沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 104 | 105 | 106 || Next»

2013-12-05



バイク300台 ファン魅了 ゲート#2フェスタ(OKINAWA)

バイク300台 ファン魅了 ゲート#2フェスタ
null
観客の熱視線の中パレードするバイク
=1日、コザ・ゲート通り

 【沖縄】
通称・空港通りとも呼ばれる沖縄市のコザゲート通りを舞台に「ゲート#2フェスタ」(コザゲート通り会主催)が1日、行われた。午後2時には目玉イベントのバイクパレードが行われ、300台以上のバイクが沿道の観客を魅了した。

 スターターピストルの合図で、通り約500メートルに並んだバイクが重低音のエンジンを鳴らしながら走りだすと、沿道からは「すごい」「かっこいい」と声が上がった。
ハーレーダビッドソンやスポーツバイク、クラシックバイクなど、愛好家が磨きをかけたバイクが約30分間、ゲート通りを埋め尽くした。
ファンは写真や動画に収めようとカメラを向けた。フェスタではバンドライブやアームレスリング(腕相撲)大会なども行われた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time12:15

2013-12-04

「ちにん太陽ぬ会」学校支援で発足 (知念・沖縄)

「ちにん太陽ぬ会」学校支援で発足 退職教師ら地域力掲げnull
新しい学校支援団体「ちにん太陽ぬ会」のメンバー
=南城市立知念小学校

 【南城】
「地域の子供たちは地域で育てる」を掲げ南城市知念の有志がこのほど、新たに学校支援ボランティア「ちにん太陽(てぃだ)ぬ会」を発足させた。学力向上と環境整備に積極的に側面から取り組んでいくことになった。

 元高校校長の前城盛雄さんが呼び掛け人となって同市立知念小学校で協議会を開催。地域で活動をしている民生委員や市議らのほか、高嶺朝勇市教育長、比嘉葉子知念小校長が参加した。初代会長に前城盛雄さんが選ばれた。副会長に前城秀雄さんと具志堅米子さん、事務局長には市教育コーディネーターの古謝久子さんが就任した。

 旧知念村には退職教諭を中心とした学校支援ボランティア「水明会」があるが、高齢化に伴い活動が衰退したため、新たに会を立ち上げた。

 太陽ぬ会では元教諭だけでなく一般市民からも公募して会員を増やし、活動の活性化を図っていくことにしている。会則3条の目的に知念地区を基本とする市内の学校教育支援を掲げ、学習支援のほか環境整備、交通安全指導と平和学習講演などを行っていく。

 前城会長は「ぜひ会員に応募してもらって、地域の子どもたちの学力向上と環境整備に力を貸してほしい」と各団体に呼び掛けている。

  (知花幸栄通信員)


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time11:01

2013-12-03

昔懐かしいアンツク並ぶ 作品展(八重山・沖縄)

昔懐かしいアンツク並ぶ 博物館で作品展
null
昔の民具アンツクを懐かしそうに見入る人々
=1日午後、八重山博物館

 石垣市立八重山博物館(宮良芳和館長)は、平成25年度博物館体験講座「民具アンツク作り」の受講生の作品展を11月29日から同館で開いている。8日まで。

 作品を懐かしそうに見入っていた美里ハルさん(90)は「昔はどの家にもあって玄関に飾ったりしていた。バショウで包んだ豆や麦、豆腐やイモなどを入れて農作業に出掛けた」と話した。

 アンツクは石垣実佳さん(67)を講師に11月16、17の2日間開かれた講座で受講生24人がつくった作品。

 昔は一般的だったアザナシ(アダンの気根の繊維)を使って作った故・小浜蒲戸さん=白保=のアンツクも展示されている。

 時間は午前9時から午後5時まで。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time12:21

2013-12-02

与那国が5連覇 八重山毎日駅伝 (沖縄)

与那国が5連覇 第39回八重山毎日駅伝
null
大会5連覇を達成した与那国チーム
=1日午後、市中央運動公園陸上競技場

2位新栄町、3位波照間
小浜に躍進賞獲得
 

第39回八重山毎日駅伝競走大会(主催・八重山毎日新聞社、主管・八重山郡陸上競技協会)は1日、石垣市中央運動公園陸上競技場を発着点に石垣島を東回りに1周する全16区間(前半9・後半7区間)、76・6㌔のコースで行われ、与那国(田島政之監督)が4時間43分35秒で10度目の総合優勝、5連覇を達成した。総合2位は新栄町、3位は波照間だった。前半2位の与那国は後半で1位となり、総合の順位を逆転した。個人では2人が区間新記録を樹立。躍進賞は前回大会から22分27秒縮め、総合17位から11位にアップした小浜が選ばれた。

 前半は1区で双葉、石垣、宮良が飛び出したが、白保、登野城、新栄町が中盤からレースをけん引。新栄町は5区の長浜勤が7位から先頭に。一時、順位を一つ落とすが、最終区の川島海斗がトップに再浮上。5位から猛追してきた与那国の田島魁人を振り切った。

 後半は与那国、新栄町、平得で先頭を入れ替えながらレースを展開。与那国は終盤の15区で2位に大きく差を広げてアンカーにタスキ。村松稔が新栄町の王滝将弘、平得の下地将平から逃げ切り、そのままゴールに飛び込んだ。

 この日は午前9時現在の気温が19・7度。レース終盤の午後1時すぎには23・1度まで上がり、選手には厳しいコンディションとなった。

 上位の成績は次の通り。

   【総合】

 ▽優勝=与那国(4時間43分35秒)▽準優勝=新栄町(4時     間44分04秒)▽3位=波照間(4時間49分17秒)

   【前半】

 ▽優勝=新栄町(2時間28分04秒)▽準優勝=与那国(2時        間28分14秒)▽3位=波照間(2時間29分03秒)

   【後半】

 ▽優勝=与那国(2時間15分21秒)▽準優勝=新栄町(2時        間16分00秒)▽3位=平得(2時間16分29秒)

 【最優秀選手】

 ▽男子=田島魁人(与那国)▽女子=東浜リエ(与那国)

 【優秀選手】

 ▽高校男子=田原明宗(与那国)▽同女子=宮島萌(宮良)▽中学男子=川奈優輝(平得)▽同女子=加屋本梨世(白保)▽30代=阿部知史(新栄町)▽40代=島尻勝人(川平)▽50代=竜門久司(与那国)


  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time11:46

「疑問」を「気づき」に変え(八重山・沖縄)

「疑問」を「気づき」に変え、探求活動
null
「子どもの可能性を広げる図書館からの支援」をテーマに
講話した宮崎健太郎氏

図書館の支援で講話 
子どもと図書館講座(同実行委員会主催)が1日、市立図書館で開かれ、埼玉県立新座高校図書館の宮崎健太郎司書が「子どもの可能性を広げる図書館からの支援」のテーマで講話した。

 勤務9年目の宮崎司書は当初、生徒の自分に対する信頼感や有能感を表す「自己効力感」が極端に低いことに気づいたという。

 「調べ学習の積み重ねや、成功体験が自己効力感を培い、向上させる」として、疑問に対して探求を促し、気づきや自信につなげる「あなたの『?』を『!』に」をキャッチフレーズに、さまざまな取り組みを行ってきた。

 宮崎司書は「生徒の日常的な『?』を『!』に変えてこそ、本当の探求活動。生徒が本音や好奇心をさらけ出せるような普段使いの自由な場を意識していきたい」と述べた。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time11:35

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 104 | 105 | 106 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。