広告バナー
«Prev || 1 || Next»

2007-07-17



ヘンプ

ヘンプ畑
こんにちは、窪塚guffeyです。
毎週日曜日にテレビ朝日で放送されている「素敵な宇宙船 地球号」。
1997年から放送している長寿番組です。
この番組で1998/11/15 (第069回)に「大麻が森林を救う!?」
というのが放送されました。
要は幻覚作用THC1%以下のドラッグとしては使えない産業用大麻
についてのお話。その回の録画したものを見る機会がありました。
ヨーロッパでは大麻畑年間1ヘクタールに800ドルの助成金が給付
されるほど推進されています。
ちなみに産業用大麻の畑に普通の大麻を隠して育てるのは交配して
結局THC(テトラヒトラカンナビノール)含有量が減るので無理です。
麻は木材と比較して4倍の紙を生産出来きます。
麻は雑草ばりに強くそして100日で収穫出来きるという生産サイクル。
紙、繊維、油、etcなどが生産出来る万能性。
年間35億立方メートル森林が伐採されている今、考えさせられる
内容でした。大麻と聞くとどうしても麻薬のイメージがありますが
産業用大麻というものをまじめに見直す良い機会になりました。
ちなみに、オランダの研究所ではTHC0.3%まで抑える事ができています。
さすがオランダやっぱりオランダ。大麻先進国オランダ万歳。

お茶の水博士がわかりやすく説明


«Prev || 1 || Next»