2013-08-23



「出前ステージ」フィナーレ (南城・沖縄)

楽しみ届け地域に絆 南城「出前ステージ」フィナーレ
null
全集落を回ったことを喜び、カチャーシーなどもあった
「地域めぐり出前ステージ」
=17日、南城市佐敷の外間公民館前

null
フィナーレを飾った、三線奏者の大城貴幸さん
(手前)らによるコンサート

 【南城】
市内の集落を回って普段、市文化センター・シュガーホールを訪れる機会がない人に、同ホールで行われている公演の一部を知ってもらおうと、2006年から開催されてきた「地域めぐり出前ステージ」(南城市など主催)が17日、同市佐敷の外間区でフィナーレを迎えた。

 同ステージは旧4町村が合併して南城市が誕生した06年から始まり、毎年夏ごろに行われてきた。市民を中心に構成された市吹奏楽団「さしきウインドアンサンブル」によるコンサートや、同市出身の津波信一さんらによる舞台など多彩な催しで区民を楽しませてきた。

 同市の集落の数は70で、17日の外間区が最後の集落となり、同市出身で三線奏者の大城貴幸さんらのコンサートが同区の公民館で行われた。大城さん、太鼓奏者の與儀朋恵さん、宮城県出身で津軽三味線奏者の浅野祥さんによる演奏を区民が満喫した。また、全集落を回ったことを祝ってのカチャーシーもあった。

 ステージ終了後、大城さんは「いろいろな区を回ってきたが、喜んでもらえてうれしかった。出前ステージはこの区で最後だが、また新たな再出発だと思う。ステージでつくられた絆を忘れず、次の取り組みに生かしていきたい」と充実した表情で語った。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time17:53

男子3人、ファッション甲子園出場(北中城高・沖縄)

北中城高の男子3人、ファッション甲子園出場
null
ファッション甲子園で披露する作品を囲み、笑顔を見せる
安村遼平君、湧川和昭君、三家本健人君(左から)
=16日、県立北中城高校

 青森県で25日に開かれる「第13回全国高校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2013)」(主催・青森県など)に、県立北中城高校3年の湧川和昭君、三家本健人君、安村遼平君が県代表として出場する。デザイン画で1次審査を通過し、全国大会ではデザイン画を基に縫製した服を競う。
家庭科の授業以外でミシンを触ったことがないという3人は、夏休み中に教諭の指導を受けながら作品を仕上げた。
出場校は服飾専門学校など強豪ぞろいだが「優勝したい」と意気込んでいる。

 作品題目は「現代のグラディエーター(剣闘士)」。
デザイン画を担当した三家本君は「(高校3年という)受験や就職活動に悩む時期なので、強いイメージが欲しかった。古代ローマの強いグラディエーターのように立ち向かいたいと考えた」と話す。

 3人は今年4月、家庭科教諭に誘われて部活「生活デザイン部」に入部した。入部の動機は「(甲子園開催地の)青森に行ってみたかったから」。デザイン画とそれに込めたメッセージが評価され、青森行きを実現した。

 作品は3人で制作するが、デザインは三家本君、作品の説明文は安村君、大会本番のモデルは湧川君と、自分の得意分野を担う。

 作品は素材の違う黒色のコートに、生地とチェーンで作ったかっちゅうを合わせる。肩の三角を形に表すのが難しかったという。

 本番を前に湧川君は「モデルなので、グラディエーターのように強そうに見せたい」、安村君は「作品説明は自分の文章力にかかっているので頑張りたい」、三家本君は「優勝して(副賞の)パリへ行き、人生を変えたい」と力強く語った。

 第1次審査には全国151校から3118作品が寄せられ、このうち最終審査には34校35作品が残った。


  琉球新報

[アルゼンチン]ブルサコ日本人会 バザー大人気

[アルゼンチン]ブルサコ日本人会 バザー大人気
null
多くの人でにぎわった冬のバザー。
後方の守礼門風の入口は沖縄県系2世の歯科医の作
=アルゼンチン・ブルサコ

 【崎原朝一通信員】
首都ブエノスアイレスから南へ約30キロ。ブルサコ日本人会(仲間エドゥアルド会長)と同会所属日本語学園の運営経営資金獲得のための冬のバザーが、7月7日に開かれた。

 会館サロン、体育館、中庭には、日本食品、土産物、装飾品、衣類、健康食品、観葉植物、花鉢のほか、日本人会直売のすし、てんぷらなどが入った折り詰め、和菓子、うどん、焼き鳥の売店などがずらりと並び、購買欲を誘っていた。

 来場者の約8割は近隣の町からの非日系人。日本の食文化も浸透し、常連になっている。うどんや焼き鳥に長い列ができ、折り詰めや和菓子なども早々に姿を消した。

 日本語学園では着物教室、4交代で折り紙教室を開いて日本文化を紹介。会館サロンの舞台では、空手や太鼓、日本舞踊のプログラムで観客をひきつけ、最後はバザーの目玉の「たばこ5箱ほど」の値段で新車などが当たる福引の抽選で盛り上がった。

   沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time14:00

イギリス「おきなわでー」に8500人(OKINAWA)

[イギリス]ロンドン「おきなわでー」に8500人
null
ロンドン市の初夏の風物詩として定着した「おきなわでー2013」=イギリス・ロンドンのスピタルフィールドマーケット

 【ミラーメリア通信員】
初夏の日差しが心地よく感じられた6月22日、毎年恒例のファミリーイベント「おきなわでー2013」が、ロンドン市内のスピタルフィールドマーケットで開催された。
今年で5回目。関係者によると、ロンドン市の初夏の風物詩としてすっかり定着したイベントで、今年の来場者数も約8500人と、昨年を上回る多くの人々が会場に足を運んだという。
会場は、パフォーマンスステージと出店エリアに別れ、どちらも大盛況だった。

 パフォーマンスステージでは、英国人による沖縄空手の松林流、剛柔流、琉球武術が披露され、観客の注目を浴びた。
ロンドン沖縄三線会による琉球民謡の演奏に加え、今年は奄美大島の民謡や沖縄ポップ音楽などもレパートリーに取り入れられ、新しい三線会のパフォーマンスが繰り広げられた。
「エイサー」も披露され、力強く躍動感のある舞で観客を魅了していた。

 最近では、沖縄音楽や踊りがロンドン市内でひそかなブームを呼び、三線会への入会者も多くなってきているという。
今年のエイサーは、これまでにない大人数での演舞となり、よりたくましく美しい踊りに進化していた。今後の三線会の活躍が期待される。

 出店エリアでは、沖縄そば、ポーク&卵おにぎり、沖縄料理をアレンジしたたこ焼き、ぶくぶく茶会なども出店され、どこも長蛇の列でにぎわっていた。

  沖縄タイムス

伝統途切れさせない/宮国大綱引(宮古島・沖縄)

伝統途切れさせない/宮国大綱引き
台風影響で規模縮小

null
規模を縮小して大綱引きを実施した
=21日、上野宮国

 上野宮国の伝統行事「大綱引き」が旧盆送り日の21日昼ごろ、規模を縮小して宮国公民館前で行われた。この日の午前中、宮古島は台風12号の暴風域に入っていた。綱引きは東西1勝ずつの引き分けで、大漁と豊作が約束された。規模を縮小して実施するのは十数年ぶりという。

 ツナシードゥと呼ばれる同集落の中学2年生以下の子どもたちが大綱の材料になるキャーンを集められず、準備が台風の影響でできなかったため、ツナシードゥの保護者たちはこの日の早朝に会合を持ち、一度は綱引きの中止を決めた。

 その後、神事でもあり集落の伝統行事を途切れさせてはいけないと、保護者たちがキャーン(シイノキカズラ)を集め、急きょ東西それぞれ3㍍ほどの綱を編み上げ、実施した。

 保護者の一人、宮國武徳さんは「一時は中止を決めたが、伝統行事を途切れさせてはいけないので規模を縮小して実施することにした。台風の影響や路面が滑りやすいことなど、安全面を考えて、昼に実施することにした」と話した。

 宮国自治会の渡真利兼自治会長は「実施するか否かは今はツナシードゥの保護者が判断する。神事で集落最大の伝統行事なので、どうしてもやらなければと保護者たちが風雨のなか、キャーンを集めて、形だけでもきちんとやりたいと実施した。今は少子化でツナシードゥの子どもたちが減っている。いずれは自治会主体の行事になるのではないかと思う」と話した。

 大綱引きは先祖の霊をにぎやかに送り、この先1年の豊作と、豊漁を祈願する行事で、1995年3月に旧上野村の無形民俗文化財に指定され、現在は宮古島市の無形民俗文化財に指定されている。

.宮古毎日新聞

「恵みの雨」/干ばつ解消・宮古島・沖縄

「恵みの雨」農家安堵/台風12号城辺で119・5㍉、干ばつ解消/瞬間最大風速27・3㍍観測
null
激しい雨が降り水たまりができた畑=21日、城辺

 宮古島地方は21日、台風12号の影響で空と海のダイヤが乱れた。一方、台風は恵みの雨をもたらし、宮古全域の干ばつを解消した。農家は「値千金の雨。暴風の被害はほとんどない」と天の恵みを喜んでいる。

 宮古島地方は午前5時ごろ風速25㍍以上の暴風域に入り、同8時ごろ抜けた。宮古島地方気象台(平良下里)での瞬間最大風速は、午前7時48分に南の風27・3㍍を観測した。同台風は勢力を弱めながら、西に進んでいる。

 台風12号に伴う21日の雨は、明け方から本格的に降り始めた。降水量が少なくキビに被害が目立っていた城辺の降水量は、119・5㍉。午前6時59分までの1時間には、47・0㍉の激しい雨が降った。一部の畑では水たまりも。城辺同様かんかん照りが続いた下地や上野でも、まとまった雨が降った。

 平良下里の降水量は54・0㍉、下地島86・0㍉、多良間仲筋が64・0㍉。台風の被害状況をまとめる県は「農作物への被害は、(22日の時点では)報告されていない。むしろ恵みをもたらす台風だった」とみている。

 22日午後6時までの各地の降水量は平良下里18・0㍉、城辺12・5㍉、下地島51・5㍉、多良間仲筋で15・1㍉だった。

 宮古島では7月12日の台風7号の雨以降、約1カ月少雨傾向が続いた。スプリンクラーの整った畑のキビは、順調に生育しているものの、ない所では枯れそうなキビが見られた。

 株出は成長が止まり、低反収が確実視される畑が随所に見られる。夏植は、平年作並みに回復すると見る向きも多い。

 宮古土地改良区によると、スプリンクラーの稼働は、一段落した。フル稼働していた7月27日に23万3000㌧もあった水使用量は、21日には8000㌧に激減した。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:49