2012-11-09



テングノハナが満開 (石垣島・沖縄)

テングノハナが満開 石垣島固有の貴重種
null
 石垣市大浜の前津栄信さん(77)の畑でテングノハナが
満開している。

 テングノハナはハスノハギリ科テングノハナ属のつる性植物。日本国内では石垣島にしか生育しておらず、非常に貴重な植物となっている。

 茎は淡紫色で長さは10メートルに達する。花は雌しべと雄しべがある両性花。午前中に淡い紅色や赤紫色の花を咲かせ、昼すぎにはしぼむ。

 前津さんによると、花は10月中旬から咲き始め、12月までは満開の花が楽しめるという。
 前津さんは石垣市内の海岸で8年前にテングノハナを見つけ、枝を切り取って畑に植栽。5年前から花が咲くようになったという。

 貴重な植物だけに徐々に数を増やし、これまで石垣市教育委員会や市民会館などに苗を提供している。

 前津さんは「今後は石垣市内の公共団体や学校などにも苗を提供し、普及を図りたい。子どもたちの良い教材にもなると思う」と話した。

   八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time15:06

配備撤回削除の修正案、九州市長会(宮古島OKINAWA)

オスプレイ配備撤回削除の修正案可決、九州市長会

null
臨時理事会を終え、 安堵した表情で会場を後にする島袋うるま市長 (左) =ホテルアトールエメラルド宮古島

 7日に宮古島市内のホテルで開かれた総会で 「沖縄県への新型輸送機オスプレイ配備の撤回を求める決議案」 の採択を見送った九州市長会 (会長・釘宮盤大分市長) は8日、 臨時理事会を開き、 決議案のタイトルを 「沖縄県への過重な基地負担の軽減を求める」 に改め、 文中の 「配備撤回を求める」 とした文言も 「配備は到底容認できない」 に弱めて採択した。
当初の趣旨から大きく後退する内容となったが、 同会理事の島袋俊夫うるま市長、 古謝景春南城市長は 「基地問題を全国民の問題として取り上げてもらいたいという我々の願意は通った」、 「同じ思いを共有できた」 と一定の評価を下した。

 同理事会事務局は、 前日の総会直後から決議案の修正に着手し、 この日のうちに作業を終え、 各県市長会に修正内容を伝えた。

 臨時理事会は8日午前8時過ぎから市内ホテルで非公開で行われたが、 事前に各市長の意思確認作業を済ませていた関係で、 20分ほどで閉会。 新聞・テレビ各社の取材陣に、 修正案が全会一致で決議されたことが伝えられた。

 修正案は、 県市長会が求めたオスプレイ配備撤回の文言を削除した内容。 沖縄の現状について 「米軍航空機による騒音は日常的に繰り返され、 負担軽減を図るという約束は形骸化している状況」 と理解を示しつつも、 オスプレイの配備撤回に関しては 「安全性に大きな懸念を抱いており、 は到底容認できない」 に弱まり、 即時撤回の要求運動の広がりを求める県市長会の考えとは隔たりを感じさせる内容に替わった。

 決議文は 「九州市長会は沖縄県民の声を真摯に受け止め、 政府に対し、 沖縄県に負担を押し付けることがないよう強く求める」 と締めくくった。

 理事会後、 報道陣の質問に答えた島袋うるま市長は、 文言が大幅に修正決議されたことについて 「復帰40周年の節目とオスプレイ配備を契機に、 沖縄の基地問題を九州全域に問題提起し、 全国民の問題として取り上げてもらいたいという我々の願意は通ったと思う」 と感想。
さらに 「沖縄の基地問題は140万県民の声だけでは、 九州はおろか全国には遠く、 結束して叫んでいかなければならないと感じた。 今回、 そのスタートラインに九州市長会として立てたことを高く評価したい」 と話した。

 古謝南城市長も 「他県が合同提出した議案に、 オスプレイの訓練飛行について、 安全が確保されるまで直ちに中止せよという文言がある。 それからするとオスプレイ配備撤回もまったくの同意語。 同じ気持ちを共有できた」 と評価した。

 一方で、 「 (総会で) 国防は国の専権事項という話も出たが、 主権は国民にあるという観点からすれば、 国の暴走を国民が声を上げて止める、 軌道修正することが地方分権の意味するところと考える。 地方分権はしたが国に対しては物が言えないというのは矛盾した考え方」 とも主張した。


 宮古新報

みどりの遠足(水彩サビラ)

みどりの遠足
null
うるま市照間やたるはじ  「照間風景」 水彩f5


ようやく アタイの野菜たちが生長し
畝畝に緑の列が出来 園児たちの遠足のよう

人参 ミックレタス 葱に香菜
虫鳥の難を逃れて 成育は順調

畑廻りの足取りも軽く
ミズナは間引きして食す その青臭さが嬉しい

哀れ マメ科二種は未だ寒冷紗の中


  (画 金城明一 )
authorbbstaff  linkLink   
category徒然日記  time10:14

傾ぐ (水彩サビラ・沖縄)

傾ぐ
null
 「スリッパ」 鉛筆f0

ハキモノは如実に身体の具合を映すものらしい

一人夜のレディオを聴きながら
ふと 足元のスリッパを見ると
左右とも右に傾いでいる

右利きの私の身体は 長い使用の間に
左右の筋肉量の差か 背骨の歪みか
どうやらアンバランスのようである

生活習慣で 例えば
毎日の椅子の座り方ひとつ
立ち方ひとつにも 人にはクセがあるもの

 水彩サビラ (金城明一)

http://suisaisabira.ti-da.net/
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time10:09

「光と影」展示 (カンボジア・OKINAWA)

カンボジアの「光と影」展示 県博で写真展

null
カンボジア国立博物館に現存する6世紀の石仏の写真パネルを来場者に解説するソコンティビさん(中央)=8日、那覇市の県立博物館・美術館

 那覇市の県立博物館・美術館で8日、写真展「カンボジア王国の光と影」が始まった。
本年度から同館で研修中のカンボジア国立博物館と同国立トゥール・スレン虐殺博物館の職員計4人が、史料の選別から展示作業までを担った。栄華を誇ったアンコール王朝へ至る古代の「光」と、1970年代のポル・ポト政権下であった住民の大量虐殺という「影」を、約60点の写真パネルで紹介している。
25日まで。

 研修生は平和文化の創造を目指す国際協力の一環で、10月上旬から1カ月間、県博で展示技術や博物館運営の手法を学んでいる。写真展は研修の成果を発表するために企画。4人で1週間かけて準備した。

 会場には、前アンコール王朝時代の6世紀に制作された砂岩製の仏像や、ヒンドゥー教の主要神の一つ「ブラフマー神」を彫った7世紀の座像など国立博物館が所蔵する文化財の写真を掲げた。一方、75~79年のポル・ポト政権時代に、都市住民が農村への移住と重労働を強いられる様子や、無数に並ぶ犠牲者の遺骨を撮った写真など、虐殺博物館の史料も展示した。

 開会式では、国立博物館の課長補佐オウン・ソコンティビさん롹42が「沖縄戦を経験した県民がいかに平和を愛し、世界に発信しているかを知った。
母国の光と影を次世代に正しく継承したい」とあいさつ。
関係者とのテープカット後、来場者に内容を説明した。

  沖縄タイムス

白と深紅鮮やかに (宮古島・沖縄)

白と深紅鮮やかにローゼル咲く
null
 近年、 ハーブティーの材料として宮古でも栽培されているローゼルが開花と収穫の時季を迎えている。
燃えるような深紅の蕾や枝の中に咲くクリーム色の花がひときわ目立つ。
ことしは台風の接近が多く、 被害を受けた場所も目立ち
出荷が遅れているようだ。

 蕾の萼 (がく) や苞の部分を煎じると鮮やかな
ルビー色のお茶になる。
クエン酸が多くビタミンC、 アントシアニン、 鉄分なども含むため疲労回復に良いとされている。 宮古では蕾を乾燥させたお茶やジャムなどの商品が増えている。

 城辺花切で蕾を収穫していた栽培農家は 「ことしは台風で多くの木がやられた。 遅く植えたものだけが、 いま収穫できている」 と話していた。



  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryお知らせ  time09:28

女子上位? (宮古島・沖縄)

女子上位?のクラス/西辺小学校
1年1組男子5人・女子5人

null
西辺小学校1年1組

 学校を訪ねると、隣接した畑で、ジャガイモとサツマイモの植え付け作業が始まるところだった。
全児童が参加、土をならし、肥料を施し、間隔を置き、ていねいに苗を植え付ける作業に取り組んだ。一年生は土に触れることが楽しそうで「間が狭いよ」「ゆがんでいるよ」「深く埋めれ」とにぎやかに植え付けを学んだ。
後は水を与え成長を待つが、収穫はさぞ大にぎわいとなる
ことだろう。

 作業後に校庭で、1年生担任の池間彩里先生の見守る中、1年生に入学後半年間の様子を聞いたが、作業の興奮と「皆、校庭で遊ぶのが大好きで、休み時間ともなると一斉に校庭に飛び出していきます」とのことで、全員テンションが高く、一つの質問に全員が競うように答えてきた。
中でも女子に勢いがあり「うるさい」と男子の声をさえぎると、とたんに男子は静かになる。そんな女子上位の光景を前に池間先生は「校区外から通学している児童が多く、みんなが集まる学校が楽しくてしょうがないんでしょうね」と元気あふれるクラスを語ってくれた。

【男子】▽いけま・りゅうき▽よなは・こう▽なかま・こうき▽ながた・りゅうと▽かわみつ・そうひ

【女子】▽かわみつ・あいか▽そなん・あいり▽たから・あり▽たから・きらり▽ともり・るり

【担任】池間彩里先生

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:24