2012-11-28



五輪で新城幸也選手を応援(イギリス・OKINAWA)

[イギリス]五輪で新城幸也選手を応援
null
メッセージが書き込まれた応援幕を掲げ、新城選手に声援を送ったユキ・太田・ラホさん(右)と美穂子・小川ヒギンズさん
=イギリス・ロンドン

 【ミラーメリア通信員】
ロンドン五輪の自転車男子ロードレースに出場した沖縄県出身の新城幸也選手を応援しようと、イギリス沖縄県人会のメンバーらはレースのあった7月28日、コースとなるロンドン市内とロンドン南西30キロにあるサリー州のボックス・ヒルの二手に分かれ、声援を送り続けた。

 ロンドン応援班は、6月に同市内で開催されたオキナワデー2012で、市内在住の日系・県系人たちに新城選手へのメッセージを書き込んでもらった応援幕と沖縄県旗を掲げ、大声援を送った。

 新城選手と同郷の石垣島出身のユキ・太田・ラホさんは「新城選手は石垣島の星。皆さんから頂いた声援を伝えるべく、一生懸命応援しました」と語った。

  沖縄タイムス

うるま園45周年 (アルゼンチン・沖縄)

[アルゼンチン]うるま園45周年で角力大会
null
大会に出場した沖縄角力愛好家ら
=アルゼンチン・イトゥサインゴー

 【崎原朝一通信員】
うるま園購入45周年を記念した沖縄角力大会が9月23日、ブエノスアイレス市西部近郊のイトゥサインゴーにある沖縄県人連合会所有のうるま園で開催された。

 来賓として出席した屋宜宣順・県人連合会会長、うるま園購入当時の運動部長で市町村対抗体育大会提唱者の下条善徳さん、多和田真昭さんをはじめ、角力愛好者が土俵を囲み、取組を楽しんだ。

 参加したのは、日の出、安田、志伊良、後仲門、新垣空(くう)、仲村渠の6道場で、子供たちを含めて76人。志伊良道場など、遠くブエノスアイレス州チャカブコ市から、貸切バスで駆け付けた。

  沖縄タイムス

偏見捨てケアを (OKINAWA)

偏見捨てケアを 性犯罪 被害者支援強化へ null
性犯罪被害対策教室で県警担当者らの話に熱心に耳を傾ける学生ら=27日、与那原町の沖縄看護専門学校

 10月の米海軍兵による集団女性暴行致傷事件など女性への性的暴行事件が県内で相次ぐ中、事態を重くみた県警は27日、被害者ケアの一翼を将来担う看護師を志す学生を対象に、被害者との接し方などを学んでもらう性犯罪被害対策教室の取り組みを始めた。
性犯罪被害者への偏見をなくすことや被害者ケアの望ましい在り方を広めることなどが目的で、初めて開催した。

 27日、与那原町の沖縄看護専門学校で講話した県警担当者は「何があっても被害者に落ち度はない。偏見を捨て、非難せず責めないことを心掛け被害者に接してほしい」と呼び掛けた。

 犯罪被害者週間(25日~12月1日)の一環で、県警は今後、ぐしかわ看護専門学校や県立看護大学、浦添看護学校、北部看護学校でも同教室を開く予定で、充実した被害者支援の体制づくりを目指す。

 県警によると、ことし1月~10月末までに県内で発生した性的暴行事件は15件で、昨年同期に比べ7件増加した。強制わいせつ事件は63件。
女性暴行事件は過去10年間の統計では2004年の36件をピークに減少傾向にあるが、法務総合研究所が08年に実施した調査では、性犯罪の被害者が警察に被害届を出す割合は13・3%と低い。

 県警で被害者支援を担当する池原健治さんは「被害届は氷山の一角で、多くの被害者が今も泣き寝入りしている」と指摘した。

 同じく被害者支援を担当する県警の新垣幸正さんは「どこでどんな身なりをしていようが被害者に落ち度はない。
被害者を苦しめている偏見を払拭(ふっしょく)しなければならない」と話し「身近な人が被害に遭ったことを知った場合は早めに医療機関での診察や、警察・支援団体への相談をしてほしい」と促した。

 今回は沖縄看護専門学校3年生の約100人が参加。沖縄被害者支援ゆいセンターの田中しのぶさんも登壇し「女性暴行という事実は変えられないが、事件前の生活に戻ることはできる。
事件は裁判が終わったら一応の集結だが、被害者にとって終わりではない。
被害者が回復するまで支援しなければならない」と強調した。

 同校生徒の半嶺祥(さき)さん(30)は「米兵の性的暴行事件などはニュースで見ていたが、性犯罪を身近に感じたことはなかった。自分や友人が性犯罪に巻き込まれた時、すぐに病院に行くことや『被害者は悪くない』ことを伝えたい。今日の話を友人や家族にも広めていきたい」と話した。

 性的犯罪を含めた事件・事故に関する相談は

  県警(電話) 098(863)9110。


  琉球新報

善行表彰の砂川優莉奈(宮古島・沖縄)

善行表彰の砂川優莉奈さんが教育長に報告
null
川満教育長に受賞報告を行った砂川さん (中)、宮国校長 (右) =市役所城辺庁舎

 2012年度善行児童・生徒表彰式 (主催・沖縄県退職校長会) がこのほど、 那覇市の若狭公民館で行われ、 宮古島市からは砂川優莉奈さん (福嶺中3年) が表彰された。
27日に川満弘志教育長に受賞を報告した砂川さんは 「ドラム部やボランティア活動などに3年間がんばってきたことで賞をもらうことができてうれしい」 と喜びを見せた。

 砂川さんは、 ドラム部を立ち上げ、 主将として部員とともに積極的に活動を行っている。 城辺地区の高齢者の介護施設などで演奏しているほか、 最近では中学校文化祭にも出演した。
宮国敏弘校長は 「主将としてがんばっており、 いろんなイベントに出ている。 また学校のリーダーとしてもボランティア活動を行っている」 などと紹介した。

 川満教育長は受賞を喜び、 「自分の事だけでなく、 自分プラス人の事をすることは大事なこと。 (ドラム演奏には) これまでなかったことで、 見る人を楽しませている」 と称えた。

 今年度の善行児童・生徒表彰式では、 個人12人 (小学校6人、 中学校6人)、 団体8校 (小学校3校、 中学校5校) が表彰された。



 宮古新報

「バイオ甲子園」出場へ (宮古高校生物部・沖縄)

宮古高校生物部が「バイオ甲子園」出場へ
null
 宮古島の固有種 「ミヤコマドボタル」 の分布調査などに取り組んでいる宮古高校生物部 (川端俊一顧問) が、 12月1日に熊本県で開かれる 「バイオ甲子園2012」 と来年2月に長崎県で開催される 「九州高校生徒理科研究発表大会」 に出場することが決まり、 同校で27日に報告会が開かれた。

 バイオ甲子園では、 同部がおととしから昨年にかけて取り組んだ研究 「宮古島の海岸全域に広がるツヤオオズアリの巣は巨大単一コロニーか?」 を発表する。
九州高校生徒理科研究発表大会ではミヤコマドボタルの分布調査を発表する。
この調査は先日沖縄本島で行われた 「第59回高校生による生物科学展」 でも発表し、 優秀賞を受賞した。

 報告会で飯村百希部長 (2年) は 「アリやホタルは身近な生き物だが、 意外と生態が知られていない。 宮古島での生態を知ってもらうとともに、 自然を守っていくことの大切さを伝えたい。 自分自身、 初めての全国大会なので悔いの残らないように発表し、 良い結果を残したい」 と抱負を述べた。



  宮古新報

ハツラツと演技 (老人芸能大会・八重山)

134人がハツラツと演技 老人芸能大会
会場は超満員の観客null
 八重山地区老人クラブ連合会(嵩本安意会長)主催の第34回老人芸能大会は25日午後、市民会館大ホールで行われ、郡内12の老人クラブから134人が出演、会場は立ち見も出るほど盛況さで、観客はお年寄りたちの芸に惜しみない拍手を送った。

 健康で活力ある長寿社会づくりに貢献することを目的に毎年開催されており、今回の出演者の平均年齢は72歳、最高齢は83歳。ユニークな所作で会場の笑いを誘うなど、はつらつとした演技を披露した。

 このうち、県老人クラブ連合会創立50周年記念芸能の祭典に八重山地区代表として出演する祖納老人クラブ(那良伊知子さんら7人)は厳かな「仲良田節」を披露した。

 平得老人クラブ(東田盛正さんら16人)は、子守や田植えの昔の様子を再現しながらジラバを切々と歌い上げた。与那国町老人クラブ連合会(崎原一子さんら5人)は「上海の花売娘」に女装した男性も出演した。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:16

庭と舞台の芸能、(八重山・沖縄)

庭と舞台の芸能、2日間で63演目を奉納
null
 【竹富】竹富島最大の祭事で国の重要無形民俗文化財に指定されている「種子取祭(たなどぅい)」の奉納芸能が25、26の2日間、世持御獄で盛大に行われた。
会場には地域住民や郷友会、観光客など島内外から大勢の観客が詰めかけ、島は2日間の奉納芸能で祭り一色に染まった。

 種子取祭は農作物の豊じょうと島民の繁栄を祈願するもので約600年の歴史を持ち、1977年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 奉納芸能は「庭の芸能」と「舞台の芸能」に分かれて行われ、庭の芸能は2日間通して同じ演目が演じられるが、舞台の芸能は1日目の玻座間村に続いて2日目は仲筋村が演じ、狂言や舞踊など2日間で計63演目の芸能が奉納された。

 26日は、午後からあいにくの雨模様の天気となり、特設舞台の明かりが一時点かなくなるハプニングもあったが、出演者らは舞台の芸能を粛々と奉納した。

 狂言「伏山敵討」や「父子忠臣」の殺陣は子どもたちにも人気で、観客を巻き込んだこっけいな演技に拍手や歓声がわき起こり、来場者らは次々に繰り広げられる竹富ならではの伝統芸能を堪能した。

  八重山毎日新聞
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:03