広告バナー
«Prev || 1 || Next»

2007-01-25



トータルリコール

リコール

ここ最近1週間100円レンタルビデオとか中古ビデオ
なんかにも手を出していまして、この前は大変懐かしい
超話題作、P・バーホーベンの「トータルリコール」
を鑑賞しました。原作はディックの短編「記憶売ります」。
まぁ今更思うのもあれですが地味に残虐描写の多い事多い事。
どうでもいい殺人シーンに情熱を感じます。
これがバーホーベンの持ち味ですかね。男も女もじゃんじゃん
殺されちゃいます。
そして、主役はってるシュワルツェネッガーの演技が驚く
ほど大味でまた映画の雰囲気にマッチしています。
ああ「スターシップトゥルーパーズ 」もまた見たくなりましたよ。
ところで、ヒロインのメリーナがビッチなローリーよりブサイクなのが
どうも納得いかないというか感情移入できなく残念なところ。
ま、かなり個人的な意見なんですが。
最後に、ビデオに無かったんですけど当時エンドロールが終わった
後にシュワちゃんが夢から覚めるシーンがありませんでしたかね。
それこそ僕の記憶違いでしょうか。

製作年 : 1990年
製作国 : アメリカ
監督:ポールバーホーベン
原作:フィリップKディック
出演:シャロンストーン、アーノルドシュワルツェネッガー、レイチェルティコティン

1シーン


«Prev || 1 || Next»