2012-12-03



宮古上布、宮古織りの魅力発信(OKINAWA)

宮古上布、宮古織りの魅力発信─糸車ショー
null
 ファッションクラブ糸車 (渡久山和子代表) の第3回糸車ファッションショー 「輝く宮古伝統文化の創成」 が1日、 パイナガマホールで行われ、 宮古上布や宮古織りを生かした最新のかりゆしウエア、 ワンピース、 ミニベスト、 ジャケット、 ブラウスなどが披露され、 詰めかけた大勢の観客を魅了した。

 同クラブは、 宮古上布・宮古織りの普及発展と、 若手後継者の育成を目指して活動。 年に1回ファッションショーを開き、 活動の成果を披露している。 3回目となった今回は、 県立宮古工業高校の生徒たちも作品を提供。 またショーの前に、 沖縄本島でモデルとして活躍する伊禮麻里子さんを講師に招き、 ランウエイでのウオーキング法についても指導を受けた。

 オープニングでは渡久山代表が「今回は、輝く宮古伝統文化の創成を掲げ、 宮古上布、 宮古織りの普及発展はもとより、 若手後継者の育成にも心掛けた。
地元デザイナーの感性を生かした創造性豊かな作品を数多く準備しており、 満足していただけると思う」 とあいさつ。
下地敏彦市長も宮古上布のシャツとシルクを素材にした宮古織りのネクタイを着てあいさつに立ち、 「ファッションショーで宮古上布と宮古織りの素晴らしさを紹介していただき、 ありがたい。 作り手だけではなく、 私たちも宮古の素材で作った服を着て宣伝しよう」 と呼びかけた。

 ショーは3部構成で行われ、 第1部は主にかりゆしウエアを紹介。 第2部ではロングコート、 ロングドレス、 ワンピース、 ツーピース、 第3部ではドレス、 和風ドレス、 パーティーブラウスなど色鮮やかで華々しい作品が次々と登場。
ランウエイを囲むようにしてショーの様子を見守っていた観客からは、 思わずため息も漏れるほどだった。


  宮古新報

海越え広がる友情 (東ティモール・今帰仁・OKINAWA)

海越え広がる友情 東ティモール・今帰仁の児童
null
民泊受け入れ家庭の児童から土産を手渡される東ティモールの児童たち=今帰仁村コミュニティーセンター

 【今帰仁】東ティモールの児童らの訪問団がこのほど村を訪れ、村内の児童や住民らと交流を深めた。11月18日には村コミュニティーセンターで歓迎式があった。
東ティモールと交流を進めるソプラノ歌手の宮良多鶴子さんが、団長のアルマンドさん(ラウテム県教育長)やラウリンダ教諭、
4人の児童を紹介。
宮良さんは「独立10周年を迎えた東ティモールは戦後の沖縄に似ている。東ティモールから児童が訪れるのは初めて。この交流はとても意義深い」と話した。

 舞台では、北山高校郷土芸能同好会が琉球舞踊を披露。村諸志出身の石嶺一也さんが三線、うちなー噺(はなし)家の藤木勇人さんもゲスト出演するなど多彩なプログラムで一行をもてなした。

 與那嶺幸人村長は「これを機に東ティモールと本村の児童が交流を深めていけるよう支援したい」と歓迎した。

 21日には村立天底小学校(座間味靖校長)の児童と交流。同校金管バンド部や4年生の比嘉海里さんらが三線を演奏。
宮良さんは東ティモールの児童養護施設の子どもたちが、食事もままならない現状の中でも、明るい希望を持ち生きる姿を紹介した。

 東ティモールの4人の児童は民族衣装の「タイス」をまとい、
頭に羽飾りを着け、伝統舞踊を披露した。

 児童を代表して6年の仲村渠雄太君が「交流学習で僕は習字を教えた。交流を通して友達の輪を広げ、平和について考えたいと思った」と礼を述べた。

 (赤嶺幸代通信員)

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time14:51

「那覇飛躍の一歩に」 (翁長市長、沖縄)

「那覇飛躍の一歩に」 翁長氏、
那覇市長就任式で抱負

null
那覇市長就任式で職員から花束を受け取る翁長雄志氏(右)
=2日午前、那覇市銘苅の那覇市役所仮庁舎

 11月11日投開票の那覇市長選で4選を果たした翁長雄志市長の就任式が3日午前、那覇市上之屋の市役所仮庁舎前で開かれた。市職員が集まり、花束を贈るなど、翁長氏の就任を祝福した。

 翁長市長はあいさつで、来年1月に予定する市役所新庁舎での業務開始や同年4月の中核市移行に触れ「職員もやりがいを感じると思う。力を合わせて頑張り、那覇が飛躍する一歩にしたい」と抱負を述べた。

 翁長市長の任期は1日から4年間。


【琉球新報電子版】


authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time13:24

NAHAマラソン (OKINAWA)

NAHAマラソン:大中が連覇 女子は廣瀬
null

 太陽と海とジョガーの祭典、第28回NAHAマラソンが2日開かれ、南部5市町を通る平和祈念コース(那覇市の明治橋交差点~奥武山陸上競技場)の42・195キロを2万4333人が走った。

 大中健嗣(29)=京都府=が2時間27分3秒で昨年に続き優勝。女子は初出場の廣瀬光子(38)=東京都=が2時間51分52秒で初制覇した。

 午前9時、プロ野球巨人軍の宮國椋丞(りょうすけ)投手と翁長雄志那覇市長が「万国津梁之鐘」を突き、ジョガーは雨が降る中、元気よくスタート。

 沖縄気象台によると午前8時31分までの1時間に那覇市で10・5ミリのやや強い雨を観測した。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time10:07

カラスの「カーコ」 (宜野座・沖縄)

カラスの「カーコ」餌おねだり 宮城さん宅を毎日訪問null
宮城秀雄さんから餌をもらうカラスのカーコ
=11月15日、宜野座村松田
 【宜野座】
宜野座村松田に住む陶芸家、宮城秀雄さん(74)の庭で、カラスの「カーコ」が子犬や猫と戯れ、手から餌を食べる姿が、訪れる宮城さんの知人や友人を楽しませている。

 鳴き声から名前をとった「カーコ」は5月に、宮城さんが知人から引き取った。小さい間は籠で育てられ、宮城さんからもらった餌で成長した今は、自由気ままに松田付近を飛び回る。

 カーコの1日は、午前6時ごろ庭に訪れて「カーカー」と朝を告げることから始まり、宮城さんから朝食をもらった後は、午前中は庭で過ごす。

 猫のしっぽをつついてからかい、動き回る子犬の遊び相手にもなっている。時折、ティッシュペーパーを破って散らかすいたずらもするが、夕方になると宮城さんの膝に乗り、「カー」と催促しながら夕食をもらう。

 カーコと過ごす毎日に宮城さんは「黒くて不気味という人もいるが、かわいい家族だよ。最近は彼女もつれてくるよ」と目尻を下げる。
 カーコの姿は陶芸仕事の疲れを癒やし、家族の楽しみにもなっている。妻の愛子さん(70)も「しぐさもかわいくて、訪れる客も写真をたくさん撮ってくれるよ」と笑顔で話した。



琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category徒然日記  time09:59

下地勇デビュー10周年(宮古島・沖縄)

下地勇さん、デビュー10周年公演締めくくる
null
10周年記念公演で熱唱する下地勇さん
=11月30日夜、 浦添市てだこホール

【那覇支局】
宮古島出身の歌手・下地勇さんのデビュー10周年を記念したコンサート 「~No Limit~」 が11月30日、 浦添市てだこホールで行われた。 10月の古里・久松での凱旋ライブに続くコンサートでは23曲を熱唱。 会場には大勢の郷友らが来場し、 優しく心に響く下地さんの歌声に酔いしれた。

 同ホールは下地さんの初ライブ会場だったという浦添市民会館があった敷地に建つ。 思い出深い場所でのコンサートは、 ミャークフツで歌う 「開拓者」 で幕を開けた。 デビュー曲 「我達 (ばんた) が生 (ん) まり島 (ずま)」 や 「一粒の種」、 「おばぁ」 など代表曲を披露した。

 下地さんは 「皆さんの支えのおかげで、 こうやって歌うことができている。 10年間、 本当にありがとう。 これからもよろしくお願いします」 と感謝した。 会場には幅広い年代のファンが集まり、 力強く、 情緒豊かに歌い上げる下地さんのステージを心行くまで堪能していた。



  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time09:53

竹富診療所 (八重山・沖縄)

旧施設より1.5倍の広さエックス線も導入へ
年度内に医師住宅も
 
null【竹富】
竹富町立竹富診療所の開所式が1日午前、同所で行われた。
旧診療所の老朽化に伴い隣接して新築されたもので、週明けから診察が始まる。開所式には大勢の地域住民や関係者が参加し、新しい診療所の完成を祝った。
町では年度内にもエックス線機器の導入と旧診療所を解体し、旧診療所跡地で医師住宅新築工事に着手することにしている。

 新診療所は鉄筋コンクリート造り赤瓦屋根平屋建て。敷地面積633平方メートル。延べ床面積は160平方メートルで、旧診療所の約1.5倍の広さとなっている。総事業費は5300万円。

 旧診療所は1978年に建築。2009年4月~11年4月までは常駐医師の不在で県立八重山病院や黒島診療所の医師が巡回診察を実施。11年4月に掘田洋夫医師が着任したことで、新築する運びとなった。

 新しい診療所には、感染症にも対応できる特別室もあり、診察室や処置・点滴室なども個別に設けられている。エックス線室なども整備されており、年度内に撮影機器を導入する。

 また、砂浜でけがをして診療所に搬送される観光客も多いことから、砂や潮を洗い流すために外部から直接洗い場に入る出入口も設置されている。

 開所式ではテープカットのあと、川満栄長町長が「これまで不便をかけていた診療もある程度、改善されると思う」とあいさつ。

 大山栄一公民館長も「島民の健康を預かる拠点施設が改築されてこれほどうれしいものはない」と喜んだ。

 掘田医師は「内部がゆったりしていてエックス線機器も導入するなど、診療態勢が従来より強化された」と話した。

 式典終了後は施設見学が行われた。町は来年度には黒島診療所の改築を行う予定。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:49