2012-09-30



仏紙ル・モンドがオスプレイで記事(OKINAWA)

仏紙ル・モンドがオスプレイで記事
 【平安名純代・米国特約記者】
仏大手紙「ル・モンド」は25日、米軍基地の集中する沖縄で、米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの配備に反対する抗議運動が起きており、領土問題をめぐる紛争が日中間で展開されるなか、在沖米軍基地の役割が問われているとの記事を掲載した。

 同紙は「安全性を疑問視する県民がオスプレイの米軍普天間飛行場への配備に反対するなか、政府は19日に安全宣言をした」と説明。
住民らは「世界で最も危険な飛行場に新たな危険を持ち込もうとしている」と怒りを拡大しているが、「半世紀以上にわたり、沖縄県民は米軍基地に反対してきたが、政府は耳を傾けない」と報じた。

 一方で、尖閣諸島をめぐる中国と日本の争いで国民感情が高まっているが、日米安全保障条約の適用対象であるにもかかわらず、「米国の態度は、あいまい、または矛盾している」と指摘。その理由について、米国は「中国との正面衝突を回避したい」と分析した。

 また、米国が韓国や豪、フィリピンなど同盟国との関係を強化し、アジア太平洋地域における米軍のプレゼンス維持を打ち出しているとし、周辺国を刺激する領土問題が米国にもたらす利益を疑問視。
そうした流れのなかで「在沖米軍基地の役割について、新たな疑問が生まれている」と指摘した。

 同紙は記事中で、長元朝浩・沖縄タイムス論説委員長の見解も紹介。「沖縄は中国と日本の板挟みになっている」との同氏の言葉を見出しに使用した。

  沖縄タイムス

「こんな被害初めて」 (OKINAWA)

台風17号:「こんな被害初めて」
null
台風17号の影響で屋根が崩落した農連市場の店舗
=29日正午すぎ、那覇市樋川
null
強風により根こそぎ倒れた大木
=29日午前10時30分、那覇市泉崎

 八重山から沖縄全域を暴風域に巻き込みながら、駆け抜けた台風17号。
建物の屋根、屋上の給水タンクが吹き飛ばされ、電柱も倒壊し、過去最大の停電を招いた。
住民らは「これだけの被害は初めて」と恐怖と驚きに包まれつつ、週末ばかりに襲来する“台風銀座”にうんざりした。

 最大瞬間風速61メートル超を観測した那覇市。29日午前8時半ごろ、那覇市樋川の農連市場で、建物天井を覆うトタン屋根が吹き飛び、市場内は風雨で水浸しになった。

 目撃した女性(60)は「ものすごい音がした。こんなことが起きるのは初めて見た」。野菜を売る60代女性は「今後、商売をどうするか」と頭を抱えた。

 名護市大南の21世紀の森体育館では同日午後3時ごろ、トタン製の屋根が吹き飛ばされ、体育館そばに落下。けが人はなかったが、館内フロアの半分が水びたしになった。

 体育館は築20年。2年前に屋根を改修したが、管理担当の新城光さん(38)は「しばらく使えなくなる。今後の予定がめじろ押しで利用者も残念がる」と肩を落とした。市教委も「修復も大がかりになる」。

 伊平屋村では県道179号沿いの電柱が数十本倒壊し、一部で通行止めとなっている。村役場によると、家屋は少なくとも7軒が半壊。村役場も2階の窓ガラスが数枚割れた。伊是名村でもプレハブなど2軒の全壊が確認された。

 読谷村楚辺では、村商工会駐車場内の物置小屋が高さ約1・5メートルのブロック塀を越えて、道路に逆さまになって倒れた。電線や隣の民家の屋根にも小屋の一部がかかり、中にあったいすなどが散乱。隣家の池原正雄さん(61)は「怖くて、さらに倒れてこないように祈っていた」と話した。


  沖縄タイムス

 本部町谷茶の県道219号では土砂崩れが発生。木や岩などが片側車線をふさぎ、通れなくなった。近くに住む70代女性は「16号でも同じ場所で倒木した。台風のたびに心配」と不安げに話した。

 名護市大東では3階建てアパート屋上の大型水タンクが強風で約40メートル離れた市道に落下。那覇市泊の国道58号では4トントラックが強風にあおられて横転。同市おもろまちや与那原町東浜でも車両が倒された。

 与那原町上与那原では、木造平屋が全壊。隣接する土木業社員によると、空き家のため、人身への被害はなかった。

骨折や裂傷 50人けが

 県防災危機管理課によると、台風17号によるけが人は29日午後8時現在、転倒による骨折など少なくとも50人にのぼった。

 南城市佐敷の50代女性は29日、強風で閉まるドアに指をはさまれ、人さし指を切断。沖縄市上地の60代男性も同様に骨折した。

 名護市の70代女性は風にあおられて転び、大腿(だいたい)骨を折り、沖縄市知花の80代女性も足を骨折した。

 国頭村宇良では、女性(68)が自宅の窓ガラスが強風で割れ、顔や頭を裂傷し、病院に搬送された。ほか、糸満市潮平では男性(45)が割れたガラスで頭部を損傷。

 糸満市大里では男性(65)が屋根から落ちてけがをし、浦添市の70代男性は転倒して顔面や右手を負傷するなど、各地で被害が多発した。

 沖縄タイムス