2013-06-24



大学生112人、非行少年ら支援へ(OKINAWA)

県内大学生112人、非行少年ら支援へ
null
親川啓和生活安全部長(左)から委嘱状を手渡される
大学生ら=24日、那覇市・県警本部

 県警は24日、非行少年らの居場所づくりや学習支援など立ち直り支援に取り組む大学生少年サポーターとして県内の大学生112人を委嘱した。各署と連携し活動する。任期は1年間で来年6月末まで。

 今年は制度導入から11年目で新規80人、再任32人と過去最多。琉大など県内5大学の推薦などで決めた。

 2012年に検挙・補導された未成年者1090人に占める中学生の割合は665人で全国ワースト。委嘱交付で、親川啓和生活安全部長は「多感な思春期に目標を持ち、それを乗り切った経験と若さ、大学生の見識で少年の立ち直り支援を」と要請した。

 再任された沖国大4年の新垣穂高さん(21)=浦添市=は「昨年も少年たちと触れ合い良い経験になった。年齢が近い分、心を開いてくれると思う。活動を通して少しでも少年少女の非行防止や健全育成につなげたい」と抱負を語った。

  沖縄タイムス

夏の高校野球開幕 63校激突 (沖縄)

夏の高校野球開幕 甲子園目指し63校激突
null
青空の下、入場行進する前年優勝の浦添商
=22日、那覇市・沖縄セルラースタジアム那覇

 夏の甲子園出場を懸けた第95回全国選手権記念沖縄大会が22日、南北海道とともに全国のトップを切って開幕した。

 同日午前9時から沖縄セルラースタジアム那覇で開会式が行われ、昨年覇者の浦添商業を先頭に63校が行進。選手を代表して、小禄の渡嘉敷健主将が「楽しいことだけでなく、苦しいこともたくさんあった3年間。しかし、どんな時も野球が好きだから乗り越えることができた。『熱い、熱い』沖縄の太陽に負けることなく、私たちが輝ける最高の瞬間にすることを誓う」と選手宣誓した。

 同球場の宮古総実―豊見城戦で幕開け。この日は北谷公園、宜野湾市立も含めて1回戦計7試合を行う。

 決勝は7月21日の予定。夢の舞台への1枠を懸けて球児たちの熱い一カ月が始まった。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time10:32

ハスノハギリ群落 国の天然記念物に(平久保安良・石垣)

平久保安良のハスノハギリ群落
 国の天然記念物に

null
バリ石も追加指定へ 伊原間

 国の文化審議会(宮田亮平会長)は21日、国内最大規模の平久保安良のハスノハギリ群落を天然記念物に指定し、石垣市伊原間の「バリ石」を「石垣島東海岸の津波石群」に追加指定するよう下村博文文部科学大臣に答申した。
順調に行けば、8月ごろの官報告示で指定される見通し。

 ハスノハギリはアフリカ東部、アジア、ポリネシアなどの亜熱帯から熱帯域に広く分布するハスノハギリ科の常緑高木。
県内では、石垣島と西表島を中心に分布しており、平久保安良のハスノハギリ群落は国内最大規模を誇る。群落内には胸高直径80センチメートルを超える巨木も存在する。

 ハスノハギリは台風時の高波や河川の出水で地表が不定期に冠水する水はけのよい場所に生育する。
保全にはサンゴ礁のリーフ、サンゴ砂が堆積(たいせき)した砂丘地や河川水が流れ込む平たん地などの環境が不可欠で、陸側の海岸林や海岸と海側のサンゴ礁域も指定対象として含まれている。全体の面積は約147ヘクタール。

 対象地の周辺には、明治期に廃村になった安良村跡があり、牧場跡や御嶽も存在する。2007年に市の天然記念物にも指定された。

 「バリ石」はハマサンゴが死んでできた石で、明和の大津波によって打ち上げられたことが科学的に分析されている。今回、過去の大津波の規模を具体的に示すものとして今年3月に国の天然記念物に指定された「石垣島東海岸の津波石群」に追加指定される見通しとなった。

 諸見里明県教育長は「地域の宝として将来にわたって保護していくべきもの。市の文化財保護行政に対し、支援を行っていきたい」と述べ、玉津博克市教育長は「しっかり保存し、活用しながら八重山の自然の素晴らしさを世界中にアピールしていきたい」と述べた。

 バリ石の追加指定を以前から望んでいた伊原間公民館の根間建有館長は「天然記念物として国に認められて本当にうれしい。地域で大事にし、地元の人や観光客に津波の恐ろしさや威力を改めて感じてもらいたい」と話した。

 バリ石の近くにある伊原間中学校の大濵民江校長は「北部地区にまた一つ宝物ができた。これまでにも生徒たちは総合学習でバリ石について学んでおり、防災や海岸の環境教育も含め、より深い学習に生かしていけたらと思う」と喜んだ。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time10:26

ロックフェス、熱狂 (宮古島・沖縄)

ロックフェス開催、ファン熱狂
null
出演アーティストのパワフルなステージに盛り上がる
観衆たち=22日、 上野の特設会場

 夏の野外音楽イベント 「ミヤコアイランドロックフェスティバル2013」 (主催・同実行委員会) が22日、 上野地区の特設会場で開催された。 梅雨明けの強い日差しのもと、 島内外から詰めかけた大勢のロックファンがアーティストたちのライブパフォーマンスに熱狂した。

 ステージは地元高校生バンド 「BerryBorry」 の演奏で幕開け。 前半は沖縄出身のオレンジレンジ、 3ピースバンドのバズ・ザ・ベアーズ、 オオカミのマスクをかぶったマン・ウィズ・ア・ミッションなどが登場し、 熱気あふれるパフォーマンスで会場を盛り上げた。

 後半は地元宮古を拠点に活動する下地暁、 ワンオクロック、 ソナーポケット、 東京スカパラダイスオーケストラ、 かりゆし58など豪華な面々が楽曲を披露し、 会場を熱気で包みこんだ。 23日は宮古島海中公園特設ステージで後夜祭ライブが行われた。

 ミヤコアイランドロックフェスティバルは 「SAVE THE SEA・SAVE THE SKY」 をテーマに今回で9回目を迎え、 宮古島を代表する野外音楽イベントとして定着している。 今年は過去最多の12組が出演した。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time09:54