2012-11-06



琉球國祭り太鼓、30周年 (OKINAWA)

琉球國祭り太鼓、音市場で30周年式典
null
創立30周年式典で演舞を披露する琉球國祭り太鼓
=沖縄市上地・ミュージックタウン音市場

 【沖縄】「琉球國祭り太鼓」は4日、市上地のミュージックタウン音市場で、結成30周年記念式典を開いた。メンバーはダイナミックな演舞を、100人以上の観客に披露。
祭り太鼓のモットーである「迎恩」の心を、さらに県内外や海外へ打ち響かせていくことを誓い合った。

 祭り太鼓は1982年11月3日、市泡瀬の若者を中心に結成。現在、県内に10、県外に34、北米や南米などの海外に10の支部がある。総勢約2500人の太鼓集団に発展し、国際的にエイサーを普及する活動を展開している。

 蔵根尚美会長は「1千人規模で大太鼓を打ち鳴らしたいという若者の夢から、祭り太鼓は始まった。
沖縄を愛し、伝統文化に誇りを持って活動する若者たちは、さらに若者を触発していった」と感慨深げ。
「夢を持てぬ若者が多い中、エイサーの感動を広めたいと活動するメンバーの信念は素晴らしい。大胆な発想とパワーで、さらに発展していきたい」と力を込めた。

 来賓の東門美津子市長は「私たちの祖先は武器を持たず、文化の風に乗って荒波を越えてきた。
最近、日本をめぐる国際情勢は平和の道を遠ざけるような懸念もあるが、祭り太鼓の活動が国と国を結び、平和の懸け橋になることを期待したい」とエールを送った。

   沖縄タイムス

グリーン・ノート・コースター (沖縄)

グリーン・ノート・コースター 初アルバム7日発売
null
グリーン・ノート・コースターの右から佐々木皓太、
金城美織、田中秀樹

 2011年10月に大阪で開かれたコンテスト「ミュージシャングランプリOSAKA2011」で、全国559組の頂点に立ったグリーン・ノート・コースターの初アルバム「ピーシズ・オブ・ザ・ライト」(ビレッジ・アゲイン)が7日、リリースされる。
12月13日午後8時から、北谷町モッズでリリース記念ライブも予定。メンバーは「この先も期待してもらえるような、いいライブを披露したい」とやる気満々だ。

 グリーン・ノート・コースターはボーカルの佐々木皓太と金城美織、ギターの田中秀樹のスリーピースバンド。同じバンドで活動していた佐々木と金城が2010年に結成した。

 初アルバムには、「シング・ライク・ア・バード」「アイ」「スターズ」などオリジナル作8曲を収めた。

 「大阪でグランプリを受賞してから、『来年にはCDを出そう』と決心した。でも力みはない。等身大の自分たちの音」と金城。勢いのある自分たちの「現在形」が凝縮された一枚に自信をのぞかせた。

 ライブ入場料は前売り2千円、当日2500円。

    問い合わせはモッズ、
    電話098(936)5708。

   沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time17:14

 ミス(美寿)北中城に3人(OKINAWA)

80歳以上が対象 ミス(美寿)北中城に3人
null
2013ミス(美寿)きたなかぐすくに選ばれた(左から)
桃原峰子さん、山内春子さん、城間春子さん。
=北中城村中央公民館

 【北中城】80歳以上の女性を対象とした2013「ミス(美寿)きたなかぐすく」の選考委員会がこのほど開かれ、
「ミスちむじゅらさ(清い心)」に桃原峰子さん(90)=村大城、
「ミスさらばんじ(真っ盛り)」に山内春子さん(80)=村安谷屋、「ミスがんじゅう(元気)」に城間春子さん(84)=村熱田
=が選ばれた。

 3人には10月27日に村中央公民館で開かれた第4回「村福祉まつり」(主催・同実行委員会)で、新垣邦男村長から認定証と祝いの記念品が贈られた。

 12年のミスの伊波セツさん、喜納春子さん、船越文子さんが「少し寂しいですが、頑張ってください」とそれぞれにタスキを渡した。

 「ちむじゅらさ」の桃原さんは「アッサミヨウと驚いた。長生きして良かったよ」と喜びのあいさつをした。

 新垣村長は「本村は女性長寿日本一。ミスの皆さんは体力に応じて村のイベントに参加して盛り上げてください」と祝福の言葉を述べた。(翁長良勝通信員)

  沖縄タイムス

ラジオ「沖縄へ行こう!!」(OKINAWA)

鳩間、ラジオで活躍 「沖縄へ行こう!!」ネット配
null
首都圏で好調なラジオ番組から生まれた「沖縄へ行こう!!」
を歌うサカノケン(左)とカーナ・トロピカルこと鳩間可奈子
=沖縄タイムス社

 民謡歌手の鳩間可奈子がパーソナリティーを務める首都圏向けラジオ番組「OKINAWA LIFE~楽園日和」が好調だ。

 「番組を聞いて沖縄に行ったというメールも来る」と手応えを語る。9月には番組パーソナリティーでバンドを結成し、デビュー曲「沖縄へ行こう!!」のネット配信を始めた。

 「FM NACK5」(埼玉県)が毎週土曜日の午後12時30分~55分に放送。2010年10月以来、紫芋、離島、島マース、A定食などを特集し、沖縄の魅力を伝え続けている。首都圏の男女(35~49歳)の聴取率ではAM・FM局を合わせ第2位を獲得している。

 鳩間のパートナーは埼玉県出身のサカノケン。「沖縄初心者」だったが、「食べ物もおいしくて、人が温かい。時間の流れも魅力的だ」と語る。

 「沖縄へ行こう!!」はサカノ、カーナ・トロピカル(鳩間)、寺岡5で結成した「カナケン5バンド」が歌う。沖縄民謡やロック、パンクなどのテイストをチャンプルーした楽曲だ。鳩間は「音楽を通じて沖縄を伝えていきたい」と話した。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
category音楽  time17:07

上陸 物々しく 日米統合演習初日 (OKINAWA)

上陸 物々しく 日米統合演習初日 ホワイトビーチ
null
日米共同統合演習で、波しぶきを立たせないようにかいをこぐ米兵ら=5日午後4時34分、うるま市のホワイトビーチ

 【うるま・名護】自衛隊と米軍の2012年度日米共同統合演習(実動演習)が5日、県内で始まった。
うるま市勝連の米海軍ホワイトビーチでは、佐世保基地(長崎県)に配備されている米海軍強襲揚陸艦ボノム・リシャールなど米軍艦3隻のほか海上自衛隊のイージス艦「ちょうかい」など8隻が集結した。

 自衛隊から約3万7400人、米軍から約1万人参加する。防衛省統合幕僚監部によると、最大規模だった2010年度の前回演習と同規模。

 ホワイトビーチでは、ボノム・リシャールから水陸両用艇が頻繁に出入りし、上陸と離岸を繰り返し、ゴムボートに乗った米兵が上陸訓練を重ねた。自衛隊の艦船からは、複数の小型ボートに乗った隊員らが同ビーチに上陸した。

 名護市辺野古沖では、演習に参加するとみられる佐世保基地所属のドック型揚陸艦「デンバー」が午前中に停泊し、水陸両用車15台を降ろした。水陸両用車は辺野古の海岸から上陸し、キャンプ・シュワブ内に入った。


  琉球新報

また制限時間外飛行 (OKINAWA)

オスプレイ、また制限時間外飛行
 午後11時超え

null
午後10時を30分以上過ぎて米軍普天間飛行場に着陸する
MV22オスプレイ=5日午後10時31分、宜野湾市
(田嶋正雄撮影)

 米軍普天間飛行場に配備された米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイは5日、これまでで最も夜遅くまで飛行を続け、午後10時31分に同飛行場へ着陸した。
騒音防止協定で制限されている午後10時以降の着陸は先月
30日以来2回目。また、訓練飛行をしたのとは別の機の整備が午後11時8分まで続き、騒音が周辺の住宅街に響いた。

 この日は、日が落ちてから訓練が本格化。午後6時46分~同59分、午後8時12分~9時、午後9時36分~10時31分の3回、夜間飛行を繰り返した。

 2回目の飛行では、午後8時半ごろから金武町のブルービーチ内ヘリパッドで5回ほど離着陸するのが目撃された。
3回目の飛行でも午後10時すぎ、4回離着陸。低空飛行するオスプレイに向け、砂浜から米軍関係者が合図のようにライトを
点滅させた。キャンプ・ハンセンの上空では、午後10時前まで
旋回飛行。スピードを上げながら低空で5周した。

 県の又吉進知事公室長は5日夜、取材に「今後夜間訓練が増え、騒音など住民の負担が増すことが懸念される。市町村と連携を取りながら(訓練実態の)データを収集し、地元への負荷を明らかにしたい」と述べた。

  沖縄タイムス

宮高男女3位、九州へ(宮古島・沖縄)

宮高男女3位、九州へ/県高校駅伝
北山がアベック優勝

null
3位でゴールする宮高男子のアンカー・川満穂鷹
=4日、市陸上競技場

 男子第60回、女子第30回の県高校駅伝競走大会が4日、宮古島市陸上競技場を発着点とする男子7区間42・195㌔、女子5区間21・0975㌔の同競技場付設公認マラソンコースで行われ、男子は北山が2時間19分6秒で優勝、女子も北山が制し、記録は1時間19分3秒だった。
宮古勢は宮高が男女3位に入賞。18日に福岡県で開催される九州大会の出場権を獲得した。

 大会には男子23校、女子14校が出場。女子は午前10時、男子は午後0時分にスタートした。

 女子1区6㌔は八重山が飛び出し、北山、宮高と続いた。2区に入ると優勝候補の北山が逆転、その後は1度もトップを譲ることなくゴールし、都大路(京都)の切符を手にした。2位は名護、3位は宮高。

null
宮高女子の宮國実香子。3位でゴールした
=4日、市陸上競技場

 男子は北山、宮高、コザが優勝争いを展開した。
1区10㌔は北山が制したが3区8・1075㌔で宮高が逆転。
しかし、続く4区で再び北山が前に出てそのまま逃げ切り、
6年ぶりに優勝した。2位はコザ、3位には宮高が入った。

 県高校駅伝が宮古島市で開催されるのは2001年以来11年ぶり。全国大会の舞台となる都大路を目指し、各校の代表選手が健脚を競った。沿道では多くの市民が声援を送った。

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:55

ユークイ大司母先頭に「ユーンティル」(宮古島・沖縄)

御嶽に五穀豊穣を感謝/西原で伝統のユークイ
大司母先頭に「ユーンティル」

null
五穀豊穣を感謝する女性たち=5日、西原地区

 西原地区で5日、伝統行事「ユークイ(富乞い、世乞い)」が行われた。フゥヅカサンマ(大司母)ら3人が参加。ンマヌハ(南の方)御嶽では、先輩や友人の女性たちが踊りに参加し奉納した。

 神女役の3人は、白装束で着飾り、キャーン(和名シイノキカズラ)の草冠をかぶり、大司母が神の杖と称する杖を持って払い清めた。

 各御嶽へ移動する道中では、大司母を先頭に「「ユーンティル(富を満ちてください」と唱え、悪霊を払って招福した。

 3人は、各御嶽で旧年中の五穀豊穣に感謝し、向こう一年間の豊作を祈願した。 

 大司母は今年(旧暦)卒業するとされ、ンマヌハ御嶽では見守っていた女性らが大司母を胴上げして祝した。


  宮古毎日新聞

.宮古毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:18

ユークイ 地域の安泰を祈願(宮古島・沖縄)

平良西原でユークイ 地域の安泰を祈願
null
伝統祭祀「ユークイ」で神歌を歌いながら集落内を巡る
白装束姿の神女=5日、宮古島市・平良西原

 【宮古島】宮古の豊年祈願の伝統祭祀さいし「ユークイ」が旧暦の9月吉日に合わせて4日から3日間、宮古島市の平良西原集落で開かれている。
5日午前、前日から地域のウパルズ御嶽に一晩こもった神女3人が、白装束姿で集落内の御嶽を回り、地域内の安泰を祈願した。

 ユークイは、豊かさを招き寄せるという祭祀。ユークインマなどと呼ばれる神女が、地域の聖地であるウパルズ御嶽で夜を徹して祈りをささげ、神歌を歌って後、地域内を巡る。

 ウパルズ御嶽から出て来た3人の神女が、両手に手草(テフサ)を持ち、頭にシイノキカズラで編んだ草冠(カウス)をまとった白装束姿で地域内を巡拝。
豊かさが満ちるようにという意味を込めて「ヨーンテール、ヨーンテール」と神歌を歌い、集落内を歩いた。

 この祭祀は近年、神女の担い手が減少する傾向にあり、存続が危ぶまれている。

  沖縄タイムス