2012-10-15



宮古陸上大会が開幕 (OKINAWA)

全宮古陸上大会が開幕、各学区代表選手が競う
null
 第67回全宮古陸上競技大会 (主催・宮古島市体育協会など) が13日、 市陸上競技場で開幕した。 初日はトラック、 フィールドの両部門で予選及び決勝が行われた。
このうち、 一般男子1万㍍決勝では、 與那嶺恭兵 (久松学区) が32分55秒04のタイムで優勝した。 きょう14日は午前9時から開会式が行われ、 全43種目で代表選手たちが優勝目指して競い合う。

 昨年の大会では西城が総合優勝し、 今大会も連覇を目指しているのに対し、 昨年総合2位の上野、 2010年大会総合優勝の城辺などがどのような上位争いを展開するか注目される。
また、 第39回宮古体育大会の最終競技でもあるため、 総合優勝をかけた各学区の熱い戦いも見もの。

 初日はトラック競技一般男子1万㍍のほか、 フィールド競技の一般男子やり投げ、 同棒高跳び、 同三段跳び、 同円盤投げ、 40代男子砲丸投げ、 一般女子砲丸投げで決勝が行われた。

 この日も気圧の傾きなどの影響もあって時折強風が吹くなどコンディションは良くなかったが、 会場には代表選手を応援しようと、 各地区から家族や友人などが多数駆け付け、 熱い声援を送っていた。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryスポーツ  time18:00

沖縄進出の利点学ぶ (OKINAWA)

沖縄進出の利点学ぶ 県外企業が視察
null
沖縄進出にあたり、人材確保や県の助成制度などについて
県担当者と意見を交わすツアー参加者ら
=12日、那覇市・ロワジールホテル那覇

 県外企業に沖縄の経済特区の利点を紹介し、進出を呼び掛ける県主催の「沖縄経済特区視察ツアー」の一行が11、12の両日、うるま市と那覇市の国際物流拠点産業集積地域や沖縄IT津梁パーク、那覇空港のANA貨物基地などを視察したほか、意見交換会に参加した。

 ツアーに参加したのは、新たな製造・営業拠点の創設を検討する金型や製造業、情報通信関連企業33社の代表者ら45人。
12日は、那覇市内のホテルで製造業、IT関連企業の各分野別に意見交換会が開かれ、県の担当者らが、進出した場合の優遇措置や助成内容などについて参加者の質問に答えた。

 ある金型関連企業の代表者は、本土で人材確保に悩んでいる実態を挙げた上で、沖縄の賃金水準や継続的に働ける技術者確保の見通しについて質問。
県金型技術研究センターの金城盛順センター長は「賃金面だけをみて沖縄でものづくりをやろうとすると、優秀な人材は集まらないかもしれない。沖縄はこれから長期的スキームで教育に取り組むところ。潜在力のある技術者が豊富にいるという視点でみてほしい」と答えた。

 参加企業の一つ、電子精密機器メーカーのミヤチ(愛知県)は、社内に新たに立ち上げるLEDや太陽光発電関連の製造拠点を探すためツアーに参加。宮地清和開発部長はもう一つの候補地である中国に比べ、「沖縄なら日本式のものづくりの精神や品質に対する意識を育成しやすい」とし、希望する賃貸工場の要件が合致すれば本格的に進出を検討する考えを示した。

沖縄タイムス

食べに行く時の参考に (宮古・OKINAWA)

食べに行く時の参考に「宮古そばガイド」出版
null
あどびずが出版した書籍
「宮古そば うまむぬガイド 宮古島」

 あどびず (長濱稔代表) =平良字下里=が、 このほど書籍 「宮古そば うまむぬガイド 宮古島」 を出版した。
地元住民や観光客らに愛されている宮古そばやソーキそば、 肉そば、 中身そば、 イカスミそば、 カツカレーそばなどが紹介されている。 長濱代表は 「宮古らしいもので文化の 『そば』 を取り上げた。 そばを食べに行く時に、 どこがいいのかの参考にしてほしい」 と購入を呼びかけている。

 また 「宮古島の食を楽しむガイドブックとして、 宮古島から発信する島産の本」 と説明し、 「宮古そばは 『うまいさいが!』 と子どもから大人まで、 たくさんの人を魅了する。
昔ながらのそばから独自のそばまで、 いろんな種類のそばを紹介している。 歴史も掲載しており、 歴史を振り返りながら美味しいそばを堪能し、 もっと宮古そばを好きになってもらいたい」 と強調した。

 書籍は新書判 (182×110㍉) のオールカラー90ページからなり、 そば、 ソーキそば、 肉系そば、 中身そば、 海鮮そば、 味噌そば、 ゆし豆腐そば、 野菜そば、 天ぷらそば、 カレーそば、 変わりダネそばのカテゴリーで構成。 写真で見せ、 地図なども入れて分かりやすく作ってある。 古謝製麺所と久松製麺所も紹介している。

 変わりダネでは 「坦々そば」 (麺・ストレート、 丸麺、 自家製、 スープ・濃いめ、 量・普通)、 「かつそば」 (麺・ストレート、 平麺、 スープ・あっさり、 量・普通)、 「塩ネギ (パイタン) そば」 (麺・ストレート、 丸麺、 自家製、 スープ・こってり、 濃いめ、 量・普通) などが掲載されている。
 価格は税込み840円。 ツタヤ、 沖縄教販宮古店・宮古南店、 土産品で販売している。

 問い合わせは、 あどびず (79・0400)まで。


  宮古新報
authorbbstaff  linkLink   
categoryグルメ  time10:00