2013-11-18



観光と農業融合…まいぱり果樹園 (宮古島・沖縄)

観光と農業融合目指す…まいぱり果樹園がオープン
null
トロピカルガイドツアーのカートに試乗する下地市長ら
=下地与那覇、 まいぱり宮古島熱帯果樹園

 宮古島東急リゾートなどを経営する東急電鉄が下地与那覇に建設した 「まいぱり宮古島熱帯果樹園」 がきょうオープンする。 16日には開園式が行われ、 出席した関係者が施設の完成を祝うとともに、 農業を融合させた魅力ある観光拠点となることに期待を寄せた。 東急ではリゾートホテルとゴルフ場、 グリーンツーリズムが一体となったエリアによる付加価値形成を目指していく。

 同果樹園は前浜港の東側に位置し、 約6㌶の敷地には60種類の熱帯果樹や約250本のバナナ、 パイナップル畑があり、 ガイド付きカートで周遊するコースを整備。 ビジターセンターでは熱帯果樹を使ったアイスクリームやジュース、 また地元物産などを販売。 宮古馬の体験乗馬も行う。 隣接する生産農場では野菜や果樹を栽培し、 全国展開する東急グループの販売網へ出荷していく。

 開園式ではオープンを祝って同リゾートの太鼓隊が獅子舞やエイサーを披露。 下地敏彦宮古島市長や座喜味一幸県議、 豊見山健児宮古島観光協会長らによるテープカットが行われた。 カートツアーの試乗会では来賓を乗せて園内を紹介していた。

 同果樹園を運営する宮古観光開発の鈴木雄二社長は 「台風被害もあったが、 この日を迎えられて嬉しい。 宮古島観光の魅力の一つとなり、 また宮古に来たくなるような施設にしたい。 ただ見るだけでなくガイドが客と接しながら解説する。 地元農家の農産物も東急グループの流通で出荷できれば」 と話した。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:33

大浜中男子が逆転優勝 (沖縄)

大浜中男子が逆転優勝 県中学駅伝
null
県中学駅伝八重山勢初優勝のゴールテープを切る
大浜中アンカーの島袋太佑(2年)
=今帰仁村陸上競技場(琉球新報提供)

八重山勢初の快挙 全国大会出場へ
 第37回男子・第26回女子沖縄県中学校駅伝競走大会(県中学校体育連盟主催)が16日、今帰仁村陸上競技場を発着点とする国頭地区中体連駅伝コースで開催され、八重山勢は男子の大浜が、最終6区で豊見城を逆転し、1時間5分23秒で初優勝。八重山勢初の全国大会出場を決めた。女子は石垣の7位が最高だった。全国大会は12月15日に山口県、九州大会は今月30日に鹿児島県で開かれる。

 大会は男子が6区間20㌔、女子は5区間12㌔で行われ、男女とも25校が出場した。

 男子の大浜は、スタートで10位と出遅れたものの、2区以降着実に順位を上げ、2位でタスキを受けた最終区のアンカー島袋太佑(2年)が同競技場直前でトップの豊見城を抜き、逆転優勝に輝いた。

 女子は、石垣が1区の落合瑞歩(3年)、2区の新城志保(2年)の2人が区間賞と区間新の走りでスタートダッシュをみせたが3区以降、順位を下げ、7位に終わった。

 八重山から男子は大浜、石垣、石垣第二、船浦。
女子は石垣中、船浦、石垣第二、白保が出場した。

 八重山勢の結果は次の通り。

【男子】

 ①大浜(1時間5分23秒)⑲石垣第二(1時間9分18秒23石垣)(1時間13分12秒24)船浦(1時間13分29秒)

【女子】

 ⑦石垣(44分09秒)21船浦(47分28秒)23石垣第二(47分49秒)25白保(50分20秒)

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time09:25

 第6回西表島人文化祭 (八重山・沖縄)

継承しよう!島の伝統文化 第6回西表島人文化祭
null
島内手工芸作家の作品が並んだ第6回西表島人文化祭
=16日午前、中野わいわいホール 大勢の住民が文化祭満喫 手工芸品の展示即売 アダン葉玩具づくり体験も

 【西表】
「伝統・継承・創造~島に生きる 島を生かす~」をテーマに「第6回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(主催・西表文化祭実行委員会、西表島エコツーリズム協会)が16日、中野わいわいホールで開かれた。会場では展示・即売コーナーや体験コーナー、飲食ブースなどが設置され、大勢の地域住民や観光客が詰めかけて文化祭を楽しんだ。同日夜は舞台の部もあり、地元の子どもたちや婦人の踊り、ライブなどで盛り上がりをみせた。

 文化祭は文化庁の2013年度文化遺産を生かした地域活性化事業の一環として2年に1度開かれており、展示・舞台の部などプログラムも盛りだくさん。

 展示・販売コーナーでは島内の工芸作家による手工芸作品が展示・即売され、焼き物や木細工、手作りせっけんなどが並び、大勢の観光客や子ども連れがお目当ての地場産品を買い求めていた。

 体験コーナーでは、アダンを使った玩具作りや伝統たこあげ、リラックスヨガなどが行われ、大勢の家族連れが参加、島内で作られた飲食物のバザーは昼食時には列ができるほど大盛況となった。

 実行委員長の石垣昭子西表島エコツーリズム協会長は「地域文化の定着を一つの目標に掲げて2年に1度開いており、だんだんと地域に根付いてきた。民具や玩具など昔ながらの物作りも少しずつ広まっており、文化祭を通して子どもたちに西表島の文化を継承していけたらと思う」と抱負を話した。

 また、「世界自然遺産を考える~屋久島の事例から」をテーマに環境省エコツーリズム推進アドバイザーの松本毅氏が講演したほか、「私の好きな西表島絵画コンクール」授賞式では、鈴木虹さん(西表小3年)に最優秀賞、永井一ノ輔君(上原小1年)、河島飛鳥さん(白浜小3年)に優秀賞が贈られた。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:16