2013-01-08



集落(スマ)を歩く 下地・川満 宮古島

【集落(スマ)を歩く】⑯・下地川満-㊤
null
 下地の川満集落は、 平良市街地から車で10分ほどの位置にある。 与那覇湾に面した集落は市街地に近いという便利さから下地の自治会のなかでも世帯数が多く、 行事も活発に行っている。

 1994年3月に、 平良市史編さん委員会が発刊した 「平良市史」 第9巻資料編7 (御嶽編) には、 「川満は近世時代には下地間切に属する村であった」 と記されている。
1908 (明治41) 年の特別町村制で下地村に組み込まれ、49(昭和24) 年1月には下地村の町昇格に伴い下地町字川満となった。 その後市町村合併で宮古島市下地字川満となって現在に至っている。

 御嶽は6カ所あり、 そのうち真種子若按司を祭神とする 「喜佐間御嶽」 は 「御嶽由来記」 (1705年) に、 女神・天仁屋大司を祭神とする目利真御嶽は 「擁正旧記」 (1727年) に、 その由来が記されている。

 喜佐真御嶽は、 川満集落南側の小高い林にあり、 拝所は石
垣で囲まれ、 100平方㍍余の庭と石段、 籠り家、 ムトゥなどがある。 主な祭祀は年に2回ユークイ (豊穣祈願) 行事 (10、 12月) が行われる。
以前は7日間、 御嶽に備えられている籠り屋に寝泊まりしながら執り行われていたが、 今は泊りなしの2日間に短縮されている。 そのほか 「世乞い」 などが行われている。

 神行事は55歳から72歳までの女性が担う。
女性たちはユークインマと呼ばれ、 その中から中心となる3人が神くじによって選ばれる。 3人は上からツカサンマ、 ユーザスンマ、 ヤマトンマの順で、 ツカサンマは神行事がスムーズにいくように手伝い役2人を指名する。

 ことしのユークイは10月20日、 21日に執り行われた。 ツカサンマら3役と20人余のユークインマが喜佐真御嶽の神前に線香を焚き、 御馳走を供え、 唄や踊りなどを神に捧げて川満集落の豊穣が祈願された。 このあとウプカー御嶽、 スゥーフツ御嶽、 目利真御嶽も巡拝して祈願したという。

 ユークインマになって4、 5年の女性は 「神行事があることは知らなかった。 実際にやってみて大変な部分は多いが、 自分や家族の健康、 集落の繁栄祈願をしていることは良いことだといい方向に考えている」 と話した。

 同集落では、 建造してから48年が経ち雨漏りがひどく崩壊の恐れがあるとして2000年に喜佐真御嶽改築委員会が結成され、 県指定の民俗文化財であることから県と当時の下地町の協力を得ながら改築を行っている。


宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time11:01

「大和井」で環境整備  宮古島・沖縄

市教委、「大和井」で環境整備
null
 宮古島市教育委員会は、 昨年末に国指定史跡 「大和井」 で台風により倒された木を撤去したほか、 石積みの雑草を刈り取るなどの環境整備を行った。

 同史跡では年に4回の清掃活動を行っているが、 今回は台風による倒木が多くあることから緊急環境整備として予算を組んで、 市シルバー人材センターに業務委託した。

 環境整備後、 大和井の入り口から井戸に向かう場所はきれいになり、 広々とした空間が見える。 また井戸に降りる階段や石積み付近の雑草が刈り取られて、 従来の姿を取り戻した。

 大和井について、 「雍正旧記」 では1720年頃に掘られたとある。 井戸の周りには大小の切り石を円形に積み上げ、 上り下りする通路には石段が設けられている。

 伝承によれば首里王府派遣の在番役人など一部の住民のみが使用し、 一般の人々には開放されなかったといわれている。 かつては泉に至るまで2カ所の門があり、 水守りもいたとの言い伝えもある。 南島の人々の水との関わり合い、 石工技術の高さを示す石造遺跡として類例のないものと評価されている。


宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category徒然日記  time10:53

親子仲良くトリムマラソン 佐良浜・宮古島・沖縄

親子仲良くトリムマラソン
null
 市立佐良浜幼稚園・小学校PTA (與儀重会長) の第28回親子トリムマラソンが7日、 同校グラウンドを発着するコースで行われた。 幼稚園23人、 小学生123人とその保護者が出場し、 学校周辺を巡る1・2㌔のコースで親子の会話を楽しみながら競い合った。

 同大会は毎年実施されており、 親子の絆を深めるとともに、 自主的・自発的な体力づくりへの意欲を起こさせる目的で行われている。 昨年は悪天候のため中止され、 2年ぶりの開催となった。

 開会式で與儀会長は 「明けましておめでとう。 家族との会話を楽しみながらピタリ賞を目指してがんばろう」 と呼びかけた。

 参加者を代表して石川優美子さん、 楓恋さん (6年)、 正悟くん (4年) の親子3人が 「一生懸命最後まで走り切ることを誓います」 と力強く選手宣誓した。

 引き続き準備体操で体をほぐした後、 号砲に合わせて一斉にスタート。 親子で仲良く走りながら、 申込み時に申告したタイムを目指しゴールへと向かった。 競技タイムと申告タイムの誤差の少ない上位10チームには賞状が贈られた。

 競技終了後は母親委員会手作りのぜんざいが振る舞われ、 親子でおいしそうな笑顔を見せていた。


  宮古新報

親子で餅つき体験 (宮古島・おきなわ)

親子で餅つき体験「いずみの会」が新春企画
null
「よいしょ、よいしょ」と声を合わせて餅つきを体験する親子
=6日、フラワーショップいずみ

 地域単位で文化教室やミニイベントなどを開いている「いずみの会」は6日、フラワーショップいずみで餅つき大会を開催した。家族連れや同会の会員らが参加し、新春の1日を満喫した。

 餅つきは昨年も実施し、今回で2回目。地域の人を対象にしたフリーマーケットやクリスマスツリーの飾り付け講習会なども開催し、日ごろの感謝の気持ちを表すとともに地域との交流を深めている。

 この日は、平良大原地区にある同店の半径1㌔以内の子どもたちに、餅つきを楽しんでもらおうと企画。昔ながらの杵とうすを使い、親子一緒に「よいしょ、よいしょ」と声を合わせて餅をついた。

 つきたての餅は、その場であんこ餅ときなこ餅にして全員で試食。ほかほかの餅の味は格別のようで、参加した奥平みよちゃん(5)は「とってもおいしい」と笑顔だった。

.宮古毎日新聞

キビ収穫シーズン突入/宮古島・沖縄

きょうから製糖操業/宮古本島キビ収穫シーズン突入
null
製糖操業の開始を前に収穫作業に励む生産農家
=7日、平良西里

 宮古本島内の製糖2工場がきょう8日から、宮古地区の基幹作物サトウキビの製糖操業を開始する。
これに伴い宮古各地では収穫作業が本格化、7日も小雨がぱらつく中で作業に励む農家が見られた。
一部地域ではハーベスターが稼働しており、宮古地区は農家、製糖工場、運搬業者、船会社が慌ただしく動く収穫シーズンに突入した。

 今期宮古地区のサトウキビは豊作型。多良間村を含む生産量は31万6800㌧を予想しており、地区別の生産量は▽平良7万9500㌧▽城辺9万700㌧▽下地3万9000㌧▽上野3万㌧▽伊良部5万6100㌧▽多良間2万1500㌧-が見込まれている。

 宮古本島内の一部農家は昨年末から収穫を始めており、8日から始まる製糖操業に備えている。

 各農家は「反収(10㌃当たりの収量)は良い。後は品質」と話し、気温の低下に伴う糖度の上昇に期待を込めて収穫している。

 農家の手取り額となるサトウキビの標準価格は1㌧当たり2万1164円(糖度13・8)。国からの交付金1万6000円と工場が農家に支払う原料代金5164円で構成されている。

 きょう8日から、サトウキビを積んだトラックが島内各地を走行するなど島全体が慌ただしく動く。

 沖糖の農務課では「収穫したサトウキビを長く刈り置きしないように適宜収穫を心掛けてほしい」と農家に呼び掛けている。

 沖縄製糖宮古工場は午前9時20分、宮古製糖城辺工場は午前11時から操業開始式を開き、今期サトウキビの豊作と操業における無事故無災害を祈願する。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:38