2013-03-07



【電子号外】新石垣空港 開港(八重山・沖縄)

【電子号外】新石垣空港 開港
null

 【石垣】日本最南端の国際空港、新石垣空港が7日午前、開港した。八重山市町会会長の中山義隆石垣市長が開港を宣言し、同午前8時10分に日本トランスオーシャン航空(JTA)の初便が那覇から新空港に到着。
同8時19分に全日空の初便が離陸し、那覇空港に向け飛び立った。県外路線や韓国からのチャーター便なども続々と発着し、南の新たな交流拠点は、住民や観光客らでにぎわった。

 開港式で、中山市長は「八重山郡民悲願の新石垣空港、『南(ぱい)ぬ島石垣空港』の開港を宣言します」と高らかに宣言。

 仲井真弘多知事(當間重美県八重山事務所長代読)は「開港は、地域の振興発展にとどまらず、県の産業、観光振興の推進拠点として、県全体の振興発展に大きく貢献するものと確信している」と祝った。

 空港ロビーでは、早朝から真新しい店舗や各種施設で買い物や飲食を楽しむ住民や空港に降り立った観光客、那覇へ向かう乗客などで活気にあふれた。

 初便の到着に合わせ、八重山古典音楽4流派から選ばれた約30人が舞台で三線、笛、琴で「鷲ぬ鳥節」を演奏し、祝賀ムードを盛り上げた。空港正面には市内各字あざ会の旗頭が並び、来島者を歓迎した。

 新石垣空港は中型ジェット機が就航可能な2千メートル滑走路や国際線ターミナルを備え、人や貨物の輸送力向上や、東アジアとの経済、人的交流促進などが期待されている。

   沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time13:37

「他県が考える機会に」 オスプレイ県外初訓練 (OKINAWA)

「他県が考える機会に」 オスプレイ県外初訓練

 米軍普天間飛行場に配備されたオスプレイによる初の本土訓練が始まったことについて、仲井真弘多知事は「沖縄で日常茶飯事に飛んでいることを考える何か(機会)になれば、もう少し沖縄の基地問題について、他県の理解をいただけるのではないか」と述べ、沖縄の米軍基地問題について、国民的な議論を深める機会になることに期待感を示した。


  琉球新報

オスプレイ、本土で初の飛行訓練
 四国各地で目撃


 在日米海兵隊の普天間飛行場に配備されている新型輸送機MV22オスプレイ3機が6日、和歌山県から四国上空に設定した「オレンジルート」と呼ばれる経路を使って低空飛行訓練を開始した。オスプレイの本格的な本土上空での訓練は初。
岩国基地(山口県)を拠点に8日までの予定。

 オスプレイの沖縄への配備、訓練実施に地元で反対が根強い中、本土にまで訓練範囲が拡大した。
山口県や四国各県など関係自治体は監視態勢を強化、反対派住民は岩国基地周辺で抗議活動をした。

 オスプレイ3機が高知県本山町や愛媛県新居浜市別子山などの上空を通過する様子を共同通信記者が目撃した。


 (共同通信)

 琉球新報


カデナに 常設リング(沖縄)

ネーブルカデナに「格闘技」常設リング設置null
多くの格闘技ファンが会場を埋め尽くす「KADENAバトルフェスタプロレスリング」=嘉手納町のネーブルカデナ多目的広場

 【嘉手納】嘉手納町のショッピングモール「ネーブルカデナ」がこのほど、施設内にキックボクシングやプロレスなどの本格的な試合を行う常設リングを設置した。
県内にはこれまで試合を行う常設リングがなく、関係者からはこの機会に「嘉手納町を格闘技のメッカにしたい」との声が上がっている。
4月下旬には、新プロレス団体の旗揚げ興行も開催。県外からのツアー客も訪れる予定で、格闘技を軸とした町の活性化策に熱い期待が寄せられている。

 リングを設置しているのは同施設の3階多目的ホール。本格的なオープンは24日だが、2月10日には、リングのこけら落としイベントとして「KADENAバトルフェスタ」を開き、全国大会への派遣を兼ねた「第13回全沖縄アマチュアキックボクシング大会」やプロレスの興行を行った。

 リングは常設となるが、持ち運び可能にし、今後は必要に応じてライブコンサートや講演会などのイベントも開催する予定。

 ネーブルカデナを運営するホームセンタータバタの田端孝史常務取締役は「集客を高めながら、町の発展のためにも頑張りたい」と意欲を見せる。イベントには、當山宏嘉手納町長も駆け付けて激励した。

 キックボクシングのジムを開く真樹道場沖縄支部の安里昌明支部長は「会場の心配をする必要がなくなり助かる。ここが後楽園のように、格闘技のメッカになってくれたら」と話す。

 2月にプロレス興行をした元沖縄プロレスのグルクン・マスクは4月28日に同リングで新団体「琉球ドラゴンプロレスリング」を立ち上げることを宣言した。

 発足後は、同会場を拠点に県内の人材育成を中心に取り組むほか県外からプロレスラーを招いて大会を開いたりするという。

 家族で来場した比嘉渡さん(33)=うるま市=は「那覇に比べて道も混まない。迫力ある試合をここで見られるなら、また来たい」と話した。


   琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time10:04

オスプレイ 県外訓練か(OKINAWA)

オスプレイが3機離陸 県外訓練か

null
米軍普天間飛行場を離陸するMV22オスプレイ。岩国基地に向かったと見られる=6日午後1時9分、宜野湾市

 【宜野湾】米軍普天間飛行場に強行配備された米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイ3機が6日午後1時9分ごろ、相次いで離陸した。岩国基地(山口県)へ向かったとみられる。

 米軍は防衛省に岩国基地を拠点に6日から8日まで、四国地方で低空飛行や夜間飛行訓練を実施すると伝えている。

 普天間飛行場では、機体番号「04」「06」「07」の3機が午後0時すぎ、滑走路北側へ移動し、一機あたり約15分間かけて給油作業を行った後に飛び立った。

 一方、別の機体の「02」は、県内での飛行訓練を実施した。

   沖縄タイムス

方言スピードラーニング、好評 (宮古島・沖縄)

方言スピードラーニングCD販売、観光客に好評
null
標準語翻訳カード付きで販売している
(左から) 初級編、 中級編、 上級編

 「んみゃ~ち」 「たんでぃが~たんでぃ~」 ―。
 宮古島出身者なら誰もが知っている宮古方言 (みゃーくふつ)。 島外から訪れた人にはサッパリ理解できない宮古方言が、 宮古島を訪れた観光客の間でひそかなブームを巻き起こしている。

 市内の総合衣料雑貨卸・販売会社 「さぼ」 (豊永靖久代表) が自主制作CD 「宮古島方言スピードラーニング」 の販売を開始したところ、 お土産にと購入した観光客の間で 「おもしろい」 との評判が話題になり、 口コミで津々浦々に広がっているという。

 CDは平良方言を中心に収録。 難易度によって初級、 中級、 上級に分かれた3編構成になっており、 初級編では 「お金」 (ジン) や 「元気」 (ガンズー) などの簡単な100単語、 中級では感情的な表現を交えた70単語を収録。 上級編では 「宮古島出身のおじさんとスチュワーデスの飛行機内での会話のやり取り」 の場面を想定し、 会話の内容にジョークを交えるなど、 おもしろおかしく仕上げられている。

 豊永さんは 「観光情報誌などに宮古方言が紹介されているが、 どうにかしてイントネーションを伝えることができないかと考えていた」 とCD制作のきっかけを語る。

 観光客の口コミが話題を呼び、 県外のラジオ局から豊永さんに出演オファーもあるほど。「海外からも問い合わせがあって正直おどろいている。 自分も方言を話すのは得意ではないが、 宮古の方言が多くの人に知ってもらえたら嬉しい」 と話した。

 CDは島内のファミリーマート、 空港おみやげ店、 東急リゾート、 ブリーズベイマリーナ、 サボマートで販売中。
 問い合わせはサボマート73・0407。



  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:49

お母さんと再会/「里帰り」家族の仲に(宮古島・おきなわ)

民泊のお母さんとの再会喜ぶ/本土学生が「里帰り」
修学旅行で家族同然の仲に/近畿圏在住の5人

null
「里帰り」した髙橋さん(前列右)と(後列左から)黒木さん、
小島さん、浅山さん、松永さん。前列左は松原さん、
同中央は宮國さん=6日、城辺友利

 「お母さん、おばあに会いに来た」-。高校の修学旅行のときに民泊した宮古島の農家の家に、今は大学生となった5人が帰ってきた。
それぞれ宮古島での民泊を通じて知り合った農家のことが忘れられないという。今回の旅行も「里帰り」と称するほどだ。
受け入れ農家も「家族同然の子どもたち。こうやって帰ってきてくれると本当にうれしい」と喜んでいる。

 2009年11月に受け入れた松原敬子さん宅には髙橋満帆さんと松永有佳理さんが訪れた。当時は滋賀県立彦根東高の生徒だった。

 2人は宮古島旅行のためにアルバイトで旅費を捻出。「ただお母さんに会いたくなったから」というのが来島の理由だ。「お母さんは何も変わっていなかった。元気そうで良かった」と少し照れくさそうに話し、久しぶりの再会を喜んだ。

 松原さんは「高校生のときと比べて、お互いに気を使わないでもいいから気持ちは楽ですよね」と笑う。
「何よりもこうやって帰ってきてくれるのがうれしい。彼氏ができて、結婚して、子どもができても宮古島に帰ってきてくれると思う」と話し、娘同然の2人に優しい視線を送った。

 黒木隆文さん、小島航平さん、浅山大地さんは2011年1月に農家民泊を体験した。受け入れ農家は宮國良子さんだった。

 3人とも「ただ、おばあに会いに行く」ために旅費は自分でためた。浅山さんは「民泊最後の日は泣いちゃいました」と当時を振り返り、「おばあが大好きだし、宮古島のことがとても気に入っているんです」と宮國さんとの再会を心待ちにしていた様子で話した。

 黒木さん、小島さんも特に宮國さんに会う以外の旅行計画は何もない。「おばあは、あのときのままで元気そう。会えたことが何よりうれしい」と話した。

 宮國さんは「うれしいの一言。この子たちのためならいくらお金がかかっても構わないと思えるほど。それほどうれしい」と手放しで歓迎し、家ではゴーヤーチャンプルーやソーキ汁など2年ぶりの宮古料理を振る舞っている。

 今回の「里帰り」について、ぐすくべグリーンツーリズムさるかの会合同会社の事務局長を兼ねる松原さんは「民泊で育んだ交流は、これから先も続く」と話し、民泊した子どもたちの健やかな成長を願った。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:29

サンゴウィーク 苗作り (八重山・沖縄)

サンゴウィーク始まる 親子で苗作り体験
null
 サンゴにちなんだイベントや八重山の豊かな自然環境を楽しむ「石垣島サンゴウィーク」(同実行委員会主催)が5日スタートし、市内各地でさんご苗作り体験やカヌー体験、八重山のサンゴ展など多彩なイベントで盛り上がった。サンゴウィークは11日まで行われ、期間中に海岸清掃やオニヒトデ駆除、コーラルウオッチなどのイベントが開かれる。

 同ウィークは、サンゴ礁の保全やエコ・グリーンツーリズムの普及、次世代の人材育成などを通し、世界に誇る大自然と観光産業が調和した新たな観光メニューを創出するのが狙い。

 このうち、底地ビーチで開かれたさんご苗作り体験(八重山漁業協同組合観賞用漁業部会サンゴ養殖研究班主催)には、家族連れ約40人が参加した。

 参加者は、親サンゴから株分けしたサンゴの苗を型にはめる作業を体験。子どもたちはサンゴに触れながら、体験を楽しんでいた。


 同研究班の小林鉄郎さんは「島のことを知ってもらういい機会。サンゴの増殖をみんなで一緒にできたたことはうれしい」と話した。

  八重山毎日新聞