2008-07-07



織姫のもとへ


 飛んでいます

かたぶい しませんように!


2008-07-04

琉球遺産 沖縄のまつり


沖縄の宮古島多良間島の豊年祭八月踊です
国指定の重要民族文化財に指定されています




多良間島は流刑の島で 政治犯と呼ばれる人たちが
多く送られました それで生まれたのでしょうか 

組み踊りは 古い様式を残し受け継がれ
島人が多良間の島言葉でなく首里言葉で演じます

受け継ぎ伝える…  





久高島 「イザイホー」12年に一度行われる祭りです
島の三十歳以上の条件を満たした女性が神女になる儀式です

1978年を最後に儀式は行われていません

時代が変わり 島が変わり 移ろってゆきます





南島沖縄ギャラリー

沖縄の原風景 金城 明一
 陽盛りの中をゆくミートニンダ

フライパンの底のようなチリチリした暑さは越したようである 



と言っても 1分もテーィダの中にはおれん
あと少しと頑張っても 勝手に体が影に逃げて行く



葉を落として暑さをしのいだ 温帯系の植物が
ようやく若葉を芽吹かせた



トゥータンはうふ風に持っていかれるので
タイヤを乗せている リサイクルとけいじゃいです



ふくよかなオカァとよりそうオトゥ
陽も高いので はるー から あさばん食べに家へ



題名が 陽盛りの中をゆくミートらンダ??
夫婦(ミートゥダ)だけどが…東風平なまるは解りません
田舎の新種エグゼ老夫婦なのか???





2008-07-03

夜明けの沖縄イサトゥ


沖縄の いさとぅチャンは てーふぁ(冗談好き)やん



夜明けは動物が活発に行動しています
蓑虫を見つけた表情です



美しく長い腕で蓑虫を ハグしましたが…思いは叶いませんでした…

あふれる愛情の顔から あふぁー(どっちらけ)顔への
一瞬ロマンス劇場でした 



均整の取れた手足 スレンダーな腰 しかし見事なまでの

ヒップラインのモンローヲーク!!




しーぶん




真上から見ると シュモクサメ





2008-07-02

ウチナワンチルダイ(沖縄の蝶)

沖縄では 蝶も熱中症でチルダッテいます

あちくて ちるだる(溶ける だれる)



カバマダラかな? は-べるー(蝶)です



ちるだって警戒心も無くし昼寝してます
うちなーんちゅと一緒です



ワイヤーみたいな口が 鼻提灯みたく
伸びちじみ します



あと2週間は うだるような暑さが続きます
10月も半ばになると 秋風が流れ涼しくなるのですが…




しーぶん



暑い中 外で働くのが島人 強いですね

だけどが 近所で昭和の家が又ひとつ消滅です 





島産品きーむむジャム


東風平宜寿志からジャムの試作品が届きました

原材料は沖縄原種の きーむむ(毛桃)です
最近は食べられる事を忘れられた品種ですが…



かわいい手書きラベルが張ってあります
製作者の 意気込みが伝わります
(ラベルは イイラベル)



製造所は 金城畑手造り所

子供向け甘口と ナツラル味のようです



食感報告は後ほど…(すぐは食せんが)



春は 大量に出来たシソを あれこれ食わされた 

ソバ汁漬け 焼肉のタレ漬け その他



今月は島産品使用奨励月間ですよ



2008-07-01

モンシロチョウ


葉脈の様な白い羽です



モンシロチョウなのだろうが
白の他の色味が…生まれたて?



したら 近くに





花の傍に いさとぅが カマを隠していた


 

離れた木の上で くら小がみていた