2013-03-24



駒場高が伊江で民泊 再会、交流(沖縄)

駒場高が伊江で民泊 震災縁に再会、交流
null
民泊先の住民に、別れを惜しみ手を振る駒場高校の生徒ら
=13日、伊江村の伊江港

 【伊江】11~14日まで東京から修学旅行で沖縄を訪れた東京都立駒場高校(奈良本俊夫校長)の2年生281人と教職員13人が、12日から1泊2日の日程で伊江村で民泊体験をした。
同校の修学旅行で伊江村での民泊体験は初めて。
2年前の東日本大震災で津波警報のため帰れなくなった同校の生徒を島の人が快く受け入れたのがきっかけで、あらためて人と人のつながりの大切さを確認した。

 2011年3月11日の修学旅行では、希望者20人と引率者が同村での「日帰り民家体験」に参加。午後4時最終便のフェリーで本部港へ出発する予定だったが、津波警報発令で欠航した。

 日帰り体験を受け入れた民家がそのまま宿泊を受け入れ、着替えも持たない生徒を温かく迎え入れた。当時の経緯が学校側に報告され、今年は民泊が実現した。

 当時引率した外木美穂教諭も来島。民泊体験を決めた目的の一つとして教職員らと離れ、他人と家族同然に過ごし、人との触れ合いを肌で感じてもらうことに大きな意味があると話した。

 離村式で修学旅行委員長の蝦名大智君(17)が「民家さんをはじめ、島全体で受け入れてもらった。人の温かさを感じ元気をもらった」と話した。
引率した青木永二副校長は「2年前、東京で待機していた。離村式で生徒から帰りたくないという言葉を聞き、よい経験ができたと実感した」と話し、今後も続ける考えを示した。

 生徒らは受け入れ先住民と記念撮影するなど別れを惜しみ、涙ぐむ生徒もいた。

 (中川廣江通信員)


  流球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time13:56

島田元知事の遺骨見つからず (OKINAWA)

島田元知事の遺骨見つからず 関係者ら捜索
null
断崖をゆっくりと降りながら、島田元知事の最期の場所を探す
メンバー=22日午後、糸満市・摩文仁

 【糸満】
沖縄戦当時の県知事・島田叡(あきら)氏の遺骨捜索が22、23の両日、戦死したとみられる糸満市摩文仁で行われた。県内ボランティアのほか兵庫から島田氏の出身校OB会会員やドキュメンタリー作家田村洋三さん(81)ら約25人が参加した。メンバーは、断崖の岩場をはうように進みながら島田氏最期の場所を探したが、見つけることができなかった。

 ボランティアは、沖縄戦時の県職員らを祭る慰霊碑「島守の塔」を管理する「島守の会」の有志ら。

 捜索のきっかけは田村さんの著書「沖縄の島守」の「摩文仁の断崖の横穴壕で知事と会った」という元陸軍兵長山本初雄さんの証言。不明のままの島田氏の遺骨を、早く捜してあげたいという関係者の熱意が共感を呼び、賛同者が集まり、捜索となった。

 救護ボランティアで参加した安谷屋信子さん(65)=那覇市=は「摩文仁の崖は想像以上に険しい」と額の汗をぬぐった。

 田村さんは「終焉(しゅうえん)の地を見つけて、なんとか島田知事の遺骨を捜してあげたかった」と残念そうに話した。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time13:48

 音楽に熱狂/アイル・オブMTV10アーティスト(宮古島)

島内外の観客 音楽に熱狂/アイル・オブMTV
10アーティストがライブ披露

null
熱のこもった演奏に手を挙げて応える大勢の観客たち
=23日、南西楽園宮古島リゾート敷地内特設会

 音楽専門チャンネル「MTV」を日本で運営するMTV Networks Japanなどが主催する野外音楽イベント「Isle of MTV Miyakojima(アイル・オブ・エムティーヴィー・ミヤコジマ)」が23日、上野新里の南西楽園宮古島リゾート敷地内特設会場で開催。
倖田來未やFAR EAST MOVEMENTなど国内外で活躍するアーティスト計10組がライブを披露し、大勢の観客を熱狂させた。

 「Isle of MTV」は、MTVヨーロッパが2002年からヨーロッパ各地の観光地で開催している一大音楽フェスティバルで、その模様は世界各国で放送されている。ヨーロッパ以外で開催されるのは今回の宮古島が初となる。

 出演は、4人組ロックバンドのBACK-ON、元格闘家の須藤元気率いるダンスパフォーマンスユニットWORLD ORDER、ヒップホップアーティストのAK-69、DJのINFINITY16、女性シンガーの加藤ミリヤと倖田來未。
そしてラストにはアジア系アメリカ人4人からなるヒップホップユニットFAR EAST MOVEMENTが登場。迫力ある演奏で観客と一体となった盛り上がりを見せた。

 DJブースを搭載したトラック「バーン・エナジー・モバイル」ではハウスDJのDAISHI DANCE、音楽グループm-floのメンバーでDJの☆Taku Takahashiがパフォーマンスを披露。開演前にはオープニングアクトとして宮古島を拠点に活動しているハーベスタが演奏した。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time13:45

国士舘大ローバーガイズクラブが保良海岸清掃 (宮古島)

国士舘大ローバーガイズクラブが保良海岸清掃
null
海岸の漂着ゴミなどを拾い集める
ボーイスカウト団のメンバー=保良海岸

 日本ボーイスカウト東京連盟世田谷地区世田谷第25団 (古谷真一郎団委員長) 国士舘大学ローバーガイズクラブ (鈴木紳也キャプテン) のメンバーが23日、 市城辺の保良海岸で清掃奉仕活動を展開し、 砂浜に落ちた漂着ゴミや流木などを拾い集める作業に取り組んだ。

 宮古アイランドロックフェスティバルとも関わりのある古谷団委員長の提案で、 世田谷区と友好都市関係にある宮古島との絆をさらに深めようと昨年から取り組まれているもの。

 古谷さんは、 「ボーイスカウト団が目指す、 より良き公民 (社会人) つくりの一環で、 自ら進んで社会貢献する人材育成に取り組んでいる。 昨年は東日本大震災の被災地・岩手県南三陸町を4~5回訪ね、 がれきの処理を手伝った。 宮古島との縁も大切にしていきたい」 と趣旨を説明した。

 同クラブキャプテンの鈴木さんは 「宮古島に来るのは初めて。 海の景色もよく、 年間通して暖かいところが気に入った。 台風時の倒木やサトウキビの搾りカスなどを再利用し、 少ない資源を大切に、 有効に使っていることに感心した。 島のために少しでも役立ちたいと思う」 と話し、 他のメンバーと一緒に、 てきぱきとした動きで清掃活動に汗を流していた。


   宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time13:42

アイルオブMTV、10組熱演ファン熱狂 (宮古島・OKINAWA)

アイルオブMTV、10組熱演ファン熱狂
null
 野外音楽イベント 「Isle of MTV Miyakojima (アイル・オブ・エムティーヴィー・ミヤコジマ)」 (主催・MTV Networks Japanほか) が23日、 上野の南西楽園宮古島リゾート敷地内特設会場で開催された。 会場には島内外から約4500人 (主催者発表) の観客が詰めかけ、 10組のアーティストたちが繰り広げるライブパフォーマンスに熱狂した。

 ステージは正午ごろに開演。 宮古島を拠点に活動するハーベスタがオープニングアクトを務め、 ハイテンションな楽曲で会場のボルテージを一気に高めた。
 前半はミクスチャー・ロックバンドBACK―ONやヒップホップミュージシャンAK―69などが熱気あふれるステージングで会場を沸かせた。 ブレイクタイムのあとは加藤ミリヤ、 倖田來未、 FAR EAST MOVEMENTといったビッグアーティストが続々と登場し、 観客と一体となったパフォーマンスを披露。 後半になるにつれて観客の興奮度もレッドゾーンに達した。

 会場にはテレビカメラをはじめとした大掛かりな収録機材もセッティングされ、 イベントの模様を収録していた。

 「Isle of MTV」 は2002年からヨーロッパ各地で開催されてきた世界的な野音フェスで、 ヨーロッパ地域以外での開催は宮古島が初めて。

 今回、 宮古島市での実行委員長を務めた砂川靖夫さんは 「これまでにもアイランドロックフェスティバルや美ぎ島ミュージックコンベンションをはじめ、 野外音楽イベントが年間を通して行われてきている。 環境やボランティア、 設備にいたるまで音楽イベントを受け入れる態勢が確立されていうのは宮古島市の強み。 『ミュージックアイランド宮古島』 発信に向けてこれからもさまざまな音楽イベントの誘致に力を入れていきたい」 と話した。


  宮古新報

authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time13:38