2012-10-16



「うさんしー」復活へ (南風原町・おきなわ)

「うさんしー」復活へ 南風原町文化協会
null
歌舞劇「穏作根子」の上演に向け稽古に励む
南風原町文化協会郷土芸能部のメンバー
=12日、南風原町の町総合福祉防災センターちむぐくる館

 【南風原】
南風原町文化協会郷土芸能部(野原廣信部長)の創立20周年記念公演が28日午後2時から町立中央公民館黄金ホールで開かれる。
字与那覇に伝わる浦島太郎伝説を基にした創作歌舞劇「穏作根子(うさんしー)」(大城清助原作、平良正子作詞・脚本・演出、大城和喜監修)が上演される。

 郷土芸能部では20周年の節目として舞踊部師匠会の提案で地元南風原に伝わる民話の舞台化に取り組むことになり、
戦前、字宮平の「大遊(うふあし)び」で上演されていた演劇「うさんしー」を75年ぶりに復活上演することになった。

 上演当時の様子を知る字与那覇の新垣蜜子さんらの話を基に大城さんらがまとめた採話の記録から同部会の平良正子さんが脚本化し、演劇を歌舞劇にアレンジした。

 物語は漁師うさんしーがニライカナイの娘のカモジ(入れ髪)を拾い、その礼にニライカナイに案内される。
手厚いもてなしを受けたうさんしーが帰郷してみると知る人は誰もいなくなっていた。
途方に暮れたうさんしーは今も昔もそびえ立つ「ウサン嶽」に登り、娘から土産にもらった「黄金箱」を開けると箱に詰まった「時間」を浴びて神々しい姿となり、村の人々に守り神として祭られるというあらすじ。

 町内在住の舞踊家高嶺久枝さんがうさんしー、神谷三千代さ
んがニライカナイの娘を演じるほか舞踊部師匠会のメンバーが総出演。歌三線は選曲も担当した平良盛勇さんらが務める。

 脚本、演出の平良さんは「伝説を基に誇張し過ぎぬよう舞台化を心掛けた。組踊や芝居の要素を取り入れた新しい試み。
今後も町に伝わる多くの伝説を掘り起こしたい」と話した。
監修の大城さんは「素朴な素材を磨き上げて宝石にしたような
新作といっていい歌舞劇に仕上がった」と上演に期待を込めた。

 入場料は前売り、当日とも1500円。

  問い合わせは
 野原廣信郷土芸能部長 (電話)090(2718)0527。


 琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time18:01

新美容化粧品を販売 (OKINAWA)

新美容化粧品を販売 
化石サンゴ+豚胎盤エキス

null
化石サンゴと「やんばるプラセンタ」を活用した美容化粧品の
発売を発表する山川朝源社長(左から2人目)ら
=15日、県庁

null
コーラルインターナショナルと我那覇畜産が共同で
開発した天然の美容化粧品コーラルブレス

 カルシウム関連商品開発のコーラルインターナショナル(石垣市、山川朝源社長)は、農業生産法人我那覇畜産(名護市、我那覇明社長)と共同で、与那国島工場(本店)で精製する同島原産の化石サンゴの粉末を活用した美容化粧品「コーラルブレス」を開発し、15日から県内ホテルなどで販売を開始した。

 化粧石けん、化粧水、コンセントレイト(原液)、ジェルの4点。我那覇畜産が化石サンゴの粉末を飼料として生産する豚の胎盤から抽出したエキス「やんばるプラセンタ」を配合したことが最大の特徴。化粧石けんには、同サンゴの粉末も配合されている。初年度は3千万円の売り上げを目標とし、3年目には2億円を目指す。

 コーラルインターナショナルは酪農学園大学(北海道)との共同研究により、化石サンゴから精製した粉末が、牛や豚などの健康に悪影響を与えるカビ毒を低減させる効力があることを発見し、2009年に飼料添加剤の特許を取得した。
我那覇畜産はこの化石サンゴの粉末を飼料として活用、
肉質的にも良好な成長を見せているという。

 プラセンタはアミノ酸やミネラル分が豊富に含まれている一方、臭いが欠点。しかし今回の「やんばるプラセンタ」は、化石サンゴ配合飼料の効果で、その点も改善されたという。

 15日、県庁で記者発表した山川社長、我那覇社長は「沖縄の天然素材を活用して、天然の美容化粧品が誕生した。保湿効果や疲労回復にも良い沖縄発の商品」とアピールした。価格は化粧石けん3675円(税込み)など。

   問い合わせは
  コーラルインターナショナル本社、 
  フリーダイヤル(0120)479235。


  琉球新報

[有釣天]深夜の攻防 97センチガーラ 名嘉山博(OKINAWA)

[有釣天]深夜の攻防 97センチガーラ 名嘉山博

 先日、民放のテレビ番組を見ていると、「おいしい“外道”が人気」と題してマイナー魚がビジネスの表舞台に立っていると報道されていた。
注目してリポートの中身を追っているとイトヨリダイ(イジュキン)やレンコダイ(近縁種はマジク)がすしネタなどで高級魚の脇を固める役目を果たしているのだそうだ。
沖縄では、高級魚としてウミンチュから重宝される立派な本命魚。女性キャスターが「脇役とは何だか失礼な話ですよね」と笑って締めたが全く同感。
比較的安価で市場に並ぶ高級魚の釣りは今が本番、秋の味覚を求めて各地の遊漁船は常連さんを中心に活気を帯びる。

null
1日、大宜味村塩屋のポイントで97・5㌢、15・1㌔
のガーラを釣った新垣良博さん。針はホワイトタマン18号

 中城村の新垣良博さんは1日の午後7時に大宜味村塩屋のポイントで大物狙い。車を降りて5分ほど歩く場所で、水深は干潮時でも1メートル前後。
海底はほぼ砂地で根がかりは無い。台風後のやや騒がしい海に向かって2本の竿(さお)を投げた。ほどなくして釣れたヤマトビーを半身にして針に掛けて大遠投。翌2日の午前1時に6号のタマン竿が大きく曲がった。急いでやりとりするも、強烈な力で道糸が出される。
150メートル巻いた道糸がほぼ無くなりかけたところで魚の抵抗が弱まる。そこから盛り返して、目前まで寄せてくるとほとんど棒引きの状態になった。最後は寄せる波の力を使って魚を砂浜に引き上げると、その瞬間に12号のハリスが切れたという。ギリギリの格闘で97・5センチ、15・1キロのガーラを釣り上げた。

null
9月30日、中城村の水深2㍍のポイントで78・5㌢、5・44㌔のタマンを釣った米須清紀さん。竿はボトムキングT495、ブルズアイXT遠投9120

 9月29日、宜野湾市の米須清紀さんは本命タマン狙いで中城村の水深2メートルのポイントへ。クブシミの切り身の餌を使用して遠投すると、翌30日の午前6時に78・5センチ、5・44キロの大タマンを釣り上げた。竿はボトムキングタイプT495、リールはブルズアイ9120、道糸がパワープロ6号、針はタマンスペシャル24号だった。
null
1日、古宇利島水深3㍍の場所で71・5㌢、4・6㌔
のタマンを釣った安間崇さん。竿はタマンモンスター8号、
リールはダイワプロカーゴ5500遠投

9月30日夕方、うるま市の安間崇さんは古宇利大橋下の護岸からPE5号の道糸で遠投して大型魚狙い。
4月に9・5キロのロウニンアジを釣っているポイントで、その時にも使用して実績のあるシガヤーダコの餌を掛けた。
長丁場になるだろうと予想して翌日の明け方に納竿時間を設定。
午後10時、アタリの気配が無いので、一度自宅に帰ってから日付が変わった1日から再び仕掛けを投入した。午前3時30分、ついに魚のアタリを捉え、71・5センチ、4・6キロのタマンを釣り上げた。

null
9月25日、東海岸でガクガクの39・1㌢、31・5㌢
を釣ったチームアバサーの大城直也さん

null
3日、辺野古海岸で2・57㌔のタマン、アカジン、クチナジ
などを数釣りした渡辺卓也さん(右)

 釣りPower)

 ◇今帰仁沖釣り大会(主催・今帰仁漁協) 28日午前8時半集合、運天漁港。参加料4千円(オキアミ付き)。問い合わせは同漁協、電話0980・56・2226。

  沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryお知らせ  time17:26

ハンド女子九州制す (OKINAWA)

ハンド女子九州制す JOCジュニア
null
優勝した女子沖縄選抜=鹿児島アリーナ

null
準優勝の男子沖縄選抜

 ハンドボールの第21回JOCジュニアオリンピックカップ大会九州地区予選最終日は14日、鹿児島アリーナほかで決勝と代表決定戦を行い、決勝に進んだ女子の沖縄選抜が29-24で熊本を破り優勝した。男子決勝で沖縄選抜は大分に28-30で敗れ、準優勝だった。

 沖縄選抜は男女ともに、全国大会(12月24日~・福島)に出場する。

沖縄タイムス
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time17:03

県勢金6、光る活躍 (沖縄)

県勢金6、光る活躍 全国障害者スポーツ閉幕
null
<全国障害者スポーツ大会>
メダル17個を獲得するメダルラッシュの活躍を見せ、笑顔で大会の全日程を終えた県選手団=15日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場

null
14日に金メダルを獲得した糸数盛秀選手(左)、外間久生選手(中央)、伊波優人選手=15日
、岐阜メモリアルセンター長良川競技場

 【岐阜で赤嶺玲子】
3日間にわたり熱戦を繰り広げた第12回全国障害者スポーツ大会「ぎふ清流大会」が15日閉幕した。
本大会で県勢は金6、銀8、銅3の計17個のメダルを獲得しメダルラッシュの活躍を見せた。
岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた閉会式では、戦いを終えた各県選手団が爽やかな笑顔で健闘をたたえ合った。県選手団は16日に沖縄に戻る。

 大会2日目の14日、県勢は金メダル3個、銀メダル5個、銅メダル3個を獲得。男子卓球で伊波優人選手(18)、水泳50メートル自由形で外間久生選手(57)、円盤の飛距離を競うフライングディスクのディスタンス部門で糸数盛秀選手(50)が金メダルを勝ち取った。

 外間選手は13日に続き2個目の金メダルとなり「日ごろの練習の成果が出せた。一生懸命教えてくれた水泳指導員に感謝する」と喜びを語った。

 陸上男子100メートル、200メートル走で2個の銀メダルを獲得した田原光選手(17)は「ベストを尽くした。
速い選手と一緒に走れて刺激になった」と笑顔で話した。団体戦は、車いすバスケットボールが3位決定戦で神戸市に60―69で敗れ4位となった。

 大会最終日の15日、池原安栄選手が14日の銀メダルに続き、男子砲丸投で金メダルに輝いた。団体戦は、聴覚障害女子バレーボールチームが3位決定戦で神奈川県に1―2で敗れメダルを逃した。


  琉球新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time11:52

北学区が5連覇達成─第39回宮古体育大会 (OKINAWA)

北学区が5連覇達成─第39回宮古体育大会
null
体育大会5連覇の偉業を達成し喜びを表す北学区の選手、
役員ら=14日、 市陸上競技場

 第39回宮古体育大会 (主催・宮古島市体育協会) の全日程が14日、 終了した。
約2カ月にわたって実施された計16競技で18学区の代表選手たちが熱戦を繰り広げた結果、 北学区が総合優勝を果たし、 大会5連覇の偉業を達成した。 2位は平一、 3位は上野学区となった。

 市陸上競技場で行われた閉会式で同協会の本村博昭会長は 「県民大会の開催まで1カ月余りとなった。 いよいよ取り組みを強化しなければならない。 ことしは宮古島市で8競技が開催される。 代表としての誇りを胸に、 県民大会の上位入賞目指してほしい」 と激励した。

 北学区体育協会の下地勇徳会長は5連覇達成について 「とびぬけた競技は少ないが、 平均した力を発揮し5連覇を達成できた。 これも地域の方々の指導、 支援のおかげ。 学区民みんなの力が一つにならないとできない」 と感謝し、 「今後も学区の和を大切にし、 連覇を続けたい」 と意気込みを語った。

 結果は次の通り。
 優勝=北135点▽2位=平一111・50点▽3位=上野104点▽4位=東96・50点▽5位=久松94点▽6位=下地75点▽7位=佐良浜64・50点▽8位=南61・50点▽9位=西辺60・50点▽10位=鏡原58・50点▽11位=西城56・50点▽12位=城辺41点▽13位=伊良部30・50点▽14位=狩俣28点▽15位=砂川20・50点▽16位=池間15・50点▽17位=福嶺8・50点▽18位=多良間5・50点



 宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time10:31

塩川の芸能(多良間八月踊り)国立劇場おきなわ

塩川の芸能(多良間八月踊り)、国立劇場で初公演
null
八月踊り字塩川の組踊 「多田名組」 の一場面
=14日、 国立劇場おきなわ

  【那覇支局】
国立劇場おきなわの民俗芸能公演 「多良間島の八月踊り塩川の芸能」 が14日、 浦添市の同劇場で行われた。
多良間村字塩川から総勢65人が出演し、 組踊 「多田名組」 をはじめ獅子舞や端踊りなどを披露。 地謡座が奏でる三線とともに国立劇場の舞台でピトゥマタ御願所の奉納踊りを再現した。 字塩川の踊りが島を出るのは2002年の首里城公演以来10年ぶり。 会場には大勢の郷友も訪れ、 懐かしい踊りに郷里への思いを馳せていた。

 午後2時、 地謡座が奏でる三線の響きを伴い幕開けの獅子舞が荒々しく会場の厄を払い踊りの始まりを告げた。
この日出演する全員を観客に紹介する 「総引き」 に続き、 長寿の大主が 「慈雨で作物は豊作に恵まれて納税も無事できた。 その喜びを祝い遊ぼう」 と口上を述べ、 妻や子、 孫をひき連れて数々の踊りを楽しんだ。 端踊り座からは若衆踊りと女踊りが演じられ、 このうち女踊りは3人が中央に向かい波が打ち寄せるように四つ竹を鳴らす 「天川」 を踊った。

 組踊 「多田名組」 は多田名大主に討たれた上原の按司の子どもたちが仇を取る物語で約2時間の本格的な演目となった。 今回はイスや傘を持って大主に付き従う役の中学生が参加できないため、 浦添市に住む安里太志・太貴さん兄弟 (19) が代わって出演。
踊りを通して郷里との絆を確かめていた。 最後の総引きでは全出演者が達成感に満ちた表情で踊りながら舞台上を1周し、 観客も大きな手拍子でフィナーレを盛り上げた。

 踊りを鑑賞した字塩川出身の本村正一さん (80・那覇市) は 「20歳のときに参加したことがある。 60年ぶりに見ることができて涙が出た。 すべて良かった。 故郷をなつかしく思う」
と感極まった様子。 また池原静子さん (旧姓池間、 78・浦添市) は 「本島で暮らして50年。 八月踊りの時期に帰郷したことがない。 歴史を感じとても感動した。 故郷を思い出した」 と笑顔で話した。

 字塩川の豊見城正一会長は 「設備や音響が良く非常に映える舞台だった。 踊り手たちもよく踊っていた。 島を出てやるのはめったにないことで大変だったが、 場所が変わっても基本はしっかりとできた。 今後の良い励みになると思う」 と感想を述べた。

 同劇場では沖縄の民俗芸能を紹介しようと年2回、 本島や離島各地の芸能公演を行っている。 字塩川の芸能は初公演となったが、 大ホール580席は完売で 「大入り」 となった。
劇場内では多良間の物産販売コーナーも設けられ、 かちわり黒糖やパナパンビン、 ヤギ汁などが飛ぶように売れていた。


 宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:11

世界の美女が来島(宮古島 ・OKINAWA)

世界の美女が来島、宮古島で体験交流
null
 「第52回ミス・インターナショナル世界大会in沖縄」 に出場しているミスたちが15日、 同大会プログラムの一環で来島した。
東平安名崎や宮古島海中公園などの観光地を視察したほか、 市熱帯植物園にある体験工芸村で宮古織物やチガヤ工芸などを体験しながら交流を深めた。

 宮古島での活動に参加する35人のミスを乗せた飛行機は午前8時20分ごろ宮古空港に到着。 空港ロビーは世界中の美女を一目見ようと訪れた多くの市民らで賑わった。
ミスたちは集まった人たちに笑顔で手を振り、 握手や記念撮影に快く応じていた。

 歓迎セレモニーで下地敏彦市長は 「宮古島へようこそ。
素敵で美しい皆さんを迎えることができて全市民が喜んでいる。 きょうは一日、 ゆっくりと宮古島を見て島の良さを体験してほしい」 とあいさつした。

 空港を後にした一行は、 国の名勝に指定されている東平安名崎、 「東洋一白い砂浜」 と称される下地与那覇前浜ビーチなどの観光地を視察した。 また、 城辺にある地下ダム資料館を訪れ、 島民の暮らしと密接な関わりのある地下水について知識を深めた。

 正午ごろには昼食のため宮古島東急リゾートを訪れ、 獅子舞演舞や伝統舞踊のクイチャー、 三線と島唄の演奏などで盛大な歓迎を受けた。
午後からは狩俣の宮古島海中公園を見学したほか、 体験工芸村で苧麻糸ストラップづくりやチガヤカゴ作製、 シャコガイを使った貝細工等に挑戦した。

 「ミス・インターナショナル」 は、 「ミス・ワールド」、 「ミス・ユニバース」 と並ぶ世界三大ビューティーページェントのひとつ。
美を競うだけでなく、 女性による国際社会への貢献を目指そうとする世界のミスたちが集結し、 国際交流を深めることが目的。

 今大会には世界の国や地域から 「美と平和の親善大使」 として選ばれた70人が出場。 今月2日から県内各地で行われるイベント等に参加し交流活動を展開している。 宮古島での交流体験も審査ポイントに加算されるという。 決勝大会は21日に県立武道館で行われる。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time09:05