2012-09-20



沖縄に甘えている 「軍国主義」と批判 (OKINAWA)

沖縄に甘えている 那覇市長、「軍国主義」と批判
null
武田博史沖縄防衛局長(右)に対し、日米合意について
「ちぐはぐだらけの防衛政策」と批判する翁長雄志市長
=19日、那覇市役所応接室

 「ヤマトンチュになろうとしても(日本に)寄せ付けられ
なかったんだ」。
翁長雄志那覇市長は19日、就任あいさつのため那覇市役所を訪れた武田博史沖縄防衛局長に対し、日米両政府がオスプレイの沖縄配備に合意したことに「戦前の軍国主義はこんなものだったのかと思うくらい情けない」などと詰め寄る場面があった。
「沖縄が日本に甘えているのか、日本が沖縄に甘えているのか」。強い不快感を表した上で、オスプレイを山口県の岩国基地で運用するよう求めた。

 普段は来客者に「ハイサイ」と明るく迎える翁長市長。だが武田局長が自己紹介をするやいなや言葉を遮り、怒りを抑えきれない様子で「私から話していいですか」と切り出した。

 「ちぐはぐだらけの防衛政策を、なぜ県民の命に代えて守らなければいけないのか」
 政府の対応に不信感をあらわにした翁長市長は「残念」の言葉を繰り返した。
日米合意を発表した森本敏防衛相には「能面のような顔で
沖縄に強行配備すると言う。
この人たちは沖縄を領土としか考えていない。県民のことをほとんど心配していないということがよく分かった」と批判した。

 本土でも訓練を行い、負担軽減を図る-とした武田局長の説明にもかみついた。「懐柔して強行配備するものだ」
「今回アメリカが絡んでいるだけに(日本が)奴隷のような感じも受ける」と嘆いた。
その上で「ヤマトンチュ(日本人)になりたくて、なりきれない心」と沖縄の心を表した故・西銘順治元県知事の言葉を引用し「ヤマトンチュになろうとしても(日本に)寄せ付けられなかったんだと感じた」。こう本土との溝の深さを表した。

 「戦前、戦中、戦後、こんなに国に尽くした県はないと思う。よく沖縄を甘やかすなと言う人がいるが、沖縄が日本に甘えているのか、日本が沖縄に甘えているのか、(防衛相から)はっきり聞きたい」と強く迫った。
これに対し武田局長は「森本大臣にお伝えします」と
小さな声を絞り出すのがやっとの様子だった。


  琉球新報

シークヮーサーのマイ箸 (沖縄)

マイ箸づくり シークヮーサーの木で
null
手作りのマイ箸を自慢する(左から)大城優音さん、宮城和奏さん、島袋愛埜さん、山川ひなたさん=大宜味小学校

 【大宜味】
大宜味小学校(島袋きよみ校長)の1年生4人が11日の授業参観の時間に、保護者と共に村のシークヮーサーでマイ箸づくりに挑戦した。地域の資源を教育に生かしていく県の地域教育資源活用研究事業の一環。

 手作り箸の「工房うるはし」(浦添市)の鈴木仁さんから指導を受けながら、児童たちはシークヮーサーの木を紙やすりで削って作製。早速、給食でマイ箸の使い心地を試した。

 島袋愛埜(かの)さんは「削るのは疲れたけど、シークヮーサーの香りもして楽しかった」と笑顔。
山川ひなたさんは「簡単に作れて、使いやすかった」と完成を喜んだ。宮城和奏さんは「いい大きさでご飯粒もつかみやすかった」と満足げ。
大城優音さんは「学校や遠足でも使いたい」と気に入った
様子だった。

 同校では今後、2年生以上も箸づくりに挑戦し、10月の
ふれあい給食では、全員がマイ箸で給食を食べる予定。

 島袋校長は「村の木から手作りすることで、物を大切に
することや村への愛着を感じてほしい」と語った。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time12:02

反発 「骨抜き」「米追随」(OKINAWA)

首長ら一斉に反発 「安全策骨抜き」「米追随」 

 政府がオスプレイの安全確保策で米政府と合意し、「安全宣言」したことに、県内自治体の首長らは「安全確保策は骨抜きだ」「県民大会の民意を反映せよ」などと、いっせいに反発の声を上げた。

 儀武剛金武町長は「県民の民意に応えようとすることなく、強行する姿勢に強い憤りを感じる。
(政府は)米国の追随であり、自らの主体性のなさを露呈した」と強く批判した。
伊集盛久東村長は「まだ安全と思える状況ではなく、安全宣言には納得できない。国外で運用するなどして、しっかり安全性を証明してほしい」と訴えた。

 オスプレイ配備で訓練増加が懸念される伊江村の大城勝正村長は「安全性への疑念は払拭(ふっしょく)されたとはいえず、合意事項が守られるかも疑問が残る」と不信感を示した。

 東門美津子沖縄市長は「政治の一番の責任である国民の安全を放棄する政府の態度は残念でならない」と述べた。
當山宏嘉手納町長は、提示された再発防止策について「これから実施されるもので、安全性が検証され、確立されたものではない」と切り捨てた。

 浜田京介中城村長は「米国の百パーセント言いなりの政府には、国防を担っている沖縄県として百パーセントの怒りしかない。(配備を)黙って見過ごすわけにはいかない」と配備反対の方針を堅持する考えを示した。

 県町村会会長の城間俊安南風原町長は「日米両政府の『安全宣言』であって、県民は全く安心できない」と不信感をあらわにした。「県民大会に結集した10万人余の悲壮な決意を、両政府はきちんと受け止めてほしい」と訴えた。

  沖縄タイムス

希少 リュウキュウウラボシシジミ (沖縄)

伐採地に希少チョウ リュウキュウウラボシシジミ
null
伐採後の現場で確認されたリュウキュウウラボシシジミ
=17日、国頭村辺戸(宮城秋乃さん撮影)

null
リュウキュウウラナミジャノメ
=2010年9月29日、国頭村辺戸
(宮城秋乃さん撮影)

 環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定され、
本島北部や西表島に分布するチョウ「リュウキュウウラボシ
シジミ」が、国頭村辺戸の森林伐採地で19日までに
確認された。

 日本蝶(ちょう)類学会会員の宮城秋乃さん(33)が17日、
同村辺戸で1匹を確認、撮影した。

 このチョウは昨年10月に東村高江で多数の生息を確認しているが、宮城さん自身が伐採地で確認したのは初めて。

 台風などの影響で運ばれる「迷蝶」ではなく、幼虫の食草もあることから、複数生息している可能性が高いという。

 一方、石川以北に生息する準絶滅危惧種の「リュウキュウウラナミジャノメ」も同伐採地で確認。
同地域は、県内の他地域と比べて多数生息している貴重な場所だとして、やんばるの森の保護の重要性を訴えた。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time11:38

反対 普天間で (OKINAWA)

オスプレイ反対 普天間で通行妨害
null
普天間飛行場に入ろうとする米軍関係車両の前に
立ちはだかる市民=20日午前7時16分、宜野湾市大山

 米軍普天間飛行場の大山ゲート前で20日朝、オスプレイ配備に反対するうるま市の男性(62)が横断幕を掲げ、米軍関係車両の前に立ちふさがった。
約45分にわたって計3台の車の通行を止めたが、最終的には宜野湾署の説得に応じて引き揚げた。

 男性は「死者が出る前に、誰かがオスプレイを止めなければ
ならない。反対する個人が立ち上がって体を張れば、基地は
使用不能になる」と語った。

  沖縄タイムス

燃料不要ごみ処理機 久米島で全国初 (OKINAWA)

燃料不要ごみ処理機導入 久米島で全国初
null
電磁波を発生させてごみ処理する「低温熱分解処理機」
を視察する久米島町議員ら=町クリーンセンター

 【久米島】
全国で初の燃料不要「低温熱分解処理機(LTD)」が町クリーンセンターに導入され10、11の両日、町議員らがその効果を視察した。

 電磁波を発生させ処理するLTDは、生ごみやプラスチック、医療廃棄物、タイヤなど有機系廃棄物を分別する必要がなく一緒に投入することができ、処理中に黒煙や異臭はほとんど発生しないのが特徴。

 総販売元のジェイ・ケイ・エスの坂憲和副社長は「有機系廃棄物は、磁気性低酸素雰囲気下で低温(350~450度)熱分解を受け、最終的にはセラミック灰として取り出され、
建築資材や植物生育促進剤として使用できる」「LTDは焼却炉のような燃焼方式ではないため自治体への設置許可の届け出は必要ない」と説明した。

 視察した喜久里猛議長は「久米島の漂流ごみ・ペットボトルなどの処理に有効に発揮できる」と語った。


  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time11:27

オスプレイ あすにも飛行 (OKINAWA)

オスプレイ あすにも飛行 国内運用「宣言」
null
オスプレイの「安全宣言」ポイント

 【東京】
日米両政府は19日、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの国内での運用に関し、外務、防衛当局者による日米合同委員会を外務省で開催し、低空飛行訓練時の高度制限などを柱とする安全確保策で正式合意した。
これを受け、森本敏防衛相と玄葉光一郎外相は官邸で会見し、国内での飛行運用を認める「安全宣言」を発表した。
機体の安全性については独自の事故分析などを踏まえ「特に危険と考える根拠は見いだし得ない。
安全性は十分に確認された」としている。
米軍は普天間飛行場での10月中の本格運用に向け、21日にも一時駐機先の米軍岩国基地(山口県)で試験飛行を開始する。

 日米両政府は安全確保策で沖縄を含めた本土の関係自治体の理解を得たい考え。
一方で、関係者によると19日合意の日程は当初から想定されていた可能性もあり、県内では「配備ありきだ」と反発がさらに
強まりそうだ。

 森本氏は普天間での本格運用時期の見通しについて「機体の機能確認、操縦士の習熟訓練、(関係自治体やマスコミ向きの)体験搭乗の3種類のフライト後に順繰りに沖縄に飛ぶ。
10月初旬に(本格運用のための)すべての能力を持つのは少し無理があると思う」との認識を示した。
米軍側には普天間に第一陣が移動する時期を今月28日とする案もある。

 玄葉氏は運用後に安全性に最大限の配慮を米側に求め続ける姿勢を強調し「合意の実施も合同委でフォローしていく」と述べた。

 日米が合意した安全策は(1)低空飛行訓練は通常は米軍機に適用されない航空法の安全高度(150メートル以上)を守り原発施設や史跡、人口密集地の上空は回避する(2)ヘリコプターモードは運用上必要な場合を除き基地上空に限定し、飛行が不安定との指摘のあるプロペラを斜めに傾ける転換モードでの飛行時間は可能な限り短くする(3)普天間周辺の騒音防止のため夜間飛行訓練はシミュレーターの使用などで必要最小限にする-など。

 沖縄の負担軽減のため本土への訓練移転の可能性検討も盛り込んだが、具体的な内容は今後協議される。
機能の不備が指摘されているエンジン停止時に着陸するためのオートローテーション(自動回転)は「機能自体は保持している」と従来見解を堅持。
普天間飛行場でも既存の場周経路(飛行ルートや高度)で
対応は可能とし、見直しは見送った。

  沖縄タイムス

全鉄道走破 40年かけ首里駅でゴール(OKINAWA)

全国の全鉄道走破 40年かけ
佐藤さん、首里駅でゴール

null
<全鉄道走破>駅長から贈られた証明書
を手に喜ぶ佐藤尚樹さん(右)
=19日、那覇市の沖縄都市モノレール首里駅

 日本全国にある全鉄道の全路線を乗りつぶす鉄道ファンのことを通称「乗り鉄」と呼ぶ。
いわゆる「乗り鉄」の佐藤尚樹さん(48)=大阪府=が、自身の誕生日である19日、ゆいレール首里駅で日本全国全路線完全走破を達成した。
佐藤さんは小学校2年生から挑戦を始め、40年かけて全路線走破の夢をかなえた。

 那覇空港を出発したモノレールが午前9時16分に首里駅に到着すると、横断幕を手にした駅員らが「おめでとう」の声とともに佐藤さんを迎えた。
駅員に盛大に迎えられ、少し照れくさそうな佐藤さんは、満面の笑みで「ありがとう」とあいさつした。
全路線走破を記念し、小黒輝雄駅長から「9月19日、9時19分」と佐藤さんの誕生日に合わせた達成日時が記された
完全乗車達成証明書が贈られた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time11:15