2013-07-13



中休みに出荷場建設へ (宮古島・沖縄)

JAおきなわ、中休みに新集出荷場建設へ
null
JAおきなわ宮古地区本部の新しい集出荷場建設
の予定地=市内平良西里

 JAおきなわは、 宮古地区の新しい農産物集出荷場を市内平良西里の中休みに建設することを決定した。 宮古島内4カ所の集出荷場を統合し、 広さは現在の城辺集出荷場の約3倍と県内でも最大規模となる。 マンゴーとゴーヤー併用選別機などが導入され、 航空・船舶の品目別の集荷スペースが設けられる。 10月頃には着工し、 来年4月の供用開始を計画。 規模拡大と効率的な出荷体制により、 出荷野菜・果樹の生産増加を目指していく。

 宮古ではトウガン、 カボチャ、 ゴーヤー、 マンゴー、 オクラなどが拠点産地品目となっているが、 市場や量販店等の多様化するニーズへの対応、 また共選共販体制の確立が課題となっている。 一方で拠点産地品目を中心として今後も出荷量の増加が見込まれることから集出荷場を整備し、 一元出荷体制の構築や流通販売コストの低減、 農家所得の向上、 意欲的な農家の育成に取り組んでいく。

 国県の特定地域経営支援対策事業として実施。 事業費は約6億3700万円。 先月末の同農協総代会で事業が承認された。
城辺線沿いの旧宮古農業改良普及センター (現農村青少年教育センター) 西側に建設される。 面積は3260平方㍍。 県内初のマンゴー・ゴーヤ併用選別機や冷蔵庫、 糖度計などを導入する。 ゴーヤーやインゲン、 オクラなどフライト品目、 トウガンやカボチャ、 メロンなど船舶品目で集荷場を分けている。

 新集出荷場の建設に伴い、 出荷量を現況の1669㌧ (09~11年度平均) に対して供用開始から18年度までに2940㌧と約76%伸ばす計画を立てている。 JA宮古地区営農センターでは 「宮古島内の集出荷を一元化し共選共販を強化することで増加する品目も出てくる」 と期待する。



 宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time18:35

批評誌N27が創刊、脱「復帰」元年など特集 (宮古島・沖縄)

批評誌N27が創刊、脱「復帰」元年など特集
null
 「時の眼│沖縄」 批評誌N27 (編集・同実行委員会、 新星出版発行、 定価1000円) =写真=が 「慰霊の日」 の6月23日付けで創刊された。 特集は 「脱 『復帰』 元年」、 「東松照明と沖縄」。 各書店で販売している。

 2012年の本土復帰40周年で県内の各ジャンルの有志が実行委員会を結成し、 「時の眼│沖縄 復帰40年の軌跡」 をテーマにシンポジウムや宮古巡回展を含む写真展などを展開した。 批評誌はこの活動を踏まえ、 「分断の危機にあるいまこそ、 言葉の公共圏が必要」 として創刊されたもの。

 1953年12月25日、 奄美群島が日本に返還され、 当時の沖縄と奄美 (日本側) を分ける緯線として引き直されたのが、 与論島南の27度線と硫黄鳥島北の28度線。

 同誌は 「N27」 を 「新たに創り出された批評の圏域」 と位置付けた上で、 「沖縄の言論が、 思想が、 沖縄を見つめる 『時の眼』 と応答するための圏域。 ここで発生する波動が未来へ大きく連なっていくことを私たちは問う│沖縄が沖縄であり続けるために」 (巻頭言) と提起している。

 創刊号の執筆人は、 平良西原の祭祀 「ナナムイ」 を撮り続けた写真家の比嘉豊光氏 (編集人) ら28人。 宮古関係はウルカ・ゆう (漫画家) =宮古島市、 川満信一 (詩人) =旧平良市出身、しもじけいこ (「のーがらやー」 メンバー) =宮古島市、与儀秀武 (沖縄文化論) =伊良部島出身=の4氏。

   第2号は12月20日の刊行予定。

  問い合わせは比嘉氏 (090・8292・1398)。


  宮古新報

郵便局が「カマボコセット」発売 (宮古島・おきなわ)

郵便局が「カマボコセット」発売
null
カタログ販売のため作られた
オリジナル商品の島野菜カマボコ

 宮古地区の郵便局では島の特産品ギフト第4弾として、 今月から期間限定 (7月1日~9月30日) でカマボコセットのカタログ販売を行っている。 根間カマボコ店の協力で地元の野菜を使ったオリジナル商品も開発。 島外で暮らす家族や知人、 また来月19~21日の 「旧盆」 の贈り物などに利用してほしいと呼びかけている。

 商品名は 「宮古島特産品かまぼこ 島食材の老舗の味」。
昔ながらの平カマボコにお祝の紅白カマボコなどが入った 「ふるさとセット」、 今回のギフト用に開発したゴーヤー、 島人参、 ゴボウ、 ニガナ、 ヨモギ、 しそ入りカマボコの 「島野菜セット」 の2種類。 価格は送料・消費税込みで2800円となっている。

 宮古地区の郵便局では島の特産品を商品化し、 郵便局のネットワークを利用して全国に向けて発信することで、 販路を持たない地場産業の発展と育成の支援に取り組んでいる。 これまでマンゴー、 宮古そば、 パインをカタログ販売している。
沖縄県内の各郵便局 (一部簡易郵便局除く) で申し込める他、 県外からも注文できる。

 宮古地区の郵便局は 「宮古の懐かしい味と新しい島食材の味が楽しめる。 宮古島の老舗の味を沖縄本島、 本土の親戚や知人への贈答品として利用してほしい。 お盆の贈り物としても最適」 とピーアールしている。



  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time18:15