広告バナー


2009-09-14

愛ある映画でも

「カンタベリー物語」○
カンタベリー物語
ジェフリー・チョーサーのカンタベリー物語から8つの物語を抜粋した
オムニバス形式な作品。
パゾリーニの生の三部作の二作目。
チョーサー役はパゾリーニ本人が演じています。
私的にパゾリーニっていうとソドムの市のイメージが強くてド変態と
いうイメージですが、この作品はクスッと笑える感じの映画で楽しく
見られると思います。
ベルリン国際映画祭の金熊賞とってます。
1972年イタリア


パゾリーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニご本人

「愛の嵐」○
有名シーン
シャーロット・ランプリングがまぁーホントに綺麗です。
内容は大した事無くて淡々とした映画ですが、ルチア(役名)
がナチ帽姿で踊るDVDのジャケットシーンは確かに印象的。
歪んだ愛、堕ちる愛って感じで暗い話ですが刹那的な退廃美
を感じる作品でした。
1973年イタリア


ショート
強制収容所時代の二人、ショートも似合うランプリング

「未来惑星ザルドス」○
このコスチューム・・・
ランプリングが可愛いという事を飲みながら話した所、先輩が
俺もランプリング好き!これいいっすよ!と渡してくれた映画。
ショーン・コネリーやシャーロット・ランプリングがなぜ出て
るんだろうかと思うぐらい低予算でカルトな映画。
サイケデリックな映像も多くカウンターカルチャーの影響を感じます。
階級社会と不老不死についての哲学的な要素が核になってると
思うのですが、実の所終始ショーン・コネリーが赤いパンツ一丁
で走り回ってる姿が見どころと思えるぐらいインパクト大です。
ちょっと映像化早すぎたのかも。
1974年イギリス


ツーショット
ランプリングは相変わらず冷めた目が綺麗
 
category映画  time19:22  authorguffey 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
: