2012-12-01



三線 (OKINAWA)

三線 県伝統工芸品に指定
null
三線の県伝統工芸製品指定の通知書を交付された県三線製作事業協同組合の又吉真也代表理事(前列左から3人目)ら
=30日、県庁

 県は30日、14世紀に中国から伝来し沖縄独自の楽器として発展してきた三線を県伝統工芸製品に指定した。同日、県商工労働部の平良敏昭部長が県三線製作事業協同組合の又吉真也代表理事に通知書を交付した。
26品目の指定となり、県の諮問機関、県工芸産業振興審議会から「伝統芸能に不可欠な楽器で日常性価値に深く根ざした県民の精神文化を象徴する工芸品」として評価された。

 又吉代表理事は「先輩たちは何年も前から今日という日が来るのを待ち望んでいた。三線制作に磨きを掛け、その名に恥じないよう技術を高めて頑張りたい」とあいさつ。
念願の通知書交付を受け、同組合に所属する三線職人らが
「かぎやで風」を演奏し、喜びを表した。

 三線は外国産の安価な製品が市場に出回り、県内制作事業所の収益を圧迫している。県内産の伝統的な技術・技法を継承した三線のブランド力を高め、外国産との差別化を図ろうと、同協同組合が8月に、指定を申し出ていた。

 3回の専門部会と2回の審議会が開かれ、日常生活用品としての利用や、製造過程の手工業の割合、80年以上の歴史を持つのを条件とした伝統的な技術、技法などを審査。11月9日、指定がふさわしいと県に答申していた。

  沖縄タイムス

北朝鮮ミサイル発射 沖縄上空飛行か

北朝鮮ミサイル発射は10~22日 沖縄上空飛行か  

【平壌、北京共同】

北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は1日、人工衛星を10日から22日の間に、北西部東倉里の「西海衛星発射場」から打ち上げるとの談話を発表した。
朝鮮中央通信が報じた。4月に続く事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験。
南方に向けて発射するとみられ、沖縄など南西諸島や周辺海域の上空を飛行する恐れがある。

  琉球新報

「南方鰹漁の軌跡」  (宮古島・伊良部佐良浜)

「南方鰹漁の軌跡」出版祝賀会盛大に
null
著書の出版を祝うとともに、 鰹漁の継承・発展を祈念する
参加者たち=前里添多目的施設

 佐良浜のカツオ漁の起源と南海でカツオを追った漁師たちの業績を記した 「佐良浜漁師達の南方鰹漁の軌跡」=写真= (発行・宮古島市地域おこし研究所) の出版祝賀会が30日、 前里添多目的施設で開かれた。 多くの関係者が集い、 同書籍の出版を祝うとともに、 伝統のカツオ漁の継承・発展を願った。 著者の仲間明典さんは 「佐良浜漁師の南方での業績、 カツオ漁と共に生きた先人の努力と思いを後世に伝えることができれば」 と期待を込めた。

null
  =写真=

 祝賀会を企画した久高正春実行委員長は 「昔は南方漁が県内の6割を占めるなど、 戦後の島の経済を大きく潤した。
この本はカツオ漁の歴史と業績を記した第1級の資料に仕上がっている。 活用して島おこしにつながるよう期待している」 とあいさつした。

null
   仲間明典さん

 著者の仲間さんは 「先人への感謝、 島に恩恵と繁栄をもたらした鰹に敬意を込め、 頓首の思いで綴った。 先人たちの努力を記すことで、 これからのカツオ漁を担う若い世代に夢を捨ててはいけないことを伝えたい」 と語った。

 祝賀会では池間島のカツオ風土記 「カツオ万歳」 著者の川上哲也さんらが祝辞を述べたほか、 友利義文伊良部漁協組合長らが乾杯の音頭をとり、 出版を盛大に祝った。

 同書では沖縄における鰹漁のはじまりや、 戦前の南方鰹漁、 戦中や戦時下、 戦後の南方鰹漁、 尖閣諸島での鰹漁などの記録のほか、 当時の宮古の水産業などについて細かく記されている。 定価は1200円。

  同書籍に関する問い合わせは

   宮古島市地域おこし研究所
   (電話、 FAX78・3515、
  メールnakama-a@miyako-ma.jp) まで。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryお知らせ  time19:13

宮古上布の保存継承誓う(宮古島・沖縄)

宮古上布の保存継承誓う真屋御嶽祈願と稲石祭
null
宮古上布を創製した稲石と夫の栄河氏真栄が祭られている
真屋御嶽=30日、下地洲鎌地区

 16世紀末に宮古上布を創製した稲石刀自と夫で下地親雲上の栄河氏真栄を祭ったとされる下地洲鎌地区の真屋御嶽と旧宮古神社跡地で30日、祈願・稲石祭(主催・宮古織物事業協同組合)がそれぞれ執り行われた。
神女職の女性や同組合理事長の長濱政治副市長ら関係者が
手を合わせ、宮古上布の保存継承と産業振興を誓った。

null
宮古上布の保存継承の発展を願う関係者ら
=30日、旧宮古神社跡地

 真屋御嶽碑の碑文によると、下地親雲上真栄は洲鎌与人、現村長に相当)の時に、中山から帰る途中、逆風に遭って中国に漂着した。たまたま中国に来ていた琉球国の進貢船に便乗し琉球に向かったが、この進貢船も洋中において「ろくとう綱」が切れて漂流しかけた。

 その時、水練達者な真栄はすぐに海中に飛び込んで「ろくとう綱」を結び直したので、一行は無事帰国できた。尚永王はその功績をたたえ、真栄を下地間切の頭役に任命した。

 真栄の妻・稲石はその栄誉に報いるため心を込めて綾錆布を織り王に献上した。王は喜び天正11(1583)年、真栄を親雲上の位階に就けた。

 稲石が織った綾錆布は19ヨミ紺細上布で、のちに宮古上布と称されるようになった。宮古上布は1978年、国の重要無形文化財に指定された。稲石は現在「産業の神」として崇拝されている。

 稲石の子孫とされる洲鎌ツルさんが、近く18ヨミ紺細上布の綾錆布の織りに挑戦することから、その機織が注目されている。

 稲石祭で、長濱副市長、宮古事務所の黒島師範所長、市議会の平良隆議長があいさつし、さらなる宮古上布の振興に決意を新たにした。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time19:01

ビーチサッカー代表が指導 (明石・八重山)

ビーチサッカー代表が指導 明石でサッカー教室null

 明石小学校とあかし幼稚園(前上里徹校長・園長)は22日、ビーチサッカー日本代表の河原塚毅さんや同協会キッズ委員会の照屋順一さんらを同校に招き、サッカーの指導を受けた。サッカーボール4個の贈呈もあった。

 幼稚園児は一回り小さめのサッカーボールでボール遊びに挑戦し、小学生はパスやミニゲームなどを行い、ゲーム感覚でサッカーに親しんだ。

 小学5年の熊野大咲君は「試合やボール取りゲームをみんなで楽しめた。河原塚選手のドリブルが見られて良かった」と述べた。

 照屋さんは「ボール遊びの楽しさを感じてもらうことが一番のねらい。みんなが元気に体を動かして楽しんでもらいたい」と話していた。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time06:03

海垣の石積み体験 (OKINAWA)

海垣の石積み体験 JICAの研修生ら
null
 独立行政法人国際協力機構(JICA)沖縄研修センターは29日午後、しらほサンゴ村と白保竿原の垣でアジア・太平洋4カ国6人の研修生による海垣をテーマにしたワークショップを開催した。

 サンゴ礁をはじめとする沿岸生態系の保全と、その持続的利用に関する総合研修の一環として行われたもの。

 ワークショップにはインドネシアやフィリピン、パラオ、ツバルの4カ国で環境・漁業関係の公務に従事している6人が参加。

 しらほサンゴ村でWWFサンゴ礁保護研究センター長の上村真仁氏から、地域主体の保全システムの構築や伝統漁法の再生に向けた取り組みについて説明を受けたあと、白保竿原の垣で海垣の石積み作業を行った。

 石積み作業では、台風などの影響で海垣が大きく崩れており、参加した研修生らは直径50センチ以上の岩を転がして、元の場所に戻し、海垣の修復作業に汗を流した。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time06:00