沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2010-05-18

大相撲夏場所は後半の熱戦が続いているが、土俵の外で懸命に闘っている力士がいる。脳梗塞(こうそく)で休場中の東前頭5枚目、岩木山(境川部屋)。「もう一度やれるなら頭から(ぶつかって)いきたい」と復帰を望んでいる。
 場所前、ついでに受けた検査だった。2月に手術した右ひじの経過を見るため、磁気共鳴画像診断装置(MRI)で全身画像を撮り、左脳の血管の一部が非常に細くなっていることが分かった。診断は「左小脳梗塞」。最近では脳梗塞の跡が見つかって引退につながった栃東(現玉ノ井親方)の例もある。
 岩木山は、血流を良くする薬を使って強行出場する道もあったが、出血した場合のリスクが大きく、全休に踏み切った。食生活の改善で血圧を下げる方法を選択。野菜を多めに取り、ご飯も茶わん1杯。「これまでは焼酎1本」だった晩酌も控えた。「まわしは20センチくらい切った」と言う。ぶちかましと重い腰を武器にしてきた体格を維持するのは難しいが、じっくり治す決意を固めた。
 青森大相撲部で活躍。卒業して青森山田高の職員になった後、友人の死をきっかけに「悔いのない人生を」と角界入りした。「ぼろぼろになるまでやりたいが、自分らしい相撲が取れなくなったらどうかな」。揺れる思いを抱えて、けいこ熱心な好漢は、復帰に備えてしこを踏んでいる。   
categoryうちなーぐち  time10:34  authorbiiizu6 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。