2013-11-11



秋の全島闘牛:古堅モータース初防衛(沖縄)

秋の全島闘牛:古堅モータース初防衛

 第100回秋の全島闘牛大会(主催・県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)が10日、うるま市石川多目的ドームで行われた。
null
全島一王座を防衛した古堅モータース☆若力と牛主の
佐久川政秀さん(左から4人目)
=うるま市石川多目的ドーム

詰め掛けた5千人の観客が見詰める中、次々に13組の対戦が繰り広げられた。勝負が付く場面では、敗走する牛が勢い余って観客席に飛び込まんばかりの大迫力。そのたびに大歓声が起き、観客は延々3時間半にわたって闘牛の醍(だい)醐味(ごみ)を堪能した。注目を集めた三つのタイトルマッチ(全島一、中量級、軽量級)は全階級ともチャンピオンが防衛した。

null
中量級全島一優勝旗争奪戦で、土煙を上げ、大激戦を
繰り広げる闘将ハヤテ(右)と蜂男トガイー来夢

 最強牛を決める全島一優勝旗争奪戦(王座古堅モータース☆若力と大屋若大将)は、対戦開始と同時に力のこもった激しい押し合い。攻勢を取ったのは若力。左、右と相手の首をねじりながらじりじりと押して出た。

 闘牛界随一を誇る巨漢(1150キロ)の圧力はすさまじく、2分すぎから若大将が体をくの字に曲げる場面が再三。必死の防戦で若大将のスタミナはみるみる消失し、対戦開始3分40秒でたまらず敗走した。若力は初防衛。

 中量級タイトルマッチは観客の肩が右、左と揺れる大激戦に。一進一退の攻防で勝敗の行方が混沌(こんとん)としたが、最後に力を振り絞ったのはチャンピオンのハヤテだった。

 トガイーが舌を出すなど完全に疲れ、一瞬ひるんだ隙にハヤテが飛び込むような腹取りを決めて勝利をもぎとった。ハヤテは9戦全勝で4回目の防衛。

null
軽量級全島一優勝旗争奪戦で、龍天龍鬼丸(右)に
猛攻を浴びせる謝名親方

null

 軽量級も手に汗握る激戦で会場を沸かせた。チャンピオン琉仁謝名親方が水平に湾曲した角で龍天龍鬼丸を攻めまくった。時折、鬼丸も反撃のカケ押しで対抗したが、親方の攻勢はやまず、対戦開始5分57秒で鬼丸を敗走させた。親方は初防衛。次回は24日午後1時からうるま市石川多目的ドームで伊波闘牛大会。

(又吉利一通信員)

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time17:08

ツール・ド・おきなわ:OKINAWA

ツール・ド・おきなわ:初山初V 普久原6位
null
やんばるの山並みを背にアップダウンが続く山道を駆け上がる選手たち=10日、国頭村・普久川ダム
(勝浦大輔撮影)

 【ツール・ド・おきなわ取材班】
自転車競技の祭典「ツール・ド・おきなわ2013」最終日は10日、名護市21世紀の森体育館周辺を発着点に各種ロードレースを行った。
国際自転車競技連盟(UCI)公認・男子チャンピオンレース210キロは、初山翔(ブリヂストンアンカー)がゴール前の激しい接戦を制し、5時間22分46秒で初の頂点。
日本人として2年ぶりに王座を奪還した。また唯一の県勢、普久原奨(宇都宮ブリッツェン)が6位に食い込む健闘を見せた。女子国際レース100キロは、招待選手のファン・ドン・ヤン(中国)が優勝した。

 ジュニア国際レース140キロは劉廣(ラオ・ワン=香港)に栄冠。市民レース210キロは清宮洋幸(千葉県)が初優勝を飾った。

 県内各地からボランティアが駆け付け、大会を支えた。今回は第25回の節目の大会となった。

 主催はNPO法人ツール・ド・おきなわ協会、北部広域市町村圏事務組合、日本自転車競技連盟、共催は県、特別協力は沖縄タイムス社、琉球放送、NHK沖縄放送局。

協力お礼
 「ツール・ド・おきなわ2013」は10日、沿道の皆さまのご協力で、無事終了いたしました。各警察署、救護関係者、ドライバーの方々、ボランティアの皆さま、ご協力をいただいた企業各社にお礼を申し上げます。

 NPO法人ツール・ド・おきなわ協会

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time16:52

集落挙げイベント 北中城村できょうから(沖縄)

集落挙げイベント 北中城村できょうから
null
「スージグヮー美術館」に向け、空き家を花で彩る準備を
進める関西大学の学生ら=北中城村大城


 【北中城】
集落全体を美術館に見立てた北中城村大城の恒例イベント「スージグヮー美術館」が9、10日の両日、同区で開催される。隣接する荻道区でも「荻道ひまわりの郷まつり」が開かれる。

null
「荻道ひまわりの郷まつり」で飾り付けするヒマワリや配布する苗を手入れする区民=北中城村荻道

 「スージグヮー美術館」では路地にずらりと並ぶ陶芸家によるやちむん市や区民の作品展、自慢の庭を開放したオープンガーデンなどがある。
関西大学都市設計研究室の学生がことしも参加。
集落内に設置されたQRコードを携帯電話で読み込むと大城区のかつての風景などが表示される「まちかどギャラリー」などを計画している。

 ヒマワリに囲まれた地域づくりに取り組む荻道区では、作品の総合展示や黒糖体験などを開く。ヒマワリの苗も無料で配布する(1日200本)。

  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:05

中国初の豪華クルーズ船 那覇、石垣に来年初寄港(沖縄)

中国初の豪華クルーズ船 那覇、石垣に来年初寄港

 クルーズ運営などを手掛ける中国の海航グループ傘下の海航旅業郵輪游艇管理(北京、張浩社長)は、2014年4~10月にかけて上海発着で那覇港と石垣港に寄港するクルーズを検討している。回数はそれぞれ15回。張社長らは5日、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)に上原良幸会長を訪ね、計画を明らかにした。

 クルーズ船「海娜号」は約5万トンで、定員1965人。中国初の豪華クルーズという。これまでベトナムや韓国などに寄港し、14年に初めて長崎や沖縄への寄港を計画している。

 上原会長は「より多くのクルーズ誘致に向け、インフラ整備や受け入れ体制強化を図っていきたい。世界有数の沖縄の海を中国人観光客の皆さんにも楽しんでほしい」と話した。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:58

奄美復帰60年 発展誓う 大島で式典(沖縄)

奄美復帰60年 発展誓う 大島で式典
null
自分の住む島の良さを語り、将来の発展を誓った子どもたち
=9日、奄美市の奄美振興会館

 【奄美市で城間有】
戦後、沖縄とともに米施政権下に置かれた奄美群島の日本復帰60周年記念式典(主催・奄美群島日本復帰60周年記念事業実行委員会)が9日、奄美大島の奄美市で開かれた。全国から約1300人が出席し、復帰運動を闘った先人に感謝し、今後の発展を誓った。

 奄美群島(喜界島から与論島まで12市町村)では1951年に奄美大島日本復帰協議会が結成され、53年12月25日に鹿児島県に“復帰”するまで、出身者も含め群島全体で大規模な復帰運動が展開された。

 奄美振興会館で開かれた式典で実行委員長の朝山毅奄美市長は「荒廃と窮乏の時代と今の反映を比較すると、復帰(したこと)に感謝の念を抱く」とした。

 その上で「経済格差や人口流出など解決するべき課題が多く残されている。住民の主体的、自発的な取り組みが必要」とし、来年3月に期限を迎える奄美群島振興開発特別措置法の期限延長を求めた。太田昭宏国土交通相は「県や地元市町村と連携し、法を確実に延長させたい」と答えた。

 高校生が復帰当時の映像を紹介。各島代表の子どもたちが復帰を実現した先人に感謝し、それぞれの島のよさを守っていく決意を述べた。沖縄からも関係市町村の代表や沖縄奄美会の関係者が出席した。

 復帰から丸60年となる12月25日には、奄美市による式典も開かれる。

沖縄と絆 若い世代も 関係者ら式典出席

 【奄美市で城間有】奄美群島日本復帰60周年記念式典には、沖縄奄美連合会や、奄美と交流事業を行っている北部市町村の関係者も出席した。沖縄奄美連合会の森重成会長は「私たち1世は沖縄の方が長いが、奄美に来るとやはり故郷だと感じる」と喜んだ。「若い世代の交流がないのが残念。1世の力で絆を強めていきたい」と話した。

 同会の奥田末吉幹事長は「交流することで、互いに良いところを吸収できる。奄美は行政や交通の便の関係で北を向いているが、沖縄にも目を向けてほしい」と話した。

 記念行事を通して、鹿児島県や国とのつながりの強さが前面に出る中、沖縄との関係が垣間見られる場面もあった。

 奄美の復帰運動で活躍した楠田豊春さん(90)は、沖縄タイムスの取材に「奄美は年々本土との距離が短くなっているが、沖縄は同じ琉球だった仲間。子どもたちに復帰運動のことを話す時には、奄美よりも長く沖縄が異民族支配に置かれたことを知ってほしいと言っている」と思いを寄せた。

 アトラクションでは合唱団ラ・メールが、海勢頭豊さん作曲の合唱曲を披露。祝賀会では奄美特産の黒糖焼酎とともにオリオンビールが振る舞われた。

  沖縄タイムス

特別賞受賞者たたえる (宮古島;沖縄)

特別賞受賞者たたえる県畜産共進会褒章授与式
null
県畜産共進会の褒賞授与式に出席した優秀賞の砂川さん(左)と内間さん=9日、糸満市の南部家畜市場

 【那覇支社】
2013年度県畜産共進会(主催・同協議会)の褒賞授与式が9日、糸満市の南部家畜市場特設ステージで行われ、家畜・枝肉部門に18の特別賞が贈られた。農林水産大臣賞に肉用牛の安慶名米昭さん(うるま市)ら3人、肉用牛の団体賞は糸満市が受賞した。宮古地区代表で出品した肉用牛8頭のうち、優秀賞の砂川健治さん(下地字入江)と内間次子さん(平良字下里)も出席した。

 10月4日開催(南城市・県食肉センター)の枝肉部門で優秀賞(4席)のJA宮古肥育センターや砂川さん、内間さんら優秀賞の受賞者への賞状は後日改めて本人に郵送される。

 優秀賞の砂川さんは「生き物なので飼料管理は時間通り守っている。昨年は優秀賞で県家畜改良協会長賞の特別賞をもらったので、来年こそは上位の賞を目指したい」、内間さんは「初めての出品で、家族みんなが頑張った結果なので、とてもうれしい。今は親牛14頭と子牛8頭を育てている。次はこの中から上を狙いたい」と、それぞれ受賞の喜びと抱負を語った。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:23

たらま島マラソン (宮古島・沖縄)

たらま島マラソン、仲間正彦(ハーフ)が初優勝
null
たらま島1周マラソン大会ハーフ24.3㌔のスタートを切る
出場者たち=多良間村役場前

【多良間】
第16回たらま島1周マラソン大会 (主催・同村) が9日、 同村役場前スタート・ゴールで開催された。
村制施行100周年を記念した今大会には過去最多の400人を超える申し込みがあり、 島外からの多くの参加者が秋の多良間路を走りながら地元住民とスポーツを通して交流を深めた。
島を1周する24・3㌔のハーフマラソン男子は仲間正彦 (29・宮古島市)、 女子は塚本恭子 (37・東京都) がそれぞれ初優勝した。 参加者たちは競技後のふれあいパーティーも楽しんでいた。

 晴天に恵まれて多くの出場者を乗せた特別ダイヤの 「フェリーたらまゆう」 も到着。 午前11時から多良間小グラウンドで開会式が行われ、 大会長の伊良皆光夫村長が 「選手の皆さん遠路はるばる多良間島に来てもらい感謝している。 今回は村制施行100周年の意義ある大会。 エントリー数も過去最高となり、 記念大会にふさわしい盛り上がりを期待したい。 選手の皆さんは自分との挑戦。 また体調に合わせて笑顔でゴールすることも忘れないように。 感動と友情の輪を広げてほしい」 とあいさつ。 前回優勝の染谷久美子さんが選手宣誓を行った。

 正午に24・3㌔のAコースがスタート。 島内外から95人が出場し、 島を 「反時計回り」 で1周する沿岸の道路を走った。 日中の最高気温28・7度の暑さに加え、 風も強くランナーたちには厳しいレースとなり、 各地に設置されたエイドステーションでは水を頭からかぶってクールダウンさせる姿も目立った。 完走は86人で完走率は90%となった。

 このほかBコース10㌔、 Cコース3㌔、 Dコース5㌔には地元の住民や児童生徒を中心に大勢が出場。 沿道では家族をはじめ祖父母たちが声援を送り、 子や孫の元気な走りを後押ししていた。 競技後は名物にもなっているヤギ汁や牛汁のソバ、 ぜんざいでお腹を満たしていた。

 以前、 観光で多良間島を訪れ、 今回初めてマラソン大会に出場した大西典子さん (東京都) は 「去年から健康づくりのためジョギングを始め、 初めてのマラソン大会は絶対に多良間島にしようと思っていた。 完走できて少し自信がついた。 多良間の海はすごくきれいでビーチを独り占めできた。 沖縄の離島めぐりを始めるきっかけにもなった。 次は 『八月踊り』 を見てみたい」 と話していた。

 今大会は村制施行100周年記念のためインターネットの応募窓口を増やすなど取り組みを強化した結果、 申し込み数は初めて400人を超えて過去最高となった。 最終的なエントリーは385人で完走率は95%となった。


 宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:18