2013-06-03



草刈って団結 優勝者には「金の鎌」(八重農生・沖縄)

草刈って団結八重農生 優勝者には「金の鎌」
null
刈り取った草をはかりに乗せる八重山農高の生徒
=石垣市白保

 【石垣】八重山農林高校の伝統行事「草刈り大会」が5月28日、石垣市白保のカラ岳西側斜面で開かれた。優勝者には栄誉ある「金の鎌」が贈られるとあって、全校生徒約330人が炎天の下、カヤの刈り取りに挑んだ。

 大会は生徒の団結を育み教科実習で使う草を確保する一石二鳥のイベントで、毎年、ゴールデンウイーク中に実施してきたが、今年は悪天候で延期開催となった。

 競技が始まると生徒は鎌でカヤを刈り取り、計測するはかりまで草の束を背負ってカラ岳の坂道を往復。午後3時まで、青い海と南ぬ島空港が見下ろせる斜面で気持ちのいい汗をかいた。

 196キロで男子総合1位となった穂刈寿希亜君(3年)は「熱帯園芸科の団結力で、互いに声を掛け合って楽しく取り組めた。暑い日差しを浴びる植物の気持ちやクーラーがなかった時代の厳しさが分かった」と感想を述べた。

 男子1位以外の結果は次の通り。(敬称略)

 【男子】2位=島尻将吾(2年、146キロ)▽3位=平野亮弥(3年、136キロ)【女子】1位=上原美波(3年、71キロ)▽2位=砂川遥(2年、67キロ)▽3位=東のぞみ(2年、64キロ)


(奥沢秀一通信員)

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time17:54

サンゴの卵舞う (渡嘉敷・沖縄)

渡嘉敷の海にサンゴの卵舞う
null
サンゴの産卵でピーク時には海中がピンク色に染まった。
右はハリセンボン
(長谷和典さん提供)

 【渡嘉敷】大潮から中潮に合わせてサンゴが産卵する神秘的な産卵ショーが今年も渡嘉敷海域で確認され、島内のダイバーらが喜びの声を上げた。
毎年このショーを楽しみにしてるダイビングサービス「月の翼」代表の長谷和典さん(32)は5月24日から阿波連ビーチ沖で観察を開始した。

 29日の夜10時ごろからミドリイシ科のサンゴが「バンドル」と呼ばれる卵の産卵を開始し、15分後のピーク時には海中がピンク色に。長谷さんは「サンゴの量が確実に減少しているので産卵はとても貴重。サンゴの大切さを伝えて守っていくことが私たちの役目だと思う」と話した。

 長谷さんらは島のダイビングメンバーらとサンゴの移植を行い、個人的にもサンゴの天敵のオニヒトデやレイシガイの駆除を精力的に行っている。「自分でできることを実行して次世代にこの海を残していきたい。写真に写っているハリセンボンもオニヒトデを食べてくれます」と笑顔で語った。

 (新垣聡通信員)

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time17:46

「外に出てみ」 進路講演 (北谷高・沖縄)

「外に出てみ」 I―VANさん北谷高で進路講演null
北谷高の生徒らに自身の経験やジャマイカの様子を伝えた
I―VANさん
=5月29日、北谷町桑江の北谷高校

 【北谷】宜野湾市出身でジャマイカでレゲエダンサーとして活動し、世界大会での優勝経験も持つI―VAN(アイバン)さん(29)が5月29日、北谷高校で生徒721人を前に講演した。特設進路講演会の一環。外に出て、自分や沖縄を見つめ直す大切さやジャマイカの貧困の現状を語った。

 「今日は先生でもなく、シージャー(先輩)でもなく、ドゥシ(友達)として話すからよ」と舞台に腰掛け、「今楽しんでいますか?

 もしかしたらあした、死んでしまうかもしれない。思い切り楽しまないと損するよ」と切り出したI―VANさんに、生徒らは真剣なまなざしを向けた。

 ジャマイカの生活について、町には銃声が鳴り、現地の人は仕事がなく、近所の家で食事をもらったり、寝かせてもらったりすることを紹介。
「帰る家がある、食べるごはんがあることを当たり前と思うなよ。先生たちにも言うけど、不景気、仕事がないとウチナーンチュが言うな。ジャマイカの子どもたちと比べたら十二分だ」と言葉に力を込めた。

 将来の道を決めるため「携帯を触るのもいいけど、もっと外に出てみ(出てごらん)。いいこと悪いこと、成功も失敗もしたら、何か見つかるよ」とアドバイス。英語を勉強しておくことや、友人を大事するよう説いた。

 約50分聞き入った島袋由依さん(18)=同校3年=は「熱い人だった。毎日大事に生きるというメッセージが印象に残った」と話した。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time17:09

津堅の良さ探そう島おこし事業 (うるま市・沖縄)

津堅の良さ探そう うるま市島おこし事業
null
崩れた遊歩道を視察する参加者ら=うるま市津堅島のキャロット愛ランド遊歩道

 【うるま】地域振興の支援やコンサルティングを行うカルティベイト(開梨香社長)はこのほど、島の現状把握と今後の発展のための「島あっちゃーwithなんでもお助け隊」をうるま市津堅島で実施した。
住民やうるま市職員、島の振興に関わる各分野の専門家ら、約60人が施設、自然、文化、環境美化の四つのグループに分かれて島内を歩き、長所と問題点を調査した。

 「島あっちゃー」は市の「津堅島島おこし支援事業」の一環で、市がカルティベイトに委託した。開社長は「これまでは行政と島の人たちとの意見交換が不十分なままに事業が行われてきたこともあったと思う。今後島おこしを進めるために、島の人たちの求めを聞くところから始め、彼らが自分たちから動くように働き掛けていきたい」と語った。

 参加者は島内を歩いて見回った後に公民館に集まり、問題点や長所を書き出して意見を交換。整備されずに荒れている遊歩道や島内の至る所に捨てられているごみなど、課題とその対策について話し合った。

 島で自転車レンタル店を営む東堅一さん(65)は「地元に住んでいてもなかなか足を運ばない場所に行けた。あらためて島のことを考えるきっかけになった」と話した。うるま市企画部の伊藝要主事は「押し付けではない形で行政として協力していき、事業展開を考えていきたい」と述べた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time16:58

「ギネス載るほど長生きして」 101歳祝う(沖縄)

「ギネス載るほど長生きして」 米須とみさん101歳祝うnull
<101歳>孫やひ孫らに囲まれ、誕生日ケーキのろうそくの火を吹き消す米須とみさん
=2日、那覇市おもろまちのザ・ナハテラス

 1912年(明治45年)6月3日生まれの米須(よねす)とみさん(那覇市出身)。きょうで101歳を迎える米須さんを祝おうと2日、那覇市のザ・ナハテラスに子や孫、ひ孫ら親族約30人が集まり、誕生会を開いた。88歳の時から毎年、米須さんが誕生日を迎える時には親族が集まり、誕生会を開いており、本土にいる米須さんの娘たちも、沖縄に帰ってくるという。

 車いすにも乗らず、身の回りのことは自分でこなす米須さん。「長生きし過ぎると周りに迷惑」と笑うが、ひ孫の長嶺昇矢君(9)は「いつまでも元気なひいおばあちゃんは、スーパーばあちゃんだ。ギネスブックに載るほど長生きしてほしい」と長寿を喜ぶ。

 花が好きだという米須さんに、親族全員がバラを1輪ずつ手渡すサプライズプレゼントも。米須さんは「(ひ孫などが生まれて)祝ってくれる人が年々増えている。毎年みんなが集まってくれてうれしい」と照れながらも笑顔で話した。


  琉球新報

沖縄一色 めんそーれフェスタ 東京・池袋

池袋が沖縄一色 めんそーれフェスタ 9日まで
null
エイサーや伝統芸能などが競演した池袋めんそーれ祭り
=東京・池袋 サンシャイン60通り

 【東京】東京・池袋では1日、複合商業施設「サンシャインシティ」でオープン35周年を記念した沖縄めんそーれフェスタが始まり、サンシャイン60通りではエイサーや伝統芸能などが競演する池袋めんそーれ祭り(主催・同実行委員会)も開かれ、沖縄一色になった。

 めんそーれ祭りのパフォーマンスコンテストでは、恩納村青年団や東京竹富郷友会、地元のエイサー団体など6団体が出場し、自慢の演舞を披露。審査の結果、グランプリは昇龍祭太鼓に決まった。

 サンシャインシティの沖縄めんそーれフェスタは5回目。9日まで。沖縄そばや天ぷら、泡盛などが並んだ沖縄物産展やステージライブ、ビアガーデンなどに多くの来場者が訪れた。

 レストラン街の22店舗は、辺銀食堂の石垣島ラー油を使った限定メニューなどが人気を呼んでいた。

 サンシャインシティの鈴木誠一郎社長は「今年は通りでのめんそーれ祭りも開かれた。沖縄を楽しんでもらい、地域の活性化につなげたい」と話した。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:28

ハナリ島「完泳するぞ」 渡嘉敷島・沖縄

ハナリ島「完泳するぞ」 本番に向け基礎練習2013
null
夏空の下、ハナリ島遠泳に向けた初の水泳学習に
散り組む児童ら=5月27日、渡嘉敷村阿波連ビーチ

 【渡嘉敷】
渡嘉敷村立阿波連小学校(仲村宗男校長、児童数22人)は7月2日に行われる「ハナリ島遠泳」に向けた本年度初の水泳学習を5月27日、阿波連ビーチで開始した。

 同校のすぐ目の前が阿波連ビーチという立地条件を生かし、PTAや地域などの協力で26年前から初めたこの遠泳は、同校の特徴的な学校行事。

 梅雨空の雨続きで水泳訓練が心配されたが、この日は久しぶりの快晴の夏日。「あはりっ子」たちは教諭の指導の下、真白な砂浜で準備体操の後、透き通ったマリンブルーの海で水しぶきを上げ、基礎練習に取り組むなど、1年ぶりの水泳学習に喜びを体いっぱい表現した。

 約12時間の水泳学習を行い、泳力をつけて本番に挑む。児童たちは「ハナリ島遠泳の完泳を目指し、水泳学習を頑張るぞ」と意気込んだ。

 (米田英明通信員)


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:12