2013-03-14



豊見城に空手道会館 (OKINAWA)

豊見城に空手道会館 知事、近く決定
 null
 空手道発祥の地・沖縄の発信拠点となる「空手道会館(仮称)」の建設地などを検討する空手道会館基本計画策定委員会は13日までに、建設地を豊見城市の豊見城城址公園跡地とする案をまとめた。
近く仲井真弘多知事が決定する。
空手道会館の候補地には豊見城市のほか那覇市、浦添市、沖縄市、糸満市が挙がっていた。
委員会は那覇空港からのアクセス、伝統文化の地としての歴史性、宿泊施設などの受け入れ体制、同会館と連携する県立武道館(那覇市)との距離などを検討した。
その結果、交通の便が良く、伝統文化の地にふさわしいなどの理由で豊見城市を選んだ。

 豊見城城址公園は03年に閉園した。跡地は、同公園を運営していた岩崎産業(本社・鹿児島県)が所有しており、土地の譲渡に基本的に同意しているという。
豊見城市は知事の決定後、土地所有者と売買交渉を進める。
県は土地購入に一括交付金を活用する。

 空手道会館建設は、知事が2010年の知事選で公約に掲げており、県は復帰40周年事業として進めている。
知事は7日の県議会2月定例会一般質問で「本年度中には建設場所を決定した上で、施設の規模や内容、管理運営計画等を盛り込んだ空手道会館基本計画を策定する」と答弁した。13年度に同会館の設計に取り掛かる。

 県は当初、昨年9月に建設地を決定する予定だったが、検討に時間がかかり、決定が大幅にずれ込んだ。
県は12年度当初予算で基本計画等策定事業費として4835万円を計上。13年度当初予算では管理、運営、展示計画の調査検討に2千万円を一括交付金で盛り込んだ。設計費は補正予算で組む。


 (与那嶺路代)


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time17:29

世界連盟 空手指定形、廃止へ(OKINAWA)

世界連盟 空手指定形、廃止へ

 2020年夏季五輪での実施競技入りを目指す世界空手連盟(WKF)が今年1月、形競技のルールを変更した。 
指定形をなくすことなどが改正点で、全日本空手道連盟(全空連)では、新ルールを適用するかどうかについて、今後議論を深めていく予定。
関係者からは「伝統空手の本質を失うのではないか」と懸念する声も上がっていることから、全空連中央技術委員長の佐久本嗣男氏が中心となって、基本的な空手道形のマニュアル作りを進めている。
佐久本氏は「伝統空手の理念を継承し、選手、指導者、審判の資質向上に役立てたい」と話している。

 形競技の新たな改正点は、得意形の中にその他の流派の形も含め競技を行い、形リストは規定の中から省く―などというもの。
佐久本氏はWKFの技術委員会委員長も務めるが「形リストがなくなることで、伝統形という定義自体が揺らぐ可能性もある」と懸念する。

 マニュアルでは、形リストを残した上で、誇張動作をせず、必要最小限の動作で攻防を行う―など武道の本質を説き、突きや受け、蹴りの正しい動きや呼吸法を示す動画も製作している。
来月の全空連中央技術委員会に評価基準書として提示し、全空連が監修した上で、今後WKFへも提案する予定だ。
佐久本氏は「沖縄は空手の発祥地であり、WKFの形リストは日本のものを使ってきた経緯もある。日本が世界をリードしなければならない」と話す。

 WKFは昨年1月、観客に分かりやすくするため組手競技のルールを変更。日本国内では、今年4月から組手競技の新ルールが適用される。


   琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time17:24

「やったー」「よかったー」 (沖縄)

「やったー」「よかったー」県立高校合格発表null
高校合格に涙ぐむ受験生
=14日午前9時すぎ、首里高校

 県立高校入試の合格発表が14日午前、全60校で一斉にあった。
全日、定時合わせて計1万3682人が合格した。
首里高校(前新健校長)では、推薦を含む合格者440人の受験番号が掲示されると、「やったー」「よかったー」と歓声が上がり、涙を流し保護者や友人と抱き合う受験生もいた。

 中村光太君=浦添中3年=(15)は「不安だったけど、良かった。文武両道を目指して、勉強にも野球にも打ち込みたい」と笑顔。「今日は家族で外食して、お祝いする。早く大好物の肉を食べたい」とはにかんだ。

 2次募集があるのは、定員割れした50校94学科37コース。希望者は、出身中学を通し、志願先の高校に申し込む。
出願期間は15日午前9時から午後5時、18日は午前9時から午後4時。

  沖縄タイムス

喜びの春 県立高校で合格発表 (沖縄)

1万3千人、喜びの春 県立高校で合格発表  

null

2013年度県立高校一般入試の合格発表が14日午前9時、各校であった。
全日制1万3394人、定時制288人の計1万3682人が合格し、4月から始まる高校生活に胸を膨らませていた。


 琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time16:46

子宮頸がん検査薬製造へ (うるま市・沖縄)

子宮頸がん検査薬製造へ 県内に工場 

感染症治療薬の研究開発を手掛けるAVSS(エーヴィス、長崎市、小林信之社長)は、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の抗体検査試薬(キット)の生産拠点工場を2015年度をめどに県内に計画している。
県内で同キットの研究開発を進めていた同社は13日までに、試作品の製造に成功。
当面は試験研究用の試薬として販売し、14年度後半から本格的な販売に取り組む。16年度売上高で3億5千万円を目指す。

 AVSS社は11年11月、うるま市の沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センターに沖縄研究室を開設した。
血液中のHPV抗体の有無によりHPV感染の検出を図るキットの開発を進め、HPV抗原の発現や大量培養に成功するなど事業化できる段階に達した。

 同社によると、国内の子宮頸がん検査は婦人科での細胞採取による遺伝子検査が一般的。
気軽に検診を受けにくいため検診率の向上を妨げていると分析し、数滴の血液から最短20分でHPV抗体を検査できるキットの開発に力を入れてきた。キットの単価が約千円という低価格化を実現できるめども付いた。

 5月からは県が科学技術や知的産業の振興を目指し整備している「沖縄ライフサイエンス研究センター」(うるま市)への入居が決まり、ウイルス感染に関する、より質の高い実験が可能になるとして事業の進展を見込んでいる。
小林社長は「国内は検診が進んでいないのが実情。
安価で手軽なキットで、健康診断時の血液を利用した検査が可能。早期発見が期待できる」と強調。
豊見城中央病院などと連携してきた小林社長は今後も「沖縄で事業を積極的に進めたい」と意気込んでいる。

 (謝花史哲)


  琉球新報

1フィートの会、集大成の記念誌(okinawa)

1フィートの会、集大成の記念誌
null
 「沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会」は15日の解散総会を前に、30年間の活動をまとめた記念誌「未来への道標(みちしるべ)」を発刊した。
13日、那覇市の事務所で石川元平副代表=写真中央=らは「捨て石にされた沖縄戦の記憶を忘れてはならない。過去を知ることで現在を直視し、正しい選択ができる」とタイトルに込めた思いを語った。

 記念誌はB5判300ページ。記念誌は400部印刷し、県や市町村の図書館、会員などに贈呈する。一般販売はしない。福地曠昭代表は「発刊のことば」で、沖縄戦の教訓として「基地や軍隊があるところが標的になる」とし、「武器なき沖縄を築く覚悟を持とう」と訴えた。

  沖縄タイムス

すくすく育て琉球ブナ (神森小・沖縄)

すくすく育て琉球ブナ 神森小で放流
null
ターイユを校内の池に放す子どもたち
=浦添市の神森小学校

 【浦添】沖縄在来種のターイユ(琉球ブナ)の放流会が12日、市立神森小学校(長尾栄正校長)であり、全校児童約730人が見守る中、約100匹を校内の池に放した。「1、2、3、元気でねー」の掛け声で放流した4年1組の麓理沙子さんと照屋美昴(みつあき)君は「池がにぎやかになる」と喜んだ。

 ターイユを贈呈したのは、仲西中の卒業生でつくる「沖縄ぬちぐすい研究会」。知念勝会長が約4年前に山原の奥地でターイユを見つけ、飼育、繁殖に成功した。知念会長は約35年ぶりに沖縄へ帰った際「田んぼもなくコンクリートジャングルばかりの風景に変わっていた」ことにショックを受け、子どもたちが少しでも生き物に触れる機会をつくりたいと考えたという。

 ターイユは全長約20センチで県外のフナに比べ小ぶり。大潮の満月の夜に産卵し、高さ50センチまでジャンプすることもあるという。同小は今後、那覇市立銘苅小から水草をもらい受けて池の環境を整備し、繁殖にも取り組みたい考えだ。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:28

知念さん大臣賞 日本料理コンテスト(okinawa)

知念さん大臣賞 日本料理コン
null
 全国から集まった料理人が腕をふるう第26回全国日本料理コンクール(社団法人日本料理研究会主催)の審査が東京都内で13日にあり、郷土料理部門に出品した居酒屋「ゆうづき」(浦添市)の知念司さん(36)が、3大会連続で最高位の大臣賞を受賞した。

 生まれ育った「伊江島の食卓」をテーマに、島から取り寄せた野菜や県産魚をふんだんに使用。「アーサ・モズク豆腐の黄身酢がけ」「テビチと島野菜の煮物」「アカマチとゴーヤーのちらしずし」など郷土色豊かな料理を、現代風の正月用オードブルに仕立てた=写真。

 過去2回の厚生労働大臣賞に続き、今回は文部科学大臣賞。審査委員会では「審査員は毎回代わるのに、誰が評価しても選ばれるのは素晴らしい」と評価された。知念さんは「伊江島の食材を全国の人に知ってもらえる。自分の自信にもなる。若い人もどんどん全国の大会にチャレンジしてほしい」と喜んでいる。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time10:23

農産物直売所 最多売り上げ(沖縄)

農産物直売所 最多売り上げ

 県農林水産部がまとめた県内農産物直売所の実態調査によると、2011年の客単価は1454円、1直売所当たりの年間平均売上高は2億3160万円で、過去5年間でいずれも最高だった。
消費者が農産物を選ぶ際、価格より「安心・安全」を重視しており、食材の調理法などの情報提供を求めている。一方で、各直売所とも学校給食などの業務用食材で販路拡大を目指しているが、実際に対応できる直売所は約3割にとどまっており、供給体制の整備が課題となっていることが浮き彫りになった。

 直売所の実態や課題を把握し、その活性化や県産食材の消費拡大につなげるため、県農林水産部流通政策課が初めて調査した。

 昨年9~11月にかけ、県が把握した88カ所(回答率64・7%)の直売所、5市町村の消費者1023人からの聞き取りやアンケートを行った。

 直売所の11年の年間利用者数は15万9242人で07年比7・6%増、客単価は38%増の1454円。1直売所当たりの年間平均売上高も49%増の2億3160万円となった。

 課題として多く挙げられたのは「販売先の開拓」(37・5%)。学校給食など業務用の出荷を拡大させたいとの考えが表れる一方、業務用に対応している直売所は少なく供給量不足を背景に伸び悩んでいる。

 消費者が食材購入の際、最も重視するのは、「安全・安心」が58・4%が最も高く、「価格の安さ」(10・8%)を大きく上回った。直売所に対しては「旬の時期、保存方法等を教えてほしい」(26・7%)、「おいしい食べ方やレシピを教えてほしい」(22・7%)などの要望が多かった。

 同部流通政策課は「直売所の経営状況や課題、消費者ニーズが把握できたことで、今後の取り組みに生かせると思う。行政としても、具体的な支援策について検討していきたい」としている。

   沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time10:08

キジムナーフェスの下山さんに大臣賞(OKINAWA)

キジムナーフェスの下山さんに大臣賞

 文化庁は12日、芸術の各分野で優れた実績を挙げた個人に贈る2012年度芸術選奨の文部科学大臣賞に、05年から沖縄市で毎年開催されている国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ(キジムナーフェスタ)総合プロデューサーの下山久さん(65)やシンガー・ソングライターの谷村新司さん(64)ら19人を選んだと発表した。

 下山さんは芸術振興部門での受賞で「フェスタを支えてくれた沖縄市や観客の皆さんのおかげ。みんなの力でフェスを世界最大規模に育てたい」と喜びを語った。18日に東京都内で贈呈式がある。

 毎年夏休みに開かれているキジムナーフェスタは沖縄市主催で、沖縄タイムス社などが共催する国内唯一の国際児童・青少年演劇祭。12年は42の国と地域から参加した70団体が230のプログラムを上演し、延べ約4万人を動員した。

 下山さんは、同フェスタ期間中に国際児童青少年演劇協会の「第1回アシテジ世界ミーティング」を開くなどフェスタを成功させ、日本の児童・青少年演劇の発展に尽力したことが評価された。

 ほかの大臣賞は原発事故を題材にした映画「希望の国」に出演した俳優の夏八木勲さん(73)ら。新人賞には映画「愛と誠」に出演した俳優の安藤サクラさん(27)ら11人が選ばれた。

沖縄タイムス

ゴーヤーの新品種開発/(宮古島・沖縄)

ゴーヤーの新品種開発/県農研センター
14年度から普及目指す

null
生育状況を勝連さん(左)から聞き取る谷合さん
=13日、上野新里

 県農業研究センター(糸満市)の谷合直樹研究員らが13日、ゴーヤーの新品種「研交6号」(仮称)の生育調査を宮古で実施した。同品種は11年度までに開発し、今年度から現場での試験栽培を始めた。試験を行うハウスは、県内の約15カ所(宮古5カ所)。試験結果が良ければ、2014年度から普及に取り組む。

 現在、冬場の品種は「汐風」が普及している。しかし、同品種は、いぼがとがり過ぎて輸送時に折れて、品質低下を招く欠点があるという。新品種「研交6号」は、同欠点を解決し「汐風」の後継にする狙いで開発した。

 上野地区では勝連哲広さんが試験栽培を行い、谷合さんや県宮古農業改良普及課の島袋朝子主任らが聞き取り調査を行った。

 栽培面積は2・5㌃。勝連さんによると、研交6号は汐風と比べて、とがったいぼが少なく、表皮の緑が濃い。葉の除去作業もしやすい。収量は、汐風とほぼ変わらないという。

 調査は、6月まで行う。勝連さんは「研交6号が汐風より優れているかどうかの判断は、現時点ではできない。調査を終えて、明確になる」と話した。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time09:30