2013-03-02



3年間の思い出胸に、(宮古4校 ・沖縄)

3年間の思い出胸に、宮古4校576人巣立つ
null
卒業証書を受け取る生徒=宮古高校

null
3年間ともに学んだ仲間や後輩たちと記念撮影する
卒業生ら=宮古高校

 県立高校の2012年度卒業式が1日、 一斉に挙行された。
宮古地区は宮古、 宮古工業、 宮古総合実業、 伊良部の4校576人が3年間学んだ校舎に別れを告げ、 多くの思い出と希望を胸に新しい一歩を踏み出した。
それぞれの会場では保護者や在校生、 教職員らが生徒たちの旅立ちの舞台を温かく見守った。 各校の校長は卒業生一人一人に証書を手渡し、 夢に向かってはばたく生徒たちにはなむけの言葉を贈った。

 宮古高校 (川満健校長) の第65回卒業式は午前9時半から、 同校体育館で挙行された。 普通科197人、 理数科76人の計273人が在校生や教職員、 保護者に見守られながら、 3年間通った学びやを巣立った。

 学事報告のあと、 川満校長が 「卒業おめでとう。 皆さんは本日、 3年間過ごした学舎からそれぞれの人生に向かって巣立っていく。 これまで支援をいただいた多くの方々に感謝し、 さらに高みを目指して力強く、 たくましく、 着実に歩んでもらいたい」 と生徒たちの門出を祝福した。

 奈良俊一郎PTA会長は 「皆さんはそれぞれ、 自身で選んだ道に向かって歩み出すことになる。 自らの描く大きな夢の実現に向けてひたむきに打ち込んでほしい。 ときには困難もあるだろうが、 自分を信じ、 本校で学んだ3年間を糧に何事にもチャレンジしてほしい」 と祝辞を述べた。

 在校生を代表して下地大春くんが 「晴れ晴れしい期待とともに
不安もあるかもしれないが、 これからもしっかり前を向いて頑張ってほしい」 と送辞を述べた。

 答辞で卒業生代表の新城大作くん、 砂川彩希さんが 「この3年間は一生忘れることのできない宝物。 進む道は違っても私たちの絆は永遠。 これから先どんな困難にぶつかっても力強く歩んでいく」 と決意を述べた。

 式典ではこのほか、 3カ年、 6カ年、 12カ年皆勤者、 3カ年連続成績優秀者も表彰され、 会場からは地道に努力を積み重ねた生徒たちに大きな拍手が送られた。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time17:10

 病と闘い作詞作曲 (OKINAWA)

巣立ちの日に響く賛歌 病と闘い作詞作曲
null
 在学中にがんと診断され、再発、復学を繰り返した中部商業高3年の儀間夏海さん(18)=写真中央=が1日、卒業した。
「学校も友達も宝物」と語る夏海さんが作詞作曲した「卒業」を卒業生全員で歌い、学舎を巣立った。

 夏海さんは2011年5月、がんの一種で悪性リンパ芽球と診断され入院、同12月に復学したが、12年10月下旬に再入院。「その時ばかりはたくさん泣いた」と振り返る。弟の末梢(まっしょう)幹細胞を受けて、現在も闘病生活を続けている。

 野球部のマネジャー、学級のリーダーとして人気者の夏海さんを支えてきたのは仲間からのメールや寄せ書きだ。「病気は絶対治る」「自分が負けたらだめ」。何度も何度も読み返し、きつい治療に耐えた。「みんなに支えられて幸せ。だから友達が大好き」

 夢は歌手。手掛けた「卒業」には、友と過ごした日々を3カ月かけて歌詞にしたためた。「僕らが過ごした日々は 明日を生きる大きな糧になる」。体育館に響いた歌声に「感動した。私の誇り」と目を細めた。

 夏海さんが卒業証書を受けると、この日一番の拍手。母ひとみさん(43)は「涙が止まらなかった」。

  沖縄タイムス

獅子舞で厄払い、二十日正月(宮古島・沖縄)

勇壮獅子舞で厄払い、比嘉で旧二十日正月祭
null
 比嘉自治会 (平良健会長) 主催の2012年度 「旧二十日正月祭」 が1日午後2時から集落内で行われ、 獅子舞が公民館やリフォームの家などの厄払いを行うとともに豊年と無病息災を祈願した。

 公民館の比嘉地域総合施設で始まった祭では、 平良会長が 「多くの皆さんが参加し、 盛大に旧二十日正月祭ができることは大変な喜びである。 これからの豊年や無病息災、 集落の活力、 豊かで安全安心を祈願していきたい」 などとあいさつした。 また在沖縄郷友会代表の砂川榮吉さんも来賓あいさつし、 伝統行事の重要性を強調した。

 このあと2頭の獅子と自治会役員らを先頭に、 マーニ (クロツグ) の葉を頭に巻いた住民らが同施設を3回練り歩き厄払いを行った。
公民館前の広場では三線の演奏とともにホラガイ、 太鼓、 鉦 (かね) の音が鳴り響くなか獅子舞が勇壮に繰り広げられ、 その周囲を住民らが円陣を描いて手拍子を取りながら踊った。
また西城小学校3年の児童たちも祭の様子を見学し、 踊りに加わり盛り上げていた。

 公民館での踊りを終えると、 リフォームした家や農機具 (ハーベスター、 ブルトラなど) を新しく購入した6軒の家の厄払いも行われた。

 旧二十日正月祭は、 100年にわたって継承されている歴史的な伝統行事で、 旧暦の1月20日に行われることから 「ハツカショウガツ」 と呼ばれている。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time16:59

泥んこで駆ける!、(宮島小 ・沖縄)

泥んこで駆ける!、宮島小稲作授業で田踏み
null
 島内で唯一、 「稲作授業」 に取り組んでいる市立宮島小学校 (上里雅章校長) で1日、 恒例の 「どろんこ運動会」 が行われた。 同校に隣接する田んぼで児童たちが泥だらけになって駆けまわりながら、 稲作の最初の作業となる田踏みの作業を行った。

 開始前に上里校長は 「稲作体験では、 稲が成長する喜びや収穫の楽しさ、 作物を世話する大変さを知ることができ、 宮古では宮島小でしか体験できないもの。
今年のお米が去年よりもたくさん実るように願って楽しもう」 と児童たちに呼びかけた。

 児童たちはゆっくりと田んぼの中を歩きながら泥を踏みしめていった。 田踏みの後、 児童たちはリレーで水しぶきを上げて田んぼを走りまわったり、 ドッジボールを楽しんだ。 泥に足を取られて転倒し、 頭から泥だらけになる子どももいた。
また、 児童だけでなく教員らも加わって泥遊びに夢中になっていた。

 山内海輝くん (6年) は 「今回で最後なので、 はりきっている。 みんなで泥だらけになって遊んで楽しい。 去年よりおいしい米ができるようにと願っている」 と感想を語った。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time16:54

「南の国際交流拠点として期待」 新石垣開港・OKINAWA

「南の国際交流拠点として期待」 新石垣開港式典開催 null
約千人が出席して開かれた新石垣空港の開港式典
=2日、石垣市白保の同空港国内線ターミナルビル

  【石垣】新石垣空港開港式典が2日、石垣市白保の同空港国内線ターミナルビルで開かれた。事業に携わった政府、地元行政関係者ら、約千人が出席し開港を祝った。

 仲井真弘多知事はあいさつで、これまでの経緯を振り返り「誠に慶賀に堪えない」と開港を祝った上で「新空港が『南の国際交流拠点』として県の振興発展に貢献するものと確信する」と期待を込めた。

 山本一太沖縄担当相は「八重山地域の皆さんの悲願だった新空港開港は大変喜ばしい」と開港を祝い「八重山は大変可能性がある土地。新空港開港で沖縄、日本のフロントランナーとして産業振興に寄与することを期待する」と述べた。



  【琉球新報電子版】


authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time16:47