2008-06-30



羽ばたけ


 とぅぬげ~~~!


雨が少ない沖縄


例年より乾燥してます

毛虫さんや その仲間が元気です



琉球スミレは 皆食べられました

 チルダイって言葉は昆虫には 無いな  

2008-06-27

あじくーたーが消える

国際通りの昭和風景が消えます 

安里バス停の二見理容館に立ち入り禁止の

張り紙が有りました ざんねんです





若狭の名物老舗 逆さクラゲホテルも

消える様です ひじょ~~に 残念です!!!




こんな名前 2度とないだろーな


おばぁのかちゃーしー




2008-06-26

沖縄の おばぁー


 昔からハイカラで おしゃれです

元気で 明るくて 可愛いです




最近のおばぁは もっとハイカラです

髪は バイオレットだし 

あくせさりー チャラチャラだし

ミューズ石鹸でなくオーデコロンだし  

2008-06-25

小さな島の琉球遺産


きび畑と牛しか無い 小さな島に

素晴らしい文化遺産が継承されています





沖縄の島々は 魅力にあふれています

2008-06-24

故郷の夏…糸満 真栄里

 第六十二回白梅之塔慰霊祭



今年も 慰霊祭の会場は満席でした

生存した同窓生の出席者は 30名ほど



毎年 「今年は慰霊祭が行なえるか?」と

80歳になった自分自身に問いかけるそうです



戦争の悲惨さを語り継げるのもあとわずかです

風化と故郷の現状にいたたまれないもどかしさ

を感じています



若者に自身の戦争体験を語る 崎山麗子さん79歳

しかし 今年は広島の大学から平和学習に

多くの生徒が尋ねてきました 地元の高校生も来ました

語り継ぐ若者たちをとても喜んで迎えていました



 「県立第二校歌」と「月桃の花」

 が耳の奥でずっとリフレインしてます



2008-06-23

6月23日…沖縄


熱い一日でした 満足に水も口に出来なかった
当時の方々の思いはいかほどだったのか
 


明るく語る経験者に救われます



沖縄県立第二高等女学院
白梅学徒看護対の慰霊祭も執り行われました



昭和20年6月22日の攻撃を受け亡くなった
方が多い糸満のこの地に慰霊碑が建っています

教職員や隊員149名の名前が記されています




糸満市 真栄里 白梅之塔とガマ



2008-06-22

昭和の市場風景…沖縄

 マチグァーは いまよりごちゃごちゃだった



 雑多な匂いが入り混じっていた




 汗の匂いもあり 




 しまんちゅらしかった

2008-06-20

昭和の風景…沖縄


 那覇市 与儀市場 

別名「おばぁ市場」であった

おばぁーしかいなかった (して 現在は誰もいない?)
 
うちなーむん やーせー(野菜)はここで買うのが1番!!

 だった



市場界隈に 友達がいたので訪ねてたが
数年前に 廃屋になってた 

小さく質素な部屋は崩れていた



しーぶん

きのうのの月です



2008-06-11

生まれ 育っています いさとぅ 


目つきは きついが まだプヨプヨ



いさとぅ ぬ わらばーです(かまきりの子)



ぴしいー と見 ぱしーと隠れます


 別冊ふろく

においばんまつり

 咲いています


2008-06-10

「 … 」



2008-06-09

今日の琉球すみれ

 結構 種をつけてます





開き始めると早い!



パッカ!



上を向くと弾け投石機見たく飛ばします
通常の設定では写せませんでした

45分ほどで 種花火は終了いたしました




種はアーモンド味がするようで(?)
蟻さんが運ぶようです。

いいしま 伊江島ハーリー

今日 沖縄はは 夏日です



ハーリー鐘で 梅雨は終わったようです



いーじま の爬龍舟競漕です



熱い競漕でなく 仲間意識が前面です



職域 年代別 色々出てきます




学校の生徒数は 20年前の半数に減ったそうです
働き口は 厳しい島です




しかし 皆が顔見知りの家族です。





2008-06-05

沖縄は今年…


古臭い写真をもうひとつ…

null

来る ぐんがちゆっかぬ祭り糸満ハーレーです

null

子供たちも正装してるのが かわいいです

null

今年は 1609年に鎖国の国が大交易で
栄えてた南国に侵攻してきて400年目なんですね
琉球処分から130年目 そしてげんじゃい

null

「棒ぬ先から 火吹ち 我ぬ鼻 無ーんなたん」
(1609年 2000名に簡単に征服された)
いかな「本部ざーる」えてぃん 種が島かいや かなーんよや 

中国や韓国もその他の国も征服の考えは無かったはず


ひじゃ光龍 に感銘を受けた 復帰子に教えられました

そんな日々だす。


くいちゃー 沖縄の雨乞い

沖縄の代表的雨乞いの儀式 
宮古島のクイチャー
(ナゼかたかなが似合うのか?ミヤーク)

null

芒種の頃に雨乞いしたわけではない
沖縄で 夜間の時間断水したのも14ほど前だと
思うが? 

null

まだまだ しまかばーがしてた

null

大地を踏み抜き 空に飛び上がる まだまだパワフルだった

null

まだまだ まなざしが永遠をみていた。

2008-06-04

 蠢く


 中で蠢いてるのが…透けて見える…

null

 狙ってるのが…もう一匹

ぬりゅ としたのが まとわってる 

梅雨に蠢く影


 芒種 満喫しています
夜は しっとり すごしいい



夜中に蠢く影が~~!!



夜明けに生まれる
あれの卵を狙っているのかな?

2008-06-03

沖縄の負けないやつ


雨が続くと ちんなん(かたつむり)が元気です
すべて食べます

null

でも ゴリみたく毛深いこれは食べれません
サボテン顔負けです

null

北国産の ごん馬齢小は完食です
愛のため男は ちんなんと戦いましたが
敗れました

null

うちなー野菜の はんだま も
敬遠されます

null

にがな は見向きもしません


勝手な おきなわ ちんなん です。




2008-06-02

季節の変わり目の沖縄



梅雨がつづき 初夏が過ぎ 真夏に向かう頃…
芒種の時期なのだ… 

null


オタマも兄弟そろって幼稚園 
未だ孵化していない卵を 子供はアイスクリームって
言ってグシャグシャにしてた

自然が残り少ないのに! 


null


 夕方 … 側溝の掃除をしてたら!!!

美しいご婦人が 重そうにして訪ねてこられた
荷は 磯マグロと ながいゆー(長い魚)
海上工務のご主人が いましがた釣っったそうな!!!

「しったい! 島の幸せ!!明日もゆたすく!!」

 しぐ うろこを飛ばし わんじる。外で豪快に!
道行く人が見るので 包丁をなめてみせる…笑われた


null


したら たそがれの似合う奥様が ビールの差し入れ(金武麦)!
(たそがれた女性ではない!!!)

さしみ の きれっぱしをかみくだき飲み込みつつ
島のありがたさもかみ締めました。



かりーわっぷー(恵みの半分こ)は 話だけ!

はなし くぁっちー(話だけのご馳走)です。


ぬちぐすい したさ~~~   えへ!