2013-05-31



ザ・ブーム24周年 熱唱 (OKINAWA)

ザ・ブーム24周年「島唄」熱唱
null
スピードの島袋寛子も加わり、新曲を熱唱した宮沢和史
=読谷村・鳳ホール(よしもとアール・アンド・シー提供)

 デビュー24年を迎えたザ・ブームのライブが25日、読谷村の鳳ホールであった。ボーカルの宮沢和史は「沖縄でのツアーファイナル。これ以上の幸せはない」と語り、発表から20年以上も愛され続ける「島唄」など22曲を熱唱した。

 オープニングの「24時間の旅」のイントロが流れた瞬間に会場は総立ち。「ありがとう、沖縄」と宮沢が呼び掛けると、割れんばかりの歓声で応えるなどテンションは高い。

 24年間の歩みを伝えたいと「なし」「きっと愛してる」「星のラブレター」など懐かしい楽曲をパワフルに演奏し、会場を沸かせた。

 一転、日本や沖縄を意識するきっかけになったという「からたち野道」を宮沢がピアノの伴奏だけで披露。歌詞のメッセージ性と静かだが力強い歌声に、身じろぎひとつできない緊張感が漂った。

 後半は6月発売のアルバムを中心に展開。「やいま」「愛より」をじっくり聴かせた後は、「忘んなよ島ぬくとぅ」「情ションガイネ」「ひゃくまんつぶの涙」とアップテンポな曲で盛り上げた。続く「ひのもとのうた」では客席から指笛やカチャーシーも飛び出し、「シンカヌチャー」には琉球國祭り太鼓が登場するなど会場のボルテージは最高潮。

 ラストの「島唄」では賛否両論あった制作時のエピソードや歌に込めた思い、今後も歌い続ける理由を語り、ソウルフルな歌声を響かせた。

 アンコールの「世界でいちばん美しい島」には、スピードの島袋寛子がゲストとして参加。「不思議なパワー」などでライブを締めくくった。

(村井規儀)


 沖縄タイムス


authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time17:46

2013-05-29

古謝美佐子さんがコンサート (上野小・宮古島)

古謝美佐子さんが上野小でコンサート
null
「南洋の数え歌」などを披露した古謝美佐子さん
=上野小体育館

 市立上野小学校 (上里雅章校長) で28日、 沖縄出身の歌手・古謝美佐子さんによるライブコンサートが行われ、 児童と父母が体育館に集い、 古謝さんの伸びやかな歌声に聴き入った

null
=写真右=。

 ことし2月に行われた沖教組宮古支部主催のイベントに古謝さんが出演した際、 学校側が公演を依頼したところ、 快く引き受けてくれたという。 古謝さんは今回、 「美ぎ島ミュージックコンベンション」 に出演するため来島していた。

 コンサートでは、 第2次大戦中にサイパン島で捕虜生活を送っていた県人たちが、 いつか沖縄に帰る日を願って作ったという 「南洋数え歌」 や 「PW無情」、 「てぃんさぐの花」 など数曲を披露した。

 クイズコーナーでは、 戦後の貧しい時代に米軍の使用済みパラシュートの布の部分を使って作られたという 「三線」 に関するクイズを出題し、 正解者には自身のCDをプレゼントし、 児童らを喜ばせた。

 午後からは市立北中学校を訪問して同様のコンサートを開催。 前日 (27日) には市立久松中学校と池間小中学校も訪問した。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time09:14

2013-05-21

ペルー3世ルーシーがCD(OKINAWA)

県系ペルー3世ルーシーが情け歌CD
null
初の情け歌CD「恋のヨイスラ節」をリリースしたルーシー

 ペルー出身県系3世のルーシーが8日、民謡の情け歌を集めたミニアルバム「恋のヨイスラ節」(クワッチーレコード、1600円)を発売した。

 タイトル曲はラジオ沖縄の第24回新唄(みぃうた)大賞のグランプリ曲(久米仁作詞作曲)。情け歌だけのCDは初めてというルーシーは「情け歌は難しいが、師匠たちの曲も収めることができた。これからも大事に歌っていきたい」と笑顔を見せた。

 タイトル曲のほか、「恋路枕」(松田芳正作)、「我肝ひかさりてぃ」(大城志津子作)、「八重山育ち」(伊波南哲作詞、大浜津呂作曲)、「月のまぷぃろーま節」(八重山民謡)などを収めた。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time11:04

2013-05-13

親子で名曲楽しむ/マタニティーコンサート(宮古島・沖縄)

親子で名曲楽しむ/マタニティーコンサート
null
子どもたちの前で演奏する天野さん夫妻
=11日、宮古カトリック教会

 日本弦楽指導者協会沖縄支部長を務める天野誠さんと智美さん夫妻によるマタニティーコンサートが11日、宮古カトリック教会で開かれた。バイオリンとビオラでクラシックの名曲が披露されたほか、絵本の読み聞かせも行われ、来場した多くの親子らが楽しい一時を過ごした。

 同コンサートは5歳以下の子どもや妊婦らを対象に開催。天野さん夫妻は演奏しながら登場し、客席を歩きながら、子どもたちの目の前で楽器を奏でた。

 その後、ブラームスの「ハンガリアンダンス」やドボルザークの「ユモレスク」など耳なじみのあるクラシック曲を披露した。

 読み聞かせでは、宮古テレビアナウンサーの翁長瑠美さんが、東日本大震災に伴う津波に耐えた陸前高田の一本松をテーマとした絵本「松の子ピノ」を朗読。コンサート前には、みつば幼稚園の與世田明美園長による講話も行われた。

.  宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time09:55

2013-05-09

地域も輝く シルバー歌声 (サークルきらり・沖縄)

慰問活動 地域も輝く シルバー歌声サークルきらり
null
懐かしい曲を披露するシルバー歌声サークルきらりの会員たち=南城市知念の特別養護老人ホームしらゆりの園

 【南城】
退職した人たちが歌声サークルを結成し、週1回集まって稽古に励んでいる。
南城市シルバー歌声サークルきらり(井上好子団長)で、人生をエンジョイしながら地域の老人福祉施設など慰問活動を続け「心が癒やされる」と喜ばれている。

 メンバー20人がこのほど、同市知念の特別養護老人ホームしらゆりの園(友名孝子理事長)を訪れ、歌や踊り、腹話術を通して入所者、デイサービスで通うお年寄りと「春うらら歌声交流会」を催した。

 車いす利用者ら50人余が見守る中、きらり会員の儀間朝善さんと井上光子さんが琉装姿でかぎやで風を踊って幕開け。続いて会員全員で「春の小川」「おぼろ月夜」、滝廉太郎の「花」を歌った。

 日舞「孫」を知念美根さんが舞い、宮城義昇さんが腹話術を披露して会場を笑いで包んだ。男性会員による「てぃんさぐぬ花」の歌に乗せて宮城孝子さんら女性会員が踊り、お年寄りも手と体を動かして共に楽しんだ。

 久高の船頭主(しんどうすー)、丘の一本松と続いた後、井上団長が「いつまでも元気でお過ごしください」と激励のあいさつ。最後に「ふるさと」の曲をみんなで気持ちを込めて歌った。

 通所の志喜屋盛源さんは「昔を思い出し懐かしく涙が出そうになった。コーラス隊の皆さんが輝いていてうらやましく思った」と感想。具志堅道子さんは「歌も踊りも素晴らしく自分も何かができる気がして元気をもらった」と笑顔で答えた。

(知花幸栄通信員)


琉球新報



authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time11:49

2013-05-02

国王 指笛で広がる世界を(宮古島・沖縄)

垣花 譲二さん(63歳)/指笛王国おきなわ国王指笛で広がる世界を
null
垣花 譲二さん 

指笛は昔から沖縄の人々の生活の中で盛んに活用され、大切な文化の一つとして親しまれて来た。
近ごろでは災害時の救済や護身にも活用されるとあって、その活用の幅は広がっている。
「やはり、沖縄の文化として捉え、若い人たちに引き継いでいきたい。楽器も要らないし、いつどこでもできるという気軽さと楽しみがある」と話し、利き手の人差し指を7の字に曲げさっそく吹いて見せる。鳥の鳴き声に周りの視線が集まる。森の中だと小鳥たちも寄って来るという。

 建国して7年になる。7月10日を「指笛の日」として制定、毎年この日に記念のコンサートを行ってきた。
今年は浦添市てだこホールで「指笛で被災地へ元気を届けよう」と開催、指笛音楽の創始者・故田村大三氏の三女メミ・グレースさんやオカリナサークルの仲間たちを招いて華やかな演奏会を繰り広げた。
「被災地から沖縄に避難・移住されている方たちも多い中、ちょっと珍しい舞台を楽しんでいただき少しでも元気になればという思いだった」

 指笛を音楽として確立したのは故田村大三氏。その中に沖縄は含まれていなかった。ショックを受けた垣花さんはインターネットで呼びかけ集まってもらったが「70人中10人しか吹けなかった。このままだと消えてしまう」。危機感がつのる。
指笛王国設立のきっかけだった。
今では、エイサーや高校野球の甲子園応援など沖縄の夏には欠かせないものとなった。指名があれば、どこへでも駆け付け、各種イベントにも積極的に参加する。

 11月17日はマティダ市民劇場で「宮古島・愛・Eyeコンサート」があり出場する。今回は作詞・作曲家、ピアニストで歌手の高橋晴美さんを中心に、視覚障害者への資金造成を兼ねた公演。「視覚障がいをもつ会員がいて、彼の応援で男女10人と盲導犬1匹で出演することになった。古里マティダでの公演は初めて」と話し、新たな出会いに期待を寄せる。

 会員は登録人数で250人。実際に活動するのは20人程度。毎月第1・第3土曜日の2回西原町中央公民館で講習会を行っている。ホームページで情報を発信。誰でも参加して欲しいと呼び掛ける。アドレスはhttp://yubibueoukoku.ti-da.net


 垣花 譲二(かきのはな・じょうじ)1948年10月19日、下地与那覇に生まれる。那覇高校卒後、外人税務署を皮切りに那覇税務署、北那覇税務署などに勤務、定年退職後、現在嘱託で北那覇税務署。2005年、指笛王国おきなわ建国、国王に。妻・美智江さんとの間に2男1女。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time09:48