2013-01-03



 新春北部闘牛 (OKINAWA)

トラムクー、盤石 新春北部闘牛 null
新春北部闘牛大会 結びの一番。トラムクーパンダ(左)の強烈な押し込みを弓なりの体勢で食い止める与那嶺花形篤希号
=1日、今帰仁村営闘牛場

 2013年の幕開けを飾る恒例の“三が日闘牛”(沖縄タイムス社後援)が1、2両日、今帰仁村とうるま市で行われた。県内各地からの闘牛ファンや観光客など大勢の観客が詰め掛け、次々に繰り広げられた熱戦を満喫した。

 元日午後1時から今帰仁村営闘牛場で行われた新春北部闘牛大会(主催・北部闘牛組合)は野外闘牛。気温17度、曇り空で時折日が差す好天の下、次々に10組の対戦が繰り広げられた。

 対戦開始前の空気は寒さを感じる冷たさだったが、相次ぐ熱戦で会場内には次第に熱気が充満。どよめきや歓声が何度も起き、会場を埋めた約800人の観客は、延々3時間にわたって闘牛の迫力場面をたっぷりと堪能した。

 結びの一番に登場したトラムクーパンダは期待通りの強さを見せ、与那嶺花形篤希号を下した。序盤から積極的に前へ前へと押して出る展開をつくり、安定感たっぷりの戦い。昨年からの好調をキープしている篤希号もよく持ちこたえ、随所で反撃の腹取りを試みるが、ことごとく不発に終わった。

 防戦に追われた篤希号のスタミナが切れかかった8分40秒すぎ、トラムクーがここを勝機と渾身(こんしん)の押し込みを放つと、篤希号はたまらず敗走。ことし大きな飛躍が期待されているトラムクーが9勝目を挙げ、幸先良くことしのスタート場所を飾った。

 2番戦に出場した浜川闘神王も期待に違わぬ強さを発揮した。序盤から激しい突き、割り攻撃で竜輝若鷹丸を圧倒。わずか2分で文句なしの快勝を収め、会場を沸かせた。

  沖縄タイムス

キングス新年祝勝 (OKINAWA)

キングス新年祝勝 bjリーグ第21戦 null
キングス―京都 第2Q、相手コートに切り込む菅原洋介
=2日、那覇市民体育館(金良孝矢撮影)

 プロバスケットボールbjリーグの琉球ゴールデンキングス(西地区1位=17勝3敗)は2日、那覇市民体育館で京都ハンナリーズ(同地区5位=12勝10敗)と今季第21戦を行い、92―77で勝利した。
キングスは同地区の首位を維持しており、2位の島根とのゲーム差は3・5。キングスは序盤、菅原洋介の3ポイントシュートなどで加点。50―33で前半を折り返した。
後半は京都の早いパス回しやリング下への切り込みを抑えられず点差を詰められたが、最後は並里成の得点などで引き離した。京都との次戦は3日午後1時から同体育館で行われる。

琉球ゴールデンキングス(18勝3敗) 
92―77(21―16,29―17,15―17,27―27)
京都ハンナリーズ(12勝11敗)

 【評】立ち上がりは両チームともにシュートが決まらず、一進一退の攻防となった。第2クオーター(Q)からキングスが外からのシュートで徐々に京都を引き離して試合を優位に進めた。一方、第3Q以降は京都が素早い攻撃を見せ、キングスが押される場面が目立った。最後はキングスがチーム一体となった粘り強い攻撃を見せ、逃げ切った。(平安太一)

◆菅原 要所の3点弾
 球団動員記録となる3520人の大観衆が見守る中、キングスが2013年幕開けの京都戦を勝利で飾った。京都の巧みなパスと、ディフェンスの隙を突く速攻に何度も苦しめられた。それでも最後までチーム一丸となった攻撃で得点を重ね、逆転を許さなかった。

 試合の流れを引き寄せたのは菅原洋介だった。第1クオーター(Q)や第2Qなど要所で3ポイントシュートを決め、ディフェンスでもターンオーバーやスチールで好機を生み出した。
「チームのためにプレーして、たまたまチャンスが回ってきた」。
3本の3点弾を決めた背番号13は、控えめながら、充実した表情で話した。

 今シーズンは決して好調とは言えなかった。3点弾の決定率が上がらず、プレータイムが数分程度の試合もあった。
自身が置かれた状況を「底辺」と語り、年末年始も練習に励んだ。そして迎えた新年最初の試合で大きな成果を残した。

 「今日は3ポイントがよく入った」と菅原。それでも自身の追い求
めるバスケを「ディフェンスや速攻に絡んで、数字に出ないところで泥臭くプレーしてチームに勢いをつけること」と強調する。
「まだまだ底辺だ。今の精神を忘れないようにする」。強い向上心を胸に、菅原はコートに臨む。
(平安太一)

◆チーム全体で共通意識持った 
遠山向人HC(キングス)の話 2013年最初の試合を勝利できて良かった。今日は我慢するところやプッシュするところでチーム全体が共通意識を持ってプレーしていた。ただ、点差が離れるとリバウンドなどで雑なプレーが目立った。2戦目は40分間を集中してプレーする。

◆最高のバスケ味わえた 
浜口炎HC(京都)の話 正月の初めての試合で、いい雰囲気の中で最高のバスケを味わえた。


   琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time17:42

願い込め  チリタンチョウ (糸満 喜屋武・沖縄)

「健やかに」願い込め 糸満市喜屋武 チリタンチョウ null
親子で記念撮影する新生児合同誕生祝い(チリタンチョウ)
=12月25日、糸満市の喜屋武コミュニティセンター

 【糸満】
糸満市喜屋武区で年内に生まれた新生児を祝う伝統行事「2012年度新生児合同祝い(チリタンチョウ)」が12月25日、喜屋武コミュニティセンターであった。
同地区出身や在住者の親から生まれた新生児は19人。このうち、15人の赤ちゃんが両親に連れられて参加した。
喜屋武保育所などの園児らによるハンドベル演奏やダンスなどが披露され、赤ちゃんの誕生をみんなで祝い、健やかな成長を願った。

 チリタンチョウは、キリスト教の統制の名残で340年以上の歴史があるといわれ、毎年クリスマスの時期に行われる。
 11年、那覇市から喜屋武に移り住んだ上原敏彦さん(51)、麻子さん(40)夫妻は、7月に生まれた蒼士(そうし)ちゃんと参加した。

 麻子さんは「こんな行事はほかにはないので、ありがたい」と笑顔。敏彦さんは「この子は将来青年会でエイサーを踊るよ」とうれしそう。夫婦そろって「成長が楽しみ」と幸せそうに話した。

 あいさつした喜屋武自治会の玉井博会長は「地域の発展は、赤ちゃんの泣き声の多さで決まる。健康に育ち、世界に羽ばたくグローバルな人物になってほしい」と参加者に呼び掛けた。


  琉球新報

ポカポカお正月 (OKINAWA)

ポカポカお正月 気温4月並み null
暖かい日差しの下、波打ち際で水遊びをする子どもたち
=2日午後4時、那覇市・波の上ビーチ

 2日は県内各地で最高気温が前日の元日より3~5度上がり、3~4月上旬並みの陽気となった。名護の23・3度や南城市玉城糸数の21・7度など、県内5カ所で4月上旬並みの気温を記録した。半袖姿で初詣に出向く人の姿も見られた。

 沖縄気象台によると、2日は、東シナ海や沖縄の南海上にあった湿った空気が沖縄本島に近づかず、高気圧に覆われ晴天となったため、気温が上昇。3日は、大陸からの寒気の吹き出しで強い風が吹き、雨が降る、荒れ模様となる見込み。

沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time17:31