沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 32 | 33 | 34 | 35 || Next»

2012-10-15



宮古陸上大会が開幕 (OKINAWA)

全宮古陸上大会が開幕、各学区代表選手が競う
null
 第67回全宮古陸上競技大会 (主催・宮古島市体育協会など) が13日、 市陸上競技場で開幕した。 初日はトラック、 フィールドの両部門で予選及び決勝が行われた。
このうち、 一般男子1万㍍決勝では、 與那嶺恭兵 (久松学区) が32分55秒04のタイムで優勝した。 きょう14日は午前9時から開会式が行われ、 全43種目で代表選手たちが優勝目指して競い合う。

 昨年の大会では西城が総合優勝し、 今大会も連覇を目指しているのに対し、 昨年総合2位の上野、 2010年大会総合優勝の城辺などがどのような上位争いを展開するか注目される。
また、 第39回宮古体育大会の最終競技でもあるため、 総合優勝をかけた各学区の熱い戦いも見もの。

 初日はトラック競技一般男子1万㍍のほか、 フィールド競技の一般男子やり投げ、 同棒高跳び、 同三段跳び、 同円盤投げ、 40代男子砲丸投げ、 一般女子砲丸投げで決勝が行われた。

 この日も気圧の傾きなどの影響もあって時折強風が吹くなどコンディションは良くなかったが、 会場には代表選手を応援しようと、 各地区から家族や友人などが多数駆け付け、 熱い声援を送っていた。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time18:00

2012-10-11

日本OPあす開幕 、挑む頂点 (OKINAWA)

日本OPあす開幕 県勢5人、挑む頂点
null
プロアマ戦、10番ホールでティーショットを放つ宮里優作
=9日、八重瀬町の那覇ゴルフ倶楽部(仲本文子撮影)

null
体験ラウンドでティーショットを披露する友利勝良

 男子ゴルフ国内最高峰の大会・第77回日本オープン選手権が11日から4日間、八重瀬町の那覇GC(7176ヤード、パー71)で開催される。
9日はプロアマ戦が行われた。県勢は、宮里聖志、宮里優作をはじめ、友利勝良のプロ3人と、ことしの日本アマ準優勝の比嘉一貴(本部高)、同メダリストの富村真治(興南高-東北福祉大)が出場する。
大会にはプロアマ合わせて114人が出場を予定。賞金総額2億円、優勝賞金は4千万円。
11、12日に予選ラウンドを行い、60位タイまでが予選通過。13、14日の決勝ラウンドに進む。11日は午前7時40分に第1組がスタートする。

◆優作、上り調子に手応え 
プロアマ戦に出場し、コースの感触を確かめた宮里優作。
この日はコース特有の海から吹く強風に苦しめられたようで
「“修行”してるようだった」と苦笑い。
「高台のコースで、風が強いイメージはあったが、いつもよりすごかった」と、自然のハザードに苦戦した。

 さらに、約3年をかけて改修した会場に「素晴らしいグリーン。
ラフも難しくなっている」と驚いた。

 今シーズン前半は、腰痛に苦しめられた宮里。4月の東建ホームメイトカップで棄権、中日クラウンズから5連続で予選落ち。
自分のプレーができずに苦しんだ。

 それでも徐々に回復に向かうと、フジサンケイクラシック、ANAオープンで10位。一桁台の順位も射程圏内に入った。

 2004年、アジア・ジャパン沖縄オープントーナメントでは、兄の聖志が同コースで優勝。「あっち(聖志)の方がこことは相性が良い」と、謙遜するものの「他の選手よりは風の読み方などは慣れているのかな」と、手応えを口にした宮里。「出られること自体がうれしい」と、故郷での戦いを心待ちにしている。
(仲本文子)

◆友利、難コースに奮い立つ 8年ぶり出場
 日本オープン本戦には8年ぶりの出場となった友利勝良。
9日は、県勢ジュニア体験ラウンドの講師をしながらコースを確認。コンディションに左右されない正確なティーショットで、後輩たちに技術力の高さを披露した。

 2日前まで兵庫県で行われていた日本プロシニア選手権に出場。29位と健闘した友利は、疲れも何のその、前日の練習日を含め計2ラウンドを回った。

 「以前の那覇GCと全然違う。シンボルだった大きな岩がなくなったんだね」と、様変わりした地元コースに少し寂しげな表情。
それでも「こういう難しいコースで自分のプレーができれば弾みがつく」と、自身を奮い立たせていた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time09:37

2012-09-27

帆掛けサバニレース (OKINAWA)

風を受け速さ競う 南城市帆掛けサバニレース
null
スタートの合図で一斉にサバニをこぐ出場者ら
=23日、南城市の奥武島

 【南城】
第3回南城市長杯帆掛サバニレース2012(同実行員会主催)が23日、同市の奥武島で開催された。
16チーム約100人が出場し、沖縄の伝統的なサバニをこぎ、
速さを競った。

 同島の外周3キロを4周するレースを実施。
1時間12分03秒でエミ丸が優勝した。準優勝は源丸(1時間12分52秒)、3位はうみまる(1時間20分40秒)だった。

 大会会長の古謝景春南城市長は「沖縄の海洋文化である帆掛サバニを通して、海からさまざまなことを学んでもらいたい」とあいさつ。
同島を訪れた観客は、青空の下で繰り広げられる熱戦に
大きな声援を送った。

 レースを観戦した園田真大さん(27)=浦添市=は「ハーリーとは違い、自分たちで船をこぐコースを決めないといけない。
潮の流れなど自然の力を読むことがサバニレースの面白さ」と魅力を語った。

 レース終了後、ビーチの清掃活動やサバニの体験乗船
なども行われた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time13:17

2012-09-14

海渡り漁民知る 、カヤックで到着 (沖縄)

海渡り漁民知る 運天さん、カヤックで鹿児島から到着
null
鹿児島から沖縄までシーカヤックで渡った運天陵さん
(写真中央)=13日、宜野湾市のトロピカルビーチ

 宜野湾市出身で高知大学大学院に通う運天陵さん(24)が鹿児島県南九州市から沖縄までの海をシーカヤックで渡った。
13日に宜野湾市のトロピカルビーチに到着し、家族らに出迎えられた。運天さんは「途中で立ち寄った島でたくさんの人と交流したのが一番の思い出だ」と話した。

 運天さんは大学院でフィリピンの漁民文化を調査しており、日本の漁民についても詳しく知りたいと考えて海を渡ることを決めた。

 8月7日に南九州市を出発。トカラ列島や奄美諸島を経由して沖縄を目指した。海ではウミガメやイルカに出会うこともあったという。

 運天さんは「大変なこともいっぱいあったけど、いろんな人と交流できて楽しかった」と振り返った。父親の衛さん(47)は「無事に到着して良かった。自分の目標を持って頑張っているのは素晴らしいことだ」と目を細めた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time18:46

2012-09-11

夢舞台 仲里・上与那原選手 (OKINAWA)

夢舞台 感謝と誇り 仲里・上与那原選手
null
解団式で、握手を交わし健闘をたたえ合う(右から)
上与那原寛和選手、仲里進選手=10日、ロンドン市内
(大野亨恭撮影)

 【ロンドン10日=大野亨恭】
ロンドン・パラリンピック日本選手団の解団式が10日、ロンドン市内のホテルで開かれ、選手や関係者らが参加、12日間の大会を総括し互いの労をねぎらった。

 3大会連続出場した車いすラグビーの仲里進選手(35)=浦添市。メダルには届かなかったがチームの中心として活躍し、過去最高の4位入賞をつかんだ。
仲里選手は「たくさんの支援に対する感謝の気持ちを胸に挑んだが、メダルに一歩届かず残念」。
北京の7位から4位に上がったことは評価した上で「今後4年でどれだけ日本のレベルを上げられるかが勝負。
次も代表に入れるよう努力したい」と次のリオ大会を見据えた。

 北京大会に続くメダルを目指し、トラック4種目に挑んだ上与那原寛和選手(41)=沖縄市=は、400メートルで3着で入ったが失格になり、銅メダルを逃した。
「周りの支えでこの舞台に立てたことは大きな誇り」と話す上与那原選手。今回は世界の力を思い知らされたといい「筋力の増強、練習強化とまたゼロからのスタート。
4年後を目指すなら人生をかけないといけない。今後のことは周囲と相談して慎重に決めたい」と話した。

 2人はそれぞれ別の便で日本時間の12日夜、
 那覇空港に到着する。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time18:34

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 32 | 33 | 34 | 35 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。