2011-03-31



気になる ホロホロ展示会 (沖縄)

 ホロホロ 絵画展示会(金城明一)
null

明後日から1週間 展示会が始まります
場所はパレットくもじ 那覇市民ギャラリー

タイトルの”ホロホロ”はハワイ語
さしたる目的もなくブラブラすること
(歩く姿の美しい人は ”そぞろ歩き”と呼ばれる)

あっちこっちホロホロした 普段着の風景を中心に
油彩10 水彩20 計30の展示です

あれ~ この人なのォ~という人がいれば それが私です
お気軽に声をかけて下さい



 ホロホロ・ボロボロ? な本人ですが
おじぃやおばぁのユンタクが聞こえ うちな~のかばーが
漂う おきなわ原画 季節の風景です・


最終日の 4月3日は ゆさんでぃーの5時まで
入場料は いちゃんだーでえ~~~す。


authorbbstaff  linkLink   
categoryお知らせ  time10:01

2011-03-30

春めいて 蠢く

 春の陽気がムンムンと
 
 地熱も上がりムクムクと 蠢く 
null


 別りビーサー(寒さ)は

 今週の日曜か?
 来週の火曜日か? 別れの煙 最後の焚き火をしよう。 
 
authorbbstaff  linkLink   
category徒然日記  time16:09

2011-03-29

診療活動終え帰島/下地診療所の打出医師被災者支援(宮古島・沖縄)

診療活動終え帰島/下地診療所の打出医師岩手県大槌町で被災者支援
null
7日間の診療活動を終え帰島した医師の打出さん=28日、
下地診療所

東日本大震災で、被災地の岩手県大槌町で医療活動を行っていた
下地診療所医師の打出啓二さんが27日、7日間の支援活動を終
えて帰島した。現地での活動について「少しですが被災者の方の
助けになれたと思う。1日も早い復興をお祈りしています」と
話した。

打出さんは20日から沖縄県の医療チームとして岩手県大槌町の
避難所に派遣された。事前に宮古島市民が診療所に寄せたおむつ
、毛布、衣類、食料品など段ボール30個以上の物資も現地まで
運んだ。

岩手県に着くと、がれきに埋め尽くされた街を見てがく然。
「テレビの映像などでは伝えることのできない風景があった」
と現地の状況を振り返った。

打出さんは21日から城山体育館で診療活動を開始。心身ともに
疲れ切った被災者の数は約500人。体育館で避難する人以外
に周辺の避難所も回って診療活動を行った。

打出さんは、「家や家族、友人を失った被災者の皆さんの手助
けをしたかった。医療活動を通して少しは役に立てたのでは
ないかと思う。微力だがこれからも何らかの形で復興支援の
手伝いをしていきたい」と話した。

また「出発前に多くの方がこの診療所まで救助物資を持って
きてく
れた。あらためて宮古の皆さんの温かさを肌で感じた。宮古の
皆さんの思いがこもった救助物資を現地に届けることができた」
と救助物資を寄せた宮古島市民に感謝した。



(宮古毎日新聞)
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:21

荷川取牧場で宮古馬「陸」誕生今年第1号、計33頭に(宮古島・沖縄)

荷川取牧場で宮古馬「陸」誕生今年第1号、計33頭に
null

母馬に寄り添う子馬「陸」。右は荷川取明弘さん
=28日、荷川取牧場

荷川取牧場で28日早朝、雄の宮古馬が生まれた。「陸」と
命名された子馬は、母馬に寄り添いながら元気よく歩き回って
いる。今年第1号となる宮古馬の誕生で、宮古全体の頭数は
33頭になった。

陸が生まれたのは午前6時47分。父馬はタケ原、母馬はゆい。
母子ともに健康で、安産だったという。母馬ゆいの出産は
5頭目。

陸は生まれてすぐに立ち上がり、時間を追うごとに歩く姿が
たくましくなった。母馬の周辺を何度も歩き回りながら愛ら
しい表情を振りまいていた。

荷川取牧場では20頭以上の宮古馬を誕生させてきた。牧場主の
荷川取明弘さんは、「新しい生命の誕生はそれだけでうれしい。
子馬は本当にかわいい」と喜んでいる。

宮古島市によると宮古地区全体の頭数は老衰で死ぬ馬と誕生
する馬の頭数がほぼ同じで今は横ばいの状況。ただ、今後は
増頭する可能性が高いという。


(宮古毎日新聞)
authorbbstaff  linkLink   
category地域情報  time10:12

2011-03-28

伊江島沖 親子クジラ跳んだ(沖縄)

null
沖合に親子クジラが現れブリーチする親クジラ
=18日、伊江島沖

【伊江】春を思わせる暖かい日が続く中、伊江島の沖合で18日
クジラの親子が姿を見せた。伊江港から午後1時発のフェリーが
出港して間もなく、島の沖合に2頭の親子クジラを発見。交互に
ブリーチ(ジャンプ)する姿が5分間ほど見られ、歓声を上げな
がら乗船客がカメラに収めた。

昨年末からことしに入り、村営フェリーの船員からクジラを
目撃したとの情報が寄せられ、最近では本部港―伊江港間の
航路で度々クジラが行き来し、頻繁にブリーチやブロー(潮噴き)
をする姿が目撃されていた。しばらくの間、タイミングが合えば
フェリーからクジラを見かけることができそうだ。

(金城幸人通信員)



(琉 球 新 報)
authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time09:37

2011-03-25

気になる記事 …陥没の穴で骨を確認(宮古島・沖縄)

陥没の穴で骨を確認/市教委が本格調査城辺下北のキビ畑 
null
陥没で出現したキビ畑の穴。人工的に掘られたとみられる
=24日、城辺下北

城辺下北のサトウキビ畑の一部が陥没した問題で、県宮古農林
水産振興センターは24日午後、陥没箇所の周辺を重機で掘り
起こして内部の調査を始めた。この結果、規則的な幅を保ち
ながら奥深くまで続く洞窟のような穴が出現し、中から骨と
みられるものが確認された。現場を調べた市教育委員会は
「人工的に掘られた可能性がある」とし、近く本格的な調査に
入る方針。

陥没箇所の周辺を掘り起こしたところ、直径2㍍、深さ15㍍
以上に及ぶ穴が出現した。

作業に参加した市教委の職員が奥まで進入して調べたところ、
骨とみられるものや、散乱した複数の空き缶と空き瓶が確認
された。

市教委は「現段階では確定できないが、この穴は天然のもの
ではないと思われる。骨とみられるものが人骨なのか、動物
のものなのかも今のところ分からないので調べたい」などと
話した。

今後、県と市教委が調整しながら穴の内部を詳しく調べる。
この間、陥没箇所は立ち入り禁止区域として調査が終わるまで
保存される見通し。



宮古毎日新聞に掲載されていました

考えられる事例

 1、城辺のパワー有り余る兄貴達の子供の頃の秘密基地
 2、城辺のパワー有り余る姉貴が怖くて帰宅恐怖症の兄貴の隠れ家


 さて、調査の結果を待ちましょう。

 




authorbbstaff  linkLink   
category取材裏話  time17:22

2011-03-22

マングローブ撮影中!

 なう撮影進行中はマングローブ!

null
 那覇市漫湖公園 マングローブ林遊歩道
 なにやら別世界なり!!!

null
 干潟の動物達や鳥達とあえます

null

 オヒルギとメヒルギ
大切に育て 命をはぐくむ カミングスーン

null

地元の素材にこだわったマングローブくん
饅頭です。おいしいです!

 屋我地エコツーネット&紅樹堂
連絡先 TER&FAX 0980-52-8687

が愛情で造っています。



authorbbstaff  linkLink   
category取材裏話  time17:24

2011-03-21

旅チャンネル4月号(沖縄)

沖縄ローカルNYUWS!4月号収録中!
null

沖縄の元気「玉城ミーカー」を中心に
お菓子を品定め
「うまい」しかないスタッフです 

null

いつでも どこでもこの笑顔です

null

今日の「沖縄Tシャツ」はテッポウユリ
番組でも、今月の花々で登場!

マイナーだけど「ある愛の歌」(うるま市)
「三板の日」(イベント情報)などなど

正当なウチナーおばさん、おばぁーへとつきすすむ
我らが「がはは!!! ミーカー」をゆたしくです。

2011-03-09

三板の日 民謡ファン300人が満喫(沖縄市)

沖縄民謡に欠かせない楽器「三板(さんば)」を広く世界に
広めようと、「三板の日」の8日夜、沖縄市中央公民館で
講習会と民謡ライブが行われました

null


県内外から親子連れや民謡ファンら約300人が参加、
三板の基本的な演奏の仕方を学ぶとともに、沖縄民謡の
ラブステージを楽しみました

null

民謡界の重鎮、登川誠仁さんは同協会理事長の田場盛信さんと
一緒に舞台に上がり、三板の年季の入った妙技を披露し、
会場から盛んに拍手を浴びました

null

「三板は子供にもお年寄りでも打てる、楽しい楽器であり、
脳の活性化にも役立ちます。世界に広げていきましょう」と
PRもありました。

null

幕〆は全員揃ってのカチャーシーで盛り上がりました。


お問い合わせは三板通信

http://sun.ap.teacup.com/uchinasanba


authorbbstaff  linkLink   
category沖縄観光  time18:18