2013-07-03



県産食材ブログでPR きょう飲食店開店・OKINAWA

県産食材ブログでPR きょう飲食店開店
null
事業展開を説明する(左から)EN GROUP LIMITEDの
ピーター・ン代表、えん沖縄の又吉真由美代表、
てぃーだスクエアの嶌田浩司会長
=2日、那覇市久茂地の「えん」

 香港やマカオなどで県産食材を中心とした飲食店23店舗を運営するえん沖縄(又吉真由美代表)は3日、那覇市上之屋から久茂地に美食ダイニング「えん」を移転し、リニューアルオープンする。
ブログサイトを運営するてぃーだスクエア(我謝宗一朗社長)との提携で、県内のブログ愛好家を同店に招き県産豚肉や牛肉などの料理をアピールしてもらう。中国語に翻訳した上で香港のブログサイトで発信し、ネット上の口コミで県産食材の認知度を向上。最終的には、えん沖縄が県内メーカーから仕入れている食材の売り上げ増につなげる。

 えん沖縄は昨年9月から県内メーカーから食材を仕入れて、香港のスーパー「ウエルカム」50店舗で販売する卸事業を本格化。2012年度は県内50社から黒糖や豚肉など180トンを仕入れた。13年度は300トンを目標に掲げており、県産食材の海外輸出を後押し。卸事業の年間売り上げを1億円増の2億5千万円に引き上げる。

 県産食材の認知度向上が課題となっているため、県内のブログ愛好家にえん沖縄で食事をしてもらい、県産食材の良さをブログに書き込んでもらう。
書き込みは、県産食材を紹介する日本語と中国語の専用サイト「美食沖縄」や、フェイスブックなどに転載し、認知度を上げる。ブログに書き込むと香港旅行などが当たる懸賞を付け、来年3月までに千人に書き込んでもらう計画だ。

 また、久茂地のリニューアル店には貿易部門などを担う事務所も併設。2~3カ月に1回ペースで香港のバイヤーを招いて、県内メーカーとの商談会を開く。
現地の嗜好(しこう)や商品パッケージ、内容量、価格帯を県内メーカーがじかに把握する拠点に位置付け、商品開発や販路開拓に役立ててもらう考えだ。

 2日、那覇市久茂地の「えん」で会見した又吉代表は「現地に行かなくても県内で商品づくりのアドバイスが受けられる。県産食材のアジア展開をサポートしていきたい」と意気込みを話した。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time19:17

県内で広がる性的少数者支援 (OKINAWA)

県内で広がる性的少数者支援
null
性をテーマに授業する芳澤さん
=うるま市・ぐしかわ看護専門学校

 性的少数者であるLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの略)への支援が県内で広がっている。14日開催される国内初の支援イベント「ピンクドット沖縄」は那覇市が共催したほか、県内企業が協賛に名を連ねる。学校現場で性的少数者問題についての授業も増えている。

 (村井規儀)

相談が増加
 ピンクドット沖縄を共催する那覇市。同市なは女性センターの仲村宮子さんは「イベントは市の男女共同参画取り組みと合致する」と意義を話す。センターには近年、LGBTに関する相談が増加傾向だという。「性的少数者が増えたのではなく、相談できるという認識が徐々に広がっているのだと思う」と仲村さん。12日にも関連講座を開催し、同問題の発信を続けていく方針だ。

null
LGBTやジェンダーに関する書籍フェアを開催中の
ジュンク堂書店では、フェアの初日にトークショーも開かれた
=6月29日、那覇市

 ピンクドット沖縄実行委に「ブック募金」の形で支援しているのが静岡県の中古品買取専門店プレジャーワークスだ。同社代表の天野尊康さんは「趣旨を聞き即決で決めた」と話す。

 同募金は不要になった本やDVD、ゲームを売却した際、その買い取り金額を全額、NPO法人や団体に寄付できるシステム。これまでにすでに沖縄県内から約40冊の書籍が届いた。

 同実行委共同代表の砂川秀樹さんは「この種のイベントで市町村や地元企業の協力を得られることは珍しい」と支援の広がりを歓迎する。

 那覇市のジュンク堂書店では6月29日から、「愛のかたちと社会のかたち」と題しLGBTやジェンダーに関するブックフェアを開催中だ。同書店で同種のブックフェアは初めて。専門書の他に小説やコミック、エッセーなど幅広いジャンルで約70点をそろえた。

 細井実人店長は「LGBT当事者が周りにいないと話す人も多いが、実は多くの当事者が名乗れずに生きている。問題の解決は、まずは知ること。本から知識を得て気付きが生まれ、当事者が住みやすい社会づくりに参加できる」と本の力をアピールした。

教育現場も

 「多感な時期だからこそ、考えるチャンスを多く与えたい」と、
教育現場からの支援を促すのは県立芸大准教授の芳澤拓也さん。非常勤教員を務めるうるま市のぐしかわ看護専門学校で砂川さんを講師に招き、性的少数者と社会をテーマに授業を企画した。

 芳澤さんは「名簿や制服で男女を明確に区別するなど、学校では性的少数者が追い込まれがち」と指摘。1学級に1~2人の割合で性的少数者がいるといい、恋愛話のような何げない会話にも想像力を働かせたいと提案した。

 砂川さんは、異性愛を前提とした社会では性的少数者は疎外感や感情の抑圧で絶えず傷つけられており、それが高い自殺傾向につながると説明。また、米国での同性婚認定を例に「『変わった』のではなく、当事者や支援者が『変えてきた』」と行動する意義も話した。

 看護師を目指す新屋敷勝大(しょうだい)さんは「同性愛が普通とされる社会が望ましい。一人一人が理解し実現につなげたい」と感想を述べた。

  沖縄タイムス

慶良間を国立公園に 年度内指定へ・OKINAWA 

慶良間を国立公園に 年度内指定へ
null
サンゴやザトウクジラなど多様な生態系が評価されている
慶良間諸島海域
=2005年11月、座間味村・嘉比島の南側
(伊禮健撮影)

null
環境相が国立公園化を明言した慶良間諸島。
渡嘉敷島から座間味島を望む=1998年3月

 【東京】石原伸晃環境相は2日の記者会見で、多様なサンゴの生息やザトウクジラの繁殖海域として知られる慶良間諸島の沿岸海域を2013年度中に国立公園として新規に指定する方針を明らかにした。
全国で31番目、県内では「西表石垣国立公園」に次いで2カ所目となる。
先月30日に現地を視察した石原氏は「サンゴ礁もきれいで熱帯魚が群れをなし、非常に価値があると実感した。来年早々にも指定したい」と述べ、公園として指定する範囲や規制する内容の調整を進める考えを示した。

 慶良間諸島沿岸海域は現在、沖縄海岸国定公園の一部。国立公園になると、現在の県管理から国へ管理が移るため、海域の保全強化が一層期待できる一方、開発に対しても規制がかかる。

 環境省は今夏にも一般から意見を公募し、秋以降に中央環境審議会に諮問、年内にも答申を得る考え。

 同省は10年に国立・国定公園の指定状況を39年ぶりに全国規模で見直した。その際、慶良間諸島沿岸海域や、やんばるなど6カ所の新規指定を急ぐ方針を決定した。

 同海域は(1)透明度の高い優れた海域の景観(2)高密度に生息する多様なサンゴ(3)ザトウクジラの重要な繁殖海域-など沿岸から海域にかけて多様な生態系が保たれていることなどが評価されている。

 今回の新規指定では、ザトウクジラが繁殖する周辺の海域まで公園として広げることも想定している。現在、国定公園として指定された範囲より大幅に拡張される可能性がある。サンゴの保全のため、海中も指定範囲とする方針だ。

 国立公園の新設は、「陸中海岸」を拡張して今年5月に創設された「三陸復興」以来。分割や拡張ではなく、新たに指定するのは1987年の「釧路湿原」以来26年ぶりとなる。

  沖縄タイムス

オリバー・ストーン 基地の島 OKINAWAを語る

オリバー・ストーン 基地の島 OKINAWAを語る

null
オリバー・ストーン氏

 琉球新報社は、ベトナム戦争を題材にした映画「プラトーン」などで米アカデミー監督賞を2度受賞した社会派のオリバー・ストーン監督を招き、「琉球新報創刊120年記念 オリバー・ストーン 基地の島 OKINAWAを語る」を開催します。

null
ピーター・カズニック氏
null
大田昌秀氏
null
乗松聡子氏

【日時】8月14日(水)午後7時開演(開場午後6時半)
【会場】沖縄コンベンションセンター劇場棟(宜野湾市)
【講演者・パネリスト】
◇オリバー・ストーン氏(映画監督)
◇ピーター・カズニック氏(米アメリカン大学教授)
◇大田昌秀氏(元県知事、沖縄国際平和研究所主宰)
◇乗松聡子氏(ピースフィロソフィーセンター代表、通訳兼)

【前売り券】一般1000円、大学生以下500円
(当日500円増し) ※全席自由
【販売開始】7月4日(木)
【販売場所】琉球新報社(本社、泉崎ビル、中部支社、北部支社)、ファミリーマート(イープラス)、ローソン(Lコード:88109)、ジュンク堂書店那覇店、戸田書店豊見城店、球陽堂書房(那覇メインプレイス店、西原シティ店)、桜坂劇場

【問い合わせ】琉球新報社事業局 (電話)098(865)5200
【主催】琉球新報社
【協力】沖縄テレビ放送

 ◇オリバー・ストーン氏 1946年、ニューヨーク生まれ。
ベトナム戦争から帰還後、ニューヨーク大学で映画製作を学び、74年に監督デビューした。
86年の『プラトーン』、89年『7月4日に生まれて』でアカデミー賞監督賞を受賞。ほかにも『ウォール街』『JFK』などの社会派作品を精力的に製作。米国の戦後史の裏面に光を当てたドキュメンタリー番組『もうひとつのアメリカ史』が脚光を浴びている。

 ◇ピーター・カズニック氏 1948年、ニューヨーク生まれ。
アメリカン大学教授。アメリカ近現代史専攻。米国による原爆投下決定をはじめ米国による軍事覇権を厳しく批判し、毎年米国人学生を広島・長崎に連れてきている。
大学で講座「オリバー・ストーンのアメリカ」も担当し、監督と共作構想を練ってきた。番組「もうひとつのアメリカ史」、同名の共著は監督との共同作業の集大成。

 ◇大田昌秀氏 元県知事。沖縄国際平和研究所主宰。
1925年、久米島生まれ。45年、沖縄師範学校在学中に鉄血勤皇隊員として沖縄戦に動員され、九死に一生を得る。
早稲田大学卒業。シラキュース大学大学院修了(ジャーナリズム修士号取得)。57年~89年琉球大教授、法文学部長を歴任。1990年県知事に就任。2期8年務めた後、参議院議員1期を務めた。

 ◇乗松聡子氏 ピース・フィロソフィーセンター(バンクーバー)代表として、沖縄の基地問題を日英両文で積極的に発信。
ガバン・マコーマック氏との共著に『沖縄の〈怒〉-日米への抵抗』、訳書に『広島・長崎への原爆投下再考』(ピーター・カズニック、木村朗共著)ほか。
沖縄の平和創造と人間の尊厳回復を求める百人委員会のメンバー。


  琉球新報