2012-12-28



アイナーヨイ 家族から引き継ぐ(登野城・八重山)

登野城でアイナーヨイ 家族から伝統引き継ぐ
null
富永実紀さん・明美さんが挙式

 伝統的な婚礼の儀式、アイナーヨイが26日午後、石垣市登野城で行われ、富永実紀さん(35)と高良明美さん(35)=いずれも会社員=のカップルが友人や親類から祝福を受けた。
明美さんは1男4女の末っ子で、4人の兄姉もアイナーヨイで挙式。
実紀さんの両親もやはりアイナーヨイを経験しており、母親の美代子さん(64)は目を潤ませながら親子2代にわたる伝統的な挙式を見守った。

 2人は小学校時代の同級生。卒業後は二十歳のときに1度会ったきりだが、去年、同じ店でそれぞれ別の模合をしているところで偶然に顔を合わせて付き合いが始まった。2人は「笑いが絶えない明るい家庭を築きたい」と話していた。

 アイナーヨイでは、婿が嫁の自宅を訪問する「嫁取り」の儀式があり、実紀さんは午後2時すぎに登野城の自宅を出て、大川にある明美さんの実家を訪ねた。

 その約40分後、2人を乗せた車が実紀さん宅に戻り、和装姿の明美さんが車を降りると、待ちわびていた親族や友人から祝福の声が上がった。

 美代子さんは45年前に白保の実家から嫁に来ており、夫の実男さんは1995年に他界。美代子さんは「45年前、私も同じようにアイナーヨイで白保の実家から富永家に嫁に来たので、息子にもそうしてほしかった。夫が元気でいれば、この日をとても喜んだと思う」と目を潤ませた。

 八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time18:23

新閣僚に県外要請 (OKINAWA)

知事、新閣僚に県外要請 具体的な回答なし
null
小野寺五典防衛相(左端)に普天間飛行場の県外移設など基地負担軽減を求める仲井真弘多知事(右から3人目)ら
=27日、防衛省

 【東京】仲井真弘多知事は27日、新たに発足した安倍晋三内閣の防衛、外務、沖縄担当、官房長官ら新閣僚を訪ね、米軍普天間飛行場の県外移設や日米地位協定改定など基地負担軽減を要請した。
各閣僚ともに具体的な回答はなかったものの、仲井真知事は記者団に対し「今回はあいさつで、具体的返答を期待していない。年が明けていろんな形で要請をやっていく」との考えを示した。

 小野寺五典防衛相は衆院選で自民党議員がゼロから4人に増えたことに触れ「強力な味方ができた。(知事を含め)沖縄の気持ちをたくさん聞かせてほしい」と沖縄側との対話を強調したが、普天間の県外移設の要請には具体的に回答しなかった。

 岸田文雄外相も沖縄担当相の経験を強調し「沖縄の協力、理解が大変重要。信頼を回復したい」と述べるにとどめた。

 仲井真知事は一連の面談後、記者団に対し、政府が名護市辺野古移設に向けた公有水面埋め立て承認申請を提出した場合について「基本的に(県外を求める立場について)私は変わらない」との姿勢をあらためて表明した。

 一方で、県政与党でもある自民党が政権を奪還し、県選出・関係の同党衆院議員が増えたことで「国とのパイプが太くなったという実感はある」と今後の国との対話に自信をのぞかせた。

 同日は菅義偉官房長官、山本一太沖縄担当相とも面談し、基地負担軽減に加えて3千億円規模の2013年度予算確保や那覇空港第2滑走路の早期整備など沖縄振興についても要請。
国場幸之助、比嘉奈津美、宮崎政久の衆院議員3氏と島尻安伊子参院議員、佐喜真淳宜野湾市長が同行した。

  沖縄タイムス

「島唄ものがたり」映画撮影(OKINAAWA)

宮沢さん出演「島唄ものがたり」映画撮影始まる
null
「THE BOOM 島唄ものがたり」の撮影を始めた真喜屋力監督(中央)と、出演する宮沢和史さん(左隣)
=27日、読谷村の座喜味城址公園内

 【読谷】来年3月の沖縄国際映画祭に出品予定の地域発信型映画「THE BOOM 島唄ものがたり」(真喜屋力監督)が27日、読谷村の座喜味城址公園で撮影を開始した。

 琉球音階を使い、国内外でヒットしたTHE BOOMの「島唄」の短編ドキュメンタリー。島唄のウチナーグチバージョンのプロモーションビデオを撮影した真喜屋さんが監督し、作詞・作曲した宮沢和史さんや県民の島唄をめぐる思いを撮影する。

 真喜屋監督、宮沢さんはクランクインを前に公園内のくるちの杜で会見し、「沖縄の未来につながる作品をつくりたい」と映画をアピールした。

 島唄はリリースから今年で20年。宮沢さんは「20年前まで沖縄戦や集団自決(強制集団死)を知らなかった自分に対する怒りがあり、島唄をつくった。沖縄を知ることは日本を知ること。子どもたちに未来を託したい」と話した。

  沖縄タイムス

コスモス満開 (中城・沖縄)

地滑り復旧にコスモス満開 中城Tweet
null
コスモス畑で散策をする子どもたち
=中城村安里集落部西側の復旧地

 【中城】2006年6月に大規模な地滑りが起きた村北上原・安里地区の安里集落部西側の県道35号沿いの復旧地約2100平方メートルに、ピンクや白、紫色のコスモスの花が満開となっている。国道329号を挟んだ集落東側の下方からも美しい。 

 10月に約1万2千平方メートルの復旧地に村緑化推進協議会と安里子ども会・育成会が約10万粒の種をまいた。見ごろは来年1月上旬ごろまでという。

 風に揺れ右、左と波を打つ花畑は小道も設けられ近くの保育園児たちの花の観察コースにもなっている。

 比嘉大翔(ひろと)君(7)、前原玲奈さん(11)は「まるで花のじゅうたん。とてもきれい」とにっこり。前原かおり育成会副会長は「子どもたちも頑張っている。コスモス以外にも多くの花を育てたい」と話した。


(翁長良勝通信員)



  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time09:44

実践で職業観高める (高校生仕事クラブ ・宮古島)

実践で職業観高める 高校生仕事クラブが始動
null
紫イモのお菓子を販売するクラブ員
=市内平良のモトムラ和洋菓子店

 高校生が地元の食材を使って商品開発から調理製造、 販売、 経理まで一貫して体験し、 実践的な就業意識の向上を図っていく宮古島地域雇用創造協議会 (長濱政治会長) の 「高校生仕事クラブ」 が27日から活動を開始した。
null
本村さんの指導を受けながらお菓子を作るクラブ員

クラブ員の高校生が洋菓子店の指導やアドバイスを受けながら、 試験的に紫イモのお菓子を作って販売した。 参加したクラブ員たちはプロの技術を間近で学び、 接客や販売の難しさを体験していた。 今後は社会人の指導・助言も受けながら商品開発に取り組み、 実際に営業中の店舗を借りて営業販売まで行う予定。

 県の地域型就業意識向上支援事業として実施。 企業や社会人と高校生が連携し、 実践型で職業を体験できる機会をつくる。 高校生がプロの指導・助言を受けながら、 宮古島産の食材を活用して商品開発から仕入れ、 調理製造、 接客販売、 コスト管理など 「金銭をもらって商品を提供する」 というやりがい、 責任感を学んでいく。 ことし8月には、 テレビドラマにもなった三重県多気町の高校生レストランを仕掛けた同町職員の岸川政之さんを招き地元の高校生を対象に講演会を行っている。

 今回がクラブとして初めての活動となり、 モトムラ和洋菓子店で行われた。 県立宮古総合実業高校生活福祉科1年の川満香織さんと平良美歌さんが参加。 同菓子店の本村隆さんの指導を受け、 紫イモを使ったお菓子を作った。 蒸して2つに割ったイモの内側をくり抜き、 カスタードクリームとスイートポテトの生地を乗せ、 オーブンで芳ばしく焼き上げた。 2人は本村さんからお菓子づくりの基本を学び、 午後1時から限定200個で販売した。

 川満さんは 「楽しみにしていたけど、 緊張してレジで失敗してしまった」 と反省。 「岸川さんの話を聞いて参加した。 お菓子はとてもおいしそうにできた」 と話した。 お菓子づくりが趣味で、 将来はパティシエや料理人を目指している平良さんは 「あと2年間の活動で将来につながる力になると思う。 地元の野菜の食べ方が増えるような地産地消のお菓子を作りたい」 と意気込みを見せていた。

 同菓子店では生徒の職業体験を多く受け入れているが、 本村さんは 「良い企画だと思ったので協力できれば。 宮古では就職先が少ないので、 こうした機会に実際に仕事に取り組んで卒業後の進路に役立ててほしい」 と話した。



  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:36