2010-09-27



B円

日米の狭間で翻弄されつづけた沖縄。

1958年の今日(9月16日)B円からドルへの通貨交換(1ドル=120B円)が20日まで実施され、否応なしにドル経済へと取り込まれた沖縄。


『B円は戦後アメリカ軍発行の軍票で1948年~58年まで、沖縄や奄美群島(トカラ列島も含む)の唯一の法定通貨。
当初は日本円1円=1B円が公定ルートだったが、1950年4月12日から日本円3円=1B円(1ドル=120B円)のルートになる。』

そして、1972年5月15日にドルから円(1ドル=360円)に変わる。あきらかに援助するという建前だけで、沖縄と日本を操ろうとしている。