2012-11-23



健康食品用素材開発へ(OKINAWA)

独自培養技術で健康食品用素材開発へ
null
「シフォナキサンチン」の培養技術で化粧品・健康食品向け
素材開発に取り組むサウスプロダクトの伊波匡彦社長(右)
と楠本利行・理学博士=22日、うるま市の同社

 バイオベンチャー企業のサウスプロダクト(うるま市、伊波匡彦社長)は、緑藻に含まれるカロテノイドの一種「シフォナキサンチン」を培養する独自技術を使って、健康食品や化粧品向けに素材製品の開発を始める。3年後の製品化が目標。
シフォナキサンチンには肥満予防効果や白血病に対する抗腫瘍(しゅよう)作用があることが研究で明らかになっており、同社は素材開発を通して機能性の認知を広め、国内外での新市場創出を目指す。

 同じカロテノイドの仲間としてはトマトに含まれるリコピンやカボチャに含まれるベータカロテン、モズクに含まれるフコキサンチンが知られている。これらには抗酸化作用や抗肥満作用があり、多くの化粧品やサプリメント商品に使われている。
最近では、アスタキサンチンという新しい活性素材の認知が
広まり、高機能化粧品や健康食品の有効成分として市場が
急速に拡大している。

 シフォナキサンチンは海ブドウやモツレミルなど一部の緑藻類とプランクトンが持つ希少なカロテノイド。モズクのフコキサンチンと同じような生理活性を持ちながら、その強さはシフォナキサンチンの方が高いという研究報告もあり、効率よく採取する技術の確立が課題だったという。

 サウスプロダクトは沖縄近海の緑藻30種の中からモツレミルを選抜。独自の培養技術で、シフォナキサンチンの含有量が緑藻から直接抽出する場合の10倍に増えることが実証された。

 培養技術を確立したのは世界でも同社のみといい、大量に培養できる技術やシフォナキサンチンの純度を上げる分離精製法の開発に成功すれば、幅広い分野で新たな市場が切り開けるとみている。
伊波社長は「1カ月間で100倍の量に増やせる培養技術が
強み。原料を安定的に安く提供できる体制ができれば、
アスタキサンチンの市場拡大と同じようなビジネスモデル
を築くことができる」と意気込みを語った。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryフォトログ  time19:45

離島の特産品盛りだくさん フェア開幕

離島の特産品盛りだくさん フェア開幕
null
県内離島の特産品を一堂に集めた「離島フェア2012」。
目当ての商品を買い求める来場者
=23日午前、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇

 県内離島に鹿児島県奄美市を加えた19市町村の特産品を盛りだくさんに集めた「離島フェア2012」が23日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で開幕した。
「大好き!島のスペシャリティー」をテーマに、25日までの
3日間(午前10時から午後7時まで)、104社・団体、958品目の展示即売や食堂、島々の伝統芸能公演や島くとぅば紙芝居の披露など多彩な物産や行事が用意されている。

 18離島市町村や県などでつくる実行委員会の主催で、今年で24回目。

  沖縄タイムス

ヤギ当選に大拍手 (今帰仁村・沖縄)

ヤギ当選に大拍手 今帰仁村総合まつり
null
ビンゴゲームでヤギを当てた来場者
=10月28日、今帰仁の駅そーれ横広場

 【今帰仁】第3回今帰仁村総合まつり(同実行委員会主催)が10月27、28の両日、今帰仁の駅そーれ横広場を中心に開催された。村内外からの来場者が多彩な催しを楽しんだ。

 生きたグルクンをいけすに入れた「ちびっこ活魚つかみ取り大会」が初めて行われ、悪戦苦闘する子どもたちに保護者らから熱い声援が送られた。

 「大ビンゴゲーム大会」では豪華景品がそろい、目玉の
山原ヤギ生産組合が提供したヤギが当選者に渡されると、
笑いと大きな拍手が起こった。

 (新城孝博通信員)


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time19:37

普天間の米兵脱走 逃走中、 (OKINAWA)

普天間の米兵脱走 逃走中、地元通知まで

 外務省北米局日米地位協定室によると、在日米軍は22日までに、同省に対し米軍普天間飛行場から米兵1人が脱走し、米軍が県警に逮捕要請をしたと通知した。
23日午前0時までに、米軍から兵士の身柄を確保したとの連絡はない。米軍は脱走の認定から1週間後の16日に外務省に通知しており、地元市町村まで情報が伝わるには認定から12日を要した。米兵事件が相次ぎ、住民の不安が高まる中、地元への周知の在り方が問題化しそうだ。

 外務省によると、米軍は今月9日に米兵の脱走を認定し、16日に同省に伝えた。同省は19日に渉外関係主要都道県知事連絡協議会(渉外知事会)に情報提供し、渉外知事会が20日、構成都道県に伝達。県が21日、宜野湾市など関係市町村に知らせた。

 外務省から渉外知事会に伝えられた情報には、脱走の発生日や脱走の状況、脱走と認定した理由は含まれておらず、脱走の詳細な状況については明らかになっていない。

 2008年3月に神奈川県横須賀市で、米海軍横須賀基地の脱走兵がタクシー運転手を刺殺する事件が発生。
日米両政府は在日米兵の脱走が判明した場合、米側が直ちに都道府県警に逮捕を要請し、情報を提供することで合意した。

 県基地対策課によると、外務省が渉外知事会を通じて県に提供した情報で、08年以降の米兵の脱走は今回を除いて4件6人に上る。そのうち2人は身柄を確保していない。
今回の米兵脱走も含め、米軍の綱紀粛正に実効性がないとの批判がさらに高まりそうだ。


  琉球新報

米兵を逮捕 「遊ぶ目的で入った」(OKINAWA)

米兵を侵入容疑逮捕 「遊ぶ目的で入った」

 うるま署は22日、うるま市天願にある軍用地等地主会会館の敷地内に無断で侵入したとして、建造物侵入の疑いで、キャンプ・コートニー所属の一等兵(20)を逮捕した。
同署によると、同容疑者は「遊ぶ目的で入った」などと話しているという。また同容疑者は同基地内居住だという。

 逮捕容疑は、22日午後2時15分ごろ、うるま市天願にある軍用地等地主会会館の敷地内に無断で侵入した疑い。
同署などによると、通行人から「不審な外国人がいる」と110番通報があり、署員が現場に駆け付けたところ、同会館近くの県道を歩いていた米兵を発見し、緊急逮捕した。
目撃者情報によると、同容疑者は建物に設置されている配水管によじ登っていたという。また、同地主会は警察に被害を訴えているという。

 同署などによると、米兵の体内からアルコールは検知されていない。同署は今後、当時の詳しい状況などについて調べを進める方針。


  琉球新報

嘉手納爆音 米も提訴 (OKINAWA)

嘉手納爆音 米も提訴 新法施行後で全国初

 国に対して夜間、早朝の米軍機の飛行差し止めと損害賠償を求めている第3次嘉手納爆音訴訟団は22日、沖縄弁護士会館で記者会見を開き、日本政府に対する訴訟に加えて米国政府に対して飛行差し止めと総額2億1600万円の損害賠償を求めることを明らかにした。
今月30日に那覇地裁沖縄支部へ提訴する。対米訴訟は2000年の飛行差し止めを求めた第2次訴訟以来2度目。

 今回の対米訴訟では、09年に施行された外国政府などに対して主権免除(裁判権からの免除)されない場合を規定した「外国等に対するわが国の民事裁判権に関する法律」を法的根拠とし、騒音被害と飛行差し止めを求めていく。
同法施行以降、全国の爆音訴訟で対米訴訟を起こすのは初。

 同訴訟団によると、対米訴訟には第3次訴訟の原告約2万2千人の中から144人が参加。基地周辺に住む住民で耳鳴りや難聴、高血圧などの健康被害を訴え、米政府に対して夜間、早朝の米軍機の飛行差し止めと損害賠償を訴える。

 2000年の対米訴訟では米国側へ訴状が送達されず、弁論が一度も開かれないまま05年に「外国国家の主権的行為については、民事裁判権は免除される」とする主権免除の原則により、訴えが却下されている。


  琉球新報

アグーをDNA (OKINAWA)

アグーをDNA識別 1月システム完成
null
アグーブランド豚肉識別システムの導入イメージ

 県畜産研究センター(今帰仁村、庄子一成所長)は、アグーブランド豚肉のDNA解析による識別システムの開発を進めている。他品種との区別を明確にすることで、ブランドの産地保護や偽装抑止を強化する。
来年1月にシステムを完成予定。県が豚肉の物流履歴を確認するため、本年度から整備に着手したトレーサビリティー事業と併せて推進する。

 県畜産研究センターは、県の産業振興重点研究推進事業の一つ「アグーブランド豚識別技術の確立」(2010~12年事業)を活用し、アグーブランド豚肉と西洋品種のDNA情報の解析を進めてきた。これまでに全体で約700頭のサンプルデータを蓄積し、両品種の識別技術を確立した。

 同センターは現在、サンプルデータを数値化したプログラムを作成中。完成すれば、調査対象の豚肉の数値化したDNA情報をプログラムに入力するだけで、品種の識別が可能になる。

 同センターの研究員は「生産者から消費者まで流通する中で、定期的にチェックする。その体制を県の事業と連携して構築していく」と話した。

 システム完成後は、特許取得も視野に入れ、チェック業務を希望する企業への民間委託を考えている。

 県は本年度から沖縄振興一括交付金を活用した「県産食肉ブランド国内外流通対策強化事業」を開始。3年をめどにトレーサビリティー体制の確立を目指しており、その一環として識別システムを活用する。

 県畜産課は「全国でも豚肉のトレーサビリティーは少ない。識別システムと併せ、今後のアグーブランド力の強化、消費者の信頼の確保につなげたい」と意気込みを語った。


 (長嶺真輝)


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time14:28

湛水流の神髄 披露 (沖縄)

湛水流の神髄 披露 伝統保存会、東京で公演
null
上里平三会長、平光雄名誉会長らによる湛水流斉唱
「ぢゃんな節」
=18日、東京都墨田区の江戸東京博物館内ホール

 【東京】琉球古典音楽の湛水流伝統保存会(上里平三会長)が創立30周年記念の東京公演を18日、東京の江戸東京博物館で開いた。創設者の山内盛彬(1890~1986)が湛水流全曲を伝えた最後の個人伝承者で横浜在住の平光雄・名誉会長のカジマヤー(97歳)記念を兼ね開催した。

 王朝時代に朗唱されていた儀礼・祭礼用の古謡「王府おもろ」を盛彬から直接伝授された安仁屋真昭が実行委員長を務めた公演。17世紀後半に確立され、「琉球古典音楽の源流」とされる湛水流独特の奏法や唱法を首都でアピールした。

 幕開けを飾った上里や平らによる「ぢゃんな節」斉唱など、盛彬が採譜した湛水流歌曲・琉舞のほか、安仁屋率いる男性12人の「謡(ふ)きゅる保存会」による「王府おもろ」や、同じく王府時代の女性歌謡「クェーナ」(首里クェーナ保存会)の朗唱もあり、感嘆の声が漏れた。

 感謝状を贈られた平は、湛水流は三十数年前は消滅の危機にあったとして「盛大な会を本土で催せるとは山内先生も夢にも考えなかったと思う。本当にうれしい」とあいさつした。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryお知らせ  time14:25

沖縄を思い出の地に (北海道・沖縄)

沖縄を思い出の地に 北海道から挙式で来県
null
沖縄リゾートウエディング協会の関係者から記念品を
受け取る照井亮介さん(中央)と伊藤加奈恵さん
=22日、那覇空港国内線旅客ターミナル

 県内の結婚式関係企業など37社でつくる沖縄リゾートウエディング協会(小川義昭会長)は「いい夫婦の日」の22日、北海道からリゾートウエディングを挙げるため来県した夫婦と家族14人の歓迎式を那覇空港国内線旅客ターミナルで開き、花束や記念品などを贈呈した。

 新婦の伊藤加奈恵さん(25)は「沖縄の海がきれいで、みんなと違う挙式をしたかったから、ここで結婚式を挙げることを決めた」と喜んだ。24日に読谷村で挙式する予定。

 同会はリゾートウエディングで来県する人を歓迎するため、昨年6月から毎月22日に那覇空港で歓迎式を開いている。今回で16回目となる。

 同会は歓迎式のほか、毎年1月に東京などで沖縄ブライダルフェアーを開催するなど、県への誘客に力を入れている。


  琉球新報

地下ダムに関心 (宮古島・沖縄)

地下ダムに関心 全国土地改良区大会、宮古島視察
null
 第35回全国土地改良大会沖縄大会 (主催・同事業団体連合会など) の関連行事として宮古島事業視察が22日、 城辺福里の地下ダム資料館などで行われた。
全国各地の土地改良事業団などから240人が来島し、 地下ダムをはじめ関連する施設や基盤整備事業を視察した。 参加者たちは、 本土にはない地下ダムを活用した農業振興に強い興味と関心を示していた。

 このうち地下ダム資料館では午前11時過ぎから、 バスに分乗した参加者が次々と訪れ、 地下ダムの構造や工法、 建設経緯などの説明を受けていた。
参加者側からも 「地下ダムの供用開始で生産性はどれぐらい上がったか」 「賦課金はいくらか。 運営は賄えるのか」 「自然生態系への影響は」 をはじめ、 サトウキビの施肥量や肥料の種類、 連作障害、 病害虫対策など専門的な質問を出していた。

 地下ダム資料館の他、 城辺仲原で行われている地下ダム止水壁の工事現場、 平良西原のほ場整備地区などを視察。 水土里ネット愛知から参加した早川清春さんは 「本土にはないもの。 自然の地形を農業に利用した先人の考え方が今なお生きており、 とても良いと思う」 と感想を話した。

 また同資料館では宮古土地改良区が黒糖やサータアンダギー、 モズク天ぷら、 泡盛など特産品で歓迎。 今回の視察は県内5地域で行われたが宮古への参加者が最も多く、 同改良区の仲間克理事長は 「目的はもちろん地下ダムや農業振興だが、 観光にも役立つものだと思う。 今後の観光にもつながるよう海の良さなども案内したい」 と話した。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time14:14

紫イモのデザート発売 (宮古島・沖縄)

紫イモのデザート発売 沖縄ファミリーマート
null
 沖縄ファミリーマート (本社・那覇市、糸数剛一社長)は、このほど宮古島産ブランド紫芋「ちゅら恋紅」を使った手作りデザート 「ちゅら恋紅 紫芋モンブランタルト」(240円)、「ちゅら恋紅 紫芋Wクリームケーキ」(210円)を県内の215店舗で発売した。

 同社は、 地元沖縄企業として沖縄を元気に、 沖縄から元気を発信する 「地域に愛される企業」 を目指して沖縄の地元に密着した様々な商品を展開している。
紫イモのペーストを使った商品は宮古島市農林水産部、 南国食楽Zuとの農林水産物使用推奨品第1弾として出した。 発売期間は11月16日から12月14日まで。

 モンブランタルトは、 アーモンドクリームを重ねたタルトに黒糖クリーム、 スポンジ、 紫イモを使用したクリームを絞り、 アーモンドダイスがアクセントとなっている。
クリームケーキは紫イモを使用したムースとバニラムースの間にチョコスポンジを重ね、 上にはホイップクリームと紅イモクリームをソフトクリームにように絞った。

 20日に宮古新報社を訪れ、 商品をピーアールした営業部スーパーバイザーの嶋村基さん、 同部宮古エリアサブマネージャーの小濱友章さんは 「20代、 30代の女性を中心に好評をいただいている。 宮古島で開催された九州市長会にも提供したところ、 九州でも取り扱いができないかとの問い合わせもあった」 と話した。

 商品への問い合わせは

 沖縄ファミリーマートブランディング推進室
  (098・867・2084)。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time14:09

多彩な演目を熱演 (西表・沖縄)

多彩な演目を熱演 上原地区青年会が芸能発表
null
西表島
 【西表】上原地区青年会(池村研二会長)主催の第32回芸能発表会が18日、中野わいわいホールで開かれた。

 「赤馬節」の座開きに続いて舞踊「デンサー節」「鳩間節」が踊られ、男子会員による力強い「満月太鼓ばやし」と続いた。

 小山明上原地区連合公民館館長は青年会の歴史に触れ、「これからまた新しい歴史と思い出をつくってほしい」と激励した。

 今回は「秘境!西表島」をテーマに西表を紹介する自主制作ビデオを公開。青年が仮装したパインの妖精や、ウミガメの産卵シーンに会場から笑いや歓声がわき起こった。

 勇壮な鳩間島の棒術や劇「高那村の山三郎」が面白おかしく演じられた。「船浦口説」が厳かに踊られると、上原青年会名物のエイサーが登場。一糸乱れぬ切れのある動きで、大きな拍手を受けていた。

 フィナーレのモーアシビーでは会場と一体となって「チョンチョン節」「繁盛節」「マミドーマ」を楽しく踊った。

 この日は小雨が降る肌寒い天気にもかかわらず会場は地域住民で満員、その熱気で暖かいほどだった。

 (西表西部通信員)

八重山毎日新聞

いつまでもお幸せに (八重山・沖縄)

いつまでもお幸せに「いい夫婦の日」
4組が市役所に婚姻届出

null
 「いい夫婦の日」の11月22日、石垣市役所では
4組が「いい夫婦になろう」と婚姻届を出した。

 開庁後、一番に提出したのは佐川鉄平さん(33)と甲斐清香(さやか)さん(32)=石垣市白保=。「覚えやすいから」とこの日を選び、出勤前の午前8時半すぎに訪れた。

 千葉出身の佐川さんと東京出身の甲斐さんは大学の研究室で知り合い、交際を開始。佐川さんが4年前、甲斐さんが3年前に移り住んだ。2人とも大学時代はサンゴに関する研究を行っており、移住後もサンゴにかかわる仕事をしている。

 互いの良いところを聞くと「彼女は人あたりがよく、しんもしっかりしている」「私は理屈っぽいが、彼は最後まで話をきいてくれる。2人で何でも話し合える」と照れ笑い。「大好きな石垣の人と自然に囲まれて明るい家庭をつくりたい」と話した。

 「いい夫婦の日」は財団法人余暇開発センター(現日本生産性本部)が1988年に提唱。「いい夫婦の日」をすすめる会が99年から「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を選出するなどして普及を図っている。

  八重山毎日新聞