2013-07-12



自慢のゴーヤー競う (OKINAWA)

自慢のゴーヤー競う 品評会で栽培談議
null
重量勝負で優勝した比嘉さん(左から2人目)ら上位に
入った愛好家ら=7日、浦西公民館

 【浦添】
ゴーヤーの重量や美しさを競う「浦西ゴーヤー品評会」が7日、浦西公民館であり、ゴーヤー愛好家が自宅で育てた自慢の1本を持ち寄った。5センチほどのミニサイズから、子どもの太もも大に育ったものまで計32本の応募があり、重量勝負では、比嘉知光さん(56)の940グラム(42センチ)が1位に輝いた。浦添市内を中心に活動するバンド「がらがらどんファミリー」がステージを盛り上げ、参加者はゴーヤーチャンプルーを囲んで栽培談議に花を咲かせた。

 品評会は2011年に始まり、昨年は台風による不作で中止した。同じ品種の苗2本を各自が工夫して育てた。県農業研究センター前所長の坂本守章さん(60)が審査員を務め「ゴーヤーは、枝分かれした茎から遠くに実るほど長く育つ。手前の実は早めに摘果して」などとアドバイスした。

 比嘉さんには「来年のうりずんにもゴーヤーを植え、収穫物を地域に分け与えるように」とユーモアたっぷりの賞状が贈られた。妻の理恵子さん(55)は「『あんたなんか、なんでこのゴーヤー食べないで伸ばしているの?』と近所の人に不思議がられたけれど、種を分けたりして交流が深まった」と笑顔であいさつした。

 参加者の中には、収穫日が品評会のタイミングに合わなかったために、わざわざ冷凍庫で保存しておいて持ち込むほどの“熱血漢”もいた。

 主な受賞者は次の通り。(敬称略)

 【2位】仲村勇890グラム【3位】棚原有生885グラム【4位】棚原康治880グラム【5位】国吉真吉860グラム

  沖縄タイムス

 中文祭・高文祭壮行会 全国へ意気(沖縄)

文化系、全国へ意気 中文祭・高文祭壮行会
null
全国の舞台で健闘を誓う中文祭・高文祭に出場する生徒たち
=11日午後、県庁講堂(我喜屋あかね撮影)

 第37回全国高校総合文化祭長崎大会と第13回全国中学校総合文化祭山口大会に出場する約300人の激励壮行会が11日、県庁講堂で開かれた。

 3年ぶり10回目の南風原高校郷土芸能部や、13年ぶりに県勢が出場するマーチング部門の代表小禄高校の演奏などが披露された。合唱部門に出場する首里高校2年の坂本鈴乃さんが「沖縄独特の文化やウチナーンチュの明るさをアピールしたい」とあいさつした。

 全国高文祭は31日から8月4日の5日間、長崎県で、県内から28校261人が16部門に出場。全国中文祭は8月19、20の両日、山口県で、県内22校38人が4部門に出場する。

 来年の第14回全国中学校総合文化祭は12月13、14の両日、浦添市てだこホールで開かれる。県中学校文化連盟が発足20周年の記念大会で全国から中学生が集う。

  沖縄タイムス

戦時最後の県知事、ドラマ放送 (OKINAWA)

戦時最後の県知事、ドラマに 8月7日放送
null
「魂を込めて演ずる」と語る島田知事役の緒形直人さん(右)
と荒井警察部長役の的場浩司さん=東京・赤坂、TBS本社

 【東京】
TBSは8月7日午後9時から、沖縄戦のさなか最後の県知事を務め、戦禍の犠牲になった島田叡(あきら)氏の実話を基にしたテレビ未来遺産“終戦”特別企画の報道ドラマ「生きろ~戦場に残した伝言~」を放映する。
島田知事を演じる俳優の緒形直人さんと荒井退造・沖縄県警察部長役の的場浩司さんらが11日、東京・赤坂のTBS本社で記者会見。
緒形さんは「一人でも多くの県民を守るために奔走した二人の足跡を魂を込めて演じた。多くの人に見てもらいたい」と話した。

 島田知事は米軍が上陸する約2カ月前の1945年1月末、沖縄県知事の内示を受けた。

 前任の知事が沖縄を離れるという異例の事態に、戦場になることを覚悟しながら赴任、食糧確保や疎開などに尽くした。

 関係者の証言、手紙などの当時の資料などで島田知事の生きざまを追い、報道ドラマとして再現。

 沖縄戦で消息が分からなくなった島田知事と荒井警察部長の最後の地を捜す人々や沖縄戦の記録フィルムを取り上げたドキュメンタリーを織り交ぜ、島田知事の人間像と沖縄戦の実相に迫る。

 藤原康延・制作プロデューサーは「県民のために誠実に尽くした島田知事や荒井部長の生き方を描くことを通して、沖縄戦で何が起きたか知ってもらいたい。今の沖縄を理解するためにも伝える意義がある」と製作意図を説明した。

  
 沖縄タイムス

台湾漢口中と交流、友情深める (下地中・宮古島)

下地中と台湾漢口中が交流、15年目の友情深める
null
ソフトバレーボールを楽しむ生徒たち
=8日、 下地中学校

 市立下地中学校 (宮國勝也校長) は5日から、 台湾の漢口国民中学校の生徒と交流を行った。 今年で15年目を迎えた相互交流には漢口中から13人の生徒たちが訪れ、 下地中の生徒宅でホームステイしながら宮古島の生活や文化などを体験した。

 8月には下地中から10人の生徒が台湾を訪れることになっている。 漢口中の生徒たちは5日の夕方に宮古島に到着。 この日はホームステイ宅の保護者主催の歓迎式が下地公民館で行われ、 郷土料理や下地中の生徒による舞台余興などで交流を深めながら旅の疲れを癒した。 6日はバスで島内観光を行い、 7日はホームステイ先の家族と過ごした。

 8日は下地中学校で同校の生徒たちとともに授業を受けた。 このうち10時半から体育館で行われたスポーツ交流ではソフトバレーボールを行い、 ボールの行方に一喜一憂した。 互いの国の言葉を事前学習してきた生徒たちは、 上手にコミュニケーションを取りながら、 サーブやスパイクが決まるたびにハイタッチするなどして友情を深めた。

 漢口中のリン・シャンウンくんは 「宮古島の海はとてもきれいだった。 みんなと交流できて嬉しい」 と4日間の交流を振り返った。



  宮古新報