2013-07-19



ネット選挙運動 離島で賛否(沖縄)

ネット選挙運動 離島で賛否
null
「ネット選挙運動は始まったばかり」と話す(左から)
渡久山拓也さん、神谷大地さん、島袋浩平さん
=18日、那覇市の国際電子ビジネス専門学校

 公職選挙法の改正で、インターネットを使った選挙運動が解禁された参院選。各候補者があの手この手で支持拡大を狙う中、候補者の姿を見る機会の少ない離島住民は「投票の目安になる」「もっと政策論争を」などと賛否両論だ。ターゲットとされる若い世代からは「無党派層の興味を引きつけきれていない」と厳しい声も。「ネット選挙元年」を、有権者はどう受け止めているのか-。(福元大輔)

 「ネットではリアルな情報を得られ、新たなツールとして期待できる」。日本最南端の竹富町波照間島で居酒屋を経営する登野盛龍さん(28)は好意的だ。

 サトウキビが主産業の島で、TPP問題が気掛かり。どう進んでいくのか。若者が政治に目を向けるきっかけになってほしいと考える。

 交流サイト「フェイスブック」(FB)で「ともだち」が頻繁に選挙情報を書き込む。

 特定の候補者を応援する内容が多いものの、登野盛さんは批判的な意見に注目する。「政策への反論や批判など、自分とは違った視点があり、参考になる」。慎重に見極め、一票を投じるつもりだ。

 人口1550人、日本最西端の与那国島で6歳と11カ月の2人の子どもを育てる与那覇有羽さん(27)。高校卒業後、伝統文化を守るため、島に戻った。

 インターネットで選挙情報を見ることはほとんどない。「選挙運動のやり方だけが変わっても関心は高まらない」と政治に変化を求めた。

 南大東島で観光業を営む男性(52)は、ネット選挙に頼ることで、候補者が島を訪れなくなることを危ぐする。「島の実情は足を運ばなければ、分からない。自分の声を直接届け、住民の声を吸い取ってほしい」

「都合いい話多い」「人柄を知りたい」
20代 手厳しく評価

 公示から2週間。フェイスブックやツイッターを使った選挙運動は若者の間では浸透せず、道半ばのようだ。那覇市のKBC学園国際電子ビジネス専門学校で、情報スペシャリスト科の3人に聞いた。

 今回の参院選が初投票の神谷大地さん(20)はネットで情報収集している。候補者のホームページやブログでは都合のいい話ばかりが並ぶように思える。「どんな考えの持ち主か、人柄や性格をもっと知りたい」

 島袋浩平さん(21)は街頭演説を聞こうと思わないように、ネットで政策を調べようとは思わない。20代に歩み寄ろうと狙った書き込みには「逆にひく」と話し、若者の支持取り付けの難しさを説明した。

 候補者の書き込みは「誰に会った。どこで演説する」といった内容が多い。「演説をうるさいと感じている人には逆効果」と渡久山拓也さん(22)。無党派層の心は離れていくのでは、とさえ感じている。

  沖縄タイムス

今帰仁・天底小 心一つ 三線合奏へ(沖縄)

今帰仁・天底小 心一つ 三線合奏へ
null
125周年事業の幕開けに向けて三線の練習を重ねる
子どもたち=今帰仁村の天底小学校

 【今帰仁】
今年11月24日に創立125周年記念式典を予定している今帰仁村立天底小学校(座間味靖校長)で、式典の幕開けに総勢125人で三線の演奏を披露しようと、PTAや地元有志が協力し、児童らが本番に向けて三線の練習に励んでいる。

 取り組みは125周年記念事業期成会の総務部副部長で、同校PTAの仲村美奈子会長が企画。5月8日から週1回(毎週水曜日の3~5時)、多目的教室で練習が行われている。

 三線の曲目は「安波節」「渡りぞう」「秋の踊り」の3曲を予定。天底区長の田港朝弘さん(58)、湧川区長の嘉陽崇さん(35)の2人がボランティアで指導する。現在、25~30人の児童が参加しているが、目標の125人にはまだ達していないため、式典当日に向けて卒業生や保護者、地域住民の参加者を募っている。

 企画した仲村さんは「式典に参加するたくさんの卒業生や保護者、地域の方などの協力を得て、皆で思いを一つにしたい」と、事業の成功を願った。

    問い合わせは天底小学校
    (電話)0980(56)2405。


(新城孝博通信員)


琉球新報


authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time16:22

デフ・インターナショナル日本代表に大城早貴さん(沖縄)

デフ・インターナショナル日本代表に大城早貴さん
null
ミス&ミスター・デフ・インターナショナル(国際大会)に
日本代表として出場する大城早貴さん=那覇空港

 【豊見城】
聴覚に障がいのある人たちが美を競うミス&ミスター・デフ・インターナショナル(国際大会)の日本代表に、豊見城市の大城早貴さん(25)が選ばれ、開催地ブルガリアに向けて18日、那覇空港から飛び立った。
大城さんは「沖縄から世界を舞台に活動したい。各国の聴覚障がい者とも交流を深めたい」と抱負を語った。

 大城さんは1歳半のとき耳の病気で聴覚に障がいを負った。3歳半から沖縄ろう学校の幼稚部に通い、相手の唇の動きを見て内容を読み取る方法を習得。唇さえ見えれば、会話でのコミュニケーションが可能だ。

 2012年ミス・ユニバース・ジャパン沖縄大会に出場し、ファイナリストに残った。メディアから多く取材を受ける経験をし、「耳が聞こえなくてもコミュニケーションができればやっていける」と自信を深め、タレント・モデル業に進むことを決めた。

 今年6月に大阪で初めて開かれたミス&ミスターデフ日本コンテスト2013への出場を打診された。「デフ」は英語で聴覚に障がいがある人を指す。大城さんは「日本のノーマライゼーションの意識や関心を高めたい」と出場を決意。見事グランプリに輝き、日本代表の座を射止めた。

 国際大会は24~31日まで。45カ国から45人が出場するという。琉球舞踊も披露する大城さんは「自分を最大限にアピールして、みんなの心をつかみたい」と意気込みを語った。

  沖縄タイムス

勝山シークヮーサー、国際大会で☆☆☆(沖縄)

勝山シークヮーサー、国際大会で☆☆☆
null
2年連続で国際味覚審査機構の最高評価
「三ツ星」を獲得した勝山シークヮーサーの
山川良勝代表(前列中央)ら
=18日、県庁

 農業生産法人の勝山シークヮーサー(名護市、山川良勝代表)が製造・販売する「勝山シークヮーサー」ジュースがこのほど、世界の飲食料品を評価する国際味覚審査機構(iTQi)の食品コンクールで最高評価の「三ツ星」を獲得した。
三ツ星受賞は2年連続で、製品を味わった印象や外観、香りなど五つの判定項目で高い評価を受けた。

 勝山シークヮーサーは同市勝山周辺で栽培された実を買い取って農家の安定収入につなげようと、2005年に設立。

 原料の栽培から製品化までのトレーサビリティー(生産流通履歴)を強化し、施肥状況や農薬の種類、使用量、搾汁日などを記録している。収穫翌日の新鮮なうちに搾汁し、傷物や異物が混入しないよう安定品質の製品づくりにこだわっている。

 18日、県庁に山城毅農水部長へ受賞報告をした山川代表は「受賞は農家や社員の自信となる。いいものを作れば海外にも出していける。生産は台風の影響も出やすいが、安定供給できる体制を整えていきたい」と抱負を述べた。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time12:03

市の計画/超小型EV車 ホンダ、東芝と連携(宮古島・沖縄)

市の計画を国交省認定/超小型EV車導入事業総事業費は1億2000万円/副市長が報告 ホンダ、東芝と連携
null
事業計画が国交省の認定を受けたことを報告する
長濱副市長(右)=18日、市役所平良庁舎

 市が本田技術研究所、本田技研工業(ホンダ)、東芝と連携して超小型モビリティ導入促進を目指す事業計画がこのほど、国土交通省から事業認定を受けた。長濱政治副市長が18日の会見で認定を報告するとともに今後の取り組みなどについて説明した。認定を受けたことで、今後同省からの補助金を活用して年内に事業着手となる。今年度から3カ年の事業で総事業費は1億2000万円程度を見込んでいる。

 今後の取り組みとしては、軽自動車よりも小さい2人乗り程度の電気自動車(小型電動モビリティ)の導入やクリーンエネルギー(太陽光)を活用した充電ステーションの設置を行い、実際に運用して環境負荷を低減し、利便性が向上する効果を検証していくとしている。

 それぞれの役割は、宮古島市が全体のコーディネーターで東芝が充電ステーションの構築、ホンダが車両運行システムの運営、本田技術研究所が車両の開発やデータ収集などを担うとしている。

 宮古島市に導入される電気自動車は、現在本田技術研究所が開発中の超小型EV車「マイクロコミュータープロトタイプβ」。来年1月から3月末までに公用車として5台導入する予定。

 また、事業期間中にはさらに5台程度の導入を予定し、車両運用については民間事業者との連携も検討している。

 長濱副市長は「今回の東芝の充電ステーションは太陽光発電によってエネルギーを供給する。従来の石油由来のエネルギーを使わないことからもエコアイランド宮古島市としても良い形の取り組みになる」と述べた。

 来年以降の車両導入に向け、年内には東芝が太陽光発電を活用した充電ステーションを島内に3カ所設置する予定となっている。

 このシステムの運用により▽環境負荷が少ない交通システム▽低コストな交通システム▽災害時の安心感も兼ね備えたシステム-の構築を目指している。


 市、本田技術研究所、東芝は今年2月にプロジェクトの検討に着手する基本協定を締結。それに基づいて、5月27日に事業計画書を国土交通省あてに提出していた。

 また、5月22日にホンダを含めた4者で構成する協議会を設立。第1回目の協議会を8月2日に予定している。

.宮古毎日新聞

「技術でエコの島貢献」 宮古島工作倶楽部・沖縄

「技術でエコの島貢献」 宮古島工作倶楽部を設置
null
 地域でものづくりの優秀なエンジニアを育成して製造業の活性化を図ることなどを目的に、 一般社団法人宮古島工作倶楽部 (下地信輔代表理事) がこのほど設立された。
現在は小型EV車の製造に取り組んでいるが、 将来的にはエコアイランドの実現に向けた技術的貢献、 育成した人材の受け皿などを目指していく。

 現在は宮古島市の島しょ型スマートコミュニティ実証事業の一環として、 ものづくりネットワーク沖縄と連携して小型EV車の製造を行っているが、 同倶楽部理事の下地隆之さん (まるちくタクシー代表) は 「来年は宮古オリジナルのEV車を設計、 開発していく」 と意気込んでおり、 平坦で面積の限られた宮古島はEV車の走行に最適な環境と強調する。

 車両だけでなくEV車の課題である充電と航続距離の解決のため、 脱着式のバッテリー開発や交換所の設置、 故障・アクシデントへの対応など実用に向けた条件整備にも取り組む。 今後は市が進めるエコアイランドやスマートエネルギーアイランドの実現で必要とされる機械設備の製造や維持管理なども行う。

 宮古では高校を卒業すると大半の生徒は島を離れていくが、 下地さんは 「地元の優れた人材を生かしたい。
地元に残って技術を生かせる仕事、 研究や開発も含めたものづくりをさせたい。
しっかりとした受け皿になるため将来は会社化も目指したい」 と人材の育成・確保にも意欲を見せた。


宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:38

「黒糖は栄養たっぷり」 宮古島・砂川小・沖縄

「黒糖は栄養たっぷり」 
砂川小で消費拡大キャンペ

null
「おいしい」 と黒糖蒸しケーキなどの給食を笑顔で
ほおばる児童たち=砂川小学校ランチルーム

 県宮古農林水産振興センター (前田幹男所長) は18日、 9月6日 (黒の日) までの黒糖消費拡大キャンペーンの一環で、 市立砂川小学校 (久貝勝宣校長) に多良間島産黒糖を提供し、 全児童72人と教職員分の給食に黒糖蒸しケーキを登場させた。 口いっぱいに頬張った児童は 「おいしい」 と笑顔を見せていた。

 県では、 県産黒糖の販売促進及び周知啓発を図るため、 5月10日の 「黒糖の日」 から9月6日の 「黒の日」 までを黒糖消費拡大キャンペーン期間として設定し、 県内外で各種イベントを展開している。

 午後零時20分から始まった給食では、 はじめに同センターの計良貴子さんが 「黒砂糖の良さをみんなに知ってもらい、 おいしく食べてほしいとキャンペーンを実施している。
きょうは調理場に黒糖を提供し、 蒸しケーキを作ってもらった。 夏休みも黒砂糖やサトウキビのことを調べてほしい」 と呼びかけた。

 宮古製糖の宮里和芳総務部長が 「黒砂糖はお父さんやお母さん、 おじいちゃん、 おばあちゃんが一生懸命育てたサトウキビから出来ている。
すぐそこの城辺工場では白砂糖の原料を作り、 多良間工場では黒砂糖を作っている。 黒糖は栄養分がたくさん入っていておいしいので、 おやつに食べてほしい。 お土産もあるので、 家族で味わってほしい」 と説明した。



  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:34