2013-07-29



綱編みに活気 大綱引き(東村有銘・沖縄)

綱編みに活気 東村有銘で8月3日大綱引き
null
掛け声に合わせ、わらを編み込む区民ら
=東村有銘区公民館

 東村有銘区の3年に1度の伝統行事、8月3日開催の「有銘大綱引き」に向け、区民が綱編み作業に奔走している。
1986年に復活させ、今夏で10回目の節目を迎える。
大綱は直径70センチ、長さ70メートル、重さ3トン。区公民館周辺では連夜、わらを束ねて編み込む青年・成人会の掛け声が響き、活気づいている。
当日早朝からは区民総出で仕上げにかかる。「祖先が残してくれた伝統を守りたい」と、綱を編む手は力強い。

 大綱引きは健康と豊作を祈願するもので、起源は1892年ごろという。沖縄戦と1959年のシャーロット台風で2度中断、71年を最後に途絶えていたが、区民の強い要望で86年に復活。区民が「祖先が残してくれたもの」「それはもう楽しみ」と語る、特別な伝統行事だ。

 水田地帯として栄えた時代は、各世帯5束ずつわらを出し合っていたが、水田がなくなった今は、金武町伊芸区の農家から約5千平方メートル分を買い取っている。

 区民総出でたった1日で仕上げた時代もあったが、人口の減少が進んでからは、開催当日の2週間前から青年会や成人会を中心に、40~70メートルの7種類の長さの綱を計14本、汗だくになって編む。旗頭やちょうちん作りは老人会の担当で、区内の一体感が心強いという。

 大綱引き復活時に区長を務めていた具志堅興徳さん(89)は、後輩たちの作業を見守りながら、「仕上がったら初めて見る人はびっくりするよ。伝統行事はいつまでも続けてほしい」と語る。

 作業を通して世代間の交流が図られ、公民館には綱編みの掛け声と笑い声が響く。区民の田場兼公さん(67)は「手にまめができて大変だけど力を合わせればできる」と完成を心待ちにしている。

 当日は村外からも参加できる。綱編み作業は午前8時から、大綱引きは午後8時から。綱引き本番は電灯をすべて消し、たいまつの明かりだけで挑む。
宮城毅区長は村外で暮らす郷友会会員に「祖先が生まれ育った古里に、皆さんが帰って来るのを待っています」と参加を呼び掛けている。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time19:08

ウルトラマン展始まる (OKINAWA)

ウルトラマン展始まる 8月17日まで
null
多くのファンや子どもたちが詰めかけた「ウルトラマン・オブジェクツ展」=29日午前10時半ごろ、
那覇市久茂地のタイムス・ギャラリー

 特撮テレビ映画「ウルトラマン」の魅力をつたえる「ウルトラマン・オブジェクツ展」が29日午前、那覇市久茂地のタイムス・ギャラリーで始まった。
ウルトラマンや怪獣などを、アートの視点から切り取った写真や立体展示物など約50点を展示。子どもから大人まで多くのファンが来場し、人気や関心の高さをしめした。8月17日まで。

 同展は沖縄タイムス社の創立65周年事業の一環。
開会式で同社の豊平良孝社長は「ウルトラマンの生みの親の一人で脚本家の故金城哲夫さんの生誕75周年、円谷プロダクションの創立50周年の節目の年に、ウルトラマンの魅力やメッセージを考え直すことは意義深い。ウルトラワールドの魅力を楽しんでほしい」とあいさつした。

 会場では、展示のほか、金城氏の写真展、金城氏が手掛けた映画「ウルトラセブン」などの上映会、グッズ販売もある。時間は午前10時~午後7時。入場料は500円。

  問い合わせは沖縄タイムス広告局、
   電話098(860)3573。

  沖縄タイムス

西原高マーチング、世界大会で金賞(OKINAWA)

西原高マーチング、世界大会で金賞

 【西原】
4年に1度オランダのケルクラーデで開かれる「世界音楽コンテスト」第17回大会(マーチング部門)で27日、西原高校マーチングバンド部(比嘉一史顧問)がショーコンテスト金賞を受賞した。

 同校の世界大会出場は1997年以来5回目で、そのたびに金賞を受賞。2001年、2005年には総合1位(ベストインターナショナル賞)に輝いている。今大会では総合1位奪還を目指しており、結果は28日のパレードコンテスト終了後、発表される。

 「ショー部門で見事、金賞を受賞しました」「西原高校MBのみんな、おめでとう!!」

 関係ブログやフェイスブックには28日、金賞を喜ぶ声が次々と書き込まれた。演技後は観客がスタンディングオベーションで迎え、部員ら約70人が手を振って歩いたという。

 メンバーは関西国際空港やドバイを経由してオランダ入り。関空へ移動する機内では世界大会についてのアナウンスが入り、拍手が湧いたという。

  沖縄タイムス

各集落の祭祀継承へ(伊平屋・沖縄)

各集落の祭祀継承へ 伊平屋で芸能保存会発足
null
発足した伊平屋村民俗芸能保存会のメンバー
=村離島振興総合センター

 【伊平屋】
伊平屋村の各集落に古くから伝わる民俗伝統芸能を保存し、次世代へ正しく伝えることを目的に、伊平屋村民俗芸能保存会がこのほど、発足した。同日、伊平屋村離島振興総合センターで関係者による発足会議が行われた。

 初代会長に、田名区の与那嶺毅さん、副会長に前泊区の西江喜進さん、島尻区の高良武市さん、事務局長には田名区の西銘仁正さんがそれぞれ選出された。

 県内有数の稲作地域でもある伊平屋村は、稲作にまつわる祭祀(さいし)行事が数多く伝承されている。同会は、先人たちが育んできた文化を伝統芸能を通して理解を深める目的で設立。活動を通して、多くの村民に島への誇りと愛情を持ってもらいたい考えだ。

 2014年2月11日には、浦添市てだこホールで第1回伊平屋村芸能祭り開催を予定している。

(野甫英芳通信員)

  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time18:51

受賞に笑顔 山之口貘賞・新報児童文学賞贈呈式(沖縄)

4氏、受賞に笑顔 山之口貘賞・新報児童文学賞贈呈式null
第36回山之口貘賞の西原裕美さん(左から3人目)と第25回琉球新報児童文学賞のなつイロさん(同2人目)、佳作の仲間友美さん(右端)、創作昔ばなし部門佳作の下地春義さんの代理の下地美華さん=26日午後、那覇市泉崎の琉球新報ホール

 琉球新報社主催の第36回山之口貘賞と第25回琉球新報児童文学賞の贈呈式が26日、那覇市泉崎の琉球新報ホールで行われた。

 山之口貘賞は、西原裕美さん(20)=浦添市=の詩集「私でないもの」に贈られた。児童文学賞は、短編児童小説部門になつイロ(本名・金城夏代)さん(43)=沖縄市=の「おいらは石」、同佳作に仲間友美さん(27)=うるま市=の「六年三組友達の歌」、創作昔ばなし部門の佳作に下地春義さん(87)=沖縄市=の「宝耳」が選ばれた。

 贈呈式では、富田詢一琉球新報社長から4人へ賞状、副賞が贈られた。山之口貘賞選考委員の以倉紘平氏(詩人、H氏賞、現代詩人賞受賞)、児童文学賞選考委員の新垣任紀氏(沖縄県子どもの本研究会顧問)が選考経過を報告した。


  琉球新報

「海」僕らが育てる タマンの稚魚放流(伊江島・沖縄)

「海」僕らが育てる 伊江島の小学6年、タマンの稚魚放流null
タマンを放流する児童=19日、伊江漁業協同組合製氷所

 【伊江】
伊江村立伊江小学校(玉城洋之校長)と西小学校(佐次田誠校長)の6年生44人は19日、伊江漁業協同組合製氷所で5千匹のタマン放流とサンゴ植え付けの準備作業を体験した。

 タマン放流は、離島漁業再生支援事業の一環。タマンは、今年5月5日に採卵された約45ミリ、1・5グラムの稚魚。指導に当たった県水産海洋技術センターの吉田聰主任技師は「魚が育つ海の環境を守り、食卓で魚を大事に食べてほしい」と話しおて放流した。

 水産土木建設技術センターの担当者は、組合員の海を守る活動やサンゴの必要性を説明。9月に植え付ける予定のサンゴの周りを水中接着剤で固める作業をした。

 伊江小6年生の上田喜一くんは「島の周りの海にサンゴが育ち、魚が増えてほしい。タマン放流では『大きく育て』との思いで海に帰した」と感想を述べ、八前隆一組合長は「海人の取り組みや活動を知ってもらい、魚を食べてもらいたい」と話した。

(中川廣江通信員)


琉球新報



authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time18:41

<音街♪コザの夜>ライブハウス(OKINAWA)

<音街♪コザの夜>ライブハウスサーキット
null
 平日無料チャージの「ライブハウスサーキット」。
25日はとぅるるんてんがLey・laに出演。
コミカルなパフォーマンスと辛口トークで会場を沸かせた
=写真。今週の日程は次の通り。
     ◇
(29日)出演・PLC 他(インディーズ)/
会場・プレイヤーズカフェ

(30日)出演・フルティー仲村、TROPICALISM、Beaters/
会場・oto―lab▽出演・REVERSE(オールディーズ)
/会場・REVERSE

(31日)出演・PRYZM(ロック)
/会場・CLUB QUEEN▽出演・ジャンバラヤバンド
(オールディーズ、ポップス)/会場・ジャンバラヤ

(8月1日)出演・コザス・パパジー(カントリー、ブルース)
/会場・Sideways

(4日)出演・Koza City Rockers(ロック、ポップス)
/会場・7th Heaven Koza
▽出演・幽玄パピロンズ、隆治、塩鯖(アコースティック)
/会場・Gitane


   琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time12:23

ガレッジセールが笑いでPR (コザ、OKINAWA)

コザ、笑いでPR ガレッジセールが大使就任
null
ちゃんぷる~沖縄市大使に就任したガレッジセールのゴリさん(右)と川田広樹さん(中央)=22日、沖縄市民劇場あしびなー

 【沖縄】
県出身の人気お笑いコンビ・ガレッジセールの2人が沖縄市の魅力を発信する「ちゃんぷる~沖縄市大使」に就任し、委嘱セレモニーが22日、沖縄市民小劇場あしびなーで開かれた。
東門美津子沖縄市長から委嘱状を受け取ったガレッジセールの2人は、コミカルな動作やユーモアたっぷりのコメントで会場を笑いで包んだ。

 就任を受けてゴリさんは「沖縄市にはかっこいいエイサーとオキナワンロックがある。東京からも市が良い所だと思ってもらえるようなPRをしていきたい」と意欲を見せた。
東門市長は「沖縄が誇る全国区のタレントに、ぜひ沖縄市の魅力を発信してほしい」と期待を込めた。

 セレモニーはあしびなー15周年記念とキジムナーフェスタの一環となっている「よしもと沖縄お笑いライブ」(NPOコザまち社中主催)と同時開催され、訪れた観客は県内の若手芸人によるお笑いライブも楽しんだ。


   琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time12:18

大賞に「3ガガ」 キジムナーフェスタ(OKINAWA)

大賞に「3ガガ」 キジムナーフェスタ閉幕
null
出演者らによるカチャーシーで幕を閉じたキジムナーフェスタ
=28日、沖縄市中央・市民小劇場あしびなー

 【沖縄】沖縄市で開催している2013国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ(キジムナーフェスタ)が28日、閉幕した。

 最終日は閉会式と閉幕パーティー、「さまよう影」など12公演とダンスが行われた。

 今年創設された、最も素晴らしい自主参加作品に贈る「フリンジ大賞」に「ザ・ボディータイツマンショー」の3ガガヘッズが選ばれ、副賞200万円が贈られた。その後、出演者ら17団体が歌や踊りなどを披露。最後は出演者と来場者がカチャーシーを踊って会場を盛り上げた。

 実行委員長の東門美津子市長は「出演者やスタッフの皆さんには感謝の気持ちしかない。成功は皆さんが実感していると思う。来年また会いましょう」と9日間の夢の舞台を喜んだ。

  沖縄タイムス

星野夏まつり 演目楽しむ (八重山・沖縄)

星野夏まつり盛況 観客、多彩な演目楽しむ
null
 「2013人魚の里星野夏まつり」(同実行委員会主催)が27日夕、星野公民館前広場でにぎやかに開催された。
今年で9回目を迎えたまつりでは、星野に伝わる人魚伝説の紙芝居や「星」にちなんだ星空観察のライトダウンも行われ、参加者は美しい星空を満喫。会場には集落外からも大勢の人々が詰めかけ、地域挙げての手づくりイベントを楽しんだ。

 星野地区は63年前、沖縄本島大宜味村などからの計画移民が築いた地域。地域活性化と交流を目的に、20年以上前に行われていた「盆踊り」を復活させようと、05年から夏まつりが行われている。

 まつりは、「古里を大切にしよう」と、星野にIターンした若者たちを中心に、本土から移住してきた人や地域おこしの趣旨に賛同した三川青年会も協力し準備を進めてきた。

 舞台では、地域子ども会のエイサーや女性部による「桃里節」、創作ダンス、県内外で活躍するミヤギマモルさんのライブやウイングキッズリーダーズのダンスが披露された。

 また、コスプレ大会やかき氷早食い大会、お楽しみ抽選会など多彩なプログラムがあり、参加者は美しい夜空を満喫しながら夏まつりを楽しんだ。

   八重山毎日新聞

ツナヌミン 盛大に四カ字ムラプール(八重山・沖縄)

勇壮ツナヌミンに沸く 盛大に四カ字ムラプール
null
豊年祭
 今年の五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、来夏世(クナツユー)の繁栄と豊作を祈願する四カ字のムラプールが27日午後、石垣市新川の真乙姥(マイツバ)御嶽で行われた。各集落や団体が旗頭や太鼓、巻き踊りなどを奉納した後、女性だけの「アヒャー綱」や勇壮なツナヌミン、大綱引きなど一大絵巻が次々に繰り広げられた。会場には大勢の市民や観光客らが訪れ、熱気漂う島最大の豊年行事を満喫した。

 ムラプールの開始時刻が近づくと、会場周辺には各字や公民館、団体の旗頭が集結。

 新川字会の入嵩西正治会長が「自然界からの袖果報(スディガフウ)がいただけるよう皆様方とお祈りしたい」とあいさつした後、新川字会が「田」と「矢」の旗頭を奉納。記旗(シルシバタ)と五穀(グク)を持った子どもたちを先頭に、長老(ウヤジュウ)や麾(ザイ)、鼓(ツヅン)などを次々に奉納した。

 引き続き双葉公民館、大川、石垣、登野城字会、JAおきなわ八重山地区本部、石垣島製糖、石垣市役所、八重山農林高校、石垣中学校が旗頭や太鼓、巻き踊りなどを披露した。

 「五穀の種子授けの儀」では、東から五穀の種子を持った農の神が西から来た巫女(みこ)に種子を授けた。

 女性だけで行う「アヒャー綱」では、今年のブルピトゥ(棒貫人)の入嵩西トミさん(68)が神司から受け取ったブル棒で雌雄の大綱をつなぎ合わせると、取り囲んだ女性たちが「サァー、サァー、サァー、サァー」と掛け声を上げながら乱舞し、一気に盛り上がった。
 
 ブルピトゥの大役を務めた入嵩西さんは「素晴らしい大役を果たせたのも周りの皆さんの支えがあったからこそ。一瞬だったが、本当に感動した」と感激した様子で語った。

 この後、綱引きをすると豊作になると伝えられている真乙姥御嶽の西側に市民らが綱を持って移動。日が西に傾きかけたころ、東西からなぎなたとカマを持った武者が登場し、勇壮なツナヌミンを演じた。

 最後は東西に分かれて市民や観光客たちが大綱を引き合い、祭りはクライマックスを迎えた。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time11:01