2012-09-26



福州園で音楽に酔う (OKINAWA)

中国庭園と音楽に酔う 福州園で演奏会
null
ライトアップされた園内でジャズを演奏する音楽会
の出演者ら=5日、那覇市久米の福州園

 那覇市久米の福州園で5日、秋の音楽会(市観光協会主催)が開かれた。
ライトアップされた園内に約300人が訪れ、ジャズや二胡、琉球古典音楽の音色に酔いしれた。

 音楽会は福州園の活用や市民交流の促進を目的に
毎年開催されている。
会の冒頭、翁長雄志市長は「中国やアメリカ、琉球の音楽を結び付けている。福州園の素晴らしさと音楽を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 園内にはジャズ、二胡、琉球古典音楽の3ステージを設置。
ジャズの名曲から八重山民謡まで幅広い曲が演奏され、観客は中国式庭園の景色を味わいながら音楽に聴き入った。

 那覇市の幸地健さん(62)、純子さん(61)夫妻は「素晴らしい雰囲気の中で生の音楽を聴けて最高の気分だ」と笑顔。
神奈川県から帰省中の本間京子さん(59)は「とても情緒がある」と目を細めた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time19:10

宜野湾議会、撤回へデモ(OKINAWA)

オスプレイ:宜野湾議会、配備撤回へデモ
null
横断幕やプラカードを手にデモ行進する宜野湾市議ら
=25日、宜野湾市・米軍普天間飛行場野嵩ゲート前

 【宜野湾】
「オスプレイ配備を撤回せよ」「宜野湾市議会は闘うぞ」。
開会中の宜野湾市議会(呉屋勉議長)は25日、一般質問の合間を縫って、米軍普天間飛行場までデモ行進し、オスプレイの配備反対をアピールした。27日の最終本会議で3度目の抗議決議案を採択することも決定。
県内の日米両政府機関に出向いて配備反対をあらためて求めたい考えだ。オスプレイが28日に飛来するという報道や日本政府のかたくなな姿勢に、地元の危機感は最大限に達している。

 市議会のデモ行進は、一人が体調不良で参加を見送ったが、26議員が横断幕やのぼりを持って、市民の思いを代弁しながら、シュプレヒコールを上げた。

 呉屋議長はゲート前で「普天間の一日も早い閉鎖、返還、跡地利用ができるその日まで、使命感を持って議会が一致団結しよう。オスプレイ配備の撤回実現まで闘い抜こう」と気勢を上げた。

 「超党派でこの動きを止めよう」とゲートに向かって叫んだ大城政利副議長は「本当に配備するのか」と政府に不信感をあらわにした。「体を張って阻止する。海に面した岩国と違って、宜野湾は四方八方すべてが市街地。何とかこの恐怖感を分かってほしい」と悲痛に訴えた。

 また市議会を含む宜野湾市民大会の実行委員会メンバーが同日、市役所に集まり協議。独自の座り込み行動をする案も出た。

 宜野湾市役所前での座り込み抗議行動は昨年6月、日本政府がオスプレイの配備を通知した際にも、市が呼び掛けて実施。延べ266人が参加した。

 今回の座り込みを提案した呉屋議長は「県民大会実行委員会は野嵩ゲート前で、われわれ市民は跡地利用も含めて、市役所前で抗議したい」と話した。

  沖縄タイムス

TV電話で通訳実験(OKINAWA)

外国人観光客にTV電話で通訳実験
null
端末の通訳を介して買い物をする中国人客(右)
=25日、那覇市第一牧志公設市場付近

 なは市場振興会(新里俊一理事長)は25日、通訳を必要とする市場の外国人観光客のニーズに応えようと、情報端末を活用したテレビ電話の通訳サービス導入に向けた実験を始めた。
那覇市第一牧志公設市場周辺で同市在住の中国人客が画面の通訳オペレーターを介しながら買い物し、サービスの利便性や通信状況などを確かめた。

 新里理事長は、市場内に中国などからの観光客が増加する中「言葉が通じないために意思の疎通ができず、外貨の獲得につながっていない」と、懸念。市場の活性化につなげようと、事業の導入に向けて環境整備を本格化させた。

 神戸にある通訳のコールセンターと連携し、中国、韓国、英語の3カ国語に対応。画面を通して映像も確認できることから、商品の説明などもスムーズに対応できると期待している。

 島ぞうりの購入に挑戦した陳盧萍さん(27)は「観光客が通訳を頼むとお金がかかる。映像でも確認できて良いサービスだ」と評価。
通訳を介して店主と交渉し100円の値引きにも成功した。
接客した履物店の山里幸世さんは「外国人も買い物が楽しめると思う」と、導入に期待した。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time11:04

普天間ゲートで抗議集会(OKINAWA)

オスプレイ:普天間ゲートで抗議集会
null
シュプレヒコールで気勢を上げる9・9県民大会実行委員会の
メンバーら=26日午後7時55分、宜野湾市・野嵩ゲート前

 【宜野湾】
オスプレイの県内配備に反対する9・9県民大会実行委員会は
26日午前、宜野湾市野嵩の米軍普天間飛行場第3ゲート前で強行配備撤回を求める抗議集会を開いた。
当初は座り込み行動を予定していたが、人数が膨れ上がり、
集会に切り替えた。27日以降も継続する予定。

 共同代表の翁長雄志県市長会会長(那覇市長)は「これは沖縄県の闘いとともに、日本の国をあるべき姿に戻す闘い。ほかの都道府県であり得ないことを沖縄に押し付けるのはいじめだ。県民大会の第2弾と位置付け、運動を盛り上げよう」と呼び掛けた。

 宜野湾市の佐喜真淳市長は「県民大会実行委員会とサポートする方々に感謝と敬意を表したい。団結する力がまさに配備を阻止する。みなさまの力を賜りたい」と訴えた。

 参加した市民団体は集会後、ゲート周辺に座り込み、県警や基地従業員の警備員ともみ合うなど、にらみ合いが続いている。

  沖縄タイムス