沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2012-11-14

重箱作った 主婦ら手ほどき(読谷・沖縄)

木更津東高、重箱作った 主婦ら手ほどき
null
読谷の女性たちから沖縄の郷土料理を教わる
木更津東高校の生徒ら=読谷村大木・ふれあい市

 【読谷】千葉県から修学旅行で沖縄を訪れた木更津東高校家政科の生徒37人が12日、地産地消の体験学習を通して、村民と交流した。
生徒らは村の婦人会卒業メンバーがつくる「大木ふれあい市」と楚辺公民館婦人会の2カ所で、村内の女性たちと一緒に沖縄の郷土料理に挑戦。
同校は初の試みに「沖縄の人と直接ふれ合い、沖縄の気候と風土を取り入れた料理を体験することで、食生活や食文化を学べる」と意義を語った。

 ふれあい市では、沖縄の年中行事でおなじみの重箱料理に挑んだ。地元の女性たちから手ほどきを受けながら、読谷特産の紅イモや豆腐、魚の天ぷらを揚げ、昆布を結び、ゴボウを煮込んだ。

 ふれあい市代表の牧門(まきじょう)澄子さん(72)は「みんな動きもいいし、考えながら、ちゃんと作ってくれた」と生徒たちを褒めた。

 苅込千紗花(かりこみちさか)さん(17)は「初めて作ったおもちが面白かった」と笑顔。岡本理沙さん(16)は「初めてゆし豆腐を見た。おばあちゃんたちの会話が楽しかった」とうれしそうだった。

 ふれあい市では調理場に隣接する牧門さんの自宅で試食。トートーメーにみんなで手を合わせて、沖縄の生活習慣も体験した。

 楚辺婦人会では会長の高安美和子さん(62)らが楚辺ポーポーやソーキ汁、ニンジンシリシリーなどを指導した。

 担任の進藤和枝教諭は「おもてなしの心が温かかった。成果を持ち帰って家政科の授業や調理実習に生かしたい」と話していた。

  

  沖縄タイムス  
category地域情報  time12:30  authorbbstaff 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。