぶりを交えながらの
熱弁に、会場から大きな拍手が沸き起こった。


今年の大会は例年に増してレベルが高く、6人の審査員も優劣を決めるのが
難しかったという。その中でも、「ミハギ鳩とカラスのゆがたい
(盲目の鳩とカラスの夜語り)」との演題で発表した国仲さんは、
メリハリのある方言の発音と内容にぴったり合ったしぐさが
聴衆を引き付けた。

 国仲さんは「市長賞を取りたいとは思っていたけど、2位か3位かなと
思っていた。名前を呼ばれた時はとてもうれしかった」と話した。
教頭先生と祖母から方言の特訓を受けたと言い「顔の表情に注意して
話した。普段は方言は使わないけど、おじいちゃんやおばあちゃんが
使っている方言を聞くのは楽しい」と笑顔を見せた。

 教育長賞は「んきゃーぬぱなすどう(昔のお話)」の演題で発表した
上原さん。表情豊かに愛らしく話す方言が聴衆の共感を得た。

 審査委員長の下地智さんは「発表に入る前の出だしに
『私の話を聞いてください』、最後には「聞いてくれてありがとう』などを
方言で付け加えれば、もっと聴衆を引き付けることができる」と講評した。

 優秀賞には「ハズブリユーサ(足の骨の折れたサギ)の話」を発表した
宮城厚希君(狩俣小5年)、優良賞には伊良部心優さん(西辺小1年)

ねずみとやどかり」、山口愛理さん(池間小5年)「ハズブリユーサ」が
それぞれ選ばれた。

 審査は「地域の方言は地域の文化」との観点から▽話の内容▽表現力
▽表情の豊かさ▽方言の使い方-で行われた。



(宮古毎日新聞の紙面より)

2010-11-08

今日のROK「方言ニュース」小那覇全人師匠

方言ニュースを小那覇全人がお伝えします

南城市の尚巴志マラソンは雨天のなか行なわれました

ウトゥダカサル(名物)の新里の坂(ビラ)をイ

ッペー(大変)シーペー(難儀)してランナーは

駆け上がってゆきました。 

null
 理想的なうちなーのオジィです

ヒラ・ビラ 坂のことです

サクヒラ(急坂) サク 検討・量的な意?


仁 「師匠は本が好きで1000冊ほどあるとか?」

師匠「ん・ありよ あり あが全集むるするとん
   ん・ん … たーやたが…」

仁 「師匠… … 読まれていますよね??…」

師匠「やさ!藤沢周平全集!女性がいいね」

   「今日の担当は師匠でした。」

2010-11-06

ユークイで五穀豊穣祝う(沖縄宮古島まつり)

豊年祈り、神女が御嶽回り宮古島市でユークイ
null
「ヨーンテル、ヨーンテル」と唱えながら集落内
を歩く神女ら=4日、宮古島市平良西原

【宮古島】宮古の代表的な豊年祈願の伝統祭祀(さいし)
「ユークイ」が、3〜5日の日程で宮古島市平良西原集落で
始まった。4日は早朝から白装束に身を包んだ神女6人が
集落内の九つの御嶽を回り、地域の繁栄を祈願した。

ユークイは旧暦9月吉日にユークインマと呼ばれる
神女が執り行う祭祀。「ユー」は豊穣(ほうじょう)、
「クイ」は乞(こ)うの意。数え47歳から56歳の神女が3日、
集落の守り神ウパルズ御嶽に一晩こもり、4日早朝から集落内の
御嶽で神に願いをささげた。

神女は頭にシイノキカズラで編んだカウス(草冠)をくくり、
顔はティウサ(手草)で隠し「ヨーンテル、ヨーンテル」と唱え
集落を練り歩いた。

ンマヌハ御嶽では、今年で10年間神職を務めた
ハーニパー(最年長)2人のインギョー(卒業)を胴上げで祝った。

同祭祀は、ここ数年神女のなり手が減少しており、
存続を懸念する声もある。



(沖縄タイムス紙面より)

2010-11-04

奥武観音堂395年祭(沖縄・旧玉城村)

395年前に嵐で大破した中国船の人たちを救助し
無事にお国許へ送り返したお礼に頂いた黄金の観音様を
まつり島人の健康と無病息災を願う祭りが執り行われました

null

行事は5年に一度行われます

null

島こぞっての参加で多くの人たちが詰め掛けました

null

祭りは男衆の勇壮な棒術が披露されました
小さな子から大先輩まで張り切っていました

null

海、港、ウミンチュ、そんな生活が祭りにもでているのかも

null

男衆の後は女性人のウシデークです
ゆったりとした沖縄独特の歌と舞の世界を
見せていただきました。










第9回・クイチャーフェスティバル(沖縄・宮古島)

null
第九回 クイチャーフェスティバル 2010
~ずならどぅ ずなら~
2002年。

「人頭税廃止100年」を記念して、
「温故知新」と「大切なのは身近にある」を
コンセプトに、『クイチャーフェスティバル』はスタートしました。

祖先から受け継がれてきたクイチャーは、敬虔な祈り中から生まれた
「共存共生」のシンボルであり、「宮古人のアイデンティティ」を
体現する島の伝統芸能です。『クイチャーフェスティバル』は
宮古圏域文化の掘り起こしと、後世への継承発展を目的とし、
「伝統クイチャー」と「創作クイチャー」が紡ぎ出す
宮古民俗文化のフェスティバルです。

「ずならどぅ ずなら」
今年の『クイチャーフエスティバル』のサブタイトルは、
荷川取のクイチャーの歌詞にも唄われている言葉で、
「土地煙が上がる程に大地を踏み鳴らし、その土煙が空に舞い上がって
雲をなし、その雲から豊穣をもたらす雨を降らそう」という
意味があります。これはまさにクイチャーの真髄であり、
来年2011年の第十回の記念大会に向けた意気込みを込めて
付けられました。


第9回クイチャーフェスティバル
  「入場無料」
期日 2010年11月7日(日)

  開演16時(予定)
会場 カママ嶺公園 多目的広場

ラジオ沖縄「方言ニュース」伊狩典子

null
問題提起のアンケー島でした

あなたは裁判員に選ばれたら死刑判決をだせますか?

A はい 65%   B いいえ 35%

仁 「先生は いかがですか?」
 
伊狩先生「ぬーりん言ららんやー 一時ぬ気ぬまゆいるやたがやーり思たい
     残っさたる ちゅー(人)ぬ事を思えーから
     チミ(罪)とトゥガ(罰)や ぬがーららん」

仁 「そうですよねー今日の担当は伊狩典子先生でした。」 

ラジオ沖縄「方言ニュース」から(1月11日)

アンケー島
 釣りとゴルフどちらがお金がかかるか~?
null

A 釣り 22%  B ゴルフ 78%

仁  「さて、師匠はどうですか?」

師匠 「私はどちらもかかりません」

仁  「やったこと ないんですか?」

師匠「ゴルフも一度はある、しかしミグラナカッた」 仁「振れなかったんですね」

師匠「やめたがいい と言われましたね~ 車もだめ 自転車は出来て通勤してたが
   女の人をハニクルバチやめました」
仁 「師匠は何もせんほうがいいでっす」師匠「何もできませ~ん」

仁 「今日の担当は 小那覇全人さんでした」