2012-11-08



収穫伸ばしニーズ対応 (沖縄)

【キーツの秋(とき)】② 収穫伸ばしニーズ対応
null
 今帰仁村のマンゴー農家・大城幸治さん (63) は、 少しでも長く沖縄ブランドを味わってもらいたい一心で、 キーツの栽培に力を入れる。
市場のニーズに応えるため、 知恵を絞って栽培方法を工夫。 「風通しを良くし、 涼しい場所で育てる」 を原則に、 収穫するタイミングを遅らせ、 時間をかけてじっくりと栽培することで品質の向上も図っている。

 大城さんが所有する農園は約65㌃。 マンゴーの出荷量はこれまでの平均で約8㌧ (アーウィン5㌧、 キーツ3㌧)。 キーツを作り始めた当初の出荷量は400㌔ほどだったが、 現在では全体の4割程度を占めており、 キーツだけを栽培するハウスもある。

 キーツの収穫は9月から始まり、 台風など気象状況にもよるが例年、 10月上旬まで取り入れる。 直射日光を避けるための遮光ネットをうまく活用し、 収穫時期を調整することで他農家よりも 「10日以上は遅らせている」 という。

 具体的には強烈な夏の日差しを防止するため、 梅雨が明ける6月中旬以降に遮光ネットを設置。 ハウス内の風通しをさらに良くするため、 ハウスのビニールは全てはずし、 周囲は細かい網状のシートで覆う。
梅雨明けから収穫までの約2カ月余は室温が38度以上にならないよう細心の注意を払いながら作業を進める。

 大城さんは 「着果してから、 少なくても150日以上は置きたい。 私の経験だが、 収穫までの間が長いほど糖度が増して味も良くなる。
アーウィンも同じで品質の高い物ができると考えている」
と説明した。

 1年おきに豊作と不作を繰り返す隔年結果に陥るリスクがあるため、 収穫時期はこれ以上伸ばさない。
それでも県産マンゴーを少しでも長く扱いたい小売店の要望に応えることとなり市場の信頼も集まっている。
「農家によって作り方は違う。 絶えず情報を収集し、
沖縄マンゴーのブランド価値が下がらないように努めたい」
と気を引き締めた。

 (那覇支局・大城直也)


   宮古新報


authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time18:42

沖縄基地負担軽減決議可決(OKINAWA)

九州市長会、沖縄への基地負担軽減求める決議可決
null
「沖縄県への過重な基地負担の軽減を求める決議案」が全会一致で承認された九州市長会の緊急理事会=8日、宮古島市平良・アトールエメラルド宮古島

 【宮古島】沖縄への「新型輸送機オスプレイ配備撤回」決議案の採決を見送った九州市長会(会長・釘宮磐大分市長)は8日午前、宮古島市内で臨時理事会を開き、表題を「沖縄県への過重な基地負担の軽減を求める決議案」と修正した上で、沖縄県市長会提案の決議案本文から「オスプレイ配備反対」「配備撤回」を削除した決議案を全会一致で承認した。

 決議は当初決議案にあった「オスプレイの配備は到底容認できるものではない」との表現を維持し、「政府に対し、これ以上、沖縄県に負担を押しつけることがないよう強く求める」としている。

 同市長会は7日の総会で同決議案の取り扱いを理事会に
一任していた。

  沖縄タイムス

「世界大会でも優勝を」 小学生チーム (OKINAWA)

「世界大会でも優勝を」 タヒチアンダンス小学生チーム 
null
優勝報告をした「タヒチタマリィぎのわん」のメンバー
=2日、宜野湾市役所

 【宜野湾】6月のタヒチアンダンス日本大会で優勝し、来年3月にハワイで開かれる世界大会の出場権を獲得した宜野湾市の小学生ダンスチーム「タヒチタマリィぎのわん」のメンバーが2日、佐喜真淳市長らに優勝報告した。

 代表で宜野湾小PTA会長の諸喜田徹さんは「5月にチームを結成し、メンバーは厳しい練習を乗り越えてきた。
本番では会場の人が身震いするほど素晴らしい演技を見せてくれた」と報告。

 指導する堀内プアラニ保子さんは「子どもたちを世界に連れて行きたいという思いを持ってきた。子どもたちの可能性を外へ出していきたい」と協力を呼び掛けた。

 佐喜真市長は「世界大会への出場おめでとう。これからも目標をしっかりと持って、サポートしてくれる人に感謝しながら頑張ってほしい」と激励。宮城茂雄教育長は「5月の結成で優勝したのは驚異的だ。世界大会でもこれまで以上の情熱を爆発させてほしい」とたたえた。

 チームを代表し、キャプテンの伊禮真琉さん=大謝名小5年=は「ハワイでの大会でも優勝したい。
応援をお願いします」と元気よくあいさつした。

 (小那覇安剛)


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time13:31

オスプレイ 反対見送る/「沖縄」特記に異論(OKINAWA)

オスプレイ配備 反対決議見送る/九州市長会総会「沖縄」特記に異論/きょう理事会で再協議
null
都市財政の拡充強化など15議案を決した九州市長会
=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 九州118市で構成される九州市長会(会長・釘宮磐大分市長)の第111回総会が7日、宮古島市内のホテルで開催され、都市財政の拡充強化を求める議案など各県提出の15議案を可決した。
一方、沖縄への垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備に反対する決議の採択は見送った。
沖縄県に限定したオスプレイ配備の反対や安全保障の観点から異論があり、全会一致の結論には至らなかった。きょう8日に開く臨時理事会で文言を修正する方針だ。

 オスプレイ配備に関する反対決議文で、うるま市の島袋俊夫市長は「オスプレイの配備に対する撤回の意思を確認し、国に対して安心を求める声を発信していきたい」と述べ、各県市長に賛同を求めた。

 これに対して発言者のほとんどが「沖縄の過重負担は認識している」としながらも、一部の市長は配備反対が「沖縄」に特記されていることや、国防の観点から「ここで議論することなのか」と述べ、決議に賛同しかねる見解を示した。

 沖縄の各市長は「私たちはこれ以上の負担は耐えられないということを言っているだけだ。どうか理解をいただきたい」と全会一致の決議を求めたが、意見は平行線をたどった。

 最終的に文言を修正して理事会に一任することを確認。
きょう8日に開かれる臨時理事会でまとめる。

 九州市長会総会の宮古島市開催は初めて。この日は71市の市長が参加した。

 総会では、開催地を代表して下地敏彦市長が「景気低迷、災害に対する不安など、昨今の地方自治体を取り巻く環境は厳しい」と指摘。
「知恵を出し合いながらさまざまな課題に対して議論の上、解決に向けた実り多い会議になることを期待する」と歓迎を込めてあいさつした。

 議案審議の行財政関係では
▽都市財政の拡充強化
▽合併市町村に関する支援策の充実
▽日米地位協定の見直し▽米軍航空機による低空飛行訓練およびオスプレイ飛行訓練の安全性について-を可決した。

 新規のオスプレイ関連議案では
①十分な説明がないままの低空飛行訓練を直ちに中止すること②住民への影響等について、関係自治体に対する納得のいく詳細な説明なしに飛行訓練を強行しないこと-を求める。

 きょう8日は意見交換会や行政視察を行う。

.宮古毎日新聞

「現代の名工」に 加工卓越 (OKINAWA)

桑名さん「現代の名工」に ロープ加工卓越
<現代の名工>
null
熟練の技を継承しようと、後進の指導・育成に
意欲を見せる桑名勝俊さん
=10月29日、那覇市のミヤギロープ

 厚生労働省は7日、伝統工芸や工業技術などで優れた技能や業績を持つ150人を2012年度の「現代の名工」に選んだと発表した。
県内からはミヤギロープ(那覇市)の代表取締役を務める
桑名勝俊さん(68)が選ばれた。
県内からの「現代の名工」は46人目。桑名さんはワイヤロープ加工や素線メッキの技能に卓越しており、国家技能検定制度の普及促進に尽力。
技術講習の開催や県綱索技能士会の発足など、県内の技能士育成にも貢献した。表彰式は8日に東京都内で行われる。

 ワイヤロープはクレーンで重量物をつり上げるときなどに用いられるが、用途によって加工法はさまざまだ。
桑名さんは「丁寧に仕事すること、お客さんのニーズに応えること」を心掛け、社員に徹底するよう教えている。

 作業の効率化とコスト削減を同時に実現した独自の加工法「セミロングスプライス」は業界から高い評価を得ており、特許も取得した。「技術が褒められたときはうれしい」と笑顔を見せる。

 福岡出身の桑名さんは中学卒業後、ワイヤロープの素線にメッキを施す職人として大阪で働いた。ワイヤロープの端末加工の技術も習得し、1970年、大阪で桑名綱索所を創立した。

 技術講習の講師として沖縄を訪れたことがきっかけで、04年にミヤギ産業から土木商品部門を譲り受け、ミヤギロープを設立した。

 現在、泉北産業の取締役会長も務める。同社の本社がある大阪、支店がある大分、そして沖縄を飛び回る。

 「これからも自分の技術を教え続けたい。それが自分の元気の源」。熟練の技を余すところなく伝えようと、情熱を注いでいる。

  琉球新報

健康長寿いつまでも 合同カジマヤー (うるま市天願)

健康長寿いつまでも うるま市天願、合同カジマヤー 
null
カジマヤーのパレードで笑顔を見せる神田幸治さん
(後部座席左)、玉栄カマドさん(同右)
=10月28日、うるま市天願公民館前

null
カジマヤーを迎え、住民の祝福を受ける前堂盛徳さん
=10月28日、うるま市天願公民館前

 【うるま】うるま市天願区は10月28日、数え97歳の長寿を祝う合同のカジマヤーパレードと祝賀会を天願公民館などで開いた。
カジマヤーを迎えた前堂盛徳さん、神田幸治さん、玉栄カマドさんの3人をオープンカーに乗せ、家族や親族、青年会や婦人会などが共に集落内を練り歩いた。

 公民館前では三線や太鼓に合わせ、若者たちが棒術などを披露。あげな中学校吹奏学部の演奏に合わせ、3人は晴れ晴れしく車上から沿道に手を振った。

 かつては嘉手納基地の消防士で「沖縄一の牛主」だったという前堂さんは、訪れた住民の握手に笑顔で応じていた。

 元具志川農協組合長で、現在も新聞でニュースとなった場所を実際に見に行く“行動派”の神田さん。「楽しむことが長生きの秘訣(ひけつ)」と話した。

 沖縄戦で夫を失い、女手一つで5人の子どもを育てた
玉栄さん。普段は手芸が趣味だといい、
「健康でみんなにお祝いされて上等」と無邪気に笑った。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:40

電動バイクの県内普及に力(OKINAWA)

ワールド社とテラ社、電動バイクの県内普及に力

 自動車修理工具などのネット販売を手掛けるワールドワイド&カンパニー(那覇市、仲村成昭社長)は7日、電動バイクメーカーのテラモーターズ(東京都、徳重徹CEO)と業務提携したと発表した。中国にあるテラ社の海外生産工場から直接沖縄にバイクをコンテナ輸送し、ワールド社が県内でメンテナンス・販売を行う。

 同日、県庁で会見した仲村社長は「電動バイクは認知度の低さや本土からの輸送コストがかかることで普及が進まなかった。業務提携により一括して仕入れることができ、普及につなげたい」と話した。県内の取引先における整備拠点も増やしていく予定。

 テラ社の電動バイクは、ガソリン二輪車の50ccスクーターと同様のタイプで、バッテリーと電気モーターで走る。家庭用の100ボルトコンセントで充電が可能。同社は関東地区を中心に国内で年間約3千台を販売しており、電動バイクの国内シェアは約40%。

 沖縄県内での販売は初めてで、初年度は300~500台の売り上げを目指す。今後は、ホームセンターや観光関連業などでの販売網も拡大し、沖縄を拠点にアジアへの販路拡大も視野に事業展開も検討していくという。

 徳重CEOは「沖縄には電動バイクのニーズがあると思う。排ガスがなくクリーンな乗り物で、観光地にマッチする。リゾート地でのレンタルバイクとしての需要もあり普及の可能性がある」とPR。来春にはEV三輪(5人乗り)の販売も予定している。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:19

認知症に理解を (OKINAWA)

認知症に理解を クリスティーンさん講演
null
クリスティーン・ブライデンさん
=3日、名護市・名桜大学ホール

 認知症当事者として世界中で認知症の本来の支援のあり方を訴えるクリスティーン・ブライデンさん(63)=豪州在住=がこのほど初来沖し、「認知症とともに生きる」と題して講演した。過去に「痴呆症」と侮蔑的な名称で呼ばれた認知症の人々は、今も多くの誤解にさらされている実情を報告。社会が認知症当事者の声に耳を傾ける必要性を訴えた。クリスティーンさんの講演要旨を紹介する。

■本人へ支援なく
 私が認知症と診断されたのは1995年。46歳だった。当時は最初の夫と離婚したばかりで3人の子を一人で育てていた。そんなとき医師から認知症を発症していると告げられた。

 支援を求めて認知症協会へ問い合わせをすると「本人向けの支援はない」と。この経験が私の活動のスタートとなった。私たちを意思のない抜け殻とみなし、認知症に関する活動に当事者は一切関わっていなかったのである。正しい支援を受けるため声を上げようと思った。

 認知症について勉強すると、あまり知られていないことに気づいた。高齢化のプロセスと考える人も多く、病だと認識されていない。知識のなさからくる無理解や恐怖で当事者が排除されていた。それが当事者をさらに苦しめていることを訴える活動を進めた。

 発症後夫のポールと出会い、私の行動範囲はぐっと広がった。国際的な認知症ネットワーク(DASNI)を設立。2001年ニュージーランドで開催されたアルツハイマー病の国際会議では当事者として初めて開会演説をした。

 この演説は日本での私の活動のきっかけとなった。当時認知症を公に話す日本人はいなかった。しかし04年京都での国際会議で日本人当事者が初めてスピーチ。当事者による活動が日本で始まった。それにより私たちは徐々に「痴呆症の老人」から「認識機能のある人」と理解されるようになった。

■「脳の休養時間」 
「認知症とともに生きる」とはどんなことなのか。私たちが普段通りにみせかけている裏には大きなもがきがあるのだ。

 私の場合、午前中は比較的うまく過ごせるが、午後には疲れ切ってしまい、はっきりと思考できなくなる。夕方にはすっかり落ち着きがなく「何かをしよう」とせわしなく動き回る。そんな時、ポールはやさしく「リラックスしよう」とうながしてくれる。

 脳の疲れを取るための静かな時間を私たちは「脳の休憩時間」と呼ぶ。視覚・聴覚的な刺激が多いところで長時間過ごすと疲れ切ってしまい、怒りっぽくなってしまう。ポールは、私がどんな苦労をしているか理解してくれる一人。私のニーズを察知し、失敗する前に支援してくれる彼を、私は「イネブラー」と呼ぶ。

 例えば「選ぶ」ことは、選択肢を覚えられない私にとって大変だ。そんな時ポールは選択肢を二つ程度まで狭めてくれる。

 ポールといれば、私自身が「落ちこぼれてしまった」と感じることはない。散歩中に私がふらりと消えてしまっても、ポールは「徘徊(はいかい)した」とは言わない。「ウインドーショッピングに行ってたんだよね」と声をかける。心配を表面上に出さず、私と再会できたことを心から喜んでくれる。

 なじみのないところでは二人で手をつなぐ。私は床にがらがあるとつまずきやすく、階段の上り下りも難しい。認識機能の低下から体が不安定になるためだ。衰えた認識能力では、周囲を素早く把握できない。視界に入ったことを把握するのに時間がかかる。

 最近は単語も文法も間違っていることが多くある。考えを脳から言葉という形で送り込むことが難しくなっている。

■十分な時間必要
 認知症はコミュニケーションの病気。認知症の人が起こすいわゆる「問題行動」は非言語的コミュニケーションである。もしかしたら不快に感じ、苦しんでいるのかもしれない。その多くが見過ごされてはいないだろうか。

 ゆとりをもって接してほしい。話していることを消化するための十分な時間を与えてほしい。さまざまに私を支援するポールは私の人生に意味を与えてくれるイネブラー。家族、友人、医師や介護者がその役割を果たすこともあるだろう。

 今でもオーストラリアでは支援を必要としてる認知症当事者の1割しか、支援を受けることができない。日本でも状況は変わらないのではないか。当事者こそ本当の専門家だ。認知症の治療薬ができるまで、また認知症の人が過ごしやすい社会ができるまでの間、声を上げていきたいと思う。

[ことば]
 イネブラー(enabler) 英語で「可能にする」の意味である「enable」から来ているクリスティーンさんの造語。認知症当事者の残された能力を最大限に引き出し、その人らしく生きることを可能にしてくれるパートナーのことを指す。

沖縄タイムス