2012-09-08



 ものづくりネット (沖縄)

県内製造業と連携で成果 ものづくりネット
null
先端機器を操作する県出身の技術者、比嘉美緒野さん
=8月1日、うるま市・ものづくりネットワーク沖縄

null
これまで県外企業に修理加工を委託してきた拓南製鉄の
工場用機械部品=8月30日、うるま市・拓南製鉄新中城工場

 製造業分野の人材育成や研究開発を手掛ける一般社団法人ものづくりネットワーク沖縄(うるま市、金城盛順理事長)で、拓南製鉄(那覇市)や金秀アルミ工業(西原町)など県内企業との連携事業が始まっている。
これまで、県外の業者に発注しなければならなかった業務の一部をものづくりネット社に委託。県内で機械を修理・加工したり、試作品を製作したりすることができるようになり、商品開発や輸送にかかるコストの抑制につながっている。
(座安あきの)

 ものづくりネット社の施設内には、県内唯一の熱処理炉やNC複合旋盤、高速・5軸マシニングセンタなど機械加工や金型製造に使われる先端機器がそろい、高度で精密な製品加工に対応することができる。
うるま市の賃貸工場に進出した県外の金型メーカーの技術者が県内の若手人材の技術指導で協力。複雑で多様な加工技術に対応できる人材が育ちつつあるという。

 県出身の技術者として働く比嘉美緒野さん(20)は沖縄工業高校を卒業後、金型センターの人材育成事業などで基礎技術を学んだ。
比嘉さんは「単にお客さまの希望する品をつくるのではなく、いかにコストを抑えた製品を提案できるかも試されている」と仕事へのやりがいを語る。

 県内の製造業関係者もこの動きをチャンスととらえている。
拓南製鉄工務部の知念正元部長は「長年、金型産業が沖縄にできることを待ち望んでいた。活用の頻度はこれからもっと増えてくるはずだ」と強調する。

 同社は創業以来、自社では対応できない機械部品の修理・加工を大阪や九州など県外業者に依頼してきたが、ものづくりネット社の事業スタートに合わせて一部の発注先を同社に変更。
従来の修理より納期が大幅に短縮された上、3割以上のコスト削減につながっているという。今後は若手社員の人材育成でも連携を求める方針だ。

 県内で唯一アルミ押出型材を製造する金秀アルミ工業は、ものづくりネット社と共同で設計段階からダイス金型の開発に取り組み、現在4作目を製作中。
毎年、県外業者向けの発注で4000万~5000万円の予算を組んでいるが、県内製造の割合が増えれば、コスト削減と同時に県内雇用や産業の拡大につながるとみる。

 同社押出課の吉山仁課長代理は「県出身者の技術力が1年前と比べ、目に見えて向上している。沖縄に足りなかった品質の良さと技術力がつけば、沖縄の金型産業はさらに注目される存在になる」と期待を込めた。


  沖縄タイムス

県民大会は9月9日 午前11時、(沖縄)

県民大会は9月9日 午前11時、宜野湾海浜公園  オスプレイ配備に反対する県民大会の実行委員会が10日、県議会で開かれ、台風接近で延期になっていた大会は、9月9日午前11時から宜野湾市の宜野湾海浜公園多目的広場で開催すると決定した。動員目標は当初の5万人以上を上方修正し、計11万6千人が参加した2007年の教科書検定意見撤回を求める県民大会を上回り、過去最大規模とすることを目指す。
共同代表の喜納昌春県議会議長は「仕切り直し、県民の結集で配備撤回に向けて運動をつくっていきたい」と述べ、各方面へ参加への働き掛けを強めることを確認した。

 大会後の13日に共同代表らが上京し、政府要請行動を行うことも決めた。開催時間については、9日に沖縄市で予定される沖縄全島エイサーまつりの前の午前開催とした。
大会自体は1~1時間半程度を予定している。



  琉球新報


緊急着陸「配備に影響ない」 (OKINAWA)

政府「配備に影響ない」 オスプレイ緊急着陸
 米軍新型輸送機オスプレイが米ノースカロライナ州の市街地に緊急着陸したことに対し、政府内は8日、「事故とは違う」と冷静に受け止めた。「米軍普天間飛行場への配備方針に大きな影響を与えない」(防衛省幹部)とみている。

 だが、政府は9日に沖縄県で予定されるオスプレイ配備反対の県民大会を乗り切れば、国内運用に向けた〝安全宣言〟への道筋が見えるとしていた矢先だけに、政府関係者からは「タイミングが悪い。安全性への不安拡大は避けられない」と懸念する声も出ている。

 防衛省分析評価チームは6月に米フロリダ州で起きた墜落事故に関し、人為ミスが原因だったとする米側調査を追認する内容の検証結果を週明けに公表する方向だ。

 その上で、森本敏防衛相は11、12両日に沖縄、山口両県を訪れ、知事らに検証結果を説明。日米合同委員会で近く国内運用の安全確保策を取りまとめ、配備計画を進める方針だ。

 しかし今回の緊急着陸で、両県側が態度を硬化させることも予想され、米海兵隊が一時駐機中の岩国基地(山口県岩国市)での試験飛行や、10月からの普天間飛行場での本格運用に理解を得られるかは見通せない。


  (共同通信)


琉球新報

「沖縄の民意に力」 大江健三郎氏(沖縄)

「沖縄の民意に力」 大江健三郎氏が本紙に語る」
null
オスプレイ配備反対の県民大会について、「沖縄の市民デモには米国を説得する力があるはずだ」などと語る大江健三郎さん
=東京都内の自宅で

 【東京】
復帰前に著した「沖縄ノート」など沖縄とゆかりの深いノーベル文学賞作家の大江健三郎さん(77)が、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備に反対する9日の県民大会を前に、琉球新報社のインタビューに応じ、大会の開催や自身も関わる東京での脱原発運動との関係など幅広いテーマで語った。
県民大会について大江さんは「沖縄の市民デモには、強大な相手に自分たちの思いを正当に主張し続けてきた実力がある。
今回の集会はかつてなく重要だと思う」とエールを送った。

 聞き手は、本紙の玻名城泰山編集局長。
大江さんは都内の自宅でインタビューに答えた。

 大江さんは、海兵隊員の少女暴行事件に主催者発表で8万5千人が抗議した1995年の県民総決起大会や、同じく11万人が参加した2007年の教科書検定意見撤回を求める県民大会など、自らが足を運んだ過去の大規模集会を挙げ、「本土のデモのモデルにしなければいけないと思ってきた」と印象を語った。

 オスプレイの低空飛行訓練が本土各地でも計画されていることにも触れて、「各地が呼応し、計画を変えさせる契機になるかもしれない。主張を明確に本土に発信してほしい」と大会の意義について述べた。

 首相官邸前で毎週金曜日夜に続く脱原発デモなどに関しては「結果はまだ出ていないが、数万人が自発的に集まるのはこれまでなかったこと。デモに力があることを沖縄から学ばないといけない」と期待した。

 脱原発世論の高まりに対し、「潜在的な核抑止力」として原発維持を求める論調があることに関しては「核の威嚇・抑止はいつまでも続かない。事故は防げるという信仰も同様だ」と指摘し、米国の「核の傘」や原発との決別が唯一の被爆国の使命だと訴えた。

 尖閣諸島をめぐる日中両国の対立などを契機に、防衛力強化のためにオスプレイの必要性を強調する意見があることには「対中関係などの国際情勢をむしろ緊張させる方向にかじを取っている」と批判した。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categorynewcat1  time16:41

会場と思いは一つ  白梅 (OKINAWA)

会場と思いは一つ 当日、赤リボン胸に 白梅はたち会
null
赤いリボンを身に着けてオスプレイ配備反対の意思を示す
白梅はたち会=7日、那覇市久茂地

 「大会に行けなくても反対の意思を示したい」。
県立第二高等女学校の1945年卒業生で組織する「白梅はたち会」のメンバーは、体調などを理由に県民大会に参加できないものの、赤いリボンを着けて反対の気持ちを訴えることを決めている。7日に那覇市内で開いた会合で、大会後も継続的に配備反対の活動を続けることを確認した。

 同会は教科書問題など、これまでの県民大会にはすべて参加してきた。しかし、今大会では体の不調などのため参加を見送るメンバーがほとんどという。同会の中山きくさん(83)は「どうしても反対の気持ちを伝えたい」と考え、赤いリボン100本以上を手作りしてメンバーに配った。

 7日の会合では、中山さんが新聞記事を使いながらオスプレイ配備の不当性を説明。「県民大会で終わらずに反対を訴え続ければ日米両政府を動かせる」と力を込めた。中山さんは「配備は基地強化につながる。絶対に許してはいけない」と述べ、赤いリボンを着けるようメンバーに呼び掛けた。

 同会の岸本澄さん(85)は「大会に参加したかったけど足が悪くて行けない。配備を押し付ける政府には怒りを感じる。赤いリボンで反対の気持ちを表現したい」と話した。


  琉球新報