2012-12-12



“パリ”で“おとーり” 新宮古ツアー(OKINAWA)

“パリ”で“おとーり” 新宮古ツアー
null
宮古島の地域資源をテーマにしたツアー商品「ずみっ!!
宮古島」のパンフレット

 【宮古島】航空券やツアーの企画・販売を行うJALJTAセールス(那覇市、上木東社長)の関係者らは10日、宮古島観光協会で会見し、新年度から同島の人間力をテーマにしたJ・TAPのツアー商品「ずみっ!!宮古島」を発売すると発表した。

 地元の人々と触れあい、宮古の魅力を紹介する計10メニューを用意。ツアーやホテルパックなどのオプションプランとしての活用を呼び掛けている。

 宮古の酒座の習慣である「おとーり」をガイド付きで実体験する「Let’sおとーり」や、畑仕事を手伝い高齢者との親睦を深める「パリ(宮古島の言葉で『畑』の意)へ行こう」など、地元の自然や文化、人などを活用したメニュー。

 各プランは料金や行程、日程、運営機関がそれぞれ異なり、女性や子どもも楽しめるシュノーケリングやゴルフの初心者向けツアーなども用意されている。

 同商品のパンフレットにはツアー紹介のほか、伝統祭祀(さいし)の解説や宮古口(方言)辞典などの読み物も記載され、観光ガイドとしても活用できる。

 同ツアーは来年4月から販売。問い合わせはJALJTAセールス、電話098(857)2111。



  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time12:01

北朝鮮ミサイル発射:県内被害なし(OKINAWA)

北朝鮮ミサイル発射:県内被害なし
null
北朝鮮ミサイル発射で対応に追われる防災危機管理課
の職員=12日午前10時9分、県庁

 北朝鮮が12日午前、事実上の長距離弾道ミサイルを発射したことを受け、県は同午前10時41分までに、全41市町村と電話やファクスで連絡を取り、被害がないことを確認した。
県警にも被害の報告はない。地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備されている那覇空港では、航空機が通常通り運航した。

 県は同午後0時45分から知事らが出席する危機管理対策本部会議を開く。

  沖縄タイムス

下地暁さん、ニューアルバム発表 (宮古島・沖縄)

下地暁さん、20周年記念ニューアルバム発表

null
 本格的に宮古島で音楽活動をスタートしてからことしで20年の節目を迎えたアイランダーアーティスト・下地暁さんが13日、ニューアルバム「Myahk(ミャーク)」を沖縄先行リリースする。
定価2500円。 島内ではTSUTAYA沖縄宮古島店、 響和楽器で販売される。
ホームページで通信販売も受け付けている。 来年1月13日からレコ発ライブも行い、 来年3月8日には全国発売する。

 今回のアルバムは数々のグラミー賞を受賞したGoh・Hotoda氏をプロデューサーに起用。 7月からレコーディングに入り、 このほど完成した。 参加アーティストもレベッカのNOKKO氏やキーボーディストのフィリップ・セス氏といった国際色豊かな顔ぶれとなっている。

 アルバムにはオリジナル曲や宮古民謡をアレンジした楽曲12曲を収録。 歌詞は全編宮古方言。 ピアノやストリングス系を主に起用したシンプルなサウンドに仕上がっているが、 三線の音色や波の音、 サトウキビが風に揺れる音といった島のエッセンスを随所に注入し、 宮古島ならではの空気感を作り出している。

 下地さんは 「いろんな人と共演することで宮古島の良さを表現でき、 いつの時代でも新鮮に聴けるサウンドに仕上がった。
ここでしか出せない空気感を一つのサウンドとして発信できれば」 と話した。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time11:22

寒い北海道で熱い踊りを/高校生ダンスチーム(宮古島)

寒い北海道で熱い踊りを/高校生ダンスチーム
「琉球」AJGダンスコンサートに出演へ

null
北海道でのダンスコンサート出演を目指し、練習に励む「琉球」のメンバー=10日、花園幼稚園

 今月16日に北海道室蘭市で開催されるダンススタジオAJG(奥田安子代表)主催の第16回ダンスコンサートに宮古の3高校の1年生7人で構成するダンスチーム「琉球」が出演する。

 同コンサートへの出演は、7月にAJGが宮古まつりのパレードに参加し、マティダ市民劇場で開催した「結いマールコンサート」では宮古の高校生たちのダンスグループが友情出演し、コンサートを盛り上げた。

 こうした交流を踏まえ、宮古島市と室蘭市は交流都市でもあることからAJGが「結いマールコンサート」に出演した高校生に出演を依頼し、今回の出演が決定した。

 出演するのは、宮古工業のブレイクダンスグループ「チャンプルー」と宮高と宮総実の生徒で構成する「少年時代」のメンバーで結成したダンスチーム「琉球」。

 メンバーは現在、AJGと交流のある花園幼稚園などで練習に励んでいる。

 キャプテンの砂川恵輔君(宮古工業)は「2つのグループが1つになったので最初は方向性の違いなどもあったが今は集中して練習に取り組めている。本番では自分たちも楽しめるし、北海道の人たちに負けない踊りを披露したい」と意欲を示した。

 また、出演するメンバーは、ダンス練習の以外にも渡航費を稼ぐためにアルバイトや親の手伝いなどにも精を出している。

 メンバーは14日に出発。16日にコンサートに出演して17日に宮古に戻る予定。

 琉球のメンバーは次の通り。
 砂川恵輔(宮工)▽砂川誉貴(同)▽平良政毅(同)▽下里昴弘(宮高)▽池間勇希(同)▽花城海斗(同)▽伊良部貴弘(宮総実)マネージャー=上地萌栞(宮総実)

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time11:04

2キロのクブシミ (OKINAWA fishing)

マリリン前、2キロのクブシミ

来年3月9日と10日に開催にされる「第2回オキナワ 
インターナショナル フィッシングトーナメント2013inとまりん」。そのプレ取材のために東京の釣り人社の取材陣が、
11月26日から28日の2泊3日で沖縄を訪れた。

 案内役は儀保順一さんと城間敏さんの2人。
初日の26日、日中は渡嘉敷港や阿波連漁港で200~500
グラムのアオリイカを釣った。
夜は大雨の中、儀保さんが1.5キロぐらいのタマンをエギングタックルタックルで釣り上げたところで、天候がさらに悪化したため中断。
翌27日の日中は阿嘉島に渡り、阿嘉港や慶留間漁港周辺で
200~600グラムのアオリイカやミーバイ、オーマチなどを釣り上げ、夕方から座間味島へと渡った。

null
11月27日、座間味島通称マリリン前ポイントで
2キロオーバーのクブシミを釣った城間敏さん

夕食後、座間味港近くにあるマリリン前ポイントでエギング開始。すると、1投目から城間さんに2キロオーバーのクブシミがヒット。その後も1キロのクブシミや400~600グラムのアオリイカが次々ヒットし取材を終えた。

null
12月7日、久高沖のボートエギングで1.3キロの
アオリイカを釣った田袋智恵理さん(海屋)

null
12月5日、西崎で41センチ、1キロほか、18尾の
ミナミクロダイを釣った宮城勝弘さん

null
12月6日、ヤンバル東海岸磯でアーガイやイラブチャー、
トカジャーを釣った渡慶次ノリ子さん

null
12月4日、那覇一文字で54.8センチ、2.97キロ
のガラサーミーバイを釣った松本玲央成さん

null
12月3日、名護海岸で5.16キロのクブシミを釣った
盛龍徳(左)と宇根良拓(放課後釣り部)

null
12月3日、喜屋武漁港でカーエーの30センチ級
を釣った徳元ジンさん(放課後釣り部)

null
2月8日、石垣島観音堂で69センチ、4.33キロ
のタマンを釣った下里肇さん(フィードマン)

null
12月8日、津堅沖で赤エビを餌に44センチ1.6キロ
のヨナバルマジクを釣った宮城一馬さん

null
12月9日、糸満海岸で60センチのコチを釣った
宮城梓さん

 今回から1泊2日で夜間のエギングを楽しめる。
また、ルアーのキャスティング部門も設けられ多くの
釣り人が楽しめる大会となった。

 毎年多くの釣り人が参加する「マルキューサンクスチヌ釣り
大会」。来年1月12、13の両日開催される同大会の受け付けが始まった。申し込み・問い合わせは日釣振加盟釣具店へ。



琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time09:38

ナイトバス那覇-北谷往復 (OKINAWA)

ナイトバス那覇-北谷往復 16日からTweet

 旅行業のホット沖縄(那覇市、白石武博社長)は16日から来年2月末まで、那覇市と北谷町を夜間に1日3往復する沖縄ナイトシャトルバスを運行する。
バスガイドが観光案内をしながら車内で三線演奏をするほか、
アメリカンビレッジの加盟店で乗車券を示せば特典が受けられる。
アメリカンビレッジなど夜でも楽しめる北谷町の魅力を生かして、那覇に滞在している観光客を中心に計2千人の利用を見込む。

 アメリカンビレッジでは11月から、エリア全体が電飾で彩られるクリスマスのイルミネーションを実施中。2月には週末を利用して北谷町の町産品を集めたフェスティバルが予定されている。

 北谷町商工会の長田英子さんは「日本一のクリスマスイルミネーションを目指して凝った演出がなされ、全体がおとぎ話のような世界になっている」とPR。
「2月のフェスティバルを機会に町産品についても広く知ってほしい」と来訪を呼び掛けた。

 沖縄ナイトシャトルは、当日午前10時までの事前予約制で、運賃は大人1200円、子ども800円。那覇市は県庁北口など2カ所、北谷町はホテル・ビーチタワー沖縄など2カ所に停車場があり、那覇発の第1便は午後3時45分発、北谷発の最終便は午後11時10分。

  予約と問い合わせは、
  電話098(861)5489、ホット沖縄予約センターまで。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:16

新玉ねぎ収穫始まる (宮古島・沖縄) 

新玉ねぎ収穫始まる  天候不良でまだ小ぶり
null
 冬春期の本土野菜生産地の端境期を狙った宮古産野菜の島外市場へ向けた収穫・出荷時期を迎えているが 「新玉ねぎ」 の収穫作業もはじまっている。

 今期の 「新玉ねぎ」 の栽培は9月10日頃からはじまった。
植え付け後の台風接近により一部の畑では被害を受けたが農家は肥培管理を徹底してきた。
まだ少しは生育の遅れも見られ、 農家は 「玉の太りが小さいが収穫できて一息つける」 と収穫作業に精を出している。

 昨年は11月下旬から 「あたらす市場」 には新玉ねぎの出荷があったが、 10日現在は店頭にない。 担当者は 「収穫作業ははじまっていると聞いている。 今週中には店頭に並ぶと思う」 と話している。

 10日午前、 上野新里地区で収穫作業に追われる生産農家は 「まだ小ぶりで玉の太りは欲しいが、 葉っぱが倒れ収穫の時期だ。 葉を落とし3~4日ハウス内で乾燥させ週末には出荷する。 雨が多いので晴天が1週間くらい続いて欲しい。
天気が良ければ玉も一気に太ると思う」 と、 曇天続きを嘆いていた。

 JAおきなわ宮古地区では今期約20人の農家が約270㌃で栽培、 70㌧の生産・出荷を目標にしている。 今季は今週から集荷場へ搬入・選別作業を行い、 来週には島外出荷する。 主に県内のスーパーに向けて出荷される。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time09:11