2012-09-14



長寿の絹糸かりゆしに 新100歳 (沖縄)

長寿の絹糸かりゆしに 新100歳の平良さん、半世紀保存
null
平良ウトさん(前列中央)の糸で作られたうらそえ織のウエアを身に着ける秀敏さん(同右)、秀昭さん(同左)=11日、宜野湾市の高齢者賃貸住宅よつ葉の里

 【宜野湾】
10月5日に100歳の誕生日を迎える平良ウトさん(99)=大宜味村謝名城出身、宜野湾市在=が今から50年近く前、石垣島で織物をしていたころに紡いだ絹糸を使って、うらそえ織結の会(比嘉英子会長)が色とりどりのかりゆしウエア4着に仕上げた。

 さまざまな経験と思いが込められ、長年大切に保管された「長寿の糸」で作られたウエアは11日、息子や孫に贈られた。
平良さんは「何とも言えない気持ち。いいのができた」と目を細め、袖を通した三男秀敏さん(70)、孫の秀昭さん(42)は「肌触りがいい」と喜び、新100歳のお祝いの日にそろって着る予定だ。

 大正元年生まれの平良さん。芭蕉布が有名な大宜味で幼少時に織物の技術を身に付け、15歳から静岡の紡績工場で働いた。
結婚後、南洋のパラオへ渡り、戦時中は幼い子どもたちを連れて防空壕を逃げ回るつらい日々も経験した。

 戦後は謝名城に引き上げた後、1953年に家族で石垣に移住。石ころだらけの畑を耕し、陸稲や落花生、パイン、サトウキビなどを作りながら、子ども7人を育て上げた。

 平良さんが約50年前に始めた養蚕の糸が昨年まで住んでいた石垣の家で見つかったことを機に、結の会に相談。
半世紀近く前の古い糸を織子らが精練し、フクギで下染めした後、光沢のある緑や青、からし色のウエアが完成した。

 息子3人と孫のウエアの完成に、平良さんは「自分でもよく糸を取っていたと思う。木綿と違っていつまでも残る」と喜んだ。

 今も元気で針仕事が趣味の平良さん自身にも、結の会から巾着や布が贈られた。織子の金城良子さん、池原恵子さん、粟国佳美さんは「健康と長寿のパワーをもらった」と語った。


  琉球新報

海渡り漁民知る 、カヤックで到着 (沖縄)

海渡り漁民知る 運天さん、カヤックで鹿児島から到着
null
鹿児島から沖縄までシーカヤックで渡った運天陵さん
(写真中央)=13日、宜野湾市のトロピカルビーチ

 宜野湾市出身で高知大学大学院に通う運天陵さん(24)が鹿児島県南九州市から沖縄までの海をシーカヤックで渡った。
13日に宜野湾市のトロピカルビーチに到着し、家族らに出迎えられた。運天さんは「途中で立ち寄った島でたくさんの人と交流したのが一番の思い出だ」と話した。

 運天さんは大学院でフィリピンの漁民文化を調査しており、日本の漁民についても詳しく知りたいと考えて海を渡ることを決めた。

 8月7日に南九州市を出発。トカラ列島や奄美諸島を経由して沖縄を目指した。海ではウミガメやイルカに出会うこともあったという。

 運天さんは「大変なこともいっぱいあったけど、いろんな人と交流できて楽しかった」と振り返った。父親の衛さん(47)は「無事に到着して良かった。自分の目標を持って頑張っているのは素晴らしいことだ」と目を細めた。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time18:46

台風16号 900ヘクトパスカル (OKINAWA)

台風16号 900ヘクトパスカル、
宮古と本島あす夜暴風域の恐れ

 大型で猛烈な台風16号は14日午前9時現在、フィリピンの東約800キロの海上にあり、強い勢力を維持したまま、時速15キロで北に進んでいる。中心気圧は900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートルで最大瞬間風速80メートル。


琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryお知らせ  time18:40

県内100歳以上、10万人当たり881人 (OKINAWA)

県内100歳以上、10万人当たり881人 
全国5位に後退
 

県福祉保健部は14日、県内の100歳以上の高齢者数、長寿番付などを発表した。100歳以上の高齢者は9月15日時点で881人に上り、前年より39人少なかった。
人口10万人当たりの100歳以上人数は62・88人と全国5位。前年の2位からさらに順位を下げた。
最多は高知県の78・5人で、2位は島根県の77・81人、3位は山口県の67・27人、4位は鹿児島県の65・8人だった。沖縄は1973年以降1位が続いたが、2010年に2位に転落した。

 県内最高齢は110歳で、女性3人男性1人の計4人が並んでいる。

 県高齢者福祉介護課は順位の下落について「詳しい分析はこれからだが、人口が減っている他都道府県に比べて沖縄は人口が増加し、若年人口の割合が高い点も一因ではないか」と話している。

 100歳以上の内訳は男性が104人で前年に比べ13人少なくなった。女性は777人で26人減少した。



【琉球新報電子版】


authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time18:38

 イカそよぐ 南城・奥武島 (OKINAWA)

太陽ギラリ イカそよぐ 南城・奥武島
null
 強い日差しが照りつけた13日、南城市玉城の奥武島では、島の女性がトビイカを天日干しする姿が見られた=写真。度重なる台風襲来で漁に出られなかったため、いつもの年よりイカが少ないという。

 有刺鉄線にイカを干していた知念照子さん(73)は「台風16号の接近で天気が崩れる前に、早く干さないと」と話した。天日干しのシーズンは7月ごろに始まり、10月ごろまでの3カ月間。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time12:55

宮古島市総合博物館友の会と交流(多良間島・宮古島)

宮古島市総合博物館友の会と交流/多良間文化協会
手作り料理と芸能でもてなす

null
普天間御嶽で垣花さんの説明に耳を傾ける
博物館友の会のメンバー

 600年前の歴史が色濃く残る多良間村(下地昌明村長)は、豊かな自然と芸能、生活文化を併せ持つ貴重な島。
2011年には村(多良間島・水納島)全体が県立自然公園に指定された。中でも多良間島は島の外周に沿って植物群落が分布、白い砂浜やリング状のリーフが一体となって独特の景観を醸す。また、県の文化財に指定された「抱護林」は、仲筋宮良区の郊外トゥカパナ山を起点に塩川の白嶺山を終点として長さ1・8㎞あり、村落を抱き護る緑の帯となる。1976年に国指定文化財となった

2日間に渡って交流した博物館友の会と多良間文化協会の会員=7月28日、高穴公園(宮古市の森)
「多良間の豊年祭」(八月御願)は、旧暦8月8日から3日間行われる島の一大民俗芸能。今年は9月23日から行われる。来年は村制100周年を迎える。

 1987年発足した多良間文化協会。発足当初から会長を務めてきた元教育長の本村恵眞さんが5年前勇退し、現在、池城三千雄会長を中心に役員も若返り、活動も活発になった。
7月28日夕、村中央公民館で宮古島市総合博物館友の会の皆さん16人を迎えて交流会を開いた。
会員らの釣果によってテーブルには大皿の刺身が並び、女性会員による手料理、舞台演芸など手作りのもてなしとなった。
翌29日は水納島の見える高穴公園(宮古市の森)でソーキソバを振る舞い、楽しい交流会となった。

 同会は、方言かるたの制作を進める中で貴重な島言葉を残そうとする活動を始め、芸能の島にあって今月25日には「第11回シュンカニ大会」が開催された。
池城会長は「10年ほど中断していたが、これからオリンピックの年に開こうということになった」と話す。
島を代表する芸能グループ「群星」は1982年に発足し、村のさまざまな行事に花を添える。
この日も6人のメンバーが舞台で数々の歌を披露した。
10月には東北のチャリティー公演に出演する。

 島は9月23日から始まる「八月踊り」に向けて動き出した。10月には、字塩川の芸能が国立劇場おきなわで披露される予定。

  

  宮古毎日新聞 
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:11

島の歴史と自然の深さに感嘆 (宮古島市・多良間島)

島の歴史と自然の深さに感嘆
/宮古島市総合博物館友の会
ふるさと民俗学習館の垣花さん案内

null
普天間桟橋の北方にある砂浜に真保那璃の枕石(手前)

 島の生き字引、垣花昇一さんの案内で二日間、37カ所を巡った「多良間島歴史の旅」。初日は島の外周にある史跡を巡った。最初に訪れたのはフタツガー遺跡。農道を割り込むようにバスを走らせた多良間文化協会の比嘉英秀さん。既に崩落の危険が迫っている遺跡は、普段住民も寄りつかない。

 1976年に建立された「報恩之碑」は、姉妹都市として交流を始めるきっかけとなった岩手県宮古市との歴史にあった。
1859年、高穴海岸付近で座礁した岩手県の商船善宝丸の乗組員を島民が救済したという文献が見つかったことによる。
2003年、新空港が開港したことで、旧飛行場は現在原野になっている。
その片隅に建つ「ランパート滑走路」記念碑は、雑木の中に碑面だけを表していた。アメリカの統治下にできた滑走路で当時の高等弁務官の名が付いた。

 この後、真保那璃の墓といわれる「フタッジウガム」、普天間御嶽、航海安全を祈願する「イビの拝所」、多良間シュンカニの歌碑とウェーンマ像、オランダ商船遭難の地、金志川豊見親の香炉があったとされる大岩の「アラダトゥヌ・コール」、女傑砂川のオーガマ・クイガマを埋葬したとされる「パイヌジヌコール」などを訪ねた。

 600年前の石工技術示す記念物として重要な「ナガシガー」、明和の津波の名残といわれる「ヌツタスキ トゥンバラ」、おきなわの名木に選定された多良間小学校のセンダン、塩川のフシャトガー、塩川御嶽、運城御嶽、宮古遠見台、泊御嶽、嶺間御嶽などを巡った。

 翌日は、最も古いとされるシュガーガーや塩川の八月踊りが行われる「ピトゥマタウガン」、集落内源河家の裏にあるマブナリヌコール、1700年代、真言宗の僧・心海が居住して修業しながら島民たちを教導したと伝えられる寺山の遺跡、アマガー、土原豊見親のミャーカ、多良間神社、1500年代騒乱時代の勇者・金志川金盛を供養したといわれるウツバルウガム、スツウプナカの祭事が行われるシュレーウガム、津波伝説のあるブナジェーウガム、八重山の遠見台などを巡った。

 参加した友の会員は、ハードなスケジュールの中、島の歴史と自然の深さに感嘆の声を上げていた。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:03

「元気で楽しい人生を」/健康長寿祝う (宮古島・沖縄)

「元気で楽しい人生を」/盛大に健康長寿祝う
城辺など3地区、南静園で敬老会

 宮古島市が主催する敬老会が13日、城辺、下地、上野の3地区と国立療養所宮古南静園で実施された。下地敏彦市長をはじめ、多数の来賓が出席し、宮古圏域の発展に尽力した地域の先輩方の末永い健康と長寿を願った。

城辺地区(1923人)null
子どもたちの踊りのプレゼントに笑顔で拍手を贈る
高齢者の皆さん=13日、城辺公民館

 城辺地区の敬老会は午後3時30分から城辺公民館で行われ、宮古島市をはじめ県議や市議、自治会長ら多数の関係者が来場して1923人の長寿を祝った。
同地区で今年敬老会入りした高齢者は計67人。

 式典の部で下地敏彦市長は「城辺には元気な70歳以上がたくさんいる。これからも元気で楽しい人生を送りながら、子や孫、何より自分のために頑張っていただきたい。
宮古島市も頑張りますので、皆さんの知識と経験を教えてほしい」と話して祝福を込めた。

 宮古島市議会の平良隆議長は「皆さんが長生きすることで、
城辺地域はますます発展する」と期待。
座喜味一幸県議は「激動の時代を乗り越えながら私たちを育ててくれた皆さんに心から感謝します。先輩方の苦労をしっかりと子や孫に伝えたい」と述べた。

 新70歳を代表して根間多賀生さんが「先輩の皆さんの指導のもとで年齢を重ねていきたい」と話した。
 式典後は余興の部が開かれ、保育所の園児や婦人会が踊りを披露し、1923人の長寿を祝った。

下地地区(748人)
null
舞台で元気に踊る子どもたちに大きな拍手を送るお
年寄りたち=13日、下地農村環境改善センター

 下地地区の敬老会は下地農村環境改善センターで開かれ、参加したたくさんの年寄りたちを地域全体で盛大に祝福した。
舞台では婦人会や子どもたちによる各種余興を行い、地域のお年寄りたちと楽しい時間を過ごしながら、長寿と健康をあやかった。

 下地地区の70歳以上の敬老者は748人(男性295人、女性453人)。100歳以上は4人(男性2人、女性2人)で最高齢は104歳。新会員は34人(男性12人、女性22人)。

 主催者を代表して下地敏彦市長が「7月に与那覇湾がラムサール条約に登録されたのも皆さんが地域で頑張ってきたおかげ。市としてもこれから皆さんが住み慣れたこの地域でいつまでも元気で安心して暮らせるように高齢者福祉の充実強化に取り組みたい」とあいさつした。

 そのほか、平良隆市議会議長と座喜味一幸県議会議員が、お年寄りたちのさらなる健康長寿と、市の発展に対する今後の支援と協力を呼び掛ける来賓祝辞を行った。

 新会員を代表して川満廣俊さんは「皆さんの仲間入りができてうれしく思う。これからも元気で明るく楽しい毎日が遅れるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 舞台で、下地保育所の園児や地域の児童生徒らが、元気な踊りを披露すると、年寄りたちは笑顔で大きな拍手を送っていた。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:46